馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

プロミスで50万円借りたいのに限度額5万!?その理由と対策

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスに申し込む際に気になる事はいくつかあると思いますが、その中でも「限度額はいくらか?」という点は、最も気になる点だと思います。

特に、借り入れたお金の使い道が決まっているような場合は、限度額が必要な金額以下だと、他の金策を考える必要も出てきます。

そこで、今回は「プロミスの場合、どうやって限度額が決まるのか?」さらには、「プロミス利用中にも気をつけたい急に限度額が減らされる要因」について、詳しく解説していきたいと思います。

プロミスの限度額が決まる仕組み

まず、最初にプロミスの限度額はどうやって決まっていくのか…、という点からお伝えしていきます。

①年収と収入の安定度

プロミスの限度額決定の条件、その一つ目は「利用者の収入と、その安定度」です。

当たり前の話ですが、プロミスは融資したお金を返してもらって、その利息から利益を得ています。

その為、たくさんの限度額が設定できるのは「より収入が多く、安定して返済ができる人」という事になります。

また、プロミスは消費者金融ですので、総量規制の対象にもなりますから、年収の1/3を超えての借入も出来ません。

したがって、プロミス審査時には、本人の年収や勤続年数から見た安定度、また会社の規模や総量規制に抵触するかどうか…などを調査され、限度額が決まるという事になります。

②プロミスからの信用度

二つ目はプロミスからどれくらい信用を得ているか?という点です。

先ほどお伝えした収入も、利用者の信用度を測るバロメーターになるのですが、プロミスを契約して間もない人より、プロミスの利用を長年続けていて、長期間借入や返済を続けている人のほうが、「信用度は高い」という事になります。

ちなみに、プロミスを過去に利用していて、一度解約した場合でも、一定期間まではプロミスに利用データが残っている場合がありますので、再契約すると以前の信用度が反映されて、高い限度額が設定される事もあるようです。

③他社借り入れの状況

三つ目は他社借入の状況です。

他社借入の状況と言っても、その額や返済状況など、様々な点がチェックされます。

先ほどお伝えした総量規制の件もそうなのですが、特に重要視されるのは「他社借入を延滞していないかどうか?」という点です。

プロミスは他社借り入れを延滞するようないい加減な人には、多額の融資は絶対に行いませんので、信用情報機関にネガティブな情報が残っているような人は、例え年収が高かったとしても、限度額設定は低くなる傾向にあります。

関連記事をチェック!

プロミスの審査は他社借入があるとどう影響するのか

プロミスとは他社借り入れがあっても審査に通るのか。すでに他社からお金を借りている人にとって気がかりですよね。 審査に通らなければお金を借りることができない。それは分かっていてもプロミスに申し込む...

限度額が下がってしまう理由

プロミスの限度額設定に関する基本的な情報は以上の通りなのですが、希望した限度額が通らずに、
予想外の低い限度額が設定されるケースとして、最も多いパターンを二つほどご紹介します。

年収が低い、又は安定していない

一つ目は、利用者の収入が安定していないと判断された場合です。

例えば、勤続年数が6ヶ月に満たないようなケースや、且つ勤務先が個人商店や飲食店など、安定していない事が予想されるようなケースです。

また、当然の事ながら年収が少ない場合も、希望の限度額は設定されない事が多いようです。

また総量規制は年収の1/3となってはいますが、だからといって「年収の1/3ギリギリまでの限度額が、いきなり設定される」という事はありませんので、その点だけは覚えておくようにして下さい。

在籍確認が取れない

利用者の収入や他社借入に問題がなかったとしても、審査終盤で行われる在籍確認がきちんと完了しないと、希望の限度額に満たない場合もあり得ます。

筆者も経験がありますが、会社が休みの土日や夜間に申し込みをした場合、在籍確認が完了しない…というケースが発生します。

この場合、翌営業日まで一時的に限度額が減額されて、後日確認が完了すると、希望の限度額が設定される…という流れになります。

筆者の場合、50万円の限度額希望を出していましたが、申し込んだのが夜間だった為、一旦10万円の限度額が設定され、翌営業日に50万円まで利用できるようになりました。

プロミス利用中の限度額減額は?

ここまでの限度額の話は、プロミスに「申し込む場合」についての解説でしたが、プロミスを契約した後でも、予告なしに限度額が減額される場合があります。

ここからは、そんな“利用中に限度額が減らされるケース”について、その理由などをお伝えしていきたいと思います。

プロミスは定期的に利用者の審査をしている

プロミス利用中に限度額が減額される理由は、主に以下の三つのパターンとなりますが、ではなぜ一度設定された限度額が、利用中に減らされる事があり得るのでしょうか…?

その理由の背景にあるのが、プロミスの「審査洗い替え」と呼ばれるものです。

通常、消費者金融でもクレジットカードでも、お金を貸している業者は、利用者の信用度を常に把握する為に、定期的に信用情報機関へのデータ照会を行ったり、利用者に収入証明の提出を求めていきます。

その結果、利用者に著しい信用度の低下が見られた場合は、予告なく限度額を減らすという事になる訳です。

関連記事をチェック!

