徳島銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

徳島銀行のフリーローン

一部の銀行では、おまとめ専用の商品を提供していますが、今回紹介する徳島銀行には、専用のおまとめローンはありません。

ですので、徳島銀行で複数のローンを借り換えする場合には、カードローンやフリーローンをおまとめローンとして利用することになります。

徳島銀行のカードローンは、高額融資に対応しているものもあり、おまとめローンとしては十分魅力的なのですが、商品の性質上、あまりおまとめローンには向いていません。

返済に集中するためには、フリーローンをおまとめローンとして利用する方が向いており、複数あるフリーローンの中から、自分に合った商品で借り換えすることになります。

この記事では、徳島銀行が提供している複数のフリーローンで借り換えする場合の、審査基準や審査に通るためのポイントなどを解説していきたいと思います。

フリーローンで借り換えする際の注意点

フリーローンは、基本的におまとめローンとしても利用することができますが、その際に注意しなければならないこともあります。

まず1つ目は、おまとめローンとして利用する場合に、すべてのローンを一本にまとめられるだけの金額が借りにくいということです。

2つ目は、申し込むことができる要件に、年収などを設けているものもあり、収入が少ないパートなどの人は利用することができないことがあります。

3つ目は、借り換えに利用できないものもあり、申し込む商品を選ばなくてはなりません。

これら3つのことに注意したうえで利用しなくてはなりませんが、フリーローンは低金利で借りられる可能性が高いですので、おまとめローンとしてもメリットは多く得ることができます。

関連記事をチェック!

387view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリー...

徳島銀行フリーローンの口コミ

徳島銀行が提供するフリーローンには、

  • フリーローン(Newあわせて一本)
  • フリーローン(あわせて一本Ⅱ)
  • フリーローン(あわせて一本)
  • フリーローン(れいんぼ~)
  • とくぎん住宅ローン利用者向けフリーローン
  • フリーローン

という6つの商品があり、いずれも借り換えに利用することができます。

これらのフリーローンについての審査基準を解説する前に、まずは口コミを見ていきたいと思います。

フリーローンに対する口コミには、

  • 低金利で借りられた
  • 手続きが簡単

というように、申し込み手続きや商品内容に関して高い評価となっています。

特に、金利に満足している人が多いようですので、おまとめローンとして多くのメリットを得られるのではと期待できます。

フリーローンの審査基準

徳島銀行が提供する6つのフリーローンは、いずれの商品も借り換えに利用することができますが、申し込みの基準や借入の条件はそれぞれの商品で異なります。

ここでは、6つのフリーローンについて、商品の特徴や申込基準、借入条件をそれぞれ紹介し、最後に審査スピードについても解説していきます。

フリーローン(Newあわせて一本)

「フリーローン(Newあわせて一本)」は、パートの人でも利用可能であり、申し込みの手続きも簡単にできるという特徴がある商品です。

では、この商品の申込基準と借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 徳島銀行の普通預金口座をお持ちの方
  • 申込時満20歳以上で完済時満76歳未満の方
  • 申し込む店舗の営業区域内に居住または勤務されている方
  • 継続して安定した年収がある方
  • 保証会社の保証が受けられる方
  • パートの方、専業主婦で世帯収入がある方も利用できます
資金使途自 由
(事業性資金を除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円単位)
※パート、専業主婦の方は30万円以内となります
融資期間6ヶ月以上7年以内
(6ヶ月単位)
融資利率固定金利:9.8%または13.8%

※9.8%での取り扱いの場合、「れいんぼ~ポイントサービス」による利率差し引きの特典あり
(最大1.5%引き下げ)
返済方法元利均等毎月返済
(ボーナス返済併用不可)
返済日毎月10日
担保・保証人不 要
保証会社㈱オリエントコーポレーション

フリーローン(あわせて一本Ⅱ)

「フリーローン(あわせて一本Ⅱ)」は、申込基準に少し制限がありますが、パートなどの人でも多く借りることができるという特徴がある商品です。

では、この商品の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者

以下のすべての条件を満たすことができる個人の方

  • 申込時満20歳以上満65歳以下の方で、完済時満70歳以下の方
  • 徳島銀行の営業区域内に居住または勤務されている方
  • 現勤務先での勤続年数、または現業での営業年数が1年以上の方
    ※融資金額50万円以下の場合は年数不問
  • 継続して安定した収入のある方
    ※専業主婦の方も利用可能
  • 保証会社の保証が受けられる方
    ※保証会社が定める業種・職種に該当する場合は申込不可
資金使途自 由
(事業性資金を除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円単位)
※パート、臨時社員、主婦の方は50万円以内
融資期間7年以内
(6ヶ月単位)
融資利率固定金利:9.8%、13.5%、14.8%
※9.8%の場合、ポイントサービスの適用ステージに応じて金利差し引き特典あり
返済方法元利均等毎月返済
(融資金額の50%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人原則不要
保証会社四国総合信用㈱

