エコキャッシングは総量規制の対象?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

銀行や大手消費者金融では、借り入れしたくても審査に通らず借り入れできなかったというかたは少なくありません。

そして、そんなかたたちが次の借り入れ先としてたどり着くのが、中小の消費者金融です。

銀行や大手消費者金融よりも審査難易度が低いこともあって、中小の消費者金融ならば借り入れできるのではと考えるかたが多いこともあり、中小の消費者金融から借り入れする人も多くいることでしょう。

そして、その中小の消費者金融として近年知られてきたのが、エコキャッシングです。

エコキャッシングは大手のようにテレビCMを打つほどの金融業者でないために、ネット上では闇金であるとか、総量規制に関係なく借りられるといった様々な噂が流れています。

そこで今回は、これら噂の信ぴょう性を詳しく検証していきます。

エコキャッシングってどんな金融会社?


エコキャッシングをまったく知らない人のために、まずはエコキャッシングという会社について簡単に説明しておきましょう。

エコキャッシングの会社情報は下記のとおりです。

会社名株式会社UCS
所在地〒111-0056 台東区小島2-14-5毛利ビル701
TEL / FAX03-5829-6990 / 03-5829-6991
設立平成17年8月
資本金5,300万円
代表者代表取締役 市川慎治
取引銀行東京都民銀行、三菱UFJ銀行
事業内容消費者金融業,金融コンサルタント業
登録番号貸金業登録:東京都知事(4)第29876号

エコキャッシングなのか株式会社UCSなのか、少しややこしいかもしれませんが、株式会社UCSが取り扱っているサービスがエコキャッシングだと考えると分かりやすいかもしれませんね。

貸金業登録番号の(4)というのは、登録番号の更新回数を表しているので、つい最近できたばかりのぽっと出の金融会社ではないことが分かります。

お金を借りるのですから、素性の知れない怪しい会社は利用したくないですが、その点ではエコキャッシングは安心できそうですね。

店舗は東京に置かれていますが、インターネット経由や電話で申し込みができるので、全国どこからでも利用できます。

闇金ではなく正規の消費者金融

一時期2ちゃんねる等でエコキャッシングが闇金融だ、闇金業者だという噂が流れたことがありましたが、申し込みする際にこの噂の真偽は気になってくるところでしょう。

昨今は見た目から闇金かそうでないかを見分けるのは難しくなっており、普通の消費者金融だと思って利用したら、実は闇金だったという話もよく耳にします。

特に中小の消費者金融は知名度が低く、社名も知られていないことから、見分けがつきにくいのも事実です。

しかも、近年はインターネットからの全国申し込みが可能となっているため、実際に借り入れ先の事務所を見ることなく借り入れるケースも多いので、その危険性はさらに高くなっています。

しかし、エコキャッシングは決して闇金ではなく、きちんと金融庁に届け出を行っている貸金業者です。

闇金などという噂が流れてはいますが、この点は安心してください。

基本的には貸金業登録番号が発行されていれば、正規の金融業者だと判断できるのですが、近年はあたかも正規の業者であるかのように、上記情報を偽造している闇金も見られます。

金融庁では、登録貸金業者情報検索ページを設けているので、万が一「怪しいな」という業者があれば、貸金業登録番号があっても安心せずに、金融庁の検索ページを活用して正規の番号なのかを確認するようにしましょう。

関連記事をチェック!

405view

貸金業者登録番号とは?【世界一分かりやすい解説】

あり得ないほどの高金利や嫌がらせとしか思えないほどの厳しい取立行為で知られる「闇金」。 闇金との関わりを避けるためにも、貸金業者を利用するときは「貸金業者登録番号」をかならず確認しなくてはならないと...

