鳥取銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

鳥取銀行のフリーローン

銀行のローンで複数のローンを借り換えする場合、基本的にはカードローンやフリーローンを利用します。

ですが、カードローンをおまとめローンとして利用した場合には、返済が進んでいくにつれて利用限度額に余裕が生まれ、つい追加の借入をしてしまうリスクがあります。

一方で、フリーローンをおまとめローンとして利用した場合には、追加の借入をすることができませんので、返済だけに集中することができます。

既にご存じの方も多いかとは思いますが、フリーローンなどで複数のローンを借り換えすると、毎月の返済額や金利負担、総返済額を軽減することができます。

また、これまで異なる返済日だったものが1つのまとめることで、返済の管理がしやすくなり、延滞するリスクが低くなります。

この記事では、鳥取県を中心に営業している「鳥取銀行」のフリーローンをおまとめローンとして利用する際の、審査基準や審査に通るためのポイントなどを解説していきたいと思います。

一部銀行ではおまとめローンを提供している

鳥取銀行では取り扱いがありませんが、一部銀行では消費者金融のようなおまとめローンを提供しています。

しかし、おまとめローンとはなっているものの、少額であれば別の資金にも利用することができますので、この点が消費者金融のものとは違うところです。

おまとめローンのメリットは、すべてもローンをまとめられるだけの金利が借りやすいことですが、金利が高めに設定されていることがデメリットとなります。

一方で、鳥取銀行のように、自由な資金に利用できるフリーローンをおまとめローンとして利用する場合には、低い金利で借りることができますが、すべてを借り換えできるだけの金額が借りにくくなっています。

どちらの方が良いということは一概に言うことはできませんが、どちらのローンにもメリットとデメリットはありますので、自分に合った方を選ぶことをおすすめします。

関連記事をチェック!

764view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリーロー...

鳥取銀行フリーローンの口コミ

鳥取銀行では、おまとめローンとして利用できる商品を3つ提供しています。

それぞれの商品名は、以下のようになっています。

  • 多目的ローンわたしいろ
  • らくだスーパーフリーローン
  • プレミアムフリーローン

これらのフリーローンについて、まずは実際に利用した人などの口コミを紹介していきたいと思います。

口コミの内容としては、

  • パートでも借りられた
  • 申し込み手続きが簡単
  • 所得証明書を提出しなくても借りられた

などとなっており、主に申し込みのしやすさについて、評価が高いです。

フリーローンは、年収などの基準があるものも多いですので、パートなどでも借りられるのは非常に便利です。

フリーローンの審査基準

先ほどもお話ししましたように、鳥取銀行では、おまとめローンとして利用できるフリーローンを3種類提供しています。

ここでは、これら3つのフリーローンを申し込むことができる基準や、借入の条件に付いてを詳しく解説していきたいと思います。

また、申し込みをしてから審査の結果が出るまでの期間についても、併せて解説していきます。

多目的ローンわたしいろ

「多目的ローンわたしいろ」は、借入の目的を限定するものや自由な資金に利用するものなどを組み合わせて借りることができる商品です。

目的を限定している分、他のローンよりも低金利で借りることができますので、おまとめローンとしてもメリットが非常に大きくなります。

では、この商品の申込基準と借入条件を紹介していきます。

利用対象者

次のすべてを満たされている方

  • 融資時の年齢が満20歳以上、最終弁済時満76歳未満の方
  • 安定継続した収入のある方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途健全な目的資金、目的ローンの借り換え資金、フリー資金

※事業性資金、投機性資金は対象外
融資金額10万円以上500万円以内
(1万円単位)
融資期間10年以内
(1ヶ月単位)
融資利率変動金利
:2.6%~7.75%
※ポイントサービスなどにより最大0.5%金利優遇

AプランBプランCプラン
①使途が明確な資金

②目的ローンの借り換え

③①+②の合算資金
①使途が明確な資金

②目的ローンの借り換え

③①+②の合算資金

※振込指定なし
①目的資金

②目的ローンの借り換え

③フリー資金

④①②③の合算資金
2.6%
~3.9%
4.3%
~4.8%
5.25%
~7.75%
返済方法元利均等償還
(金額の50%以内でボーナス返済併用可)
返済日毎月3日
担保・保証人不 要
(審査の結果、必要となる場合もあります)
保証会社株式会社エヌケーシー

