一番お金を借りやすい消費者金融ランキング

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

消費者金融を選ぶときに、お金を借りやすいところから借りたいという人が、この記事を見ていると思います。

しかし、消費者金融は審査基準や審査落ちをした人の理由を公表していないため、どの消費者金融が借りやすいか、ホームページを見ただけでは分かりません。

「そうなんだよね~。消費者金融の公式サイトを見ても、審査の基準が分からないんだよね。」
「できれば、すんなりお金を借りたいんだけど・・・。」

その気持ちよく分かります。

お金を借りたいのに、審査に通過しないのであれば何をしたらいいのか分からなくなります。

また、できれば申し込みをしてから、すぐに返事をもらいたいですよね。

でも、審査基準は各社で違うものの、ある一定の共通点があります。

そこで、消費者金融の中で借りやすい消費者金融はあるのか、どのようにして消費者金融を選べばよいのかを今回は解説します。

借りやすい消費者金融はない

初めから結論を言うようで申し訳ないのですが、そもそも誰でもお金を借りやすい消費者金融というのは、残念ながら世の中に存在しません。

消費者金融にはそれぞれの会社に独自の審査基準があり、申込者の状況によって審査にとおるかどうかが大きく違います。

極端に言うと、Aさんの方が一般的に審査に通過しやすいように見えたとしても、他の部分で優れていたBさんが審査に通過するということがあります。

「じゃあ、どの消費者金融に申し込みをしても同じなの?」

そうですよね。どこの消費者金融に申し込みをしても、同じと思っていまいますよね。

しかし、同じというわけではなく、申込者の状況によっておすすめできる消費者金融は異なってきます。

例えば、以下のような状況の人は、全員おすすめする消費者金融が異なってきます。

そこで、自分が当てはまるタイプの内容を重点的に読むことで、自分におすすめの消費者金融や審査通過のコツが分かるのです。

ここからは、自分に当てはまる内容を中心に見ていただき、参考にしてください。

消費者金融は銀行カードローンよりも借りやすい

カードローンは幾つかの金融機関が取り扱っていますが、基本的に消費者金融のカードローンは銀行カードローンよりも借りやすいと言われています

銀行カードローンに落ちてしまった人でも、審査に通過することがあります。

ただし、消費者金融に落ちても、銀行カードローンの審査に通過した人もいますので、必ずしも審査に通過するとは言えません。

銀行カードローンは貸付上限金額が高額であったり、貸付金利が低かったりなど、消費者金融よりも貸付条件がよいことが多いです。

いい条件のカードローンは、貸付をするお客さんを厳しく審査する傾向があるのですが、銀行カードローンは消費者金融が保証会社になっていることが多いです。

そのため、銀行よりも消費者金融の方が、審査に通過しやすいということを必ず言うことはできません。

どの貸金業者も審査は必ずあります

消費者金融を含めて、貸金業者の方が銀行よりも審査にとおりやすいと言われていることを紹介しましたが審査は必ず行われます。

貸金業者を名乗る会社の中には、「審査なしで融資可能!」というようなうたい文句を掲げている業者がまれにあるということです。

審査なしで借りられるなら、そこが一番借りやすいカードローンになるじゃないか、と思われるかも知れませんが、落ち着いてよく考えてください。

審査とは業者の利益を守るために必要不可欠な行為であるはずなのに、審査をしないで融資を行うというのはどう考えても不可解な行為です。

話がそれてしまう前に、先に結論から申し上げておくと、「審査なしで融資可能!」といったうたい文句を掲げている業者はほぼ間違いなく闇金業者です。

「審査がないのだったら申し込みしてみよ」

いやいや、だめですよ。

軽い気持ちで利用してしまいたくなりますが、闇金業者から高額な利息を請求されたり、犯罪行為に巻き込まれたりするため、決して利用してはいけません。

「審査の通過しやすさ」「借り入れやすさ」を追い求めるあまり、闇金業者を利用してしまったということだけは絶対にないように注意してくださいね。

申し込む人によって審査通過の可能性に差がある

申し込みをする人の条件によって、審査通過できる可能性には大きな差が出てきます。

例えば、申込者が現在他の消費者金融から200万円の借金がある場合には、借金がない人と比べて審査通過の可能性に大きな差が出てきます。

他にも、過去に借金の長期滞納をしてしまった人や、転職を繰り返し勤務歴が短い人も審査に通過しにくいです。

ただし、消費者金融の中には「長期滞納をした人でも借入ができる」、「勤務歴の長さはあまり気にしない」などの会社独自の基準があります。

そこで、自分の信用情報にマイナスの情報があれば、マイナスの情報があっても借りやすい消費者金融を探すことが大切です。

超ブラックで借りられるところはない

債務整理や過去に長期間滞納を行ったいわゆる「ブラック」の人は、基本的に消費者金融からお金を借りることは難しいです。

