銀行カードローンとは?メリットデメリットを徹底解説

カードローンには銀行カードローンと消費者金融という大きな2つの枠組みがあります。

両者の違いは単純に銀行が融資をするのか、消費者金融が融資をするのかという違いに留まりません。

それぞれ根拠となる法律が異なり、その結果として融資限度額や金利や審査などが大きく異なります。

このため、一般的には低いコストでお金を借りることができるのは銀行カードローンで、融資までの速度が早いのは消費者金融のカードローンです。

「お金を借りるのであれば銀行から」と漠然を考えている人が多いようですが、銀行からの借入で全ての資金ニーズを満たせるわけではありません。

お金を借りる際には、金利を重視する人もいれば、融資までの速度を重視する人など様々です。

銀行カードローンのメリットデメリットをしっかりと理解しておかなければ、自分のニーズを満たすことはできません。

この記事では、銀行カードローンの特徴やメリットとデメリットを解説していきます。

銀行カードローンとは

銀行カードローンはと、銀行・信用金庫・農協などの預金業務も取り扱う金融機関が提供するカードローンを示します。

金融機関のカードローンは、消費者金融などのカードローンとは取り巻く法律や、商品設計や運用のルールなどが明確に異なります。

関連記事をチェック!

銀行カードローンとは

銀行が個人向けに無担保で、融資をしてくれるものがカードローンです。 目的別ローンとは違い、どんなことに借りたお金を利用しても制限はありません。 また上限金額内であれば、何度でも追加融資が可...

貸金業者カードローンではない

消費者金融やカード会社などの預金業務を扱わずに融資を行う業者を貸金業者と言います。

銀行は預金業務を行うため貸金業者ではありません。

銀行は顧客の預金で融資を行っていますが、貸金業者は銀行からの融資や自己資金を融資しています。

この違いが銀行と消費者金融カードローンの違いを生む大きな原因です。

貸金業法の対象外

消費者金融などの貸金業者は貸金業法という法律によって、ローンの内容などが細かく規定されています。

消費者に関係がある貸金業法の主なルールには以下のようなものがあります。

①総量規制:他債務との合計で年収の3分の1以内が融資限度額
②収入証明書:1度の借入が50万円超、または他社からの借入額との合計が100万円を超える借入を行うときには源泉徴収表や給与明細などの収入証明書が必要
③専業主婦の融資:本人名義の収入のない専業主婦が融資を受ける場合には、配偶者の収入証明書の提出と配偶者の同意が必要になり、融資限度額は夫婦合わせて配偶者の年収の3分の1以内まで

このように、貸金業者のカードローンは商品内容が細かく規定されています。

しかし、銀行カードローンは貸金業法の規制対象外ですので、このような法的なルールの決まりがないのが特徴です。

商品のルールは自由

銀行カードローンは消費者金融のように法律によって細かく商品設計のルールが決まっているわけではありません。

かといって、銀行が無制限に融資を行うわけではありません。

銀行は顧客の預金を融資によって運用しており、大切な顧客の預金を簡単に毀損するわけにはいきません。

このため、「法律によって細かく規制をしなくても慎重に融資を行うだろう」という性善説に立っており、実際に消費者金融よりも厳しい審査を行っています。

ただし、法律による規制がないため、融資限度額や収入証明書の提出基準などの商品設計は銀行によって様々です。

関連記事をチェック!

銀行カードローンで必要な書類は?申込時に収入証明書はいるの?

銀行カードローンでお金を借りるときに、本人確認書類が必要なことは想像がつきますが、他にも書類が必要なのか、気になる人もいるでしょう。 また、本人確認書類以外に必要な書類があった場合に、どのような...

関連記事をチェック!

銀行と消費者金融って何が違うの?

借入できる金融機関というと、多くの人は銀行や、CMでおなじみの消費者金融を思い浮かべるでしょう。 しかし、「銀行融資は審査が厳しく、消費者金融は審査が緩い」というイメージを持っていませんか? ...

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンには、消費者金融カードローンにはないメリットがいくつもあります。

銀行カードローンの方が多くの金額を借りることができる可能性がありますし、銀行カードローンの方が消費者金融のカードローンよりも金利が低くなっています。

総量規制の対象にならない

先ほど述べたように、銀行カードローン貸金業法の対象ではありません。

このため、貸金業法で規定されている総量規制の対象外となります。

ただし、銀行も収入のない人に対してまで無制限に融資を行っているわけではなく、融資限度額は他債務との合計で、年収の2分の1以内程度というのが目安です。

最近は、銀行カードローンの過剰融資が社会問題となっているため、年収の3分の1以内とするカードローンも増えています。

金利が低い

銀行カードローンの最高金利は14%半ばというのが相場です。

消費者金融カードローンの最高金利が18%ですので銀行カードローンの方が金利が低くなっています。

ただし、金利が低い分だけ審査が厳しくなります。

信用情報が悪化しない

消費者金融カードローンを借りていると、銀行審査でマイナス評価されてしまいます。

しかし、銀行カードローンの借入は消費者金融からの借入よりはネガティブには評価されません。

消費者金融からの借入があると、クレジットカードの審査や、住宅ローンや自動車ローンなどの銀行ローンの審査で不利になることがありますが、銀行カードローンではそれほど大きなマイナスにはなりません。

