キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

銀行カードローンで20万円借りるメリットデメリット

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「急に家電が壊れた」「自動車事故を起こして修理費用が必要」「予定していた旅行費用を使ってしまった」「家族の医療費が必要になった」このように急に20万円程度のお金が必要になることは誰しも1度はあるのではないでしょうか?

20万円というお金はなかなかの大金です。

貯金がなければ簡単には用意することは難しいものです。

こんな時にはカードローンが活用できます。

しかし、銀行と消費者金融のどちらから借りるのがよいか分からないという人も多いのではないでしょうか?

銀行カードローンは金利が低い反面審査が厳しく、時間がかかるという特徴があります。

この記事では銀行カードローンで20万円借りるメリットとデメリットを徹底解説していきます。

20万円借りるのは難しくない!

銀行でも消費者金融でも、20万円程度の金額であれば借りることはそれほど難しくありません。

20万円を貯めるというとそれなりに貯金を頑張らないといけないイメージですが、借りるとなると20万円はそれほど大きな金額ではありません。

信用情報に大きな問題がなければ比較的簡単に借りることができるのです。

20万円の需要は多い

アコムは毎年の決算で貸付金額別口座数構成という資料を公開しています。

「いくら借りている口座が何%あるのか」という資料ですが、下記の通り10万円〜30万円という口座数は、全体の9%近くを占めていることが分かります。

むしろ、20万円以上の金額を借りている人が大多数を占めています。

高額借入をしている人がこれだけ多くの割合を占めているということは、20万円程度の小学であれば、審査に通過することもそれほど難しくないということも分かります。

借入金額2017年9月2018年3月見通
10万円以下1.50%1.50%
10万円超30万円以下8.90%8.70%
30万円超50万円以下27.10%27.30%
50万円超100万円以下24.40%24.30%
100万円超36.10%38.30%

20万円は非正規でも借りられる

カードローンはパートやアルバイトの人でも借りることができるローンです。

しかし、実際に50万円を超えるような高額の融資をこのような非正規の人が借りることは簡単ではありません。

しかし、20万円程度の少ない金額の融資であればパートやアルバイトや契約や派遣社員の人でも簡単に借りることができるのです。

後述しますが、審査の基準は信用情報のみといっても過言ではありません。

20万円は時間がかからない

20万円の融資の審査基準は信用情報のみといっても過言ではありません。

信用情報の審査はコンピューターが行いますし、ほとんどのカードローンで提出書類は運転免許証などの本人確認書類だけですので、審査には時間がかかりません。

大手消費者金融であれば30分以内では審査回答がありますし、銀行カードローンでもその銀行の中での最短時間で審査回答が行われるでしょう。

銀行から20万借りるメリット

銀行と消費者金融のどちらから20万円を借りるべきでしょうか?

