中国銀行のフリーローンでおまとめ、借り換え【審査通るには】

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

岡山市に本店を構える金融機関・中国銀行のフリーローンは、おまとめローンや借り換えローンとしても利用できる便利なローンです。

また、おまとめ専用のおまとめフリーローンもあり、通常のフリーローンよりは高めの金利ながらも毎月少額ずつ返済していくことができます。

しかし、どちらのフリーローンも、当然ながら審査に落ちた方は利用できません。

審査に通るために知っておきたいことをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 中国銀行のおまとめローンの利用を検討している人
  • 中国銀行のおまとめローンに申し込みして審査落ちした原因を知りたい人
  • 中国銀行のフリーローンの選び方を知りたい人

中国銀行のフリーローン

消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、複数のところから借入している場合は、それぞれに対して返済が必要になりますし、金利負担も多くなってしまいます。

また、返済日が異なることによって、返済の管理がしにくくなり、延滞してしまうリスクが高くなってしまいますよね。

このような多重債務を抱えている方の悩みは、借金を1つにまとめることで解決できることがあります。

とりわけ消費者金融と比べて低金利の銀行ローンでまとめることができれば、支払いの手間が月1回になるだけでなく、利息の大幅な減少も期待できます。

おまとめに利用できるフリーローン

複数のローンを1つにまとめるとき、おまとめや借り換え専用のローンを利用することが一般的です。

しかし、使途自由のフリーローンやカードローンの中には、おまとめに利用できるものもあります。

とはいえ、融資限度額まで何度でも借入できるカードローンをおまとめに利用すると、せっかく順調に返済しても、追加借入をして返済期間が延びたり利息が高くなったりする恐れがありますよね。

一方、最初にまとまった金額を借りて毎月コツコツと返済していくフリーローンなら、自由に追加借入はできませんので、返済期間が延びたり利息が高くなったりすることがありません。

利息を減らし、なおかつ早く借金状態から解放されたい方なら、カードローンではなくフリーローンおまとめ・借り換え専用のローンを選びましょう。

中国銀行のフリーローンはおまとめにも利用できますので、抱えている借金をまとめ、利息と返済期間の短縮を実現することが可能です。

フリーローンで借り換えする際の注意点

おまとめローンの場合、借り換えを目的としていますので、すべての借金の合計額を借りられやすくなっています。

しかし、フリーローンをおまとめローンとして利用する場合には、すべてをまとめられるだけの金額を借りられないことが少なくありません。

たとえば借金が全部で300万円あるのに、フリーローンでは200万円しか融資が下りないこともあるのです。

また、フリーローンの申込条件として年収や勤続年数を細かく定められていることがありますので、パートやアルバイトなどで収入が少ない人は申し込みすらできない場合もあります。

とはいえ、おまとめ専用のローンではなくフリーローンを選ぶことにメリットがないわけではありません。

金利はおまとめ専用商品よりも低く設定されていることが多いですので、金利負担は抑えられる可能性が高いのです。

関連記事をチェック!

2199view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリーロー...

中国銀行フリーローンの口コミ

中国銀行では、借り換えに利用できるフリーローンが3つあります。

  • ちゅうぎん フリーローン
  • ちゅうぎん おまとめフリーローン
  • ちゅうぎん住宅ローン利用者専用フリーローン

これら3つのフリーローンの審査基準などを解説する前に、ますは実際に利用した人などの口コミを紹介していきます。

まず金利についてですが、フリーローンに関する口コミは見つかりませんでした。

車のローンが低金利のようです。

キャンペーンも実施しているようですので、こまめにホームページもチェックしておきたいですね。

ヤフー知恵袋で、次のような口コミを見つけました。

中国銀行おまとめローンが気になっています。

現状レイク50万アイフル50万の借り入れがあります。
このままではダメだとわかってはいるんですがこのままではアコムにも10万借りそうです。
今は派遣で五ヶ月目月19万の手取りがあります。
家賃保険料が引かれてます。
住民税などは自分で払わなければならず延滞三期しています。
悩んでるのはバンクイックと中国銀行おまとめローンです。
給料の支払いは中国銀行でしてもらってます。

