キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

【CICとは】わかりやすく解説します

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンやクレジットカードの審査でCICの名前を聞いたことがある人も多いと思います。CICの正式名称は株式会社シー・アイ・シーで1984年に設立され、個人信用情報を保有している信用情報機関です。

信用情報機関はCIC以外にも全国銀行個人信用情報センターと日本信用情報機構があり、お金に関する契約(カードローンや各種ローン)をする際に、それぞれの業者が加盟する信用情報機関から個人信用情報を入手し審査を行っています。

CICの運営体制について

CICは日本割賦協会(現在の日本クレジット協会)と日本信用情報センター、及び日本信販協会が独立して設立していた信用情報機関をまとめ、個人信用情報を一元管理できるように設立されました。

割賦販売業及び貸金業法の指定信用情報機関としてCICは存在し、クレジットカード会社はもとより割賦販売業者、銀行、大手消費者金融が加盟しています。

CICは加盟業者が提供する個人信用情報を収集し保管及び管理を行い、加盟業者の情報照会によって必要な情報を提供しています。

なおCICが独自で個人信用情報を収集することがなく、あくまでも加盟業者が収集した情報の提供を受けるだけで、登録されている情報が正確かどうかの検証を行うことはありません。

情報の正確性はCICの加盟業者に委ねられるため、ときには誤った個人信用情報が登録されてしまうことも生じる場合があります。

またCICに加盟していない金融機関は個人信用情報を取得することができません。

個人信用情報は主にクレジットカードの審査やオートローンなどのショッピングローン、並びに携帯電話やテレビショッピングなどの通信販売などに利用されています。

信用情報機関としての役割

CICは個人信用情報を保有することと必要に応じて加盟業者に個人信用情報を提供することによって、申込者の信用力と返済能力がどのくらいあるのか開示します。

加盟業者は開示された個人信用情報によって、契約するかどうか、契約するとしたら金額はいくらまでが妥当なのかなど返済能力に合わせた適切なクレジット・ローン契約が可能です。

契約の可否についてCICは一切関与せず、契約の判断はあくまでも加盟業者です。

もちろんCICに登録されている個人信用情報に何か問題がある場合は、信用力や返済能力が劣ると判断することになりますので、一般的に審査で落とされることになりますね。

さらにCICと加盟業者はオンラインで常に接続されており、必要とする個人信用情報をすぐに提供できるようなシステムが構築されています。

それによって審査スピードが早く、申込者の信用力や返済能力によって正確なクレジット契約可能で、現金を持っていなくてもクレジットカード決済できるなどの利便性を担保しています。

申込者の利益を守る役割もある

信用情報機関であるCICはクレジット契約や各種ローン契約についての情報が登録されているため、申込者が多重債務者となることや自己破産を防ぐ役割も担っています。

加盟業者はどこの金融機関で何のローンを契約しているのか、金額はどのくらいなのか、毎月の返済状況はどうなのかということも調査できることから、返済能力を超えた契約をしないように判断が可能です。

CICは割賦販売法に従い、個人信用情報の提供によってカードローンで言うところの総量規制にあたる「支払可能見込額」を算出することで、申込者の生活破綻、返済地獄など不幸な事態にならないよう加盟業者が適切にチェックできる体制を整えています。

申込者には返済能力に見合った契約を行うことを促し、無理な返済計画とならないようにCICは加盟業者に対して迅速に情報提供を行っているのです。

登録されている個人信用情報の項目

CICに登録されている個人信用情報は、主に個人を特定する情報と各種ローン契約の情報並びに取引履歴などです。

実際にどのような個人情報が登録されているのかご紹介します。

本人を特定するための情報

世の中には同姓同名の人もいることから、正確な個人信用情報を保有するには本人を特定できる情報がなければなりません。

・本人の氏名と生年月日
・住所や電話番号
・勤務先名や住所、及び電話番号
・運転免許証の番号及び運転経歴証明書番号
・保険証の種類や番号
・その他身分証明書の記号や番号

