キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

プロミスの上限額はいくら?限度額を増額する方法とは!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスなどの消費者金融から借入する際に、自己破産などで信用情報に問題があれば借りることはできませんが、それ以外の状況であれば、審査に通れる可能性があります。

ですが、ここで気になるのが「自分はいくらまで借りられるのか」ということです。

審査通過して借りられるようになっても、必要な金額が借りられなければあまり意味がありません。

この記事では、大手消費者金融の1つであるプロミスの上限額はいくらまでなのか、実際にどのくらい借りられるのかについて解説していきます。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介する記事は、

  • プロミスの利用を考えている人
  • プロミスの上限額を知りたい人
  • プロミスで増額を考えている人

におすすめとなっております。

プロミスの上限額はいくら?

プロミスの上限額は、最大500万円までとなっています。

この金額は多いのでしょうか?

それとも少ないのでしょうか?

プロミス以外の大手消費者金融と大手銀行カードローンと比較してみましょう。

カードローン名上限額
アコム800万円まで
アイフル800万円まで
SMBCモビット800万円まで
レイクALSA500万円まで
三井住友銀行カードローン800万円まで
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
500万円まで
みずほ銀行カードローン800万円まで

大手カードローン会社の場合、上限額は上記のように500万円~800万円というケースが多いです。

そのため、上限額500万円のプロミスは、大手カードローンとしては平均的な金額だということができますが、大手消費者金融の中では最も上限額が少ないです。

実際の限度額は審査によって決まる!

プロミスでは最大500万円まで借入できますが、これはあくまで最大限度額が設定された場合にしか過ぎません。

実際の限度額は、審査によって決まります。

限度額は審査によって申込者の「返済能力」を判断し、その返済能力に見合った金額が設定されることになります。

そのため、限度額がいくらになるかは申込者によって違い、審査を受けてみるまでは分かりません。

新規借入の限度額はどれくらい?

人によっては、プロミスと100万円や200万円という限度額で契約している人もいます。

しかし、このように高額な限度額を最初から契約できるわけではありません。

新規借入の場合は10万円~50万円が一般的であり、多くの人は限度額が30万円以下からスタートします。

もちろん、最初から返済能力を認められればいきなり高額な限度額で契約できるケースもありますが、それはほんのひと握りの人だけです。

新規借入として申し込む場合は、限度額が10万円~30万円、多くても50万円になると思っておくようにしましょう。

限度額は総量規制によっても決まる!

プロミスは消費者金融ですので「総量規制」の対象です。

この総量規制によっても、限度額は決まってきます。

総量規制とは、「貸金業者は融資申込者に対し、年収の1/3超のお金を貸してはいけない」という貸金業法の法律です。

この法律があるため、プロミスの上限額は他の「貸金業者(消費者金融・クレジット会社・信販会社)」と合計して、年収の1/3までしか借入できません。

たとえば、年収500万円の人であれば、上限額は1/3の166万円までになるということになります。

プロミス以外の貸金業者から150万円の借入があれば、総量規制の関係で16万円までしか借りることができず、限度額が10万円となってしまいます。

このように、プロミスから借りられる限度額は、総量規制によっても決まってくるので、注意しましょう。

関連記事をチェック!

年収3分の1の計算方法とは?総量規制だけを鵜呑みにしない!

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行さ...

プロミスで限度額を増額する方法とは?

