キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

JICCの窓口ってどこにあるの?信用情報を照会するには?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

信用情報を管理・保管しているJICCへ信用情報の開示を請求したいという場合、受付窓口はいったいどこにあるのでしょう?

今回は、JICCへの信用情報の照会は、どこでどのようにできるのか、また、受付窓口を訪れる以外の請求方法についても解説していきたいと思います。

JICCとは?受付窓口はどこにあるの?

JICCというのは、日本信用情報機構のことです。

消費者金融等が加盟する信用情報機関のひとつで、貸金業法により指定信用情報機関に指定されています。

クレジットカードやローンなどの信用取引に関する信用情報を、管理・保管し、提供しているのがJICCです。

JICCには、信用情報の開示請求をすることができるのですが、その受付窓口は、大阪と東京にあります。

JICC大阪開示センター

[所在地] 〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル6階

[アクセス] JR大阪駅から徒歩10分、地下鉄四つ橋線西梅田駅から徒歩5分、JR東西線北新地駅から徒歩5分

JICC東京開示センター

[所在地] 〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町14 東信神田ビル2階

[アクセス]  JR「神田駅」東口から徒歩7分・北口から徒歩9分、東京メトロ銀座線「神田駅」3番出口から徒歩6分、都営地下鉄新宿線「岩本町駅」A1またはA5出口より徒歩3分

JICC窓口での信用情報開示請求

大阪でも東京でも、信用情報開示請求の手順、請求の際に必要なものは同じです。

信用情報開示請求の手順

  1. 受付(本人確認書類の提示)
  2. 申込書への記入
  3. 手数料券(500円)を券売機で購入
  4. 記入した申込書と手数料券を提出
  5. 信用情報記録開示書を受領
窓口の受付時間

月~金曜日: 10:00~16:00

土日祝日・年末年始: 休み

関連記事をチェック!

自分の信用情報を調べる方法~ブラックになる条件とは~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調...

信用情報開示請求に必要なもの

本人が請求する場合

  • 信用情報開示申込書(本人)・・・窓口備え付けの申込書
  • 手数料・・・現金500円(税込)
  • 本人確認書類(顔写真付)
本人確認書類とは

運転免許証または運転経歴証明書、パスポート、写真付住民基本台帳カード、マイナンバーカード(写真付きの個人番号カード)、在留カードまたは特別永住者証明書、各種障がい者手帳のうちから1つ原本を提示

顔写真が付いた上記の本人確認書類を持っていない場合は、各種保険証、各種年金手帳、発行日から3ヵ月以内の住民票、発行日から3カ月以内の印鑑証明、発行日から3カ月以内の戸籍謄本(または抄本)のうちから2つ用意する必要があります。

法定代理人が請求する場合

  • 信用情報開示申込書(法定代理人)・・・窓口備え付けの申込書
  • 手数料・・・現金500円(税込)
  • 法定代理人の本人確認書類
  • 資格証明書・・・親権者は本人の戸籍謄本(または抄本)の原本、未成年後見人も本人の戸籍謄本(または抄本)の原本、成年後見人は登記事項証明書の原本、裁判所が選任した法定代理人は裁判所の決定を確認できる書類の原本または謄本
法定代理人の本人確認書類とは

運転免許証または運転経歴証明書、パスポート、写真付住民基本台帳カード、マイナンバーカード(個人番号カード)、在留カードまたは特別永住者証明書、各種障がい者手帳、各種保険証、各種年金手帳、発行から3カ月以内の住民票、発行から3カ月以内の印鑑登録証明書のうちから1つ原本を提示

任意代理人が請求する場合

  • 信用情報開示申込書(法定代理人)・・・窓口備え付けの申込書
  • 手数料・・・現金1,000円(税込)
  • 本人の本人確認書類
  • 任意代理人の本人確認書類(写真付)
  • 所定の委任状・・・ホームページよりダウンロード
  • 対象者の印鑑登録証明書・・・発行日から3ヵ月以内の原本
本人の本人確認書類とは

運転免許証または運転経歴証明書、パスポート、写真付住民基本台帳カード、マイナンバーカード(個人番号カード)、在留カードまたは特別永住者証明書、各種障がい者手帳、各種保険証、各種年金手帳、発行から3カ月以内の住民票(本籍地・個人番号の記載なし)、発行から3カ月以内の戸籍謄本または抄本のうちから1つ。

住民票と戸籍謄本は原本の提出が必要となりますが、それ以外はコピーを提出します。

任意代理人の本人確認書類とは

運転免許証または運転経歴証明書、パスポート、写真付住民基本台帳カード、マイナンバーカード(個人番号カード)、在留カードまたは特別永住者証明書、各種障がい者手帳のうちから1つ原本を提出。

顔写真が付いた上記の本人確認書類を持っていない場合は、各種保険証、各種年金手帳、発行日から3ヵ月以内の住民票、発行日から3カ月以内の印鑑証明、発行日から3カ月以内の戸籍謄本(または抄本)のうちから2つ用意する必要があります。

窓口以外で信用情報開示請求するには?

  • スマホ・・・スマホを持っている満15歳以上の本人のみ、「スマートフォン開示受付サービス」というアプリから請求することができますが、結果はスマホではなく郵送で送られてきます。
  • 郵送・・・ホームページにある「開示申込書作成フォームボタン」をクリックして必要事項を入力し、QRコード付きの開示申込書(PDF)を印刷して、本人確認書類と手数料(定額小為替またはクレジットカードでの開示等手数料お支払い票)と一緒に郵送します。

JICCへの信用情報開示請求時の注意

転居をしている人は、前住所での情報も必要な場合に、申込書に前住所の記入が必要です。

前住所の情報を忘れずに持って行きましょう。

また、転居していたとしても、1件分の手数料でOKですが、氏名変更している場合には旧姓と新姓とで、氏名ごとに手数料が必要となりますのでご注意ください。

まとめ

今回は、JICCとはそもそも何なのか、信用情報の照会はどこでどのようにできるのか、また、受付窓口を訪れる以外の請求方法についても解説してみました。

受付窓口は大阪と東京にあります。

お近くであれば、直接窓口を訪れた方が手数料も安く、その場ですぐに発行してもらえますので、窓口での請求がおすすめです。

遠方の方はスマホアプリや郵送でも請求できます。

JICC窓口で信用情報を照会する際には、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】JICCの信用情報を開示してみた!見方を教えます

こんにちは、馬太郎です。今回はJICCへスマートフォンで開示申請をしたので、その情報を紹介します。 ちなみにCICの信用情報を開示をした時の記事はこちら。 最初に、JICCへの開示...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談