横浜銀行のブライダルローンの特徴を紹介

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

横浜銀行は神奈川県に本店を置く、かなり規模の大きな地方銀行です。

規模が大きな分、取り扱っているローンの種類も非常に多いのですが、そんなローンの中の1つにブライダル関連の費用として利用できるローンがあります。

そこで今回は、横浜銀行で取り扱われているブライダルローンについて、説明を行っていきたいと思います。

横浜銀行ブライダルローンの商品概要

横浜銀行でブライダル関連の費用として利用できるローンは、「ライフサポートローン(多目的ローン)」というローンであり、いろいろな資金使途の1つとしてブライダル関連の費用が含まれています。

ライフサポートローン(多目的ローン)は、以下のようなローンとなっています。

利用できる人借り入れ時の年齢が満20歳以上で最終返済時の年齢が満70歳未満のかた
安定継続した収入のあるかた
保証会社(横浜信用保証株式会社or株式会社ジャックス)の保証が受けられるかた
利用限度額10万円~500万円
適用金利5.2%
返済方法元利均等返済
(ボーナス時増額返済の併用も可)
借入期間最長10年
担保・保証人不 要

保証会社が横浜信用保証株式会社と株式会社ジャックスの2通りありますが、どちらの場合でも商品詳細に違いはありません。

なお、適用金利は変動金利であり年2回見直しが行われますが、表中には2018年4月1日時点での適用金利を記載してあります。

借り入れまでの流れ

それでは、パソコンやスマホを用いてインターネット経由で申し込んで借り入れを行うまでの流れを、簡単に確認しておきましょう。

まずは、横浜銀行のホームページ上から仮審査申し込みを行います。

仮審査に通過した後は、正式な審査に必要となる本人確認書類や見積書などの書類を、アップロード専用のURLからアップロードします。

正式審査に通過した後は、窓口に来店・書類を郵送・インターネット経由のいずれかの方法で有効期限内に手続きを行えば、契約は完了です。

その後、銀行が利用者の名義で購入先等への振込手続きを行ってくれて、融資完了という流れになります。

関連記事をチェック!

3205view

銀行や消費者金融でお金を借りる時に必要な書類は?

最近はカードローンの利用者が増加して定番化したので、お金は短時間で簡単に借り入れできると思っている人も少なくないでしょう。 しかし、金融機関から借り入れるときは、面倒な作業が多いのが一般的です。 ...

どんな特徴やメリットがある?

では、ライフサポートローン(多目的ローン)にはどのような特徴やメリットがあるかということを確認していきましょう。

横浜銀行との取引に応じて金利優遇

ライフサポートローン(多目的ローン)の一番のメリットは、横浜銀行との取引に応じて金利優遇を受けることができるという点です。

金利優遇の対象となる取引と、その際の金利優遇幅は以下のようになっています。

対象取引優遇される金利
横浜銀行の口座で給料の振込を受けている
かつ
横浜銀行の住宅ローンを利用している
0.50%
横浜銀行の口座で給料の振込を受けている
または
横浜銀行の住宅ローンを利用している
0.30%
横浜バンクカードを利用している0.10%
<はまぎん>マイダイレクトを利用している0.10%

これらの金利優遇はすべて重複適用が可能なので、最大で0.50%+0.10%+0.10%=0.70%の金利優遇を受けることが可能となっています。

横浜バンクカードと<はまぎん>マイダイレクトに関しては、ライフサポートローン(多目的ローン)との同時申し込みも可能なので、それらを同時に申し込めば少なくとも0.20%の金利優遇を受けることができます。

横浜銀行で所定の取り引きを行っている人にとっては、ライフサポートローン(多目的ローン)は非常に低い金利で融資を受けられるローンと言えるでしょう。

ネットからの申し込みでも金利優遇

なお、ライフサポートローン(多目的ローン)で金利優遇を受けられる条件は他にもあり、それは「パソコンやスマホを利用してインターネット経由で申し込みを行う」こと、ただそれだけです。

パソコンやスマホを利用してインターネット経由で申し込みを行うだけで、もともと5.2%だった金利を3.8%まで引き下げてもらうことができます。

また、上述した横浜銀行との取引に応じて金利優遇を受けられるという制度は、インターネット経由で申し込みを行うことで受けられる金利優遇と重複して適用することができるので、すべての条件を満たした場合はなんと3.1%という驚きの低金利で融資を受けることが可能なのです。

これは、銀行が取り扱っているブライダル関連ローンの適用金利の中でもかなり低いほうの金利となっているので、ライフサポートローン(多目的ローン)を利用する場合は、できる限り多くの金利優遇条件を満たして利用したいところですね。

余裕のある限度額設定

結婚式には新郎新婦双方の意見を反映させたいですし、できるだけ多くの人に2人の門出を祝ってもらいたいですよね。

そういった要望をすべて叶えようと思うとその分だけ費用がかさむことになってしまいますが、ライフサポートローン(多目的ローン)では最大で500万円まで融資を受けることができるので、多少費用がかさんでも安心です。

結婚式は人生における一大イベントなので、少しの出費を惜しんで妥協したものにするよりは、多少出費がかさむことになっても素晴らしいものにしたいと考える人が多いと思いますので、ライフサポートローン(多目的ローン)は心強い味方となってくれることでしょう。

ただし、500万円の満額融資を受けようと思うとその分だけ審査も厳しくなるため、希望している金額全額の融資を受けることができない可能性も念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

フリーローンの利用を検討してみても

申し込む人の属性によっては、ライフサポートローン(多目的ローン)の審査に通過できない可能性もあるでしょう。

しかし、審査落ちになってしまうということは結婚式の費用を調達できないということを意味しますから、審査落ちになったからといって手をこまねいて待っているわけにはいきません。

万が一ライフサポートローン(多目的ローン)の審査に落ちてしまった場合には、同じく横浜銀行が取り扱っているローンである、フリーローンで借り入れを行うことを検討してみましょう。

フリーローンは資金使途自由のローンなので、もちろんブライダル関連の費用として利用しても何の問題もありません。

そして資金使途自由のローンというのは、資金使途が決められているローンよりも審査が緩いことが多いため、ライフサポートローン(多目的ローン)の審査には落ちてしまっても、フリーローンの審査には通過できるということは十分考えられるのです。

ライフサポートローン(多目的ローン)を利用する場合と比べると、多少金利は高くなってしまいますが、背に腹は代えられませんからね。

まとめ

以上、横浜銀行で取り扱われているブライダルローンについての説明を行ってきました。

金利優遇を受けることができるかできないかで適用される金利が大幅に変わるため、普段から横浜銀行を利用しており金利優遇条件を自然と満たせそうだという人にとっては、打ってつけのローンだと言えるのではないでしょうか。

金利優遇を受けることができなくても、それなりに低い金利で融資を受けることは可能ですので、とりあえずブライダルローンの選択肢の1つとして検討候補に入れておいても損はないと思いますよ。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談