新規借入時には少額な限度額で契約することになりますが、もっと借りたいと思う人もいるでしょう。

現在の限度額では足りず、もっとプロミスから借りたいという場合は、限度額を増やすことが可能です。

プロミスと高額な限度額で契約している人も、限度額を増やしてきたからこそ、新規契約時よりも多くの借入ができるようになっています。

では、限度額を増やすためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

ここでは、プロミスの限度額を増やす方法を紹介していきます。

利用者から増額審査の申込可能

プロミスの限度額を増やす方法の1つ目は、自分から増額審査の申し込みをする方法です。

増額審査の申込方法は以下の2つがあります。

増額審査の申し込みをすると、必ず審査を受けて、通過した場合にのみ限度額を増やすことができます。

ただし、どちらの申込方法も審査を行なっている時間は、「平日9時~18時まで」となっています。

このため、土日祝は審査をしてくれませんので、土日のうちに限度額を増やしたいと思っていても、月曜日以降にならなければ審査結果は来ません。

なお、受付のみでしたら土日祝でも対応してくれます。

プロミスから増額の連絡がある場合

プロミスを利用していると、プロミスの方から増額の連絡が来る場合があります。

これがプロミスを増額する2つ目の方法です。

増額の連絡は主に電話で来ることになり、増額に承諾をして担当者の案内に従って手続きをすれば限度額を増やすことができます。

なぜ、プロミスの方から増額の案内が来るのかといいますと、プロミスでは新規や増額の申込を受けた場合ととは別に、定期的な審査をしているからです。

こうした定期的な審査を「途上与信」といいますが、この途上与信によってプロミスが増額してもらいたいという人に、増額の案内としています。

つまり、プロミスから増額の連絡が来た人は、すでに一定の審査が済んでいる状態であり、自分で増額審査の申し込みをするよりも高い確率で限度額を増やすことができます。

しかし、プロミスから増額の連絡が来たからといって、必ず増額できるというわけでもありません。

プロミスからきた増額連絡に承諾して手続きした場合も、審査が行われます。

ここでの審査は、途上与信から信用が低くなっていないかを確認しています。

もし、プロミスが行った途上与信の後に、他のローンで延滞をしてしまった、クレジットカードの支払いを滞納してしまったという場合には、審査落ちする可能性もあります。

プロミスの方から連絡してきたのに審査落ちする可能性があるのに納得がいかないかもしれませんが、途上与信から増額の連絡までにはタイムラグがありますので、この間に信用が低下していれば限度額を増やすことができなくなってしまいます。

増額が原因で減額や利用停止となる危険性も

増額審査の申し込みをすると審査を受けることになりますが、増額審査の申し込みをしたことが原因で限度額が減額や利用停止となる危険性もあります。

なぜ、このような危険性があるのかといいますと、プロミスでは増額の可否を判断しているだけでなく、その人に貸すことができる上限を判断しているからです。

つまり、増額前の限度額が50万円で、プロミスが「この人になら100万円まで貸すことができる」と判断すると、100万円の範囲内で増額してくれます。

逆に「この人には30万円までしか貸すことができない」と判断すれば、限度額が30万円以下となりますし、「この人に利用されると危険」と判断されれば利用停止となってしまいます。

これは、プロミスから増額の連絡が来た場合も同じであり、プロミスが保有する情報(勤務先や年収など)と現状の情報に違いがあれば、減額や利用停止となってしまいます。

契約中のプロミスで増額の話になりました(電話で)
引用:ヤフー知恵袋

プロミスでは希望額によって収入証明が必要!

プロミスでは、基本的に本人確認書類さえあれば申し込むことができます。

ですが、希望する上限額によっては「収入証明」が必要です。

そこで、この章では収入証明が必要な条件等について解説していきます。

収入証明が必要な条件

収入証明が必要になるのは以下のいずれかに当てはまる場合です。

  • 上限額50万円超を希望する場合
  • プロミスの希望上限額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える場合

「プロミスの希望上限額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える」というのは、他社で50万円借入がある状態で、プロミスで60万円の借入を希望するような場合です。

この場合、プロミスの希望上限額と他社からの借入合計が110万円となり、100万円を超えています。

そのため、収入証明の提出をしなくてはいけません。

また、条件に該当しない場合でも、プロミスが必要と判断すれば収入証明が必要となりますので、条件に該当していないからといって必ずしも収入証明が不要とは限りません。

プロミスで有効な収入証明

収入証明の提出を求められた場合、プロミスで有効な収入証明を提出する必要があります。

プロミスで有効な収入証明は以下の4点です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近1年間に賞与がない場合は「直近2ヶ月分」・直近1年間に賞与がある場合は「直近2ヶ月 + 1年分の賞与明細書」)

収入証明が必要になりましたら、上記の中から1点を提出するようにしてください。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入る?新卒や個人事業主は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