株式会社UCSのフリーローンは総量規制対象

ネット上では、「中小消費者金融=審査に通りやすい」というイメージが先行したためか、エコキャッシングでは総量規制に関係なく借り入れできるといった話がまことしやかに囁かれています。

しかしそもそも、「審査の通りやすさ」と「総量規制対象かどうか」を同じ土俵で比較すること自体、おかしな話なのです。

審査の通りやすさというのは、それぞれの金融会社で設けられている審査基準の厳しさの話であるのに対して、総量規制対象かどうかは法律の話になってくるからです。

総量規制は、貸金業法の中で制定されている規制であり、「貸金業者は申し込み者に対して年収の3分の1を超す金額の融資を行ってはならない」という内容です。

そのため、貸金業者である以上は、その業者の審査基準に関わりなく年収の3分の1を超す金額での融資を希望している場合は、問答無用で審査落ちになります。

エコキャッシングは、もちろん消費者金融であり貸金業者なので、総量規制の影響を受けるということを、しっかり把握しておいてくださいね。

審査通過率の他社比較(プロミスカードローンなど)

ではエコキャッシングの審査の通りやすさはどの程度なのかというと、これは客観的に説明するのが難しいと言わざるを得ません。

1つの参考データとして、プロミス等の大手の消費者金融では月次データなどで審査通過率(新規契約率等とも言う場合あり)を公表しているので、そちらを以下に示しておきましょう。

企 業審査通過率
プロミス45.9%
アコム43.9%
アイフル43.6%

いずれの企業も、おおよそ45%前後の審査通過率となっています。

エコキャッシングの審査通過率は大手とそれほど変わらないと考えられるので、2人に1人弱程度は審査に通過できるぐらいの審査難易度だと考えていただけるといいでしょう。

フリーローンを利用できる人の条件

ではエコキャッシングのメイン商品である、フリーローンを利用できる人の条件について、見ていきましょう。

安定した収入がある

借り入れを行った後は返済しなければならない以上、安定した収入があり返済能力があることは必須の条件です。

これは、エコキャッシングに限らず他の消費者金融で融資を受ける場合も必須なので、消費者金融への申し込みを検討している場合は、注意しておきましょう。

「安定した」という点がポイントであり、収入があるとしてもアルバイトを始めたばかりや転職したばかりで、今後その収入が継続するか未知数であるような場合は、審査落ちになる可能性が高いです。

信用情報に傷がない

審査では信用情報がチェックされますが、信用情報上の傷は大きなマイナス要因となります。

信用情報には、これまで行ってきた信用取引に関する情報がまとめられています。

信用取引には、各種ローンやクレジットカードの利用などが含まれるので、クレジットカードの支払い等を滞納したことがある人は、信用情報に傷がついている可能性が高いです。

自身の信用情報は、信用情報機関に情報開示を申請することで確認できます。

過去に返済・支払い等を遅延したことがあり、信用情報に不安がある人は、エコキャッシングに申し込む前に自分の信用情報を確認してみるといいかもしれませんね。

総量規制の範囲内

上述したように、エコキャッシングは貸金業者なので、総量規制の範囲内で融資を行わなければなりません。

そのため、年収の3分の1を超す金額での融資申し込みを行ったとしても、審査に通ることはありません。

なお、総量規制には既存の借り入れも関係してきます。

たとえば年収450万円の人は、貸金業者で最大150万円までの借り入れが可能ですが、その人がすでに120万円の借り入れを行っているとすると、新たに借り入れられるのは150万円-120万円=30万円ということになります。

既存の借り入れがある人は、その借り入れ金額とエコキャッシングで融資を希望している金額を合算して年収の3分の1を超えないかに、注意しておかなくてはなりませんよ。

エコキャッシングの総量規制対象外の商品

エコキャッシングのフリーローンでは、総量規制の範囲内の融資しか受けられません。

しかし、エコキャッシングには下記のようにいくつかのローン商品があるため、利用する物によっては総量規制に影響されない借り入れが可能です。

  • フリーローン
  • おまとめローン
  • ビジネスローン
  • 不動産担保ローン

エコキャッシングの主力商品はフリーローンですが、このローン商品の場合には総量規制を遵守した貸付が求められます。

しかし、それ以外の残り3つのローン商品は総量規制の除外、または例外に当たるため、総量規制を気にせず借り入れられるのです。

エコキャッシングでは総量規制を超えた借り入れができるという噂が流れたのには、総量規制に関係なく貸付できるローン商品が多いことが影響しているのかもしれません。

それでは、その3つのローン商品の概要について簡単に説明しておきましょう。

①おまとめローン

おまとめローンは総量規制の例外に当たり、年収の3分の1を超える借り入れができます。

その貸付条件は下記のとおりです。

金利7.3%~15.0%
借り入れ限度額100万円~700万円
返済期間最高10年(120回)
利用可能年齢満20歳~65歳
担保、保証人不要
遅延損害金20.0%