出典:ヤフー知恵袋

中国銀行では「おまとめローン」という名前のローンはありませんので、おそらく「おまとめフリーローン」のことを言っていると思われます。

バンクイックも中国銀行のおまとめフリーローンも利用限度額は500万円で同じで、金利上限は年14.6%(バンクイック)と年14.5%(ちゅうぎん)とほぼ同じです。

しかし、おまとめに利用できることが明らかな中国銀行のフリーローンとは異なり、三菱UFJ銀行の公式サイトでは、バンクイックはおまとめに利用できるとは記載されていません

おまとめ目的でローンを検討しているのなら、中国銀行のフリーローンがよいと言えますね。

関連記事をチェック!

1590view

三菱UFJ銀行バンクイックのおまとめローンで借金一本化

借金が複数件に膨らんで、返済負担や手間暇が辛くなったと言うかたには、借金の一本化がおすすめです。 その際、「低金利」で利用できる可能性のある三菱UFJ銀行の「カードローン」は魅力的です。 三菱UF...

フリーローンの審査基準

中国銀行の3つのフリーローンは、いずれもおまとめにも利用できますし、そのほかの目的でも利用することが可能です。

利用条件と貸付条件をまとめましたので、あなたご自身の利用目的に合うのはどのフリーローンなのか検討してみてください。

なお、中国銀行の3つのフリーローンはいずれも総量規制が適用されませんが、大手消費者金融や中小消費者金融のローンは総量規制が適用されることが一般的です。

しかし、たとえ消費者金融のローンであっても、おまとめ目的のローンは総量規制が適用されないため、年収の3分の1を超える金額でも借りられることがあります。

ちゅうぎん フリーローン

中国銀行のフリーローンは、事業性資金以外なら使途自由で利用できるローンです。

もちろんおまとめにも利用できますので、複数の借金を1つにまとめたい方も利用できます。

申込条件と貸付条件は以下の通りです。

利用対象者
  • 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下の方
  • 安定継続した収入のある方
  • 保証会社の保証が受けられる方
  • その他、中国銀行所定の融資条件を満たす方
資金使途原則自由
(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上500万円以下
(10万円単位)
融資期間7年以内
融資利率固定金利:6.8%~14.0%
返済方法毎月元利均等分割返済
(融資金額の40%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人不要
保証会社中銀保証株式会社もしくはSMBCコンシューマーファイナンス

ちゅうぎん おまとめフリーローン

「ちゅうぎん おまとめフリーローン」は、他の銀行にもある一般的なフリーローンなのですが、おまとめに適した商品として提供しています。

この商品の申込基準や借入条件は、以下のようになっております。

フリーローンと比べると返済期間が長く設定されているため、毎月の返済負担は軽減しやすいです。

しかし、上限金利は若干高く設定されていますので、適用金利がフリーローンよりも高くなる恐れがあります。

利用対象者
  • 申込時年齢が満20歳以上満69歳以下の方
    ※完済時年齢が満75歳以下となる方に限ります
  • 安定継続した収入のある方
    ※専業主婦の方も申し込み可
    ※年金受給者および年金受給者の配偶者の方は申し込み不可
  • 保証会社の保証が受けられる方
  • その他、中国銀行所定の融資条件を満たす方
資金使途原則自由
(事業性資金は除く)
融資金額10万円以上500万円以下
(1万円単位)
融資期間15年以内
融資利率固定金利:6.8%~14.5%
返済方法毎月元利均等分割返済
(融資金額の40%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人不要
保証会社アイフル株式会社