らくだスーパーフリーローン

「らくだスーパーフリーローン」は、パートやアルバイトなどの人でも申し込むことができる商品であり、多くの銀行で取扱っている一般的な商品です。

この商品の申込基準や借入条件は、以下のようになっております。

利用対象者
  • 申込時年齢が満20歳以上70歳未満の方
  • 保証会社の保証が得られる方
資金使途自 由
融資金額10万円以上500万円以内
(10万円単位)
※パート、アルバイト、主婦、年金を受取りしている方は100万円まで
融資期間1年以上10年以内
(1ヶ月単位)
融資利率固定金利
:4.0%、6.0%、9.0%、14.5%
返済方法元利均等毎月返済
返済日毎月3日
担保・保証人不 要
保証会社
  • 株式会社エヌケーシー
  • SMBCコンシューマーファイナンス

プレミアムフリーローン

「プレミアムフリーローン」は、鳥取銀行で給与振込や住宅ローンの取引がある人だけが利用できる商品であり、低金利で借りることができます。

この商品の申込基準や借入条件は、以下のようになっております。

利用対象者
  • 申込時年齢が満20歳以上65歳未満、最終弁済時70歳未満の方
  • 毎月定期収入のある方
  • 鳥取銀行との取引状況に応じた審査基準を満たされている方
  • 保証会社の保証が得られる方
資金使途自 由
(事業性資金は対象外)
融資金額10万円以上300万円以内
(10万円単位)
融資期間1年以上10年以内
(1ヶ月単位)
融資利率固定金利
:3.5%、5.0%、7.5%、9.5%
返済方法元利均等毎月返済
返済日毎月3日
担保・保証人不 要
保証会社オリックス・クレジット株式会社

審査スピード

鳥取銀行のフリーローンに申し込みした場合、審査の結果はどのくらいの期間で連絡されるのでしょうか。

結論から先に言いますと、鳥取銀行では、審査スピードに関する内容を公表しておらず、どれだけの期間で結果が連絡されるかはわかりません。

しかし、「らくだスーパーフリーローン」を保証しているSMBCコンシューマーファイナンス、「プレミアムフリーローン」を保証しているオリックス・クレジットは、審査スピードが早いと評判の会社です。

ですので、比較的審査スピードは早いと思います。

銀行によっては、最短即日で結果がわかることもありますし、2週間程度で連絡が来ることもありますので、気になる場合は担当者に相談することをおすすめします。

金利は審査によって決まる

「多目的ローンわたしいろ」は、資金使途のプランによって金利に幅がありますし、「らくだスーパーフリーローン」と「プレミアムフリーローン」は幅広い金利が設定されています。

これらに共通していることは、審査によって金利が決まるということです。

主にフリーローンの審査をしているのは保証会社であり、保証の可否を判断するとともに、どのような金利を適用するのかということも審査していますので、その判断次第で金利負担が異なります。

一般的には、信用が高い人ほど低い金利が適用され、信用が低いと判断される人には、高い金利が適用されます。

おまとめローンとして利用する際に、金利は非常に重要となりますので、いかに信用を高めたうえで申し込むことができるかが鍵となります。

金利で審査の通りやすさがわかる

複数のローンを借り換えすることを最優先に考え、審査の通りやすさを重視してローンを選ぶ人も多いです。

審査の通りやすさというのは、金利を見ることで判断することができ、金利が高くなるほど借りやすくなります。

金利で審査の通りやすさを判断できることの仕組みとしては、金利に含まれる保証料が関係しており、保証料を多く支払うことで、多少リスクが高くても保証してもらうことができます。

この観点で3つのフリーローンを見ると、「多目的ローンわたしいろ」と「プレミアムフリーローン」は審査が通りにくく、「らくだスーパーフリーローン」は通りやすいといえます。

もちろん、金利だけで本当の通りやすさを判断することはできませんが、金利の仕組みを考えると、このような結論に至ります。

プレミアムフリーローンは取引状況も審査に影響する

給与振込や住宅ローンの取引がある人だけが利用できる「プレミアムフリーローン」は、その取引状況も審査の対象となります。

特に、住宅ローンの取引状況は、信用に直結するものですので、延滞なく返済している人は審査で有利になります。

反対に、度々延滞しているという人は、返済能力に問題があると判断されやすくなりますので、審査で不利になってしまいますので、注意しなければなりません。

審査に通るためのポイント

ローンに審査がある以上は、それに通らなければ借りることができません。

審査で「絶対に通る方法」というのはありません。

しかし、以下のポイントを押えることで審査に通りやすくなります。

  • 申し込みの内容を正確に記入する
  • 他のローンは延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する
  • 返済計画をきちんと立てる

