一番お金を借りやすい消費者金融ランキング

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借りやすい消費者金融とは、いったいどこなのでしょうか。

記事の目次

大手消費者金融は借りやすい?

大手消費者金融は、銀行と比べて借りやすいとよく言われます。

大手消費者金融では、IR情報として新規貸し付け率を公表しておりますので確認してみます。

金融機関審査通過率
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ約48%
プロミス約43%
新生銀行カードローン「レイク」約32%

たしかに銀行カードローンであるレイクと比べると審査通過率は高くなっていますね。

しかし、一番高いアコムでも審査通過率は約48%ですので、50%を超えている大手消費者金融は存在しないのです。

消費者金融は銀行カードローンよりも借りやすいのは事実ですが、決して簡単に審査に通るというわけではありません。

手続きが早くて借りやすい大手消費者金融

大手消費者金融は借り入れの手続きは非常に早くて簡単なので、審査という点を抜かせば間違いなく借りやすいと言っても問題はありません。

  • 即日融資も可能
  • 日本全国のコンビニで借りれる

この二つの特徴を全ての大手消費者金融が満たしています。

無人契約機を使えば、一番遅いところで夜の22時までカードが発行できますし、コンビニで現金の引き出しが可能です。

大手消費者金融一覧
カードローン名実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
プロミス4.5~17.8%
500万円
最短即日
50万円
プロミスレディース4.5~17.8%
500万円
最短即日
50万円
アコム3.0%~18.0%
800万円
最短30分
50万円
レイクALSA4.5%~18.0%
500万円
最短即日
50万円

※全てのカードローンにおいて申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

関連記事をチェック!

6210view

スピード融資カードローン

最短即日振り込みに対応しているカードローンを紹介します。 ※口座への振込の場合、振り込みが15時までとなりますので、カードローンは14時までに申し込みを済ませたほうがいいでしょう。 ※自動契約...

口座数,契約数共に№1 アコム

審査通過率金利(年率)自動契約機無利息期間
約48%3.0%~18.0%あり契約翌日から30日

まず審査通過を考えた場合、アコムは外せないでしょう。2人に1人が審査通過できます。

パートや派遣、学生の借入も大丈夫です。年齢制限は20歳~69歳となってます。50万円までなら収入証明書不要です。

当サイトの馬太郎もアコムに申し込み,借入した経験があります。ネット申込➡自動契約機の利用で1,2時間で融資が決まりました。

免許証と保険証の提示で30万円借りれました。なお、社会保険証だったこともあり、在籍確認の電話は免除されました。土日でも自動契約機があるため、即日融資可能です。

関連記事をチェック!

550view

アコムで借りる

アコムで借りる 融資残高数、口座数と共に業界ナンバー1!! web契約で来店不要。即日振込も可能! 内緒でキャッシングできる 最高限度額 800万円 ...

関連記事をチェック!

1840view

馬太郎がアコムを申し込みした

むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わって夕食を食べ終わった19時過ぎ、アコムの無人契約機「むじんくん」へ向かいます。 むじ...

独立系消費者金融 アイフル

審査通過率金利(年率)自動契約機無利息期間
約47%3.0%~18.0%あり契約翌日から30日

次に審査通過率が高いのがアイフルです。他消費者金融が銀行の傘下で運営されているのに対し、アイフルは唯一独立運営です。

パートや学生、派遣の方も借入可能です。20歳~69歳までの方が借りることができます。収入証明書は原則50万円までなら不要です。

最短30分の審査で、口座振り込みによる即日融資も可能です。また、配達時間えらべーる、といったローンカードの受け取り時間を指定することができるサービスがあります。(※「配達時間えらべーる」は2019年1月20日をもってサービスを終了しました。)

家族に内緒でカードを受け取りたい方にもオススメです。(自動契約機を使えばその場で受け取ることもできます)

関連記事をチェック!

6210view

スピード融資カードローン

最短即日振り込みに対応しているカードローンを紹介します。 ※口座への振込の場合、振り込みが15時までとなりますので、カードローンは14時までに申し込みを済ませたほうがいいでしょう。 ※自動契約...

プロミスで借りる

審査通過率金利(年率)自動契約機無利息期間
約43%4.5%~17.8%あり初回借入翌日から30日

プロミスの審査通過率は上記2社と比較すると低いですが、ちゃんと自動契約機もあり、金利は2社よりも低くなっていますので、利用しやすいカードローンと言って差し支えはないでしょう。

プロミスは無利息期間に特徴があり、通常は契約の翌日から無利息期間が始まるのに対し、プロミスは初回借入から無利息期間が始まります。

契約はしたけど使わないまま時間がたった場合、他社では知らないうちに無利息期間が終わっていたということになりますが、プロミスならその心配がありません。

他社は無利息期間を活用するためにできるだけ借入直前に申込んだ方が良いですが、プロミスならいつでも気軽に申込ができるのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

323view

プロミスで借りる

プロミスで借りる 30日無利息サービス実施中!※ ネットで申し込み後、来店で即日融資も可能 コンビニATMで利用可能。3秒でお借り入れ診断 最高限度額 1...

関連記事をチェック!

2425view

【馬三郎と馬太郎が】プロミスにWEB申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回、私はとある事情でお金が必要となりカードローンを利用することにしました。 そこで、特徴的なテレビCMでおなじみの消費者金融プロミスに私と馬太郎が申し込んでみまし...

【馬三郎と馬太郎が】プロミスにWEB申し込みしてみた

中小消費者金融は借りやすい?

大手消費者金融は、手続きという意味では非常に借りやすいですが、審査の通りやすさではそこまで簡単ではないです。

一方、中小消費者金融はブラックの方にもお金を積極的に貸します。大手消費者金融は過去に自己破産などを行った金融事故歴がある人の場合、ほぼ審査通過は厳しいでしょう。

しかし、中小の消費者金融は金融事故歴ありの人でも融資してくれます。債務整理中でも融資してくれるほど、審査に融通を聞かせてくれます。

中小消費者金融に流れるお客さんの大半は、大手消費者金融で借りられなかった人です。

お金を初めて借りる時にいきなり中堅の消費者金融に行く人は非常に稀で、ほとんどの人はまずは大手消費者金融に行きます。

大手消費者金融と同じ厳しさで審査を実施すると、融資する相手がいなくなるため、審査が甘い傾向にあります。

関連記事をチェック!

2631view

すぐに貸してくれる!安全安心の金貸し屋はこちら

金貸し(金貸)屋とは、お金を貸す金融業者のことを指します。 このページでは金貸し屋の選び方について説明します。 ソフト闇金に注意 現在は闇金と少し異なる「ソフト闇金」という金貸しが増えてきていま...