ちゅうぎん住宅ローン利用者専用フリーローン

「ちゅうぎん住宅ローン利用者専用フリーローン」は、その名のとおり、中国銀行で住宅ローンを契約している人だけが利用できる商品です。

この商品の申込基準と借入条件は、以下のようになっております。

利用対象者
  • 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下の方
  • 中国銀行の住宅ローンを1年以上利用している方
  • 安定継続した収入のある方
  • 保証会社の保証が受けられる方
  • その他中国銀行所定の融資条件を満たしている方
  • 融資期間が7年超の場合は、団体信用生命保険に加入できる方
資金使途自由
(事業性資金、投機性資金は除く)
融資金額<住宅ローン利用歴1年以上10年未満の方>

10万円以上300万円以下(1万円単位)

<住宅ローン利用歴10年以上の方>

10万円以上500万円以下(1万円単位)
融資期間1年以上7年以内

※住宅関連資金として利用する場合は15年以内
融資利率変動金利:2.875%

※団体信用生命保険付の場合は金利を0.4%上乗せして3.275%が適用されます
返済方法毎月元利均等分割返済
(融資金額の40%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人不要
保証会社中銀保証株式会社

審査スピード

消費者金融が即日融資で人気となっているように、審査スピードや融資スピードを重視してローンを選ぶ人も多いです。

では、中国銀行のフリーローンを申し込んだ場合に、どれくらいの期間で審査の結果が連絡され、融資までにはどれだけの期間が必要になるのでしょうか。

結論を言いますと、審査スピードや融資スピードは、商品によって少し違います。

フリーローンとおまとめフリーローンは、申し込みをしてから融資までにおよそ1週間かかり、住宅ローン利用者専用フリーローンは、申し込みをしてから融資までにおよそ3日~4日かかります。

おまとめに利用できる銀行ローンとしては審査スピードは普通~速めですので、他のローンの返済日までに借りたいなどの事情で融資を急いでいる人にとっては非常にありがたいです。

金利は審査によって決まる

住宅ローン利用者専用フリーローンは、審査に通ると一律の2.875%が適用され、団体信用生命保険に加入することで3.275%となります。

そのため、審査を受ける前におおよその利息を計算しておくことができます。

一方、おまとめフリーローンは、6.8%・9.8%・12.8%・13.8%・14.5%というように、金利が5段階に分かれており、審査によって決まるため、実際の金利は申し込んでみないことにはわかりません。

また、フリーローンも、中国銀行で住宅ローンを利用していることなどの一定条件を満たすと金利が0.2~1.2%引き下げられる特典を受けられますが、ベースとなる金利は審査で決まりますので、申し込むまで適用金利は分かりません。

保証会社が審査を担当する

フリーローンの審査は、主に保証会社が行っており、保証会社では保証の可否を判断するとともに、どのように金利を適用するかということも審査しています。

一般的に、低い金利が適用される人というのは、信用が高く、返済されないリスクが低い人です。

対して、高い金利が適用される人というのは、信用が低く、返済されないリスクが高いと判断される人です。

おまとめローンとして利用する場合、金利は低い方が多くのメリットを得ながら返済していくことができますので、できるだけ信用を高めたうえで申し込むことが望ましいといえます。

関連記事をチェック!

2196view

アイフルが保証会社を務める銀行カードローン

カードローンの審査に通るかどうかは、実際に申し込んでみるまでは分かりません。 だからと言ってむやみやたらとローンに申し込むと、いわゆる申し込みブラック状態になって、6ヶ月ほど他の審査にも通りにくくな...

金利で審査の通りやすさがわかる

どんなに有利な条件でフリーローンを利用できるといっても、審査に通らなければ何も意味がありません。

ですので、審査の通りやすさを重視してローンを選ぶ人も多いです。

しかし、審査の内容は公表しておらず、実際に審査をしている保証会社の人しかわかりません。

ですが、金利を見ることで、審査の通りやすさをある程度判断することができます。

ところで、金利というのは、以下の3つの要素で構成されています。

  • 銀行の収益部分
  • 銀行がリスクに備える部分
  • 保証会社に保証してもらうための保証料
上限金利に注目

金利を定める3つの要素の中で、これらの中で金利の高低に大きく影響を与えるのが「保証料」の部分です。

保証会社では、多くの保証料を得ることで、リスクが高い人でも保証することができ、これが審査の通りやすさとなります。

中国銀行のフリーローンとおまとめフリーローンの上限金利は、それぞれ14.0%と14.5%と比較的高めに設定されていますので、審査は通りやすいと予想されます。

これに対し、住宅ローン利用者専用フリーローンは一律2.875%と低く設定されており、いくら住宅ローンを利用しているからといっても非常に低金利ですので、審査は通りにくいと思われます。