プロミスの増額審査を通りやすくする6つのコツ

プロミスの増額審査は厳しく、誰でも簡単に限度額を増やせるわけではありません

また、増額審査には減額や利用停止となるリスクも付きまとうことになります。

そのため、増額審査を申し込む場合は、審査落ちしないための対策だけでなく、減額や利用停止とならないための対策も必要になります。

この章では、そんなプロミスの増額審査を通りやすくする6つのコツを紹介していきます。

①返済実績を半年以上つくっておく

プロミスのようなカードローンの場合、契約後すぐの増額はできません。

増額をするためには、利用して返済実績を積む必要があります。

審査の際に照会をする信用情報は、業者から信用情報機関に登録されるまでにどうしてもタイムラグがあります。

また、クレジットカードのように、引き落とし日で滞納しても、再口振で引き落としになれば通常通りに支払ったと登録されることもあります。

そのため、信用情報機関に登録されている情報だけでは、その人の本当の返済能力を把握することは困難となります。

一方で、プロミスへ実際に返済した実績は、1日でも遅れると把握することができ、信用情報機関の情報と合わせれば本当の返済能力を把握することができます。

増額するということは、プロミスにとってはリスクが多くなりますので、本当の返済能力の把握は必要不可欠となり、最低でも6ヶ月の実績を見なくてはなりません。

さらに、過去の利用状況から見て、増額の必要性も判断しますので、限度額の5割~8割程度は利用していることも必要となります。

②借り入れ総額は総量規制内にしておく

希望上限額が年収の1/3以内に収まっているかも確認しておきましょう。

先にお伝えしたように、プロミスは総量規制の対象ですので、年収の1/3までしか借入できません。

すでに総量規制の上限に達している場合、いくら信用を認められてもプロミスはこれまで以上に融資することはできません

そのため、希望上限額には気をつける必要があります。

とくに他の貸金業者で借入がある場合は、その分も年収の1/3にカウントされるため、要注意です。

③他の消費者金融などからの借入を整理する

他社借入が多くないかという点も、確認しておく必要があります。

他社借入が多くなるほど、毎月の返済負担も大きくなるため、返済能力を低く見られてしまう傾向にあります。

よって、増額してもらえる可能性が低くなってしまうのです。

なお、ここで言う他社借入というのは総量規制の時とは違い、貸金業者以外の借入分も含まれます。

たとえば、「銀行カードローン」などの各種ローン、クレジットカードの「ショッピング枠」や「リボ払い・分割払い」なども含めてです。

これらの利用金額が多いと審査に不利になる可能性があるため、増額に申し込む前になるべく減らしておくのがおすすめです。

④カードローン等の返済期日を守る

返済期日をしっかり守ることも非常に重要です。

返済期日を守れていない場合、「返済するお金がない=返済能力に問題がある」というふうに判断されてしまう可能性が高くなります。

よって、増額審査にかなり不利です。

なお、返済期日を守らなければいけないのはプロミスだけではありません。

他社のカードローンやクレジットカード、各種ローンなどすべての返済分に関してです。

これらの返済記録は「信用情報機関」に記録されています。

プロミスは増額審査時に信用情報機関へ照会をして、審査の合否の判断に利用しますので、これらの情報も確認される可能性が高いです。

そのため、プロミスだけでなくすべての返済を期日通りしなくてはいけません。

プロミスで増額を希望したいのですが、今月のみ家庭の事情でアコムの支払いが遅れています。増額は厳しいでしょうか?
引用:ヤフー知恵袋

⑤あらかじめ収入証明を用意しておく

収入証明が必要でないかも確認しておくのがおすすめです。

増額時にも希望する上限額によっては収入証明が必要です。

収入証明が必要な上限額は、「50万円超」か「他の貸金業者と合わせて100万円超」と通常時とおなじです。

また、「前回の収入証明提出から3年以上が経過した場合」は再提出が必要になりますし、審査の結果として収入証明を求められる可能性もあります。

収入証明の提出条件に該当していない場合でも、求められたらすぐに出せるように、あらかじめ用意しておきましょう。

⑥在籍確認の電話に対応できるように

増額審査の申し込みをした場合も在籍確認が行われます。

特に、転職によってプロミスに届けている勤務先とは違う場合、在籍確認が非常に重要となります。

在籍確認が取れなければ当然、審査は進みませんし、場合によっては審査落ちとなることもあります。

必ず自分が電話に出る必要はありませんが、プロミスが確実に在籍確認を取ることができるように対策しておきましょう。

プロミスで限度額が多くなりやすいのはこんな人

プロミスの限度額は、返済能力によって決まります

よって、返済能力が高いと判断される人ほど上限額が高くなる可能性が高いです。

では、返済能力が高いと判断される人とはどのような人でしょうか?

年収が高い

年収が高い人ほど、返済する余力も大きくなるため、返済能力も高いと判断されやすいです。

また、総量規制の上限も年収が高い人ほど高額となります。

そのため、プロミスの限度額も大きくなる傾向にあります。

職業の安定性が高い

職業の安定性が高い人ほど、返済能力も高いと見なされます。

たとえば、公務員の人は倒産やリストラもないため、非常に収入が安定していると言えますよね。

このように収入の継続性が高く、安定している職業についているほど、限度額の設定にも有利となります。

逆にいうと、パートやアルバイト、個人事業主の人は収入が安定しにくいですので、増額しにくくなります。

他社からの借入がない・少ない

他社からの借入がない、あるいは少ない人ほど返済の余力が大きくなります。

返済に余力があると、多くを貸しても返済してもらえる可能性が高いと判断されます。

よって、返済能力も高めに判断してもらいやすくなり、限度額も高くなる傾向にあります。

返済実績があり信用情報に問題がない

審査には「信用情報機関」の照会があり、過去の返済記録や他の信用取引の契約内容を確認されます。

しっかりとした返済実績がある人ほど、信用度が増しますのでプロミス側も安心してお金を貸すことが可能です。

そのため、上限額も大きくしてもらいやすくなります。

まとめ

プロミスの上限額は最大500万円ですので、個人が借りるには十分な融資額と言えるでしょう。

ですが、実際の上限額は審査によって決まるため、実際に限度額がいくらになるかは審査を受けてみるまでは分かりません。

1つ言えることは、新規借入時には10万円~30万円の限度額になることがほとんどで、信用が高い人でも50万円が限度となるということです。

また、現状の限度額では足りないという場合、限度額を増額することも可能です。

しかし、増額には審査があり、場合によっては減額や利用停止となる危険もあります。

安易に増額審査の申し込みをするのではなく、高い確率で審査に通過できると自信をもてるようになってから申し込みをするようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談