中堅消費者金融一覧
カードローン会社実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
キャネット15.0~20.0%
300万円
最短即日
50万円
エイワ17.9507~19.9436%
50万円

スカイオフィス15.0~20.0%
50万円

フクホー7.3~18.0%
200万円
1~2週間
必要
AZ株式会社7.0%~20.0%
1000万円

必要
しんわ7.0%~18.0%
300万円

50万円未満
キャレント7.8%~18.0%
500万円

必要
中央リテール10.95%~13.0%
500万円

必要
キャッシングアロー15.00%~19.94%
200万円

必要

関連記事をチェック!

37586view

ブラックでも借りれる消費者金融ランキング【誰でもOK?】

今回は、ブラックでも貸してくれる業者と、その仕組みや借りるためのポイントについて見ていきたいと思います。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 ...

キャネット

キャネット

審査通過率金利(年率)限度額全国申込
15.0%~20.0%300万円

キャネットは北海道に拠点をおく中小消費者金融です。即日融資にも対応しております。

金利は大手消費者金融より若干高いですが、ブラック(金融事故歴)の人にも融資してくれると評判です。ネット上の口コミでも、

  • フクホーやエイワでだめだったけど、審査通った
  • 他社延滞中だけど借入できた
  • 債務整理中だけど、借りることができた

とブラックの方でも柔軟に対応してくれます。また提出書類も本人確認書類と収入証明書の提出だけで済みます。

なお、当サイトの馬太郎と馬三郎もキャネットの申し込みを行いました。

残念ながら二人は審査通りませんでした(他社申し込みが多かったため)が、審査難易度は低いと思いますので、検討ください。

関連記事をチェック!

5480view

【馬三郎が】即日融資可能な消費者金融キャネットで審査落ちww

キャネットという金融機関を聞いたことがあるでしょうか。 大手消費者金融程の知名度はありませんが、キャネットはそこそこ有名な消費者金融です。 今回私はキャネットに申込んだので、そのときの内容を紹介し...

スペース

space_rogo

審査通過率金利(年率)限度額全国申込
8.0%~18.0%500万円

大阪に拠点があるキャッシングスペースも幅広い利用が期待できる消費者金融です。対象年齢は18歳以上でしたら大丈夫です。(上限なし)

パートやアルバイト、フリーター、自営業の方にも融資を行ってます。ブラックの方にも融資してます。口コミでは

  • 過去に破産歴がありでも借りれた
  • 4社の借入をまとめてくれた
  • ブラックなのに99万円融資してくれた
  • 他社で滞納してたのに、貸してくれた

など、ブラックの人にも積極的に融資を行ってます。融資限度額も500万円と、返済できると判断した人には多く融資してくれます。

関連記事をチェック!

2354view

株式会社スペースのキャッシング

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は株式会社スペースのキャッシングについて説明したいと思います。 株式会社スペースのキャッシングについて ※株式会社スペース公式WEBサイトより引用 株式...

大手消費者金融並みのサービスライフティ

中小消費者金融のライフティはネットからの申し込みにより即日融資が可能です。

しかも35日間無利息サービスや、ローンカードの発行によってセブン銀行ATMから借入や返済ができるのはほぼ大手消費者金融並みと言っても良いでしょう。

上限金利が年20.0%と若干高めに設定されているものの、年20.0%が適用されるのは10万円未満の貸付だけで、10万円以上100万円未満の貸付は大手商社金融と同じ年18.0%です。

公式サイトも充実しており、他社借入件数が3件以上で審査がちょっと心配、他社借入を滞納したことがあり審査が不安という人は申し込んでみる価値があります。
即日審査 キャッシング・カードローンの借り入れならライフティ

首都圏への進出が目覚ましいセントラル

中小消費者金融のセントラルの本社は愛媛にあり、中国四国地方を中心に営業エリアを伸ばしている業者です。

最近は首都圏への進出も目覚ましく、セブン銀行ATMで借入や返済ができるカードの発行、ネット完結の申し込みによって着々と顧客拡大を狙っているようです。

審査基準が比較的ゆるやかになりやすく借りやすいのは、まさに顧客拡大しているときです。

ライフティと同じように他社借入件数がちょっと多め、審査に不安を感じている人でも即日融資したい希望を叶えてくれそうです。

公式サイトの充実ぶりぜひご覧ください。
昭和48年創業のセントラル、 来店不要で即日融資、振込キャッシングでご利用いただけます

関連記事をチェック!

2845view

セントラル「振込キャッシング」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はセントラル「振込キャッシング」について説明したいと思います。 セントラル「振込キャッシング」について ※セントラル公式WEBサイトより引用 株式会社セ...

セントラル「振込キャッシング」

関連記事をチェック!

639view

セントラルはどんな消費者金融かを口コミから判定

セントラルは「ブラック対応」「応対は優しい」などの口コミが目立つ中堅消費者金融です。 口コミの具体例と基本情報からセントラルの使い勝手を判定します。 この記事はこんな人におすすめ セントラ...

借りやすい消費者金融

ここまで説明した通り、銀行カードローンよりは大手消費者金融、大手消費者よりもさらに中小消費者金融の方が借りやすいのです。

大手消費者金融や中小消費者金融の中でもそれぞれ借りやすい消費者金融というものが存在します。

私がカードローン会社に勤めていたころ、口コミで借りやすい消費者金融として噂になっていたのは、大手消費者金融だとアコムとアイフル、中小消費者金融だとスペースと北海道キャネットです。

月末は審査が緩くなりがち?

1ヶ月の中でいつが一番借りやすいかは、月末のノルマがかかった最終週が一番借入しやすいです。

カードローン審査担当者にも貸付のノルマが課されているため、売り上げ達成のめに月末は審査が少し緩くなりがちです。

そのため、本来なら当落線上で頭を悩ます人でも月末なら融資に傾きますね。

消費者金融から借りやすいのは3月

一年間の中でいえば決算月がそれに当たります。

決算月というのは売り上げが確定する月なので、どこの消費者金融でも、少しでも売り上げを上げて黒字幅を大きくしておきたいと考えるのです。

具体的に言えば、私が在籍していた頃の決算月は3月でしたので、3月が一番借入しやすかったです。

基本的にはカードローン会社の決算月も3月になっており、時期を問わないのであれば3月に申込むのが最も消費者金融から借りやすいでしょう。

関連記事をチェック!