しかし、正規の貸金業者ではなく、闇金業者の中にはブラックでもお金を貸している業者があります。

闇金業者とはそもそも、金融庁に届出を出していない非正規の貸金業者で、会社の存在自体が怪しい法人です。

したがって、闇金業者は法律を守る意思がないため、平気で法外な利息を請求したり、恐喝に近い取り立てを行ってきたりします。

「違法でもお金を貸してくれるなら利用するしかない」

うんうん、その気持ち分かります。

最後の手段として利用する人がいますが、借り入れ後に10日以内に返済ができなければ高額な利息を請求されるため、本当に一時しのぎにしかなりません。

闇金を利用しなければいけないというほど追い込まれている場合には、一度周囲の人や弁護士や司法書士などの専門家に相談をして他の解決方法を探してください。

消費者金融の手続きは早くて簡単

大手消費者金融は借り入れの手続きは非常に早くて簡単なので、審査という点を抜かせば間違いなく借りやすいと言っても問題はありません。

  • 即日融資も可能
  • 日本全国のコンビニで借りられる

この二つの特徴を全ての大手消費者金融が満たしています。
無人契約機を使えば、一番遅いところで夜の22時までカードが発行できますし、コンビニで現金の引き出しが可能です。

「無人契約機に行くのは、人の目が気になるからちょっと…」

たしかに、自分が住む街だと会社の同僚や友人に見られてしまう可能性があるため、うかつに無人契約機を利用することは気が引けます。

このような人は、プロミスやモビットなどが行っているアプリやWEBで申し込みが完結する「WEB完結」を利用してください。

「WEB完結」であれば、手続きが全てインターネットから行えるため、外出せずに気軽に借り入れができる点がメリットです。

大手消費者金融一覧

大手消費者金融と言っても複数社あるため、それぞれの会社の内容が知りたいところです。

そこで、大手消費者金融の基本情報をまとめましたので参考にしてください。

カードローン名実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
プロミス4.5~17.8%
500万円
最短即日
50万円
プロミスレディース4.5~17.8%
500万円
最短即日
50万円
アコム3.0%~18.0%
800万円
最短30分
50万円
レイクALSA4.5%~18.0%
500万円
最短即日
50万円

※全てのカードローンにおいて申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります

関連記事をチェック!

7312view

スピード融資カードローン

最短即日振り込みに対応しているカードローンを紹介します。 ※口座への振込の場合、振り込みが15時までとなりますので、カードローンは14時までに申し込みを済ませたほうがいいでしょう。 ※自動契約...

少しでも審査を有利にすすめる方法

初めて審査の申し込みをするときには、審査に落ちないか不安になるため、少しでも審査を有利にすすめる方法が知りたいところです。

審査を有利にすすめる方法としては、代表的なものに以下の3種類があげられます。

  • 月末や3月に申し込みをする
  • 同じ勤務先で1年以上勤務する
  • 他社からの借入金額を減らす

ここでは、少しでも審査を有利にすすめるための方法をひとつずつ解説します。

月末や3月はノルマや決算の関係で少し借りやすい

消費者金融に申し込みをする場合には、月末や年度末である3月が比較的審査にとおりやすいです。

ローン契約も営業の仕事と同じで、営業成績として評価されるため、ノルマの締め日である月末は、申し込みが殺到して目が行き届かず、審査が少し甘くなる会社もあります。

また、3月の年度末も決算時期であるため、審査が甘くなる傾向にありますが、飽くまでも審査にとおりやすいというだけであるため、おまけとしてとらえておくとよいです。

同じ勤務先で最低1年は働く

勤務歴が短い人は最低でも1年以上は同じ職場で勤務してから、消費者金融に申し込みをした方が審査にはとおりやすいです。

勤務歴が短いとどうしても、転職や離職をする危険性があると審査で判断されてしまうため、審査では大きく不利になってしまいます。

アルバイトやパートでも勤務歴が1年を超えるだけで、審査には有利になるため、できる限り長く勤務してから申し込みをしてください。

今の借入額と借入先を減らす

既に他の金融機関やクレジットカードで借り入れを行っている人は、借入額や借入先を減らすと審査に有利になります。

借入金が大きいと、新たに借りる借金を返済する能力が低いと判断されるため、借金の金額が少ないと審査では有利です。

また、既に借金をしている人は返済や完済をして、借金を返した実績を作ることで審査時に「借金をしても返済できる人だ」と判断され、有利に審査をすすめられます。

金融機関からお金を借りている場合には、毎月の決まった返済日の他にも、いつでも返済が行える追加返済を手数料なしで受け付けてくれます。

少しでも追加で返済する余裕があるのであれば、申し込み前に多めに返済しておいてください。

中小消費者金融は借りやすい?