借り入れ限度額も700万円と十分な額となっているので、おまとめローンとしては十分なスペックを持つローン商品と言えます。

しかし、エコキャッシングのおまとめローンは借り換え対象が貸金業者からの借り入れ債務に限定されており、銀行やクレジットカードの借り入れ債務は対象外となっているので、この点はよく覚えておくようにしましょう。

銀行やクレジットカードの借り入れ債務もおまとめしたい場合には、アイフルが取り扱う「おまとめMAX」などがおすすめです。

同じ消費者金融が取り扱うおまとめローンでありながら、銀行やクレジットカードの借り入れ債務のおまとめにも対応しているので、なかなか便利ですよ。

エコキャッシングのおまとめローンにしろ、アイフルのおまとめMAXにしろ、審査通過のためには安定収入が必要な点は変わりません。

関連記事をチェック!

180view

エコキャッシングでおまとめローン!審査に通らない人の特徴とは?

エコキャッシングは、おまとめローン専用商品も取り扱っている消費者金融です。 大手の消費者金融と違い、CMなどでおまとめローンの情報が余り流れていないため、エコキャッシングのおまとめローン専用商品の情...

②ビジネスローン

ビジネスローンも、おまとめローンと同様に総量規制の例外に当たり、年収の3分の1を超える借り入れができます。

その貸付条件は下記のとおりです。

金利4.5%~15.0%
借り入れ限度額100万円~3,000万円
返済期間最高10年(120回)
利用可能年齢満20歳~65歳
担保、保証人原則不要
遅延損害金20.0%

ビジネスローン専門業者と比較しても、遜色のない商品スペックとなっているので、事業資金の借り入れ時には十分に利用できるローン商品と言えます。

③不動産担保ローン

不動産担保ローンは総量規制の除外に当たり、土地や建物を担保にすることで年収の3分の1を超える借り入れができます。

その貸付条件は下記のとおりです。

金利4.5%~15.0%
借り入れ限度額100万円~3,000万円
返済期間最高10年(120回)
利用可能年齢満20歳~65歳
担保、保証人土地、建物(保証人は原則不要)
遅延損害金20.0%

不動産の評価額に応じた借り入れができるため、所有している不動産によっては高額借り入れも可能ですし、担保物件があることから審査通過もしやすいというメリットもあります。

レイクALSAと比較


実際にエコキャッシングを利用するべきかに関しては、他の消費者金融と比較して、エコキャッシングを利用するメリットが大きいかどうか次第でしょう。

そこで、大手消費者金融の代表としてレイクALSAと、エコキャッシングの融資条件について比較していきたいと思います。

エコキャッシングレイクALSA
金利(実質年率)12.0%~18.0%4.5%~18.0%
利用限度額10万円~100万円1万円~500万円
担保・保証人原則不要不要
無利息期間
自動契約機

こうして比較してみると、エコキャッシングよりもレイクALSAのほうがいろいろな面で優れているように思われます。

エコキャッシングも、中小消費者金融としては便利であることは間違いありませんが、やはり大手消費者金融の利便性には敵わないようです。

無利息キャッシングは魅力

消費者金融で初めて借り入れを行う人にとって、レイクALSAとエコキャッシングのもっとも大きな違いは、無利息期間の有無でしょう。

大手消費者金融では、初回利用者限定で無利息キャッシングを行っているところが多いですが、レイクALSAはその中でも特に便利なサービスを行っています。

「初回契約日から30日間無利息」というサービスと、「契約額200万円までなら借り入れた金額のうち5万円まで180日間無利息」という2種類のサービスを取り扱っており、好きなほうを選んで利用できます。

借り入れる金額や返済を予定している期間などに合わせて、より自分に適した無利息期間を選べるというのは、他の消費者金融にはない特色であり、レイクALSAの大きな強みの1つです。