7135view

【え、驚愕..】審査が通りやすい・受かりやすいカードローンは存在した、審査不安な人必見

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になるでしょう。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その...

関連記事をチェック!

8922view

おすすめのカードローン

カードローンも色々あってどれを選べばいいかわからない、という方に人気のカードローン会社を紹介します。 レイク ALSAで借りる ネットで完結。最短即日融資が可能 はじめての方向け...

借入審査で重要なポイントは4つ

カードローンで審査される項目はたくさんあります。

しかし全てにおいて審査項目をクリアしなければならないということはありません。

金融機関によって何の項目を審査で重要視しているのか異なるため、一概にここがポイントですよと断言することができないのです。

でも申し込み条件と同じように、最低限クリアしておきたい審査に重要な項目が4つあります。

借りやすい金融機関を探すには、これからご説明する4つの項目によってあなたにぴったりの金融機関を探すことが出来るでしょう。

審査項目:年収

カードローンでお金を借りるには返済能力がなければなりません。

申し込み条件に継続安定した収入があること、とあるように収入がなければカードローンの審査に通ることはありません。

また継続安定した収入があるとは、すなわち雇用形態に関係なく勤続年数が比較的長い状態のことを言います。

年収が多ければそれに越したことはありませんが、月によって収入が多い月、収入が少ない月があるのでは安定した収入とは言えませんよね。

年収が高ければ良いというものではなく、たとえ年収が多少低くても毎月安定した収入があることが審査には大きく関わってくるのです。

お金を貸してもきちんと返済してくれるのか審査に重要になるのが継続安定した年収です。

勤続年数が半年で年収が400万円の人よりも、勤続年数が5年で年収が300万円の人の方が金融機関は安心してお金を貸すことができると判断します。

しかしあまり年収が低いのでは生活するだけで精一杯になってしまいますよね。

給料が月に30万円ある人と、月に10万円しかもらえない人では明らかに返済能力が異なります。

給料10万円で生活費の一切合切を支払っているのでは、お金を借りても返済に回すだけの余裕はありません。

給料から全ての生活費を差し引いて5万円以上残るのであれば、カードローンでお金を借りても十分に返済していくことができそうですね。

とくに銀行カードローンやクレジットカード会社のカードローンは年収条件が厳しく、審査に通るためには少なくても年収200万円以上、できれば年収250万円以上は欲しいところです。

審査項目:他社借入件数

いくら年収が多くても他社借入件数が多いと、毎月の給料から返済する金額が大きくなってしまいます。

年収300万円で他社借入がゼロの人と、年収600万円で他社借入が200万円ある人では明らかに年収300万円で借金がない人の方が返済能力があると判断できます。

たとえ同じ年収でも他社借入があって、毎月借金返済に追われているのでは返済能力なしと判断されても仕方がありません。

一般的に健全な借金返済額は給料の20%と言われています。

給料が30万円なら借金返済額は6万円まで、給料が20万円なら借金返済額は4万円までが審査に通るためのボーダーラインです。

銀行カードローンに限らず、消費者金融やクレジットカード会社のカードローンでも返済能力は重要な審査項目です。


審査項目:総量規制

他社借入があってもカードローンの審査に通らないということはありません。

今までご説明してきたように、収入と借金のバランスがきちんと取れていればそれで良いのです。

バランスが取れているかどうか考える上で目安となるのは総量規制です。

総量規制とは消費者金融やクレジットカード会社が、無担保無保証で個人に貸し付けることができる上限額を年収の1/3までと定めたものです。

年収が300万円なら借金総額は100万円まで、年収が400万円なら借金総額は130万円までが貸付することができる上限額です。

カードローンに申し込む際に年収300万円で、他社借入が既に100万円あったのでは借りやすい金融機関に申し込んでも法律によって規制されているため審査に通ることはありません。

総量規制枠をすでに借りているのは年収と借金のバランスが釣り合っている状態、若しくは借りすぎと判断されるギリギリの状態です。

他社借入がある人が新たにカードローンに申し込む場合は、年収300万円の人なら既存借入額は50万円までにしておけば、総量規制枠まであと50万円残っています。

総量規制枠の半分までの既存借入額であれば、まだまだ返済能力があると判断されますね。

しかし年収300万円で既存借入額が90万円ある状態になると、確かに総量規制枠まで10万円残っていることになります。

でも消費者金融を始めとして、金融機関はこれ以上を貸すことができないと判断してしまいます。

とくに銀行カードローンは他社借入額を気にしますので、銀行カードローンに申し込む場合は他社借入額がゼロ、あったとしても総量規制枠の半分以下にしておきましょう。


審査項目:金融事故

過去に金融事故を起こしていると、いくら借りやすい金融機関を見つけることができたとしても審査に通ることはまずありません。

金融事故とは簡単に言えば、長期滞納や自己破産や任意整理と言った債務整理のことです。

金融事故の情報は信用情報機関に5年から10年の間登録され、金融事故を起こしている人のことをブラックと呼ぶことがあります。

金融機関はブラックの人にお金を貸すことは滅多なことではありません。

100%完全に借りることができないかと言うとそうでもないですが、現実的にはブラックの人に対してお金を貸すことはないです。

カードローンに申し込む場合は、金融事故を起こしてから10年程度申し込みを待った方が良いでしょう。


関連記事をチェック!

7608view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

即日融資は大手消費者金融がおすすめ

即日融資は大手消費者金融がおすすめ

消費者金融の申し込み条件は年齢が20歳以上69歳以下というところが多く、きちんと仕事をしていて安定継続した収入があることです。

もちろん信用情報にキズがないことも条件になりますが、たとえ他社借入があったとしても借金総額が総量規制の範囲内であれば十分審査に通ります。

雇用形態も正社員でなければならないということはなく、派遣社員や契約社員、パート社員やアルバイト社員でも申し込みOKです。

消費者金融は収入の多い少ないに関係なく、毎月きちんとした収入があることが条件です。パート主婦は借りれないの?とかフリーターは借りれないの?のようなことはありません。

というわけで消費者金融はどこよりも借りやすい金融機関としておすすめです。

大手消費者金融、中小消費者金融は全国でおよそ2,000社ある中で、即日融資できる借りやすいおすすめは冒頭でご紹介して大手消費者金融です。

なお、審査に自信があるのなら大手消費者金融、ちょっと審査が不安だなと思うのであれば中小消費者金融を選択するのも良い方法ですよ。

関連記事をチェック!

178view

口コミで審査に通ると評判の大手消費者金融は?