本人確認書類として運転免許証が一般的に使われるのは運転免許証に記載されている番号を登録できるからです。

運転免許証の番号があれば結婚によって姓が変わったとしても本人であることが特定可能ですね。

契約に関する情報

契約に関する情報とはクレジットカードの契約やオートローン、各種ショッピングローンや携帯電話の契約、またはクレジットカードでのキャッシング情報などです。

・契約会社の名称
・契約日
・金額
・支払い方法
・返済回数
・返済状況
・年間支払見込額
・キャッシング情報
・金融事故情報

主に以上の情報がクレジットカード会社ごと、ローン会社ごとに登録されています。

年間支払見込額に対してあとどれだけ余裕があるのか、毎月の返済状況に遅れが発生していないかなどの取引履歴が登録されています。

最近のクレジットカードはキャッシング機能が付いていることから、クレジットカード会社ごとのキャッシング情報が登録され、貸金業法に基づいて総量規制の範囲内であるかどうかがチェック可能です。

また金融事故情報、つまり異動情報についても61日以上の返済滞納または3カ月以上の返済滞納、債務整理、カードの強制解約があった場合は、加盟業者がCICに報告することによって個人情報に登録されます。

他の加盟業者は以上のような契約に関する情報の調査によって、審査の可否を決めているのです。

関連記事をチェック!

1119view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

関連記事をチェック!

114view

CICの記号【入金状況】の意味

CICに開示請求を行うとクレジット情報の入金状況の欄に$、A、Pなどの記号がついています。これは毎月の返済状況を表す記号でクレジットカードや各種ローンの審査で重要な役割を果たしています。 開示報告書...

個人信用情報の保有期間

CICに登録される個人信用情報には保有期間があり、契約情報については契約を解除してから5年間、金融事故情報についても5年間記録保存されます。

なおクレジットカード屋各種ローンの申込みを行った場合に、「申込情報」として6カ月間登録され、契約情報のない申込情報があると審査に不利に働くことが多いです。

及び金融事故情報は5年間消えません。金融事故を起こしてしまったら各種ローンの契約についてほぼ審査に通らないと考えましょう。

関連記事をチェック!

655view

信用情報CICの金融事故歴は何年残る?【弁護士でも削除は不可】

クレジットカードや各種ローンの支払いで金融事故を起こした場合、CICに何年金融事故情報が残るのでしょうか。金融事故情報が載っている限りお金に関する契約の審査に通ることはまずありません。 しかし金融事...

加盟業者による途上与信情報

CICは法律によってローン残高が10万円以上の会員に対して、一定期間の割合で途上与信を行うことが義務付けられています。

途上与信とはCICから個人信用情報を入手し、他社の契約情報や返済状況、金融事故の有無を確かめるものです。

途上与信において返済可能見込額が超過している場合、クレジットカードの利用限度額を引き下げる、または利用停止にするなどの措置を行わなければなりません。

急にクレジットカードが使えなくなった、というのには途上与信が原因となっていることが多いです。

関連記事をチェック!

21view

信用情報機関が与信枠に与える影響

金融機関は信用情報機関に登録されている情報を基に、与信枠の金額を決定しています。 これから、信用情報機関のどのような情報が与信枠にどれほどの影響を与えているかを詳しく解説していきます。 与信枠は一...

審査に通らないのは個人信用情報によるものが多い

クレジットカードや各種ローンの契約の審査に通らない原因として、CICに登録されている個人信用情報に問題がある場合がほとんどです。

もちろん金融事故情報があれば審査に通ることは期待できませんし、携帯端末機器代を含んだ携帯電話料金の支払い滞納を2年の間に数回行っただけでも審査に落ちることがあります。

また年齢が30歳以上でクレジットカードなどの取引履歴がCICに登録されていないと、何らかの金融事故を起こしたのではないかと判断されるため審査に落ちてしまうことも多いです。

さらに最近ではCICに加盟している業者に保証会社が増えており、その保証会社が賃貸住宅の保証をしている場合に、家賃の支払いを滞納しただけでもCICに登録されてしまうことから審査に落ちてしまうケースがあります。

CICは他の信用情報機関とデータの共有を行っている

CICは貸金業法に基づいて日本信用情報機構と密接なデータ共有を行っており、本人を特定する情報や金融事故情報を中心に相互データ交流ネットワークFINEを構築しています。

さらに全国銀行個人信用情報センターともCRINと呼ばれるネットワークがあり、金融事故を中心としてデータ共有が行われています。

クレジットカードの審査とカードローンの審査は関係がない、と思うのはちょっと早いですよ。

どこか一箇所にでも金融事故情報が登録された場合は、直ちにデータが共有されますので審査に大きな影響を与えます。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談