中小消費者金融は大手消費者金融に審査落ちしてしまった人でも、審査に通過する可能性があるため、申し込みをしてみる価値は十分にあります。

大手消費者金融は、手続きという意味では非常に借りやすいですが、審査のとおりやすさではそこまで簡単ではないです。

一方、中小消費者金融はブラックの人にも、審査の状況に応じてお金を貸します。

大手消費者金融は過去に自己破産などを行った金融事故歴がある人の場合、ほぼ審査通過は厳しいでしょう。

しかし、中小の消費者金融は金融事故歴ありの人でも融資してくれます。債務整理中でも融資してくれるほど、審査に融通を利かせてくれます。

中小消費者金融に流れるお客さんの大半は、大手消費者金融で借りられなかった人です。
お金を初めて借りるときにいきなり中堅の消費者金融に行く人は非常にまれで、ほとんどの人はまずは大手消費者金融に行きます。

ただし、審査基準が甘いかと言うと別の話で、大手消費者金融と同じ厳しさで審査を実施すると、融資する相手がいなくなるため、申込基準を下げているだけです。

しっかりと審査が行われますので、決して甘い審査と言うことではなく、現状の生活をくまなくチェックされたうえで問題がなければ、お金を貸してもらえるということになります。

関連記事をチェック!

3152view

すぐに貸してくれる!安全安心の金貸し屋はこちら

金貸し(金貸)屋とは、お金を貸す金融業者のことを指します。 このページでは金貸し屋の選び方について説明します。 ソフト闇金に注意 現在は闇金と少し異なる「ソフト闇金」という金貸しが増えてきていま...

中小消費者金融は大手よりも柔軟な審査が受けられる

中小消費者金融は、大手よりも柔軟な審査が行われるのですが、審査にはとおりやすいということではありません。

先ほども軽く紹介しましたが、中小消費者金融は大手消費者金融と差別化するために、申込基準を差別化しています。

特に金融ブラックなど大手消費者金融では、その場で審査落ちとなってしまうような条件であっても、中小消費者金融であれば詳しい内容を聞いたうえで、審査に通過させるのか決定しています。

金融ブラックであっても、お金を貸してはいけないという法律はありません。

そのため、生活がしっかりと立ち直っていると判断されれば、お金を貸してもらえる可能性はあります。

中小消費者金融は申し込み条件が厳しいことも

中小消費者金融の申し込みをするときには、大手消費者金融にはない申し込み条件がある会社が存在するため、気をつけなければなりません。

例えば、ある中小消費者金融の申し込み条件には、「他社からの借り入れが4社以上」といった大手消費者金融では考えられない内容があります。

また、地域密着型の会社であれば申し込みできる地方が決まっていることもあるため、大手のように全国各地のどこからも申し込みできるわけではありません。

したがって、申し込みをするときには一度申し込み条件を確認してからにしてください。

おすすめの中小消費者金融一覧

中小消費者金融は、大手消費者金融よりも知名度がないため、会社を選ぶときに迷ってしまいます。

そこで、おすすめできる代表的な中小消費者金融を紹介するので参考にしてください。

会社名審査通過率金利(年率)限度額全国申込
キャネット15.0%~20.0%300万円
スペース8.0%~18.0%500万円
ライフティ8.0%~18.0%500万円
セントラル4.8%~18.0%300万円