大手消費者金融に申し込む際に口コミを参考にしている人も多いのではないでしょうか。初めてお金を借りる場合、何を基準して選択すれば良いのかわからないですよね。 大手消費者金融に申し込んだ人だ人の体験談を...

消費者金融は基本的に即日融資

即日融資は大手消費者金融がおすすめ

そもそも消費者金融は即日融資が魅力の金融機関です。大手消費者金融なら審査時間は最短30分、融資実行までの時間は合計で最短60分のスピードです。

即日融資には審査時間が重要で、審査時間が短いほど即日融資ができると考えても良いでしょう。銀行カードローンが即日融資ができなくなっている今、消費者金融は唯一即日融資できる金融機関として見直されつつあります。

さらに最近の大手消費者金融はカードレスの契約が主流となっていることからも、家族バレ心配する必要がなく、振込キャッシングでラクラク即日融資ができますよ。

関連記事をチェック!

443view

カードローンでカードなし?カードレスとは

カードレスとは文字通り、「カードがない」ということです。 デビットカードやカードローンは、キャッシュカードに機能を付けることでカードレスなるカードが存在します。 カードの存在を家族や周りに...

即日融資の条件を知っておこう

即日融資の条件を知っておこう

いくら即日融資に特化した消費者金融でも即日融資の条件を知っておかなければ、せっかくの即日融資を受けることができません。

条件と言ってもそれほど難しいことはありませんので箇条書きでご説明しておきますね。

・平日の午前中に申し込む
・本人確認書類や収入証明書類を用意しておく
・利用限度額は必要最低限(10万円から20万円)にする

審査時間は大手消費者金融で最短30分、中小消費者金融だと実際的には60分以上になることが多いです。

審査に通ってもその後の契約手続き時間もあるため、即日融資を実現させるためには午前中の早めに申し込むことです。

また必要な書類は何なのか本人確認書類として何が使えるのかを確認しておきましょう。

運転免許証はどこの消費者金融でも最適な本人確認書類として使えても、他の書類は業者によって使えない可能性もあります。

また審査内容によって収入証明書類も必要となることから、借入希望金額が50万円を超える場合や他社借入額との合計が100万円を超える場合は事前に収入証明書を用意しておくことです。

それに加えて借入希望金額は必要最低限に抑えておくことも重要です。

目安としては年収の10%程度が妥当な線です。年収が200万円なら20万円、パート収入やアルバイト収入でもう少し年収が低い場合は10万円くらいが良いでしょう。

借金があっても2社以内なら借りやすい消費者金融

借金があっても2社以内なら借りやすい消費者金融

せっかくお金を借りるなら安心して借りたいと思いますよね。

返済期日前なのに早く返済しろとか、1日でも返済に遅れると脅し文句のような言葉で督促するような業者からは借りたくありませんね。

大手消費者金融は女性でも借りやすいように、レディースローンを用意するなど女性向け貸付けにも積極的です。

レディースローンは女性専用ダイヤルを設置し、オペレーターは全員女性とするなど女性でも何かわからないことがあれば気軽に相談できるように配慮しています。

大手消費者金融は消費者金融の中ではどちらかと言うと審査が厳しい部類に入りますが、普通に働いている人で安定継続した収入があり、信用情報に特別審査に影響するような問題点がなければ審査に落ちることはめったにありません。

その証拠に大手消費者金融アコム、プロミス、アイフルの審査透過率は平均で47%から48%とほぼ2人に1人の割合で審査に通っています。

他の消費者金融からの借金がなければ、総量規制の範囲内で年収の1/3を上限として借りられるのです。審査に落ちる人はお金の借りすぎ、または長期返済滞納や債務整理などの問題がある人です。

他からの借金があっても2社以内であれば、十分に審査に通ります。

30日間無利息サービスやお友達を紹介すると商品券やクオカードがもらえるキャンペーンも実施しており、尚且つ大手消費者金融ならではの安定感が魅力的です。

関連記事をチェック!

8078view

2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良く...

年収が低くても借りやすい消費者金融

年収が低くても借りやすい消費者金融

消費者金融から借りたくても、年収が低いパート収入やアルバイト収入では審査に落とされてしまうのではないかと不安になりますよね。

しかし大手消費者金融は年収が少ないからといって審査に落とすことはありません。年収が300万円未満でアコムから借りている人は全体の過半数近くいます。

年収が200万円未満の人でも25%の人が審査に通っていますので、パート主婦やアルバイトをしている主婦や学生でも十分に審査に通るだけの能力を持っているわけです。

銀行カードローンは年収が300万円以上、できれば400万円以上の人を貸付対象と見ていますので、消費者金融よりはかなり借りにくいカードローンですね。

消費者金融は商品説明を見ても、年齢が20歳以上で継続安定した収入があればパート収入やアルバイト収入でも申し込み可能としていますので、安心して借入申込みができますね。

年収によっていくらまで消費者金融で借りれるの?

年収によっていくらまで消費者金融で借りれるの?

消費者金融の貸付は総量規制対象のため年収の1/3が貸付上限額です。

・年収100万円:33万円まで
・年収150万円:50万円まで
・年収200万円:66万円まで
・年収250万円:83万円まで
・年収300万円:100万円まで

以上が年収300万円以下の人が消費者金融から借りれる上限額です。しかし消費者金融は初めから総量規制いっぱいまで借りられません。

初回貸付は年収の10%程度と考えておきましょう。そうすると年収100万円の人は10万円、年収300万円でも30万円が最初に与えられる利用限度額です。

しかしすでに借金がある状態だと、消費者金融から借りられる金額は総量規制該当額から差し引きしなければなりません。

例えば年収が300万円でも、総量規制によって100万円まで借りることができますが、既に他社借入が60万円ある場合は、100万円-60万円=40万円までが借りられる金額です。

また年収100万円の人が、すでに借金が20万円あった場合は33万円-20万円=13万円が借りれる上限だと覚えておきましょう。

関連記事をチェック!

5069view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

銀行カードローンは借金があると審査に通りにくい

銀行カードローンは借金があると審査に通りにくい

銀行カードローンの貸付対象者は一般サラリーマンを見ており、しかも他にカードローンの借金がない人で初めて借りる人を貸付対象者としています。

銀行カードローンは返済能力を重要視する傾向が高く、他に消費者金融の借金があると借金返済用のお金が分散されてしまい、返済能力が劣ると判断してしまいます。

消費者金融は一般的に3社目の申し込みまで借りれますが、銀行カードローンで2社目の借入審査に通るのは十分な年収があり、返済能力が高い人だけです。

審査が比較的緩やかで、年収が低くても審査に通りやすい消費者金融は、借金があっても借りやすい金融機関として心強い味方です。

銀行カードローン貸付残高の方が多い?