中国銀行おまとめローンの返済方法

中国銀行のフリーローンを使って借金をまとめるなら、借入件数を減らすことができ、返済の手間を減らせます。

しかし、手間が減ったとはいえ、しっかりと返済しないなら、中国銀行からの信用を失うだけでなく、遅延損害金が発生したり全額一括返済を要求されたりといった直接的なデメリットが生じることがあります。

借り入れる前に返済方法を熟知し、返済遅れや滞納が生じないようにしましょう。

なお、フリーローンとおまとめフリーローンの遅延損害金は年18.0%、住宅ローン利用者専用フリーローンの遅延損害金は年14.0%です。

関連記事をチェック!

16470view

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は、必ず知っておいたほうが良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

約定返済

どのフリーローンを利用している場合でも、金利や返済期間によって毎月の最低返済額が決められます。

この最低返済額を返済することを約定返済と呼びますが、契約時に登録した中国銀行普通預金口座から自動的に毎月引き落とされます。

引き落としができないと、返済に遅延することになり、場合によっては中国銀行から電話がかかってきたり督促状が届いたりします。

かならず毎月の引き落とし日までに、約定返済額以上のお金を口座に入金しておくようにしましょう。

随時返済

家計に余裕があるときは、いつもより多めに返済して返済期間を短縮したいものです。

大手消費者金融のカードローンなら、特に消費者金融に連絡などしなくても、ATMやインターネットバンキングを通して自由に追加返済(随時返済)することができます。

しかし、中国銀行のフリーローンは、契約時に約定返済額を含めた返済計画を立ててしまいますので、勝手に返済額を増やすことができません。

追加返済をしたいときは、契約した中国銀行の支店に連絡して許可を受けてから、5,400円の手数料(条件変更手数料)を支払って追加額を返済します

そのため、追加返済額が少ないときは、追加返済することによって得られる利息軽減額よりも手数料のほうが高くなってしまうことがあります。

中国銀行の支店窓口で返済額を変更するほうがお得なのかどうかしっかりと相談した上で、随時返済を実行するようにしてください。

随時返済できないケースもある

随時返済の許可が下りないときは、随時返済することはできません。

また、SMBCコンシューマーファイナンスを保証会社としてフリーローンを利用している場合も、随時返済をすることができません。

あまりにも毎月の約定返済額が少ないと、無用に返済期間が長引き、利息負担だけ増えてしまいます。

無理なく返済できる金額で約定返済額を決定することは重要ですが、あまりにも少額になり過ぎないように、よく考えて契約を結ぶようにしてください。

審査に通るためのポイント

当然のことですが、中国銀行のフリーローンやおまとめフリーローンは、申し込みをするとだれでも借りられるというわけではありません。

適用金利が低く審査も厳しいと予想される住宅ローン利用者専用フリーローンなら、なおさら審査通過は困難と言えるでしょう。

審査に通るためには申し込み前や申し込みの際にきちんと対策しておかなければならず、間違った方法で申し込みしてしまうと審査落ちの原因になることがあります。

一般に次のポイントを押さえておくと、審査に通過しやすくなります。

  • 申し込みの内容は正確に記入する
  • 他のローンは延滞なく返済する
  • しっかりとした返済計画を立てる

申し込みの内容は正確に記入する

ローンを申し込む際の内容は、その時点の情報を正確に記入することが基本ですが、中には、審査に通りやすくするために、内容を偽って記入する人もいます。

偽る内容で特に多いのが、「年収」や「勤務先・勤続年数」です。

しかし、保証会社ではこれまで多くの審査をしてきた実績から、勤務先の業種や勤続年数などを見ることである程度の年収がわかるため、あまりにも相場から逸脱する金額を記入すると嘘だということを見抜かれてしまいます

