キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

【プロミスの限度額】借入額の目安が今すぐ分かる!

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンは上限額の範囲で自由に利用することができます。

これは「プロミス」であっても変わりありません。

では、プロミスの上限額はいくらなのでしょうか?

今回はそんなプロミスの上限額について徹底解説してみましたので、どうぞ参考にしてください。

プロミスの上限額はいくら?

プロミスの上限額は最大500万円までとなっています。

この金額は多いのでしょうか?それとも少ないのでしょうか?

プロミス以外の大手消費者金融と大手銀行カードローンと比較してみましょう。

カードローン名上限額
アコム800万円まで
アイフル800万円まで
SMBCモビット800万円まで
レイクALSA500万円まで
三井住友銀行カードローン800万円まで
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
500万円まで
みずほ銀行カードローン800万円まで

大手カードローン会社の場合、上限額は上記のように500万円~800万円というケースが多いです。

そのため、上限額500万円のプロミスは、大手カードローンとして平均的な金額ですね。

実際の上限額は審査によって決まる!

プロミスでは最大500万円まで借入できますが、これはあくまで最大限度額が設定された場合にしか過ぎません。

実際の上限額は審査によって決まります。

上限額は審査によって申込者の「返済能力」を判断し、その返済能力に見合った金額が設定されることになります。

そのため、上限額がいくらになるかは申込者によって違い、審査を受けてみるまでは分かりません。

上限額が多くなりやすいのはこんな人

先にもお伝えしたように、プロミスの上限額は返済能力によって決まります。

よって、返済能力が高いと判断される人ほど上限額が高くなる可能性が高いです。

では、返済能力が高いと判断される人とはどのような人でしょうか?

それは以下のような人です。

年収が高い

年収が高い人ほど、返済する余力も大きくなるため、返済能力も高いと判断されやすいです。

そのため、上限額も大きくなる傾向にあります。

職業の安定性が高い

職業の安定性が高い人ほど返済能力も高いと見なされます。

たとえば、公務員の人は倒産やリストラもないため、非常に収入が安定していると言えますよね。

このように収入の継続性が高く、安定している職業についているほど、上限額の設定にも有利となります。

他社からの借入がない・少ない

他社からの借入がない、あるいは少ない人ほど返済の余力が大きくなります。

よって、返済能力も高めに判断してもらいやすくなり、上限額も高くなる傾向にあります。

しっかりとした返済実績がある

審査には「信用情報機関」の照会があり、過去の返済記録を確認されます。

しっかりとした返済実績がある人ほど、信用度が増しますのでプロミス側も安心してお金を貸すことが可能です。

そのため、上限額も大きくしてもらいやすくなります。

新規借入の上限額はどれくらい?

ここからは、「新規借入の場合、上限額はどれくらいになるケースが多いのか?」という点について解説していきます。

ネットの口コミサイト等を確認すると、新規借入の場合、上限額は30万円~50万円になるケースが多いようです。

もちろん、返済能力が高いと判断された人であれば、これ以上の金額になるケースもあります。

しかし、平均的に30万円~50万円に設定されている人が多いため、最初はこのくらいの金額になると思っておくのがおすすめです。

上限額は総量規制によっても決まる!

プロミスは消費者金融ですので「総量規制」の対象です。

この総量規制によっても上限額は決まってきます。

総量規制とは、「貸金業者は融資申込者に対し、年収の1/3超のお金を貸してはいけない」という貸金業法の法律です。

この法律があるため、プロミスの上限額は他の「貸金業者(消費者金融・クレジット会社・信販会社)」と合計して、年収の1/3までしか借入できません。

たとえば、年収500万円の人であれば、上限額は1/3の166万円までになるということですね。

このように、上限額は総量規制によっても決まってくるので注意しましょう。

関連記事をチェック!

年収3分の1の計算方法とは?総量規制だけを鵜呑みにしない!

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行さ...

上限額によっては収入証明が必要!