銀行カードローンは総量規制対象外の貸付となっているため過剰貸付となりやすく、貸付残高は2017年6月末現在で対前年比6.8%増の5兆6,793億円と消費者金融の貸付残高を遥かに上回っています。

個人向け無担保無保証の貸付は消費者金融の独壇場でしたが、銀行が消費者金融やクレジットカード会社と保証委託契約を結ぶことによって、急激に貸付を伸ばし消費者金融を圧迫している状況です。

消費者金融は対前年比1.5%増の4兆1,000億円になっていることと比べると、銀行が自主規制によって貸付額を多少減らしたとしても、銀行に対する安心感や信頼感によって今後も銀行カードローン貸付残高は増えていくでしょう。

銀行協会側は消費者金融のように総量規制導入に対して反対しており、法律によって貸付金額は年収の1/3とすることはなかなか難しいようですね。

銀行カードローンの貸付残高は消費者金融全体の貸付残高よりも13.8%も多く、銀行の利ざやを稼ぐ筆頭頭となっていると言われています。

銀行は住宅ローンや事業者向け貸付を中心に事業を展開していたはずが、今や銀行という名の消費者金融へと変わってしまったのでしょうか。

それでも大手消費者金融を中心に勢いを取り戻そうと頑張っている消費者金融アロー貸付残高ランキングを見ながら、消費者金融の未来について考えてみましょう。

貸金業者大手の貸付残高ランキング

貸金業者の貸付残高がいくらあるのか見ることによって、どれだけお金を貸しているのか比較することができますね。

積極的に融資しているのか、それとも貸し渋りをしているのかを確認するためにも貸付残高を確認してみましょう。

なおプロミスの正式名称はSMBCコンシューマーファイナンスですが、プロミスの方が馴染みが深いと思いますので今回はプロミスでご紹介します。

①アコム:8,405億4,400万円
②プロミス:7,577億2,700万円
③アイフル:4,291億7,900万円

ランキング形式で比べるとアコムが圧倒的に貸付残高が多いですね。それだけアコムは積極的に融資を行なっていると見ることもできます。

しかしアイフルが貸し渋りをしているのかと言うと実はそうでもありません。

アコムとプロミスは貸付残高が多くても対前年比で比べると、伸び率は2%から3%になっているのに対してアイフルの伸び率は対前年比約10%です。

アイフルは毎年安定的に貸付残高を増やしており、伸び率も平均して9%を保っていることを見ると、現在の貸付残高は大手貸金業者3位となっていますが、アコムやプロミスよりも貸出について積極的に行っていると考えることができるでしょう。

積極的な貸付を行っているのは前述したとおり対前年比の伸び率を見ればわかることです。

そう考えるとアイフルは貸金業者大手でもかなり借りやすい状態になっているのではないかと思いますね。

◆アコム 2018年3月データブック
◆SMBCコンシューマーファイナンス 月次営業指標
◆アイフル 2018年3月データブック

貸金業者大手の会員数ランキング

貸金業者大手の会員数を見ればどれだけ人気が高いのか知ることができます。人気が高ければ会員数が多く、人気が低ければ会員数が少ないですね。

なぜ人気が高いのかと言うとそれは借りやすさに関係しているのではないでしょうか。

ここの大手貸金業者は借りやすい、との評判が広まれば「じゃあ申し込んでみよう」となるのが自然です。

①アコム:146万3,325人
②プロミス:132万1,000人
③アイフル:75万4,000人

会員数のランキングを見るとやはりアコムが第1位ですね。アイフルの会員数のおよそ2倍です。

この数字だけを見るとアイフルに申し込む人は少ないのかな、申し込む人が少ないということは評判が良くないのかな。評判が良くないということは審査が厳しくて借りにくいのかな、と思ってしまいますよね。

しかしアコムやプロミスは初めからアイフルよりも貸付残高も会員数も多く、現在ではメガバンクグループ企業となっているため、なんとなくイメージの良さから申し込む人も多いのかもしれません。

借りやすさを見るには会員数だけではなく、貸付残高と同じように対前年比の伸び率も比較しなければはっきりしたことは言えません。

伸び率を見るとアコムとプロミスは対前年比2%前後なのに対し、アイフルの伸び率は対前年比9.1%と申し込み数が多いことが数字的に現れています。

貸付残高と会員数の伸び率を見るだけでも、最近の傾向としてアコムとプロミスに申し込む人よりはアイフルに申し込む人の方が多くなっている、と判断できますね。

なぜアイフルに申し込む人が多くなっているのか、それはアイフルだと審査に通りやすい、借りやすいとの評判があるからではないでしょうか。

関連記事をチェック!

287view

全国の正規貸金業者一覧

お金を借りたいときにちょっと調べてみると驚くほど様々な業者が出てきます。 今回は貸金業者としてきちんと登録している会社について見ていきたいと思います。 主要な貸金業者 まずは貸金業者の中でも...

貸金業者大手の審査通過率ランキング

審査通過率とは借入を申し込んだ人のうち何人審査に通ったのか、契約率または成約率のことを言います。

審査通過率が高ければ審査基準は甘いと考えることもできるでしょう。審査基準が甘ければ必然的に借りやすいとなりますよね。

①アコム:48.4%
②プロミス:47.3%
③アイフル:45.9%

審査通過率をランキングしてみるとアコムの審査通過率が最も高い数字を示しています。しかし第3位のアイフルとの差はわずか2.5ポイントです.

審査通過率だけを見てアイフルよりもアコムの方が審査が甘いとはっきり断言することは難しいです。

なぜなら貸金業者の貸付は総量規制対象となるため、年収の1/3以上を貸金業者が貸し付けることができないのです。

審査通過率が貸金業者からの借入を初めて行った人を対象にしているのであれば、審査通過率は審査基準の厳しさ、甘さを比較する数字となりますが、既に他社借入がある状態で申し込んだ人も含まれているのです。

どこの貸金業者に最初に申し込むのかによって、審査通過率は簡単に変化してしまうでしょう。

アコムから申し込むのか、プロミスから申し込むのか、アイフルから申し込むのかそれぞれどこを最初に申し込むのか数字だけで見ることができませんので、審査通過率は貸金業者大手ならほぼ同じ、と考えても良いでしょう。

◆アイフル月次推移

関連記事をチェック!

2249view

消費者金融会社一覧

日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見...