また、個人信用情報機関には勤務先の情報も登録されていますので、違う内容が書かれていることもすぐにわかります。

申し込みの内容に偽りがある場合、保証会社は申込者を信用することができず、融資不可と判断する可能性が高くなるでしょう。

他のローンは延滞なく返済する

他のローンで延滞している状態で中国銀行のフリーローンに申し込むと、審査に通ることはほぼありません。

また、申し込みの直近6ヶ月以内に延滞がある場合も、返済能力が低いと判断されてしまいますので、審査に通ることが難しくなってしまいます。

ローン審査では返済能力が重要となりますので、これが低いと判断されないようにしなくてはなりません。

なお、延滞の情報は、個人信用情報機関におよそ2年間登録されていますので、その間は中国銀行のローンに限らずローン審査の通過は厳しくなるでしょう。

しっかりとした返済計画を立てる

「おまとめフリーローン」のように、最長15年などの長期返済ができるローンでは、毎月の返済額を少なくさせることができます。

しかし、毎月の返済額を少なくし過ぎてしまうと、その分だけ残高が減るスピードが遅くなり、金利がかかる期間が長くなってしまい、まとめる前よりも返済総額が多くなってしまうこともあります

また、現状以上に返済総額が多くなってしまうような申し込みは、きちんと返済計画を立てていないと判断されて審査落ちの原因になることがあります。

返済総額の軽減も借り換えのメリットですので、これを失わないためにも、返済期間の設定には注意しましょう。

中国銀行では、ホームページ内で返済のシミュレーションをすることができますので、かならず試算してから申し込むことをおすすめします。

関連記事をチェック!

4518view

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」を真...

中国銀行おまとめローンで審査落ちする理由とは?

中国銀行のフリーローンは、おまとめローンにも利用できて便利です。

しかし、審査落ちすれば利用することはできません。

審査落ちする理由を5つ紹介しますので、ご自身が当てはまっていないかチェックしてみてください。

なお、審査落ちする5つの理由は、いずれも銀行系ローンに共通した審査落ちの理由です。

中国銀行フリーローン以外の銀行系ローンに申し込む方も、ぜひチェックしてみましょう。

安定した年収が得られていない

中国銀行のフリーローンの利用条件の1つに、「安定した収入があること」が挙げられています。

反対に言えば、中国銀行のフリーローンは、安定した収入がないなら利用することが難しいのです。

つまり、アルバイトなどの非正規雇用で働いている方も毎月の収入がほぼ一定額であるほうが望ましいでしょう。

勤続年数が短い

申込者が仕事を辞めてしまうなら、収入が減り、毎月の返済が滞る可能性があります。

一般的に勤続年数が短いと離職率が高く、「仕事を辞めて無収入状態になる恐れがある」と判断されて、審査に不利になることがあります。

少なくとも1年以上は勤続してから申し込むほうがよいでしょう。

関連記事をチェック!

1874view

勤続年数が短くてもお金を借りるには?転職するとローン審査は不利になる?

カードローンの審査項目には勤続年数の長さも無視することのできない重要な項目です。しかし終身雇用制が崩壊している状態で勤続年数を語るのはナンセンスなような気もします。 勤続年数が長ければそれだけきちん...

個人の信用情報に傷がある

返済遅延や強制解約などの金融事故を起こしたことがある場合は、個人信用情報機関に登録されている信用情報に傷がついている恐れがあります。

また、自己破産や任意整理などの債務整理を実施したことがある場合も、信用情報に傷がついている恐れがあります。

信用情報を照会してからローン審査に申し込もう

今までに返済遅延やローン・クレジットカードの強制解約を起こしたことはありますか?

また、債務整理を実施したことはありますか?