プロミスでは希望する上限額によっては「収入証明」が必要です。

そこでこの章では、収入証明が必要な条件等について解説していきます。

収入証明が必要な条件

収入証明が必要になるのは以下のいずれかに当てはまる場合です。

  • 上限額50万円超を希望する場合
  • プロミスの希望上限額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える場合

「プロミスの希望上限額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える」というのは、他社で50万円借入がある状態で、プロミスで60万円の借入を希望するような場合です。

この場合、プロミスの希望上限額と他社からの借入合計が110万円となり、100万円を超えています。

そのため、収入証明の提出をしなくてはいけません。

プロミスで有効な収入証明

収入証明の提出を求められた場合、プロミスで有効な収入証明を提出する必要があります。

プロミスで有効な収入証明は以下の4点です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近1年間に賞与がない場合は「直近2ヶ月分」・直近1年間に賞与がある場合は「直近2ヶ月 + 1年分の賞与明細書」)

収入証明が必要になりましたら、上記の中から1点を提出するようにしてください。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入る?新卒や個人事業主は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

契約後に増額することはできる?

この章では契約後の増額について解説してきます。

プロミスでは契約後に増額してもらうことが可能です。

増額時の審査は、新規申込時にした審査のやり直しと思ってもらえればOKです。

新規申込時と同様に現在の返済能力を判断され、それによって増額の可否が決定します。

増額前に確認しておくこと

増額前には以下の5点を確認しておくようにしましょう

契約から半年程度経っているか?

前回の契約から半年程度経っているか確認しておきましょう。

プロミスのようなカードローンの場合、契約後すぐの増額はできません。

増額には半年程度の利用が必要になります。

希望上限額は年収の1/3以内か?

希望上限額が年収の1/3以内に収まっているかも確認しておきましょう。

先にお伝えしたように、プロミスは総量規制の対象ですので、年収の1/3までしか借入できません。

そのため、希望上限額には気をつける必要があります。

とくに他の貸金業者で借入がある場合は、その分も年収の1/3にカウントされるため、要注意です。

他社借入が多くないか?

他社借入が多くないかという点も確認しておく必要があります。

他社借入が多くなるほど、毎月の返済負担も大きくなるため、返済能力を低く見られてしまう傾向にあります。

よって、増額してもらえる可能性が低くなってしまうのです。

なお、ここで言う他社借入というのは総量規制の時とは違い、貸金業者以外の借入分も含まれます。

たとえば、「銀行カードローン」などの各種ローン、クレジットカードの「ショッピング枠」や「リボ払い・分割払い」なども含めてです。

これらの利用金額が多いと審査に不利になる可能性があるため、増額に申し込む前になるべく減らしておくのがおすすめです。

返済期日を守っているか?

返済期日をしっかり守ることも非常に重要です。

返済期日を守れていない場合、「返済するお金がない=返済能力に問題がある」というふうに判断されてしまう可能性が高くなります。

よって、増額審査にかなり不利です。

なお、返済期日を守らなければいけないのはプロミスだけではありません。

他社のカードローンやクレジットカード、各種ローンなどすべての返済分に関してです。

これらの返済記録は「信用情報機関」に記録されています。

プロミスは増額審査時に信用情報機関へ照会をして、審査の合否の判断に利用しますので、これらの情報も確認される可能性が高いです。

そのため、プロミスだけでなくすべての返済を期日通りしなくてはいけません。

収入証明が必要でないか?

収入証明が必要でないかも確認しておくのがおすすめです。

増額時にも希望する上限額によっては収入証明が必要です。

収入証明が必要な上限額は、「50万円超」か「他の貸金業者と合わせて100万円超」と通常時とおなじです。

また、「前回提出した収入証明の発行日が3年以上が経過した場合」は再提出が必要になります。

増額審査の申込方法

増額審査の申込方法は以下の2つがあります。

  • 会員サービスサイト
  • プロミスコール(0120-24-0365)

どちらの申込方法も審査を行なっている時間は、「平日9時~18時まで」となっています。

このため、土日祝は審査をしてくれません。

なお、受付のみでしたら土日祝でも対応してくれます。

まとめ

プロミスの上限額は最大500万円です。

ただし、実際の上限額は審査によって決まるため、いくらになるかは審査を受けてみるまでは分かりません。

口コミ等を確認すると、新規の場合は30万円~50万円に設定されるケースが多いため、最初はそのくらいになると思っておきましょう。

たとえ希望額に届かなかったとしても、契約後に増額してもらうことも可能ですので、ガッカリする必要はありません。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談