貸金業者大手の会員年収別ランキング

貸金業者大手の申し込み条件に安定継続した収入、パート収入やアルバイト収入でも申し込み可能、のように書いてありますよね。

お金を借りたら利息をつけて返さなければならない、返済能力がなければ審査に通らないのは当然です。

本当にパート収入やアルバイト収入でも貸してくれるのか調べれば、年収が低い人でも安心して申し込みができるとなるでしょう。

年収少ない人はお断り、では審査が厳しいと言うか借りにくいですよね。そこで貸金業者大手3社の会員の年収構成比がどのようになっているのか調べてみました。

◆アコム
・年収200万円以下:22.8%
・年収200万円超500万円以下:60.2%

◆プロミス
・年収200万円以下:21.2%%
・年収200万円超500万円以下:66.7%

◆アイフル
・データなし

残念ながらアイフルのデータがないためランキング形式でご紹介することができません。

しかし審査通過率がほぼ横並びであることを考えると、貸金業者大手3社はアコムとプロミスの数字を見てもわかるように、年収が200万円以下の人でも21%から23%弱の割合でいることがわかりますね。

パート収入アルバイト収入となると、年収200万円以下が該当することでしょうから、とりあえず貸金業者大手はどこも同じような年収構成比になっているのではないかと予想することができます。

関連記事をチェック!

1563view

消費者金融の利用率,利用者層ってどういう人?

消費者金融の金利は銀行カードローンに比べて高いですよね。金利が高いことを知りながら消費者金融を利用する利用者層とはどのような属性なのでしょうか。身近に存在している消費者金融の利用実態について調査してみ...

貸金業者大手の無人契約機設置台数ランキング

借りやすさは審査基準だけではなく、申し込みのしやすさも考えておかなければなりませんね。

パソコンやスマホから申し込みができると言っても、ローンカードを発行することを考えると無人契約機がどれだ設置してあるかが重要なポイントです。

無人契約機があれば土日でも借入申込することができることを考えると無視するわけにはいきません。

①アコム:1,066台
②プロミス:945台
③アイフル:880台

無人契約機設置台数第1位はアコムですね。でも都道府県別の設置台数まで公表をしているわけではありません。

もしかしたらアコムの無人契約機は大都市を中心に設置してある可能性もあります。地方都市には設置していないのでは申し込みにくさが借りにくさに繋がってしまいますね。

それはプロミスとアイフルにも言えることです。しかし貸金業者大手が地方都市をないがしろにするとは思えません。

たいていどこの地方都市に行っても幹線道路沿いに一箇所くらいは無人契約機が設置してあります。

ランキング形式で無人契約機設置台数をご紹介しましたが、無人契約機だけでは貸金業者大手を比較することは難しいですね。

関連記事をチェック!

43view

消費者金融無人契約機での申込みの実態

消費者金融の大手になると、無人契約機を設置していますよね。 無人契約機とはその名の通り、ATMをちょっと大きくしたような機械であり、無人契約機が設置されているところには消費者金融の社員はいません。 ...

消費者金融無人契約機での申込みの実態

貸金業者大手は在籍確認なしで借りれるかランキング

カードローンの審査に欠かせないのは在籍確認です。

在籍確認は借入申込者の勤務先へ電話して本当に仕事しているかどうか調べるために行うものです。

申し込みフォームにどこそこの会社に勤務していると書いてあっても、以前勤めていた会社であることや、現在は無職なのに嘘の会社名を書いている場合も少なくありません。

しかし在籍確認されるというのは借入申し込みをするのに精神的なプレッシャーを感じますよね。

もしかしたら在籍確認で貸金業者からお金を借りることがバレてしまうのではないかと心配です。

貸金業者大手3社はどこも在籍確認を欠かすことはできませんが、勤務先まで電話しなくても書類で在籍確認としてくれるところもあるのです。

①アイフル:書類で在籍確認可能
②プロミス:書類で在籍確認可能
③アコム:勤務先への在籍確認は必須

どうしても会社バレしたくないというユーザーにも対応できるように、アイフルとプロミスは社員証と健康保険証、給与明細書を提出すると在籍確認の代わりとしてくれるようです。

会社バレしたくないなという人はアイフルとプロミスに申し込むと借りやすいと感じることでしょう。

貸金業者大手は家族バレなしで借りれるかランキング

お金を借りることを家族バレしたくないと思う人も多いですよね。

できるだけ内緒でお金を借りたいの気持ちはそのまま申し込みしやすさや借りやすさにつながります。

家族バレしてしまうのは貸金業者からの郵送物です。本人限定郵便で送られ来るため家族でも本人の代わりに受け取ることができません。

なぜ本人限定郵便なのか、と問い詰められると返答に困ってしまいますね。そこで家族バレしない貸金業者大手はどこなのかご紹介します。

①プロミス:WEB完結で郵送物一切なし
②アイフル:郵送物を受け取る時間帯を指定できる
③アコム:自宅への郵送物は避けられない

プロミスならWEB完結で申し込みができるため、自宅への郵送物は一切ありません。従って本人限定郵便で送られてくることもありませんので、家族から疑われる心配はないのです。

お金の借り入れはATMではなく振込キャッシングで借りる方法となりますが、カードレスなら紛失する心配もありませんし、振込キャッシングなら銀行キャッシュカードでお金を引き出すことができるため、誰か知っている人に見られてもお金を借りているとは思われません。

アイフルは契約書とカードを自宅へ郵送してきます。ただし時間帯を選ぶことができるため、本人が留守のときに配達される心配がありません。

本人限定郵便で送って来ても本人がいれば受け取ることができますので、家族から不審がられることもないでしょう。

アコムは自宅への郵送物を避けることはできませんが、無人契約機を利用すれば契約書やカードの発行を行うことができますので、どうしても自宅へ郵送されては困るという人は無人契約機を利用するしか方法がありません。

関連記事をチェック!

340view

お金を借りるならノンバンク大手がおすすめな理由

一般的にお金を借りるとなると、銀行かノンバンクのどちらかになりますね。 ノンバンクにも営業規模によって大手と中小に分かれますが、同じお金を借りるならノンバンク大手がおすすめです。 銀行から借りるの...

貸金業者大手で無利息サービスを無駄なく使えるランキング

貸金業者大手は初回会員限定で30日間無利息サービスを行っています。

しかしいつから無利息なのか起算日となる日が異なっています。無駄なく30日間まるまる無利息で借りれるのはどこでしょうか。

①プロミス:初回借入の翌日から30日無利息
②アコム:会員となった翌日から30日間無利息
③アイフル:会員となった翌日から30日間無利息

アコムとアイフルは会員となった翌日が無利息の起算日ですから、会員となったらすぐにお金を借りなければ無利息期間30日をフルに活用できません。

それに対してプロミスは会員となっても借入するまで起算されませんので、会員になっても一週間後にお金を借りても30日間無駄なく無利息サービスを受けることができるのです。

貸金業者大手でおすすめなのはどこ?

