三井住友銀行カードローンのWEB完結はこんなに便利!メリットを徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

テレビCMでおなじみの3大メガバンクの1つ、三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンとしては珍しく完全なWEB完結契約を行うことができます。

銀行カードローンの中には「WEB完結」と謳ってはいるものの、実は書類の記入や郵送があったりすることが少なくありません。

また、ほぼ全ての銀行カードローンではWEB完結と言いながらカードが自宅に郵送されます。

しかし、三井住友銀行カードローンのWEB完結は書類の記入がないのはもちろん、カードの郵送すらありません。

三井住友銀行カードローンでWEB完結をするためにはいくつか条件があります。

この記事では、書類の記入なし、カードの郵送もない、三井住友銀行カードローンのWEB完結について徹底解説を行います。

WEB完結の条件

冒頭述べたように、三井住友銀行カードローンのWEB完結は、他の銀行カードローンのWEB完結と比較して非常に秀逸なWEB完結になっています。

しかし、消費者金融のWEB完結のように、誰でもWEB完結ができる訳ではありません。

三井住友銀行カードローンでWEB完結をするためにはいくつか条件があります。

まずは、その条件について解説していきます。

WEBから申し込み

WEB完結契約を利用するためには、パソコン・スマホなどのWEBから申し込みを行う必要があります。

この際には、申込内容の間違いに十分に注意しましょう。

申込内容が間違っていた場合には、最初から審査をやり直すことになり、時間がかかってしまうことになります。

特に、ローンの申込で多いのが年収の間違いです。

年収は審査に重要な影響を及ぼす情報ですので、手元に源泉徴収票などを用意して、確実に正しい情報を入力するようにしてください。

三井住友銀行の口座を持っている

三井住友銀行カードローンでWEB完結をすることができる人は、三井住友銀行の口座をすでに持っている人だけになります。

口座を持っている人に関しては、三井住友銀行内に個人情報や印鑑の登録があるため、WEB完結をすることができるのです。

また、口座のキャッシュカードを持っているということも条件になります。

提出書類をWEBからアップできる

三井住友銀行カードローンに必要な書類は以下の2点です。

①本人確認書類

②収入証明書(50万円超の申込時のみ)

これらの書類を写真に撮り、WEBからアップロードしましょう。

このため、三井住友銀行カードローンでWEB完結をする場合には、スマホから申し込みをした方が便利でしょう。

スマホであれば、スマホ搭載のカメラで写真を撮り、それをダイレクトにアップできるためです。

関連記事をチェック!

520view

お金を借りる際の身分証明書とは

銀行や消費者金融などでお金を借りる場合は本人確認書類として身分証明書を提出しなければなりません。 しかし身分証とは一体どの様な書類なのでしょうか。カードローンでお金を借りたいけれども身分証として何を...

ローンカードの発行がない

三井住友銀行カードローンのWEB完結は、ローンカードの発行がありません。

すでに保有している三井住友銀行のキャッシュカードにローン機能が加わるのです。

これは、地方銀行カードローンにはない機能ですので、三井住友銀行カードローンのメリットです。

財布の中にローンカードが増えるわけではないため、お財布の中もコンパクトになるのもメリットです。

また、新たにローンカードを持つ必要がないため、財布の中身を家族や友達に見られてしまったとしても、カードローンを借りているということが分かりません。

関連記事をチェック!

443view

カードローンでカードなし?カードレスとは

カードレスとは文字通り、「カードがない」ということです。 デビットカードやカードローンは、キャッシュカードに機能を付けることでカードレスなるカードが存在します。 カードの存在を家族や周りに...

審査通過後にすぐに利用できる

ローンカードの発行がないということは、カードの発行を待つ時間が必要ないということです。

多くの銀行ができる限り融資までの時間を早くしようと努力していますが、ほとんどの銀行でローンカードの郵送に時間がかかってしまいます。

この時間だけで早くて3営業日、長い場合には1週間以上の時間がかかってしまします。

三井住友銀行カードローンでWEB完結をする場合には、この時間が必要ないため、他の銀行カードローンよりもかなりの確率で早くキャッシングができるでしょう。

家族にバレるリスクが激減

三井住友銀行カードローンのWEB完結は、書類の記入がなく、カードの郵送もありません。

カードローンの契約が家族にバレるタイミングとして、契約書類の記入時とカードの受取時ですが、三井住友銀行カードローンはこれら2つともカットすることができるため、家族にバレる可能性が他のカードローンよりも圧倒的に少ないと言えるでしょう。

WEB完結でなくても便利!