フリーローン(あわせて一本)

「フリーローン(あわせて一本)」は、徳島銀行がおまとめローンとして利用することを推奨している商品です。

では、この商品の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 申込時満20歳以上、完済時満70歳以下の方
  • 申し込み店舗の営業区域内に居住または勤務されている方
  • 継続して安定した年収がある方(専業主婦でも世帯収入があれば対象)
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自 由
(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円単位)
融資期間6ヶ月以上7年以内
(6ヶ月単位)
融資利率固定金利:10.8%

※ポイントサービスにおいて、金利引き下げ特典あり
返済方法元利均等毎月返済
(借入金額100万円以上で金額の50%以内を上限にボーナス返済併用可)
担保・保証人不 要
保証会社㈱クレディセゾン

フリーローン(れいんぼ~)

「フリーローン(れいんぼ~)」は、徳島銀行で給与振込を利用している人だけが利用できるという特徴の商品であり、非常に低金利で借りることができます。

この商品の申込基準や借入条件は、以下のようになっております。

利用対象者
  • 徳島銀行の普通預金口座をお持ちの方
  • 申込時年齢満20歳以上65歳以下の方
  • 申し込みする店舗の営業区域内に居住または勤務されている方
  • 継続して安定した年収がある方
  • 徳島銀行に、申し込みの直前2ヶ月以上連続して振込額7万円以上の月例給与が振り込まれている方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自 由
(事業性資金を除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円単位)
融資期間6ヶ月以上7年以内
(6ヶ月単位)
融資利率固定金利:6.7%

※「れいんぼ~ポイントサービス」において所定のポイントお満たされた場合、最大1.5%金利引き下げ
返済方法元利均等毎月返済
(ボーナス返済併用不可)
返済日毎月10日
担保・保証人不 要
保証会社㈱オリエントコーポレーション

とくぎん住宅ローン利用者向けフリーローン

「とくぎん住宅ローン利用者向けフリーローン」は、徳島銀行で住宅ローンを利用している人だけが申し込めるという特徴があります。

この商品の申込基準や借入条件は、以下のようになっております。

利用対象者

以下のすべての条件を満たすことができる個人の方

  • 住宅ローン利用中で、6ヶ月以内の約定返済に延滞のない給与所得者の方(法人代表者、個人事業主、その他正社員ではない方は利用できません)
  • 申込時年齢満20歳以上満65歳以下の方で、完済時満72歳以下の方
  • 自宅または勤務先が徳島銀行の営業区域内にある方
  • 前年度年収が200万円以上で、継続して安定した収入のある方
    ※配偶者のみ年収合算が可能ですが、この場合は配偶者に連帯保証人となってもらう必要があります
  • 保証会社の保証が受けられる方
    ※保証会社が定める業種・職種に該当する場合は利用できません
資金使途自 由
(事業性資金、ギャンブル資金、投機的な資金は除く)
※他の四国総合信用㈱保証の旧債返済資金としては利用できません
融資金額10万円以上500万円以内
(1万円単位)
融資期間6ヶ月以上7年以内
(6ヶ月単位)
融資利率固定金利:6.0%

※ポイントサービスにより、金利引き下げ特典あり
返済方法元利均等毎月返済
(融資金額の50%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人原則不要
保証会社四国総合信用㈱

フリーローン

「フリーローン」は、他の銀行でも提供されているような、一般的な商品です。

では、この商品の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 申込時満20歳以上満65歳以下の方
  • 申し込みする店舗の営業区域内に居住または勤務されている方
  • 継続して安定した年収がある方
  • 保証会社の保証が受けられる方
  • パート、専業主婦で世帯収入がある方も利用できます
資金使途自 由
(事業性資金を除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円単位)
※パート、専業主婦の方は30万円以内
融資期間6ヶ月以上7年以内
(6ヶ月単位)
融資利率固定金利:13.5%
返済方法元利均等毎月返済
(融資金額の50%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人原則不要
(保証会社の指示により、連帯保証人が必要となることもあります)
保証会社 ㈱オリエントコーポレーション