まずは銀行から20万円を借りるメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが重要になります。

銀行カードローンで20万円借りる主なメリットは以下の4点になります。

利息負担が少ない

カードローンで20万円を借りる場合、ほとんどのローンでは当該カードローンの最高金利が適用されます。

銀行カードローンの最高金利は14%台半ばというのが相場です。

しかし、消費者金融カードローンの最高金利は18%程度ですので、金利はほぼ確実に銀行の方が少なくなります。

また、銀行の中には金利が限度額に応じて決まるのではなく、審査によって決定するローンもあるため、属性が良好な人はさらに低い金利で借りられる場合もあります。

バイトや主婦でも借入可能

銀行カードローンで20万円借りる場合にはパートやアルバイトはもちろん、本人名義の収入がない主婦への融資を取り扱っているローンもあります。

これは消費者金融にはない特徴です。

また、20万円の審査は信用情報がメインですので20万円程度の少ない金額であれば、主婦でも十分に審査に通る可能性があります。

主婦への取り扱いについては、銀行によって対応が全く異なるため、主婦への取り扱いを行なっているカードローンをまずは探してみましょう。

提出書類が少ない

ほとんどのカードローンで20万円の借入の際に必要になるのは運転免許証などの本人確認書類だけです。

収入証明書は必要にならないカードローンが大多数ですので、お財布の中に入っている免許証などの本人確認書類だけで気軽に契約手続きまで行うことができます。

審査基準は信用情報のみ

20万円の審査では収入証明書が必要ありませんし、20万円程度の少額融資ではパートやアルバイトや主婦でも融資を受けることができる可能性があります。

銀行は証明書のない情報はあてにしませんし、パートやアルバイトがいくら大手企業で働いていたとしても、その勤務先は審査ではプラスにはなりません。

つまり、審査の基準になるのは信用情報だけなのです。

信用情報で以下のポイントさえ押させていれば審査に通る可能性は決して低くないと言えるでしょう。

①ブラックでない

自己破産、個人再生、61日を超えるクレカや借金の延滞、クレカや携帯電話などの強制解約などの情報が信用情報に記録されている人をブラックと言います。

②借金やクレカの支払いに遅れが少ない

遅れがないのがベストですが年間1〜2回程度の遅れであれば審査に通過できることもあります。

③他債務がない

他のカードローン借入が1本もなければ審査に通過できる可能性があります。

関連記事をチェック!

614view

カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます...

銀行から20万円借りるデメリット

銀行から20万円を借りることにはメリットもありますが、消費者金融から借りることと比べていくつかデメリットがあります。

特に急ぎでお金が必要になった場合には銀行ではなく消費者金融を選んだ方がよいかもしれません。

主なデメリットは以下の通りです。

他債務があると審査に通らない

先ほど述べたように、銀行カードローンは他からカードローンやフリーローンなどの使い道自由で無担保の借入金がある人に対しては例え20万円でも審査に通過することは非常に難しくなります。

一方、消費者金融であれば3本以上の借入本数がある多重債務者でないと、総量規制に抵触しない人であれば他債務が審査で大きな問題となることはありません。

すでに他のカードローンを持っている人は銀行ではなく消費者金融へ申込を行った方がよいかもしれません。

融資までには時間がかかる

2018年から銀行は融資の前に、警察庁の反社会的勢力のデータベースへ、顧客が反社会的勢力の構成員でないかどうかの確認を行うことが義務付けられています。

この確認には2営業日程度の時間がかかるため、銀行カードローンは融資までに最低でも2営業日程度の時間がかかってしまうのです。

一方、大手消費者金融は軒並み即日融資に対応しているため、急ぎでお金が必要という場合には銀行カードローンではなく、大手消費者金融の方がよいでしょう。

「明日中に20万円必要」などという場合には銀行カードローンでは絶対に間に合いませんので最初から消費者金融へ申込をするようにして下さい。

無利息期間がない

モビット以外の大手消費者金融にはすべて無利息期間がついています。

一方、ほとんどの銀行カードローンでは無利息期間はありません。

20万円というのは、すぐに用意するのは無理でもボーナス時などは比較的簡単に用意することができる金額です。

このため、20万円程度の少額融資では「次のボーナスまでの短期間借りたい」という需要が多いのです。

銀行カードローンには無利息期間がないため、無利息期間を加味すると大手消費者金融の方が利息負担が少ない場合がよくあります。

短期間だけの利用であれば銀行よりも大手消費者金融の方がメリットがあるかもしれません。

関連記事をチェック!

48view

30日間無利息サービスのカードローンでお得に借りる

金融機関からお金を借りると利息が発生しますが、利息は返済負担を重くする大きな要因です。 しかしカードローンの中には、無利息サービスが利用できるものもあり、うまく活用すれば返済負担をグッと抑えられ...

20万円の返済額はどのくらい?

銀行から20万円を借りた場合には毎月の返済額はどの程度になるのでしょうか?

最後にメガバンクとネット銀行で20万円借りた場合の返済額をまとめましたので参考にしてください。

銀行名最高金額返済額
三菱UFJ14.60%4,000円
みずほ14.00%10,000円
三井住友14.50%4,000円
楽 天14.50%5,000円
住信SBI14.79%5,000円
ソニー13.80%4,000円
イオン13.80%5,000円
じぶん17.50%4,000円

まとめ

20万円程度の少ない金額であれば銀行から借りることは難しくありません。

基本的に他債務がなく、信用情報に問題がない人であればパートやアルバイトの人でも借りることができる可能性があります。

しかし、銀行カードローンは融資までのスピードが遅いため、急ぎの時には大手消費者金融を選択した方がよいでしょう。

金利を重視するのか、スピードを重視するのかなど、自分のカードローンに求めるニーズに最もマッチした最適な方法で申込を行いましょう。

関連記事をチェック!

62view

その日に借りれる!即日融資なカードローン

お金に困っている人の中には、急いで金策をしなければならない状況の人も多いかと思います。 金策をする際に頼りになるのは、消費者金融や銀行で取り扱われているカードローンですが、お金を借りるためには審査を...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談