いずれも信用情報の傷となる経験ですが、いつまでも個人信用情報機関に登録され続けるわけではありません。

2~10年ほどで金融事故の情報は消滅しますので、個人信用情報機関にご自身の情報照会を依頼してみてはいかがでしょうか

次の記事で、照会方法を詳しく解説しています。

関連記事をチェック!

18036view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べてみましょう。 今回は信用情報を取扱っているCIC,JICC,KSCでの、信用情報を調べる方法を説明します。 この記事はこんな人にお...

他社借入先の返済が遅延している

中国銀行以外でローンを借りている方は、返済が滞っていないかもチェックしてみましょう。

他社の返済に遅れがちな方は、中国銀行のローン返済にも遅れがちになると容易に想像できますので、審査落ちする可能性が高くなります。

また、ローンだけでなく、クレジットカードの支払い携帯機種代金の割賦払いも遅れていませんか?

いずれかに支払い遅れがある場合も、審査落ちする可能性が高くなります。

関連記事をチェック!

5933view

携帯料金の滞納がCICに登録され、最悪ブラックになる!?

携帯料金の滞納がまさかCICに登録されるなんて知らなかった、と言う人も多いのではないでしょうか。 最近のスマホ機器代は高く、携帯料金と一緒に請求してもらう分割払いで、契約することが一般的です。 携...

何社も申し込みをしている

銀行ローンや消費者金融のカードローン、クレジットカードなどに新規申込をすると、かならず審査の段階で申込者の信用情報がチェックされます。

個人信用情報機関では信用情報がチェックされたという記録を6ヶ月ほど残しますから、短期間のうちに複数のローン等に申し込むと、信用情報をチェックした業者は「短期間で〇件も申し込んでいる!相当お金に困った状況にあるのだろう」と判断する可能性があるでしょう。

お金に困っているからローンを利用するのですが、ローンを貸す業者の立場に立てば、あまりにもお金に困っている人に貸すのは返済されないリスクが高いと考えざるを得ませんよね。

ローンを検討している方は、利用条件や貸付条件をよく吟味して1つか2つにターゲットを定めてから申し込むようにしましょう。

関連記事をチェック!

1316view

申し込みブラックでもおまとめローンを組みたい!審査通過のポイントは?

申し込みブラックとなると様々な制約がでてきます。 何が原因で申し込みブラックとなり、どのようなことに弊害となるのかを知ることが大切です。 また複数のローンを抱えておまとめローンの検討するとき、申し...

中国銀行おまとめローンの申込

中国銀行のフリーローンは、以下の豊富で申し込めます。

インターネットで申し込む場合は、中国銀行のホームページにある専用ページに、必要事項を入力することで手続きできます。

FAXで申し込む場合は、ホームページから申込用紙を印刷し、必要事項を記入したうえで送信することで手続きできます。

電話で申し込む場合は、専用ダイヤルに電話することで手続きできますが、受付は休日に関係なく9時~20時までとなっていますので注意が必要です。

なお、住宅ローン利用者専用フリーローンの申し込みは、FAXまたは窓口でなければ手続きできません。

<中国銀行のフリーローンの申込方法>

フリーローンおまとめフリーローン住宅ローン利用者専用フリーローン
  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 窓口
  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 窓口
  • FAX
  • 窓口

申し込み条件

ローンの種類によって、申込条件が異なります。

以下の条件を満たしているのか確認してから、申込手続きをしましょう。

フリーローンおまとめフリーローン住宅ローン利用者専用フリーローン
  • 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下の方
  • 安定継続した収入のある方
  • 申込時年齢が満20歳以上満69歳以下の方
    ※完済時年齢が満75歳以下となる方に限ります
  • 安定継続した収入のある方
    ※専業主婦の方も申し込み可
    ※年金受給者および年金受給者の配偶者の方は申し込み不可
  • 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下の方
  • 中国銀行の住宅ローンを1年以上利用している方
  • 安定継続した収入のある方
  • 融資期間が7年超の場合は、団体信用生命保険に加入できる方