審査スピード

徳島銀行では、審査スピードに関することを公表していませんので、申し込みをしてから審査の結果連絡が来るまでの期間はわかりません。

審査スピードに関する口コミの評価では、多くの人が普通または不満としていますので、審査スピードはそれほど早くないと予想されます。

ですので、申し込みをしてから1週間~2週間程度で連絡が来ると思われますが、気になるという人は、申し込みをする前に銀行へ問い合わせることをおすすめします。

金利は審査によって決まる

フリーローンの「Newあわせて一本」と「あわせて一本Ⅱ」は、数段階の金利が設定されており、それ以外の商品は一律の金利が適用されます。

数段階の金利が設定されている商品に関しては、審査によって適用される金利が決まりますので、審査の結果が出るまではわかりません。

審査で金利が決まる場合、一般的には信用が高いほど低い金利が適用されますので、いかに信用を高くしたうえで申し込むことができるかが鍵となります。

金利で審査の通りやすさがわかる

審査の通りやすさというのは、金利を見ることでわかり、高くなるほど通りやすくなります。

これは、金利を構成している要素のうち、保証料が大きな影響を与えており、これが多くなるほど、保証会社はリスクが高い人でも保証することができます。

徳島銀行の各フリーローンで見てみると、最も高い金利が適用されるものが「フリーローン(あわせて一本Ⅱ)」であり、この商品は審査が通りやすいといえます。

次に通りやすいのは、「フリーローン(Newあわせて一本)」であり、3番目は「フリーローン」となります。

審査に通るためのポイント

フリーローンの審査に通るためのポイントには、以下の3つがあります。

  • 申込内容を正確に記入する
  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

これらのポイントは、どれもローンを借りるうえで基本的なことでもありますが、基本的なことをきちんとできる人ほど信用は高くなります。

また、信用は高くなるほど、審査で決まり金利が低くなりますので、非常に重要なポイントとなります。

申込内容を正確に記入する

審査に通りやすくなるために、申し込みの内容を偽って記入する人もいますが、これは逆効果となりますので、絶対にしないようにしましょう。

申込書に記入する内容は、基本的に自己申告となりますが、保証会社が必要と認める場合や申込金額が一定額以上の場合には、書類によって内容を確認します。

申し込みの内容に偽りがある場合には、たとえ仮審査で通っていたとしても、保証の取り消しとなってしまう可能性があります。

最近では、WEBで申し込むこともできますが、この場合は入力ミスなどで審査落ちしてしまう危険性もありますので、十分に注意しなければなりません。

他のローンを延滞なく返済する

複数のローンを借入している場合、ぞれぞれの返済を延滞なく返済していくことが難しくなります。

しかし、延滞をしてしまっては、フリーローンの審査で不利になってしまいます。

特に、申し込みの直近6ヶ月以内の延滞は、現在も返済能力が低いと判断されてしまいます。

また、過去2年間の返済履歴は信用情報に登録されていますので、延滞には十分に注意するようにしましょう。

少額のローンは完済する

複数のローンを借入している人は、どうしても信用が低い状態となっています。

信用を高めるためには、基本的に長い年月をかけなければなりませんが、完済実績を作ることで高めることもできます。

ですので、複数あるローンの中で、少額の利用限度額となっているカードローンなどは、借り換えの対象とするのではなく、申し込み前に完済するようにしましょう。

ただし、カードローンなどの極度型ローンの場合は、解約をしなければ完済実績にはなりませんので、注意が必要です。

申し込みの方法と必要書類

WEB完結できる「フリーローン(Newあわせて一本)」や「フリーローンれいんぼ~」はもちろんのこと、他の商品でも申し込みはインターネットで行うことができます。

また、申し込みは各支店でも行うことができ、平日に窓口へ行けないという人でも、土日や祝日も営業している「ローンセンター」や「れいんぼ~プラザ」で手続きできます。

申し込みをする際に必要となる書類は、基本的に運転免許証などの本人確認資料だけとなりますが、融資金額が50万円を超える場合は、源泉徴収票などの収入証明書類も必要になります。

資金使途が借り換えの場合は、さらに対象ローンの返済予定表などの書類も必要となる場合もありますので、準備しておくことをおすすめします。

関連記事をチェック!

951view

銀行や消費者金融でお金を借りる時に必要な書類は?

最近はカードローンの利用者が増加して定番化したので、お金は短時間で簡単に借入できると思っている方も少なくないでしょう。 しかし、金融機関から借入する際は、面倒な作業が多いのが一般的です。 ...

まとめ

徳島銀行には、おまとめローンとして利用することができるフリーローンが6種類もあり、それぞれで申込基準や借入条件は異なります。

フリーローンが6種類もあれば、どれを利用して借り換えしたらいいのかがわからないという人も多いと思います。

この場合は、銀行窓口へ行って、担当者に相談し、シミュレーションなどをしてもらいながら申し込みすることをおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談