これまで客観的な数字や申し込み方法などで、どこの貸金業者大手なら借りやすいのか、審査に通りやすいのかご紹介してきました。

ではどこの貸金業者大手ならおすすめなのか、最終的な結論を言いましょう。ただしおすすめする基準が2通りありますので、どちらを優先させるかによって貸金業者を選んでみてください。

関連記事をチェック!

1199view

アコム、アイフル、プロミスを比較~おすすめはどこ?

3大消費者金融と言われるアコム、アイフル、プロミス。借りるならどこが一番おすすめなのでしょうか。大手消費者金融はどこも同じイメージが強いですが、比較してみると細かな部分に違いがあります。 お金を借り...

アコム、アイフル、プロミスを比較~おすすめはどこ?

審査の通りやすさで選ぶなら

できるだけ審査に通りやすいことを重点的に考えるなら、おすすめはアイフルです。

アイフルは貸付残高や会員数はアコムとプロミスに大きく水をあけられていますが、最近の顧客数の増加率を見ると、積極的な貸付を行っていることがわかりますね。

融資拡大を狙っているなら、ある程度審査基準が低くなるのではないかという期待もできます。

関連記事をチェック!

746view

驚愕!在籍確認なしでアイフルから借りることできたww

皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであれば、その方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、...

驚愕!在籍確認なしでアイフルから借りることできたww

申し込み安さで選ぶなら

お金を借りることを会社バレしたくない、家族バレしたくないことを重要視するなら、おすすめしたいのはプロミスです。

貸付残高の多さ、会員数の多さはどれだけ人気が高いということです。それにWEB完結で申し込みできるのが魅力的ですね。

30日間無利息サービスなど総合的に判断し、人気があって誰にも内緒で借りれるプロミスなら審査通過率も高いですし借入申込相手先としては十分ですね。

関連記事をチェック!

62view

プロミスの金利を徹底解説

プロミスのキャッシングを利用するときに、気になる条件の1つとして金利の高さが挙げられます。 しかし、プロミス以外の大手消費者金融と比べたとき、プロミスの金利は高いのでしょうか。 今回はプロミスの金...

関連記事をチェック!

783view

プロミスの借入方法・返済方法~審査・返済日返済額・延滞まで~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は大手消費者金融であるプロミスについてご説明したいと思います。 消費者金融と言うとなんとなくイメージが悪いと感じる人も多いかもしれませんが、プロミスは金利が他の...

関連記事をチェック!

138view

40万貸してと知人に言う前に!即日融資ができる金融機関!

病気や事故などで、今すぐに40万貸してほしいなどの状況に陥る可能性は誰にでもあります。 親が頼れない状況でも、友達に40万貸してと頼むことは避けましょう。 お金が原因で、今までの関係が崩れる恐れが...

40万貸してと知人に言う前に!即日融資ができる金融機関!

終わりが見えそうで見えない過払い金

過払い金請求はグレーゾーン金利で貸し付けていた消費者金融にとって大打撃となりました。

過払い金請求訴訟が始まってかれこれ11年ほど経過していますが、過払い金請求は今でも続いています。

過払い金請求の時効は借金完済から10年と言われていますが、条件によっては後3年引き延ばすことができることから、もうしばらくは過払い金返還請求に追われそうです。

2017年9月現在の過払い金返還額は、一時に比べたらかなり少なくなったものの大手消費者金融各社は以下の過払い金を支払っています。

①アコム:284億6,600万円(対前年比-4.9%)
②プロミス:データなし
③アイフル:164億円(対前年比-31.4%)

決算資料によるとプロミスの過払い金は2016年3月期でストップしており、その後過払い金を支払ったデータがありません。

ということはプロミスは既に過払い金がないと言うことを証明しているのかもしれませんね。

アコムは相変わらず過払い金請求があり額も半端ではありません。対前年比もそれほど減っていないことからまだまだ過払い金は続きそうです。

対するアイフルは過払い金がかなり減少しており、対前年比-31.4%と月を追うごとに減少しています。

それでも継続してお金を借りている限り過払い金には時効がありませんので、いつ再び過払い金請求訴訟が再燃するかヒヤヒヤですね。

消費者金融の未来は明るい?

大手消費者金融各社とも申込成約率は46%から48%と高い数字を保っており、2017年9月になってから急に申込者数が増えたのも、銀行カードローンの過剰貸付問題が裏にあったのでしょう。

①アコム:146万3,000口座/申込月平均20万人
②プロミス:132万1,000口座/申込月平均4万人
③アイフル:89万9,390口/申込月平均4万人

会員数や月平均の申込人数を見ても、消費者金融の未来は明るいとは言えないものの、しばらくの間は順調に推移していくものと考えることができますね。

台頭してきたソーシャルレンディング企業が一般に受け入れられるのかが勝負です。

最大限度額が大きなカードローン

最大限度額が大きなカードローン

まずは、「一番たくさんのお金を借りれる」カードローンについて調べていきましょう。

銀行カードローンと消費者金融それぞれで、最大融資限度額が大きいものを挙げていきます。

銀行カードローン

まずは銀行カードローンからですが、銀行カードローンでは1,000万円近い融資を受けられるところもあります。

最大融資限度額が大きい主な銀行カードローンを、以下の表に示します。

銀 行最大融資限度額
住信SBIネット銀行1,200万円
東京スター銀行1,000万円
横浜銀行1,000万円
三井住友銀行800万円
みずほ銀行800万円

最も大きな金額を借り入れられるのは、住信SBIネット銀行で取り扱われている「Mr.カードローン」というカードローンで、最大で1,200万円の借り入れが可能です。

ただしMr.カードローンの場合は、審査結果に応じてプレミアムコースとスタンダードコースに分けられ、プレミアムコースが利用できればこれだけの融資限度額もありえる、という条件付きとなっています。

コースの制限等がない場合に融資限度額が最大となっているのは、東京スター銀行と横浜銀行の1,000万円です。

そして800万円で、三井住友銀行やみずほ銀行といったメガバンクが続くと言う形になっています。

これだけ大きな限度額の設定になっていれば、たいがいの資金需要は満たせるのではないでしょうか。

消費者金融

続いては消費者金融です。

残念ながら消費者金融では、最大融資限度額が1,000万円の大台に乗っているところはありませんが、それに近い金額の融資を行っているところはいくつかあります。

銀行カードローンの場合と同じ様に、表にまとめます。

消費者金融最大融資限度額
アコム800万円
SMBCモビット800万円
プロミス
(SMBCコンシューマーファイナンス)
500万円
アイフル800万円
ノーローン300万円

消費者金融で大きな金額を借り入れたければ、最大で800万円まで借り入れられる可能性のあるアコムやSMBCモビットを利用するのがよさそうですね。

ただ全体的に見て、銀行カードローンのほうが融資限度額の設定が大きめになっているため、「できるだけたくさん借り入れたい」という場合には、銀行カードローンを利用するのが賢明かもしれません。

関連記事をチェック!

