つなぎ融資でいくら借りる必要があるの?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

マイホームの購入は人生で最も大きな買物ですので、基本的には住宅ローンを利用することになるでしょう。

実は住宅ローンは完成している建物に対して利用するローンのため、これから新築する場合の着工金などには「つなぎ融資」を使います。

「つなぎ融資」はどんなもので、幾ら融資してもらうのかなど見ていきましょう。

つなぎ融資って何?

一戸建ての新築は人生の中で何度も経験する人は少ないため、住宅ローンについて詳しく知らない人も多いでしょう。

また、住宅ローンは聞き覚えがあったとしても、つなぎ融資は知らないという人がほとんどだと思います。

実は、住宅ローンは住宅が完成していないと、融資が受けられないのが一般的です。

したがって、建て売りの住宅やマンションなど、既に完成しているものを購入するときは住宅ローンだけで十分です。

しかし、注文住宅などでこれから住宅を新築するという場合は、まだ建物がない状態になりますので住宅ローンで融資を受けることはできません。

住宅が完成するまでに、全くお金を払わずに済むのであれば問題はありませんが、住宅を建築するためには、着工金や中間金などの支払が発生します。

また、土地を購入する費用も準備しなければならないケースもあるでしょう。

つなぎ融資は建物が完成して、住宅ローンを使える状態になるまでの間にかかる費用を融資してもらうための金融商品です。

ただし、一部の金融機関で販売している住宅ローンでは、土地代や着工金などに利用できるものもあります。

住宅ローンの利用を検討している金融機関に問い合わせて、詳細を確認しておくとよいでしょう。

関連記事をチェック!

247view

住宅ローンつなぎ融資とは?最小限の負担で利用する方法も紹介

住宅ローンの商品広告や比較サイトを見ていると「つなぎ資金」という言葉を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか? つなぎとはどういう意味かご存知ない人も多いかと思います。 つなぎとは、確定し...

つなぎ融資をしてくれる金融機関を探そう

これから夢のマイホームを建てるというときに、多くの人は住宅ローンをどの金融機関にお願いするか考えるでしょう。

しかし、これから建て始める注文住宅などの場合は、つなぎ融資を行っている金融機関を探さなければなりません。

なぜなら、つなぎ融資と住宅ローンは原則として、同じ金融機関で利用することになるからです。

A銀行につなぎ融資をお願いして、B銀行に住宅ローンをお願いすることはできないので注意が必要です。

できるだけ費用を抑えようと、つなぎ融資の金利が低い金融機関と、住宅ローンの金利が低い金融機関を組み合わせることなどはできません。

また新築を検討する人の中には、着工金や中間金のことを全く知らずに、後から慌てることも少なくありません。

つなぎ融資を行っていない金融機関に、住宅ローンだけを申し込んでしまうと、自己資金で着工金や中間金を準備しなければいけなくなります。

そのため新築の場合は、つなぎ融資を販売している金融機関を探す必要があると覚えておきましょう。

つなぎ融資で幾ら借りるの?

条件によって新築にかかる費用は変わりますので、どれくらいの金額が相場であるかを明確に提示することはできません。

自己資金がどの程度あるのかや、土地の購入の有無によっても大きく変わってくるでしょう。

また、着工金や中間金に関しても契約内容によって違いがあるため、詳細は契約時にしっかりと確認する必要があります。

一般的には、着工金や中間金は工事費の3割程度となることが多いです。

したがって、工事費の6割程度と、土地の購入費用をつなぎ融資を利用するイメージとなります。

住宅が完成して登記手続きが完了すると、住宅ローンの契約ができる状態です。

住宅ローンの融資が始まった時点で、つなぎ融資から借りた資金は完済となります。

つなぎ融資にかかる費用は?

つなぎ融資は最終的には、住宅ローンが利用できるようになるまでの一時的なもので、住宅ローンで完済します。

同じ金融機関に申し込みますし、つなぎ融資は住宅ローンの一部分のようなイメージを抱く人もいるでしょう。

しかし、つなぎ融資と住宅ローンは、全く別の金融商品ですので、住宅ローンとは別につなぎ融資の手数料などが発生します。

申込手数料として10万円に加えて消費税がかかる場合や、借入金額の1%程度とする金融機関もあります。

また、収入印紙代に加えて、印鑑証明や住民票などの発行手数料も必要となります。

さらに、つなぎ融資を利用している期間は、利息が発生しますので注意をしてください。

つなぎ融資の金利は、2%~3%程度に設定している金融機関が多く、住宅ローンと比較すると金利が高く設定されています。

つなぎ融資を利用する期間は1年程度ですが、1,000万円単位の借入に対して2%の利息になりますので、決して安くはない利息です。

できる限り自己資金を準備しておくなど、利息分の支払に抑えるようにしましょう。

まとめ

建売住宅など完成している住宅を購入する場合は、住宅ローンの申込みだけで十分です。

しかし注文住宅などでこれから新築する場合には、着工金などの支払のためにつなぎ融資を利用することになります。

土地の購入や工事費の6割程度など、高額の資金を借りることになります。

住宅ローンとつなぎ融資は同じ金融機関のものを利用する必要があるため、新築のときはつなぎ融資のある金融機関を探しましょう。

関連記事をチェック!

1469view

ろうきんの「つなぎ融資」は利便性が高く、諸経費が抑えられる

金融機関が取り扱う金融商品の基本的な部分は同じですが、それぞれの金融機関で特色をつけて商品を提供しています。 中でも、ろうきんのつなぎ融資は比較的メリットが多い商品と言えます。 どのような...

関連記事をチェック!

111view

つなぎ融資にぴったりの低金利ローンはどこ?

注文住宅を建てる場合、つなぎ融資を利用するケースがあります。 つなぎ融資は、金融機関によって取り扱いの有無・金利・諸費用等が大きく異なります。 金融機関ごとの商品を比較し、自分に合った商品...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談