主婦でも借入可能

先ほど述べたように、貸金業法では専業主婦への融資は細かく規制されています。

実質的には夫に貸していることと同じであるにも関わらず、事務手続きだけが煩雑化するため、大手消費者金融は専業主婦への融資は行っていません。

しかし、貸金業法のような規制がない銀行カードローンでは、専業主婦への融資を行っている銀行も存在します。

ただし、最近では銀行カードローンの過剰融資が問題になっているため、専業主婦への融資を中止した銀行も数多く存在します。

しかし、地方銀行などでは、まだ主婦への融資を行っている銀行も多数存在します。

自動融資あり

銀行カードローンで返済方法を口座振替とすると、ほとんどのカードローンで自動融資機能が付与されます。

自動融資とは、返済用口座に自動引落がかかった際に口座残高が足りない場合に、カードローンから自動で不足分を融資して、引落を成立させてくれる機能です。

例えば、カードローンの返済用口座に10,000円の電気代の引落がかかった場合に口座残高が5,000円だった場合には、カードローンから不足分の5,000円を自動的に融資を行い、10,000円の電気代の引き落としを成立させる方法です。

入金を忘れて決済ができないということを防ぐ便利な機能ですが、気づかないうちにカードローンの借入残高が大きくなっていることもあります。

借りすぎを防止するため、自動融資をつけた場合には、カードローンの利用残高を口座残高の管理をしっかりと行いましょう。

関連記事をチェック!

カードローンの自動融資とは

カードローンの種類によっては自動融資サービスを利用できることがあります。自動融資サービスを設定していると何かと便利な部分もありますが、自動融資のことをよく知らないと意図せず借金をしてしまうことにもなり...

銀行カードローンのデメリット

金利が低く、消費者金融よりも多くの金額を借りることができる銀行カードローンですが、審査が厳しく、融資までには時間がかかってしまうなどのデメリットがあります。

審査に自信のない人や、急ぎでお金が必要な人には銀行カードローンは不向きと言えます。

メリットとともに、デメリットもしっかりと理解して銀行カードローンへの申込を検討しましょう。

審査が厳しい

先ほど述べたように、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも金利が低いため審査が厳しくなります。

また、銀行カードローンには保証会社がついており、実質的に審査を行っているのは保証会社です。

保証会社に入る保証料収入が銀行カードローン金利の3割から半分程度と言われています。

金利14%のカードローンであれば、保証会社に入る保証料収入は4%から7%程度です。

このため、消費者金融の18%と比較して、4倍以上厳しい審査が行われると考えた方がよいでしょう。

消費者金融の審査に通過できない人は、ほぼ確実に銀行カードローンの審査には通過できません。

審査に自信のない人は銀行カードローンに申込を行っても時間の無駄になってしまうことも十分にありえます。

関連記事をチェック!

銀行カードローンの保証会社とは

銀行カードローンの特徴に金利が安い、担保や保証人が不要を上げることができます。しかし申し込み条件の中に保証会社の存在がちらつきます。 保証会社とは何なのか、保証会社によって審査基準が違うのかなど...

融資までには時間がかかる

銀行カードローンは審査に時間がかかります。

2018年から銀行融資の前には警察庁の反社会的勢力のデータベースへ照会を行うことが義務付けられこの確認には2営業日程度の時間がかかります。

そのため、審査の回答が出るのはいくら早くても申込から2営業日で1週間以上の時間がかかってしまうことも決して珍しくありません。

即日融資に対応している大手消費者金融と比較すると銀行カードローンの方が審査に非常に時間がかかります。

急ぎでお金が必要な人は銀行カードローンは不向きであると言えるでしょう。

契約が家族にバレる可能性がある

三井住友銀行と三菱UFJ銀行以外のカードローンは自動契約機がありません。

このため、銀行カードローンは基本的にローンカードは郵送で発行されると考えた方がよく、カードの受取時に家族にカードローン契約がバレるリスクがあります。

また、地方銀行などでは契約書の記入を郵送によってやり取りしなければならない場合も少なくありません。

大手消費者金融は全て自動契約機を持っており、契約手続きにもカードの受取にも郵送物が何もないというのが当たり前ですが、銀行カードローンでは郵送が伴うため、家族にカードローンの契約を秘密にしたいという人は銀行カードローンの方がリスクが高いことになります。

関連記事をチェック!

誰にもバレずに内緒で借金する方法

お金がどうしても必要。家族や職場の人にバレずにお金を借りられるなら借りたい。 そう思う人も少なくないはずです。誰にもバレずに、ということですが、あなたはどのポイントが借金がバレやすいのかご存知で...

まとめ

銀行カードローンとは、預金業務も行う銀行や信用金庫や農協のカードローンです。

低い金利で借りることができる金額も消費者金融よりも高いというメリットがありますが、審査が厳しく融資スピードが遅いなどのデメリットがあります。

銀行カードローンを利用する際にはメリットとデメリットをよく理解してから申込を行いましょう。

 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談