消費者金融の与信枠って何?どうやって決まる?

カードローンなどのご利用がある方、もしくは予備的に持ちたいという方、「与信枠」という言葉はご存知でしょうか。 これは、金融機関が顧客毎の融資可能額を決める重要な言葉です。与信枠の意味、仕組みを知...

利用中に限度額が下がる理由①他社借り入れ

では、その理由を一つずつご紹介していきますが、理由の一つ目は他社利用状況です。

定期的な審査洗い替えで、申込時に審査した他社借入額が増えていたり、また他社借入を延滞したような事態が分かった場合は、限度額を減らしたり、利用者の信用度に応じて限度額を減枠するケースがあります。

利用中に限度額が下がる理由②収入の変化

二つ目は収入の変化です。

利用時に収入証明書などを提出していない場合は、このケースは少ないのですが、定期的に収入証明書を提出したりするケースや、勤務先変更に伴って変更届を出した場合は、改めて年収などが確認され、収入が少ないと判断された場合は、限度額が減らされるケースもあり得ます。

利用中に限度額が下がる理由③信用の低下

三つ目はプロミス利用中の信用度の低下です。

先ほど他社借入の状況にも触れましたが、当然の事ながらプロミスの借入そのものを延滞していたり、連絡先の変更を届出なかったりと、プロミスからの信用を失うような事があれば、限度額が減らされる事もあり得ます。

プロミス限度額アップの秘訣

ここまで、プロミスの限度額が減らされる事ばかりお伝えしてきましたが、逆にプロミスの信用度がアップすると限度額を増やしてもらう事も可能です。

ここからは、そんな増枠の条件についても触れていきたいと思います。

限度額アップまでの必要利用期間

プロミス限度額増枠の条件、その一つ目は「利用期間」です。

正直なところ、どれくらい利用していれば増枠が可能か?という一定の基準はないのですが、一般的に増枠が可能になるのには、最低でも6か月間の利用期間が必要と言われています。

それ以下になると、プロミスとしても「信用に値する人かどうかがわからない…」という事になり、増枠申請をしても殆ど受け付けてもらえません。

適度な借り入れと、確実な返済

二つ目はプロミスの利用状況です。

先ほどの減枠理由の裏返しとなる訳ですが、一定期間プロミスから堅実な借入と返済を続けており、プロミスから「おいしい顧客」と判断されると、限度額増枠をゲットする事も可能です。

収入と他社借り入れ額

三つ目のケースは、他社借入が減った場合です。

先ほどもお伝えした通り、プロミスは定期的に審査を行っていますので、その審査時に申込時より「他社借入額が減った」となれば、延滞のリスクもそれだけ減る事になりますので、限度額が増枠される可能性は高くなります。

増額申請のときの注意点

プロミスで50万円以上借りたいと思っても、限度額が50万円以下の場合は借りることができません。

その場合は限度額の増額を考える必要があります。

プロミスで増額をすることは可能か、増額審査について確認していきましょう。

増額審査に通るためのポイント

一般的に増額審査は申込審査よりも慎重に行われます。

限度額を増額するということは、利用額が大きい分返済額も大きくなるためです。

返済額が増えれば、プロミスにとってもリスクが高くなります。

返済が滞れば多重債務となったり、債務整理されたりするので、これらを回避するために審査ではしっかりと見られるのです。

増額審査を通過するポイントを押さえ、しっかり対策をする必要があります。

なお、増額審査通過のポイントは以下の通りです。

  • 新規申込み後半年以上返済実績を作ってから申し込む
  • 利用目的をはっきりしておく
  • 返済実績には延滞が記録されていないことが大切
  • 登録内容に変更があったら増額申請前に連絡しておく

新規申込みから利用半年以上経過してから申し込む理由は、プロミスとの取引実績がないため信用が計れないからです。

取引を築く上で大切なことは、「きちんと返済期日に支払うこと」です。

きちんと返済期日に返していくことで、いつかは完済でき信用も上がります。

逆に延滞した記録が残っていると、増額審査を受けても通らない可能性が高いため、注意が必要です。

また、増額を申し込むと理由を聞かれます。

お金を借りる目的が学費や家電購入など必要なものであれば問題がないと判断されるでしょう。

しかし増額する理由がギャンブルやただの遊興費となれば、増額する理由に値しないと判断されるので気を付けましょう。

気を付けたいポイントとして、転職などをした場合に新しい職場をプロミスに届出していないと増額審査で落ちる可能性があることです。

プロミスにかかわらず金融機関では、登録内容に変更があったら速やかに変更手続きをしなければなりません。

それを放置したままでいると増額審査時にそのことがバレて、最悪の場合契約解除になる可能性もあるため注意が必要です。

また、半年間延滞なしで利用すると、優良顧客として増額案内のお知らせが届くこともあります。

ただし利用する金額によっては、案内が来ないこともあります。

プロミスで増枠が無理?他社もNG?