返済負担を減らしたいのであれば、より一層レイクALSAを利用したほうがいいかもしれませんね。

エコキャッシングの申し込み手続き

エコキャッシングのメインとなる顧客層は、大手消費者金融の審査に通過しない人です。

そのため、大手のスコアリング方式と異なった、現実重視の審査が行われます。

在籍確認や借金の返済状況・収入・家計の支出などを丁寧に担当者が調査をして、審査の結果が出ます。

そのため、申し込み時に必要な書類も、大手消費者金融では必要としないものもありますので注意をしてください。

なお、審査に時間がかかる時間は1~2時間程度となっていますが、申し込み人の状況によってはすぐに結果が出ないこともあります。

即日融資を希望している人は、時間の余裕を見て申し込みをしましょう。

必要書類の注意点

エコキャッシングのフリーローンに申し込みするには、必要な書類があります。

必ず必要な書類は、本人確認ができるもののほかには、収入を証明するためのものが挙げられます。

〇本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・住民票など

〇収入証明書
・源泉徴収票
・給与明細書

本人確認書類では、記載されている住所と現住所に違いがあると、別の書類の提出を求められたり書類不備ということで審査落ちになったりする可能性もあるので、注意しましょう。

また、必要情報がきちんと確認できないような状態で提出すると、再提出を求められることもあります。

収入証明書が必要になるケース

収入証明書は、申し込みに際して必ず必要というわけではありませんが、以下のような場合には提出が求められます。

  • 利用限度額が50万円を超す場合
  • 他社借り入れとエコキャッシングの利用限度額の合計が100万円を超す場合

収入証明書の提出が必要かどうかは、事前に判断できると思いますので、上記条件に該当する場合は収入証明書の準備も忘れずに行っておきましょう。

カードローンの審査クチコミ実体験

エコキャッシングに申し込んで審査に通過した人の口コミの内容を、いくつか紹介します。

申し込む際にどのような点に注意しておけばいいのか、参考にしてみてくださいね。

他社借り入れ金額を減らしてみた!

貸金業者は貸金業法で、個人信用情報機関の情報を確認することが義務付けられています。

そのためエコキャッシングは、個人信用情報機関の情報を確認して、他社の借金を把握しなければいけません。

そこで借金が多いことが判明すると、審査に通過できなくなりますので、エコキャッシングに申し込む前に他社借り入れを減らせるよう努力しましょう。

なお、複数の金融機関から借り入れを行っている場合は、借り入れ金額だけでなく借り入れ件数も減らせるのが理想的です。

借り入れ金額を減らせない場合でも、おまとめローンなどを利用して借り入れ先を1つにまとめておくといいかもしれませんね。

申し込みブラックが消えてから申し込んだ!

複数の金融機関に同時に借り入れの申し込みをして、そのことがCICやJICCといった信用情報機関に登録されてしまうことを、「申し込みブラック」と呼びます。

申し込みブラックになってしまうと、年収や勤続年数といった要素がいくら優れていても審査落ちになってしまうので、申し込みブラックが解消されるまで、新たな申し込みは我慢するしかありません。

申し込みブラックに関する情報は、信用情報機関で6ヵ月間保管されるので、申し込みブラックになってから半年以上我慢すれば、審査に通過できる可能性が復活します。

先ほど少し触れましたが、信用情報機関に情報開示申請を行うことで自分の信用情報を確認できるので、申し込みブラックが解消されているか不安な場合には、申し込み前に情報開示を行うといいでしょう。

借り入れ希望額を低くした

融資希望額が少ないほうが、審査通過できる可能性は当然高くなります。

先のことを見越して少し多めの金額で申し込みたい気持ちも分かりますが、審査通過を最優先で考えるのであれば、融資希望額は最小限で申し込むのがいいでしょう。

一度借り入れを行って、延滞することなくきちんと返済を行っていれば、あらためて借り入れを行う際には、以前よりも大きな金額で契約してもらえる可能性も出てきますよ。

最後に

エコキャッシングでフリーローンを借りるときには、総量規制を気にしなければいけません。

既に借金が膨れ上がってしまっている人は、中小消費者金融と言っても審査に通過することはなかなか難しいでしょう。

また、エコキャッシングは闇金ではなく、行政から認可を受けた正規の消費者金融ですので安心をしてください。

フリーローンの審査に通過するのが厳しいと考えられる場合は、おまとめローンで借り入れを一本化することを考えてみてもいいでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)