また、これらのポイントにより、信用を高めることができますので、審査で決まる金利を低くすることも可能となります。

では、これらのポイントについて、さらに詳しく解説していきます。

申し込みの内容を正確に記入する

ローンに申し込む以上は、誰もが通りたいと思うものですが、一部の人は、内容を偽ってまでも借りようとします。

特に、年収や勤務先の情報、他のローンの利用状況を偽って記入することが多く、年収を実際よりも多くするなど、審査で有利になるような内容にします。

ですが、保証会社はこれまで多くの審査をしてきた実績がありますし、書類によって偽った内容が記入されていることを確認することができます。

仮審査の段階で申し込みの内容に偽りがあることが判明した場合、保証会社ではリスクが高いと判断し、審査に通ることはありません。

また、仮審査の段階ではばれなかったものの、書類などで契約までに内容を偽っていることが判明すると、保証を取り消しすることもありますので、結果的に審査に落ちてしまうことになります。

審査に通るためにやったことが、逆に落ちてしまう原因となってしまうことになりますので、内容は正確に記入するようにしましょう。

他のローンは延滞なく返済する

申し込みの時点で、他のローンに延滞がある場合には、借りることができないということは既に知っている人も多いと思います。

しかし、申し込みの直近6ヶ月以内に延滞がある場合に、それが原因で審査落ちしてしまうことがあることを知っている人は少ないです。

ローンの審査では、返済能力がどれだけあるかということが重要になり、直近6ヶ月以内の延滞は、この能力が低いと判断される要因となります。

ローンは延滞なく返済していくことが基本ですので、契約書で取り決めした通りに返済していかなければなりません。

少額のローンは完済する

特にクレジットカードのキャッシング枠は、10万円程度の少額となっていることも多く、このような少額なものも借り換えの対象とする人も多いです。

ですが、少額の借入は、借り換えの対象とするのではなく、完済して「完済実績」を作るために利用することをおすすめします。

完済実績とは、その名のとおり、完済したローンがあるという実績のことであり、これがあることで返済能力があることを証明することができます。

中には、多重債務となっていて、少額でも完済できない人もいるかとは思いますが、審査に通るためにはこのようなことも重要となります。

ただし、カードローンやキャッシング枠などの極度型ローンの場合、単に残高を「0円」にするだけでなく、解約しなくては実績を作ることができませんので、注意が必要です。

返済計画をきちんと立てる

おまとめローンとして利用する場合、毎月の返済額を軽減することばかりを考えていると、借り換え前よりも返済総額が多くなってしまう可能性があります。

特に、「らくだスーパーフリーローン」で上限金利が適用された場合には、借り換え対象ローンとの金利差がそれほど大きくありませんので、このような状態となってしまうリスクが高いです。

返済計画は、ローンを借りるうえで重要となりますので、当然保証会社も注意して見ています。

総返済額が多くなるような申し込みは、返済計画を立てていないと判断されてしまうことになりますので、申し込み前にシミュレーションなどで試算するようにしましょう。

申し込み方法

「多目的ローンわたしいろ」と「らくだスーパーフリーローン」は、

  • インターネット
  • 電話
  • 窓口

のいずれかの方法で申し込むことができます。

「プレミアムフリーローン」は、インターネットなどの申し込みには対応していませんので、手続きは窓口で行うことになります。

なお、鳥取銀行では、土日や祝日でも営業している「ローンプラザ」や「インストアブランチ」がありますので、これらのところでも相談や申し込みをすることができます。

申し込みに必要な書類

フリーローンを申し込むためには、基本的に運転免許証などの本人確認書類と銀行印があれば手続きできます。

ですが、融資金額が310万円以上となる場合は、源泉徴収票などの所得確認資料が必要となります。

場合によっては、借り換え対象ローンの残高がわかる資料の提出も求められる可能性もありますので、あらかじめ準備しておくことをおすすめします。

源泉徴収票のすべて!見方や発行時期、再発行方法等を網羅

まとめ

鳥取銀行には、おまとめローンとして利用できるフリーローンが3つあります。

これらのローンは、申込基準や借入条件が異なりますので、どのローンを利用するかを選ぶ必要があります。

どのローンを選んだとしても、おまとめローンとしてのメリットを得ることができますが、返済期間の設定次第では、総返済額が多くなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

また、審査に通らなければ借り換えすることもできませんので、できるだけ信用を高めたうえで申し込むようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談