4570view

借金限度額(借金できる金額)は年収のいくらまで借りれる?

カードローンは申し込み者のおよそ2人に1人は審査に落ちているのが実情です。 理由のひとつに、限度額を超えた高額の申込みが挙げられます。借金の上限を知って、適切に申し込みましょう。 銀行で借入する場...

関連記事をチェック!

2249view

消費者金融会社一覧

日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見...

審査が易しいカードローンとは?

審査が易しいカードローンとは?

続いては、「一番借り入れやすい」カードローンです。

先ほどはたくさん借り入れられるという点についての説明を行いましたが、それはあくまで審査に通過した場合の話であり、審査落ちになってしまえばたとえ限度額がどれだけ大きな設定であろうとも意味がありません。

そこで「一番借り入れやすい」、つまり審査に通過しやすいカードローンを考えていきます。

ただし先ほどの融資限度額とは異なり、審査の難易度や審査基準に関して公開している銀行や消費者金融はないため、データを用いて客観的に判断を行うことはできません。

しかし、同じ消費者金融でも大手よりは中小のほうが審査に通りやすいとも言われています。

これは、中小の業者は大手と比べる申し込み数自体が少ないため、自社に来た申し込みはできる限り通過させて借り入れを行ってもらうようにしているためだと考えられます。

ですから、「一番借り入れやすい」カードローンは、「中小の消費者金融が取り扱っているカードローン」ということになりそうです。

ただし、それぞれのカードローンでいわゆる審査の「クセ」があり、人によっては審査が緩いと言われているカードローンの審査に落ちたのに、審査が厳しいと言われているカードローンの審査には通過したということもあります。

あくまで1つの目安程度にとらえておくのがいいでしょう。

関連記事をチェック!

2590view

銀行の借り入れ審査に通る基準,条件とは【融資審査員が語る】

他社借入状況の嘘はバレることを知っておこう ローンの申込時には「他社借入金額と件数」を申告する欄がありますが、嘘は基本的にバレるものだと考えておきましょう。 審査には誰もが落ちたくないものです。 ...

関連記事をチェック!

6157view

一番お金を借りやすい消費者金融ランキング

借りやすい消費者金融とは、いったいどこなのでしょうか。 大手消費者金融は借りやすい? 大手消費者金融は、銀行と比べて借りやすいとよく言われます。 大手消費者金融では、IR情報として新規貸し付け率...

審査は必ずあります

そして1つ気を付けておいていただきたいのは、「審査が厳しい」とか「審査が簡単」といったこと以前に、「審査無しで融資可能!」というような謳い文句を掲げている業者がまれにあるということです。

審査無しで借りられるならそこが一番借りやすいカードローンになるじゃないか、と思われるかもしれませんが、落ち着いてよく考えてください。

審査とは業者の利益を守るために必要不可欠な行為であるはずなのに、それを無しで融資を行うというのはどう考えても不可解な行為です。

話がそれてしまう前に先に結論から申し上げておくと、そういった謳い文句を掲げている業者はほぼ間違いなく闇金業者です。

「審査の通過しやすさ」「借り入れやすさ」を追い求めるあまり、闇金業者を利用してしまったということだけは絶対にないように注意してくださいね。

年齢の上限が高いカードローン

年齢の上限が高いカードローン

カードローンを利用できる年齢の下限は、ほぼ全てのカードローンで「20歳」です。

では、カードローンを利用できる年齢の上限が最も高いカードローン、すなわち「一番年齢を重ねていても借り入れられる」のはどこのカードローンなのでしょうか。

これに関しては、各銀行カードローンや消費者金融の商品詳細を見比べていただければ分かりますが、ほとんど違いはありません。

「以下」や「未満」の違いはあるものの、多くのカードローンで65歳もしくは70歳を借り入れできる年齢の上限と定めています。

ただし、65歳の人であれば「65歳以下」のカードローンでは借り入れができますが、「65歳未満」のカードローンでは借り入れができないため、ボーダーラインの人にとっては「以下」か「未満」かというのは、非常に重要なポイントです。

そんな中で、大手のカードローンサービスの中で最も高い年齢まで借り入れが可能なのは「新生銀行カードローンレイク」の「70歳以下」です。

「70歳未満」や「69歳以下」の設定になっているカードローンが多いですが、唯一レイクだけは「70歳以下」の設定となっています。

そのため、70歳ちょうどの人がカードローンを利用したい場合には、新生銀行カードローンレイクの利用を検討するといいでしょう。

関連記事をチェック!

2365view

70歳から75歳でもお金を借りれるカードローンはあるの?

70歳以上でも借り入れ可能なカードローンはあるのか。定年退職しても年金だけで生活するのは大変ですよね。 冠婚葬祭など急にお金が必要になることも長年生きていれば度々訪れるものです。 しかし多...

関連記事をチェック!

295view

【馬太郎が】新生銀行カードローンレイクで申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。今回はレイクALSAに融資の申し込みをしてみました。 新生銀行カードローン レイクもテレビCMを多く流していますのでほとんどの方はご存知だと思います。 「レ・レ・レイ...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-11-16 07:50:15

    こんにちは。
    年金担保では間に合わないなら質屋、買取ショップ(リサイクル店)でお金をつくるほかないですね。5万円が背に腹は代えられない状態なら、売れるものは何でもうるしかないでしょう。金融事故、年齢を考えると金融機関ではほぼ無理です。

  2. コウノゴウキさん|2018-11-15 17:09:19

    早急に5万円を借りたいのですがどこかに話を出来るところを教えてください過去に金融事故があります73歳です金融会社からの借り入れはありません年金生活者です12月または2月の年金で一括返済も考えます昨日も投稿しました何とか至急貸して欲しいのです宜しく返事をお願いします