申し込みの流れ

中国銀行の3つのフリーローンを申し込むと、以下の流れで審査・融資が進みます。

どの方法で申し込んでも、申し込んだ内容に確認しなくてはならない点があるときは、中国銀行から直接電話がかかり、その後、審査へ移行します。

なお、本申込みと契約手続きは、おまとめフリーローンと住宅ローン利用者専用フリーローンは窓口もしくはちゅうぎん住宅ローンセンターでしなくてはなりません。

一方、フリーローンは、窓口でも契約できますがWEB契約も可能です。

<フリーローンの審査・融資の流れ>

  1. 仮申込み
  2. 審査結果の連絡
  3. 本申込み、契約
  4. 融資実行(融資金の入金)

在籍確認をなくすことはできるの?

審査の過程で、申込者の勤務先に電話をかけて在籍確認を実施することがあります。

申込者本人が電話に出なくても、申込者が申告した勤務先に在籍しているということさえ確認できれば問題ありません。

しかし、個人の電話を取り次がない勤務先にお勤めの場合やそのほかの理由で在籍確認が難しいと考えられる場合もあるでしょう。

電話による在籍確認が難しそうなときは、事前に中国銀行側に事情を伝えておきましょう。

在籍確認自体をなくすことはできませんが、勤務先への電話以外の方法で在籍確認を実施してもらえることはあります。

関連記事をチェック!

2434view

在籍確認の電話が来ると確実に審査は通る?審査に落ちた原因と対処法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 在籍確認とは カードローンを申し込んだ際に、必ずといっていいほど行われるのが「在籍確認」です。...

最短で融資を受けるためには

最短で融資を受けたいのなら、審査がスムーズに進むように必要書類を前もって準備し、申込フォームに正確な情報を過不足なく記入することが大切です。

また、住宅ローン利用者専用フリーローンは、フリーローンやおまとめフリーローンよりも融資までのスピードが速いですので、中国銀行で住宅ローンを利用している方はぜひ住宅ローン利用者専用フリーローンをお選びください。

フリーローンかおまとめフリーローンで迷っている方なら、WEBでも契約手続きができるフリーローンのほうが早く融資を受けられるかもしれません。

申し込みに必要な書類

融資を早く受けるためにも、正しい必要書類を前もって準備しておくことが大切です。

以下の書類を準備しておきましょう。

フリーローンおまとめフリーローン住宅ローン利用者専用フリーローン
  • 印鑑(銀行印)
  • 本人確認資料(運転免許証、パスポート、個人番号カードのいずれか)
  • 健康保険証
  • 審査によっては前年度の所得確認資料
  • 印鑑(銀行印)
  • 本人確認資料(運転免許証、パスポート、顔写真付住民基本台帳カード、個人番号カードのいずれか)
  • 健康保険証
  • 前年度の所得確認資料(融資金額が300万円を超える場合のみ)
  • 借り換え対象ローンの返済状況がわかる資料(返済予定表、返済口座の通帳、利用明細書など)
    ※借り換えを資金使途とする場合
  • 印鑑(銀行印)
  • 本人確認資料(運転免許証、パスポート、個人番号カードのいずれか)
  • 健康保険証
  • 共同担保目録付きの不動産登記事項証明書
  • 前年度の所得確認資料(中国銀行で給与振込をしているときは提出不要)
  • 審査によっては、使い道を証明する書類が必要になることがある

まとめ

中国銀行には、複数のローンを借り換えできる3つの商品があります。

とりわけ、おまとめフリーローンは借り換え専用の商品ですので、すべてをまとめられるだけの金額が借りやすくなっています。

また、申込基準にあまり制限を設けていませんので、パートやアルバイトなどの人でも申し込みやすくなっています。

しかし、ローンに審査がある以上は、通らなければ意味がありませんし、高い金利が適用されてしまえばメリットが少なくないますので、きちんと対策をしたうえで申し込むようにしましょう。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談