消費者金融の借入審査で重要なポイント3つ+α

消費者金融の借入審査に通過するためには、重要なポイントが幾つかあります。

申し込み条件と同じように、最低限クリアしておきたい審査に重要な項目が3つあります。

  1. 年収
  2. 他社借入件数
  3. 総量規制

番外:金融事故の有無

借りやすい金融機関を探すには、これからご説明する3つの項目と補足である番外によって、あなたにぴったりの金融機関を探すことができるでしょう。

審査項目1:年収

消費者金融の審査に申し込みをするときには、まずは年収がどの程度であるかが重要な項目となります。

申し込み条件に継続安定した収入があること、とあるように収入がなければカードローンの審査にとおることはありません。

また継続安定した収入があるとは、すなわち雇用形態に関係なく勤続年数が比較的長い状態のことを言います。

年収が多ければそれに越したことはありませんが、月によって収入が多い月、収入が少ない月があるのでは安定した収入とは言えませんよね。

年収が高ければいいというものではなく、たとえ年収が多少低くても毎月安定した収入があることが審査には大きく関わってくるのです。

お金を貸してもきちんと返済してくれるのか審査に重要になるのが継続安定した年収です。

勤続年数が半年で年収が400万円の人よりも、勤続年数が5年で年収が300万円の人の方が金融機関は安心してお金を貸すことができると判断します。

しかし、勤続年数が大事と言うと「毎月の給料が非常に少なくても審査に通過するの?」と疑問に思うかも知れません。

実際には借金返済に必要なお金が用意できないと判断されるほど、給料が少なければ審査には落ちてしまいます。

例えば、給料10万円で生活費の一切合切を支払っているのでは、お金を借りても返済に回すだけの余裕はありません。

給料から全ての生活費を差し引いて5万円以上残るのであれば、カードローンでお金を借りても十分に返済していくことができそうですね。

特に銀行カードローンやクレジットカード会社のカードローンは年収条件が厳しく、審査にとおるためには少なくても年収200万円以上、できれば年収250万円以上は欲しいところです。

関連記事をチェック!

5643view

借金限度額(借金できる金額)は年収のいくらまで借りれる?

カードローンは、申し込み者のおよそ2人に1人は審査に落ちているのが実情です。 理由のひとつに、限度額を超えた高額の申し込みが挙げられます。借金の上限を知って、適切に申し込みましょう。 銀行で借り入...

審査項目2:他社借入件数

いくら年収が多くても他社借入件数が多いと、毎月の給料から返済する金額が大きくなってしまいますので、できる限り他社からの借入件数を減らすことも大切です。

年収300万円で他社借入がゼロの人と、年収600万円で他社借入が200万円ある人では明らかに年収300万円で借金がない人の方が返済能力があると判断できます。

たとえ同じ年収でも他社借入があって、毎月借金返済に追われているのでは返済能力なしと判断されても仕方がありません。

一般的に健全な借金返済額は給料の20%と言われています。

給料が30万円なら借金返済額は6万円まで、給料が20万円なら借金返済額は4万円までが審査にとおるためのボーダーラインです。

銀行カードローンに限らず、消費者金融やクレジットカード会社のカードローンでも返済能力は重要な審査項目です。

また、借入件数も重要な審査項目であるため、1社あたりの借入金額が少ない場合には、思い切ってまとめてしまうと審査にとおりやすくなります。

例えば、A社から10万円、B社から30万円と借りている場合には、B社から借入枠に余裕があれば、10万円をB社から借りてA社の返済に活用してください。


審査項目3:総量規制

消費者金融がカードローン申込者を審査通過するかを判断するときに、総量規制の基準を満たしているかどうかを重要視します。

総量規制とは消費者金融やクレジットカード会社が、無担保無保証で個人に貸し付けることができる上限額を年収の1/3までと定めたものです。

なお、この個人に貸付できる上限額には、使われていない限度枠も含まれます。

年収が300万円なら借金総額は100万円まで、年収が400万円なら借金総額は130万円までが貸付することができる上限額です。

カードローンに申し込む際に年収300万円で、他社借入が既に100万円あったのでは借りやすい金融機関に申し込んでも、法律によって規制されているため審査にとおることはありません。

総量規制枠を既に借りているのは年収と借金のバランスが釣り合っている状態、若しくは借りすぎと判断されるギリギリの状態です。

他社借入がある人が新たにカードローンに申し込む場合は、年収300万円の人なら既存借入額は50万円までにしておけば、総量規制枠まであと50万円残っています。

総量規制枠の半分までの既存借入額であれば、まだまだ返済能力があると判断されますね。

しかし年収300万円で既存借入額が90万円ある状態になると、たしかに総量規制枠まで10万円しか残っていないため、消費者金融はこれ以上を貸すことができないと判断してしまいます。

特に銀行カードローンは他社借入額を気にしますので、銀行カードローンに申し込む場合は他社借入額がゼロ、あったとしても総量規制枠の半分以下にしておきましょう。


審査は金融事故の有無も見られる

審査基準のポイントとは少し異なりますが、過去に金融事故を起こしていると、いくら借りやすい金融機関を見つけることができたとしても、審査にとおることはまずありません。

金融事故とは簡単に言えば、長期滞納や自己破産や任意整理と言った債務整理のことです。

金融事故の情報は信用情報機関に5年から10年の間登録され、金融事故を起こしている人のことをブラックと呼ぶことがあります。

金融機関はブラックの人にお金を貸すことはめったなことではありません。

100%完全に借りることができないかと言うとそうでもないですが、現実的にはブラックの人に対してお金を貸すことはないです。

カードローンに申し込む場合は、金融事故を起こしてから10年程度申し込みを待った方がいいでしょう。

ただし、中小消費者金融はブラックであっても、生活に問題がなければ融資をしてくれることがあります。

関連記事をチェック!