口座を持っていなければ、三井住友銀行カードローンでWEB完結をすることはできません。

しかし、三井住友銀行カードローンは日本全国に設置されているプロミスの自動契約機でローンカードを受け取ることができるという特徴があります。

このため、三井住友銀行の口座を持っていない人でも、審査通過後に自動契約機に行くことでカードを受け取ることができるため、郵送でカードを受け取るよりも早くカードを受け取ることができます。

この方法であれば、自宅にローンカードが郵送されることがないため、WEB完結と同じく、家族にカードを見られてしまう可能性を排除することができます。

素早く審査に通るための審査基準

ここまで述べてきたように、三井住友銀行カードローンはWEB完結であれば、審査通過後すぐに利用することができますし、WEB完結でなくても自動契約機でカードの発行を受ければ、こちらもすぐに利用することができる、カードローンの中でも融資までには時間がかからないカードローンと言うことができます。

しかし、三井住友銀行カードローンを素早く利用するためには、審査にできる限り素早く通過することが必要になります。

審査にスムーズに進めるために、三井住友銀行カードローンの審査の基準を理解しておきましょう。

他債務がない

カードローンの審査は2017年頃から厳しくなっていますが、その中で最も早く審査の厳格化を行ったのがメガバンクです。

2017年以前は、多少の他債務がある人に対しても融資をしていましたが、今は銀行カードローンは他債務がある人に対しては非常に厳しい審査を行っています。

特にメガバンクである三井住友銀行カードローンは、他の銀行からカードローンの借入が1本でもあると審査に落ちてしまうことも珍しくありません。

さらに、消費者金融からの借入は、それだけで審査には圧倒的に不利になるため、消費者金融から借入がある人は審査に通過することはほぼ不可能と考えた方がよいでしょう。

三井住友銀行カードローン審査にスムーズに通過するためにはカードローンなどの「無担保」で「使い道自由」な借入が1本もない状態が求められます。

他の支払いに遅れがない

審査の際には信用情報を照会しますが、その中でも最も重要なのが、クレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、借入金やクレジットカードの支払状況を過去24ヶ月記録したもので、ここで遅れが多いと「支払にはルーズな人」という判断になり、審査に落ちてしまうこともあります。

許容される遅れは1年間に1〜2回程度までで、それ以上になると審査通過は難しくなります。

逆に、24ヶ月全て期日を守っている人は審査で非常に有利になるため、できる限り申込前にはクレジットカードの支払期日を守った状態を継続してから三井住友銀行カードローンへの申込をした方がよいでしょう。

なお、クレジットヒストリーには、携帯電話端末の分割払いも反映されます。

キャリアから携帯電話を分割で購入しているという人は、支払に遅れないように十分に注意してください。

借入額の3倍以上の年収がある

先ほど述べたように、カードローン審査は現在非常に厳しくなっています。

以前は銀行カードローンは年収の2分の1程度まで融資をしていましたが、最近は消費者金融並みに年収の3分の1以内とする銀行が多くなっています。

三井住友銀行は、このような審査基準を発表しているわけではありません。

しかし、審査をいち早く厳しくしたメガバンクですので、借入額は年収の3分の1以内とした方が審査通過の可能性は高くなると考えた方がよいでしょう。

まとめ

三井住友銀行は銀行カードローンの中では最も画期的なWEB完結契約を行っています。

三井住友銀行カードローンのWEB完結には以下のようなメリットがあります。

①書類の記入、捺印が必要ない

②ローンカードの発行がない

③手持ちの三井住友銀行のキャッシュカードにローン機能が加わる

郵送でローンカードが送られてくることがないため、融資までの時間が早くなります。

また、家族にバレる心配もありません。

審査が厳しい三井住友銀行カードローンですが、他債務がなく、すでに三井住友銀行のキャッシュカードを持っているという人は、最初に申し込みを検討すべきカードローンと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

73view

メガバンクカードローンの特徴と比較

カードローンには、主に「三井住友銀行や三菱UFJ銀行、及びネット専業銀行等が扱う銀行系カードローン」「アコムやプロミスなどの消費者金融系カードローン」、そして「オリコやオリックス・クレジット株式会社な...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談