44969view

ブラックでも借りれる消費者金融ランキング【誰でもOK?】

「ブラックの自分でも借してくれる消費者金融はどこかにないかな」そんな風にお困りの皆さん、ようこそ。 「中小消費者金融が借りやすいらしいけど、数が多すぎてどこ借りればいいのかよくわからない…」そんな悩...

関連記事をチェック!

9553view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

借入先が2社以上ある場合はおまとめローンを検討しよう

借入先が2社以上あり返済に困っている人は、カードローンではなくおまとめローンの申し込みをした方がよいケースがあります。

おまとめローンとは、既に複数社から借入をしている場合に、新たな借入先で借入をまとめるローンのことで、毎月の返済金額を減らしたり、返済の手間を省いたりできるローンです。

「借金返済が追い付かないから、さらにカードローンで借金をして返済に充てよう」

そうですね、カードローンを新規で使って、返済に充てることは可能ですし、手っ取り早いです。

しかし、カードローンを新たに利用するということは、月々の返済額が増えることになります。

そのため、月々の生活費が困窮してきてしまう恐れが出てくるのです。

借金返済を目的にして新たな借金を行うことは、借金返済が滞って破産してしまう原因になりやすいです。

借金返済のために追加で借金を検討している人は、おまとめローンに申し込みをして、毎月の返済を楽にしてください。

中小消費者金融の借入審査に落ちた場合は?

中小消費者金融の借入審査に落ちてしまった場合は、正直に申し上げると金融機関からお金を借りることは難しいと思ってください。

1社の中小消費者金融から断られた場合には、他の中小消費者金融に申し込みをすれば、審査通過の可能性もありますが、複数社に申し込みをして審査落ちをしている場合には、金融機関からの借り入れは不可能に近いです。

もしも、中小消費者金融からもお金を借りられない場合には、以下のような方法で解決策を探してください。

  • 債務整理を行う
  • 生活福祉協議会へ相談する

上記の方法がどのようなものか詳しく解説します。

多重債務は債務整理も視野に入れよう

複数社から借金をしており、返済のめども立たないという多重債務者の人は、債務整理を視野に入れて検討してください。

債務整理とは、自己破産や任意整理などの借金を減額、または免除してもらう制度で、一部の例外を除き借金で困っている人全てが何らかの制度を利用できます。

「自己破産なんてしたら会社もやめなきゃいけなくて、生活も困るに決まってるじゃないか」

たしかに、そう考えてしまうのも分かります。

しかし、債務整理には様々な種類があるため、職業の制限や財産の処分をすることなく、借金を減額できる制度もあります。

現在の生活を大きく変えることなく、借金を減らすことも不可能ではないため、まずは法テラスや弁護士事務所に債務整理の相談に行ってください。

生活費がない場合は福祉協議会へ相談しよう

「収入が少なくて生活費の確保すらできない」とお悩みの人は、生活福祉協議会と呼ばれる公的法人に相談を行うのもひとつの手です。

生活福祉協議会とは、収入が少なく貧しい人やシングルマザーなど安定した収入を稼ぐことが難しい人向けに、お金を貸している公的法人です。

審査期間が長く、目的ごとに借り入れ可能金額は詳細に決められていますが、無利子若しくは、低金利で借り入れができるため、生活費で困っている人は借り入れができないか相談に行ってください。

借金140万円は債務整理よりも返済するのがお得?

まとめ

初めて消費者金融を利用するときには、審査にとおりやすくなるポイントを抑えて、大手消費者金融に申し込みをすれば、審査にとおる可能性は高いと言えます。

ただし、消費者金融から借りたお金が原因で、将来的に返済に困ってしまう危険性もため、借り入れ前に返済シミュレーションを行い、無理のない範囲で借り入れを行うことが重要です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-11-16 07:50:15

    こんにちは。
    年金担保では間に合わないなら質屋、買取ショップ(リサイクル店)でお金をつくるほかないですね。5万円が背に腹は代えられない状態なら、売れるものは何でもうるしかないでしょう。金融事故、年齢を考えると金融機関ではほぼ無理です。

  2. コウノゴウキさん|2018-11-15 17:09:19

    早急に5万円を借りたいのですがどこかに話を出来るところを教えてください過去に金融事故があります73歳です金融会社からの借り入れはありません年金生活者です12月または2月の年金で一括返済も考えます昨日も投稿しました何とか至急貸して欲しいのです宜しく返事をお願いします