では、「プロミスの限度額が思うように設定されなかった」というケースや、「利用中に減枠された」というような場合、他社からの借入を申し込むなどの方法でお金を用意する事は可能なのでしょうか?

この場合、ローン会社などの審査基準はその会社で様々ですので、必ずしも「プロミスで駄目だったから他社でも借入は出来ない」という事にはなりません。

特に、在籍確認が取れないなどの理由だけで一時的に限度額が減らされているような場合は、特に信用度そのものは問題ないケースが多い為、他社に申し込んでも同額程度の限度額が設定される事もあり得ます。

ただし、他社借入が多かったり、延滞などをしているような場合は、他社に申し込んでも同じような結果になるだけですし、同時に他社申し込みを複数行った場合は、いわゆる「申し込みブラック」という状況に陥ってしまいますので、むやみやたらに他社に申し込むのは、やめておいたほうが無難と言えます。

借入額50万円時の金利

「50万円借りる際の金利はいくらになるのか?」という点も多くの人が気になる点でしょう。

プロミスの金利は「4.5%~17.8%」の範囲で審査によって決定されます。

このため、審査を受けてみないことにはいくらになるかは分からないんですね。

ただし、上限金利の17.8%になる可能性が高いです。

プロミスのようなカードローンの金利は、限度額によって決まるケースがほとんどです。

限度額が大きいほど金利は小さくなっていく傾向にあるのです。

どのカードローンも金利が下がり始めるのは、限度額が100万円超からということが多くなっています。

このため、プロミスも限度額50万円時の金利は上限金利である17.8%になる可能性が高いです。

実際にネット上の口コミ等を確認しても、そうなっているケースが多いため、金利は17.8%になると思っておくのがおすすめです。

借入額50万円時の返済額

「50万円借りる際の月々の返済額はいくらになる?」という点も多くの人が知りたい部分かと思います。

プロミスの場合、月々の返済額は以下の計算式で算出されます。

借入残高月々の返済額
30万円以下借入後残高 × 3.61%
(1,000円未満切り上げ)
30万円超過~100万円以下借入後残高 × 2.53%
(1,000円未満切り上げ)
100万円超過借入後残高 × 1.99%
(1,000円未満切り上げ)

借入額50万円ですと「30万円超過~100万円以下」が適応になります。

そのため、「50万円×2.53%=12,650円」となり、1,000円未満は切り上げですので月々の返済額は「13,000円」です。

なお、これはあくまで「最小返済額」です。

そのため、13,000円以上であればいくら返済してもOKです。

このように、プロミスで50万円借りる際の返済額は毎月13,000円以上となります。

関連記事をチェック!

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、最低返済額には注意点もあるのです。 それを...

返済シミュレーションで利息を算出!

借入前には「利息がいくらになるか?」という点をしっかり把握しておく必要があります。

そこでこの章では、「プロミスの返済シミュレーション」を利用し、50万円を17.8%で借りる場合の利息を算出してみました。

◆プロミス公式サイト「ご返済シミュレーション」

月々の返済額返済期間利息額
13,000円
(最小返済額)
58ヶ月246,160円
15,000円47ヶ月194,862円
20,000円32ヶ月129,392円
25,000円24ヶ月97,524円
30,000円20ヶ月78,635円

シミュレーション結果をご覧のとおり、月々の返済額が多いほど返済期間が短縮されますので、利息も少なくなります。

逆に月々の返済額が少ないほど返済が長引いてしまい、利息も大きくなりがちです。

とくに最小返済額である13,000円で返済していると、完済まで58ヶ月もかかり、利息も246,160円になってしまいます。

このため、月々の返済額は無理のない範囲で多めにするのがおすすめです。

先にもお伝えしたとおり、13,000円というのは最小返済額でしかないため、これ以上の金額を返済する「随時返済」に関しては自由です。

随時返済はATM等から好きなときに可能ですので、お金に余裕があるときは多めに返済していくのが賢い返済方法です。

関連記事をチェック!

プロミスの返済額はどれくらい?返済シミュレーション

プロミスを利用する場合、あらかじめ返済シミュレーションをして、計画的に利用することが賢明です。 この記事では、プロミスの返済額シミュレーションを紹介した上で、利息節約対策や、よくある質問を紹介し...

関連記事をチェック!

増額返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 増額返済とは 増額返済とは、融資の契約時に銀行などと取り決めした、またはあらかじめ決まって...

まとめ

今回、プロミスの限度額に関する情報を詳しくお伝えしましたが、これらの考え方は消費者金融各社の殆どは「ほぼ同じ」と考えて大丈夫です。

また、銀行カードローンの場合も、総量規制の対象外ではありますが、年収や他社借入を考慮した返済比率などを考慮し、限度額が決められますので、もし審査で問題がある場合は希望の限度額は通らない可能性もあり得ます。

したがって、カードローンで希望の限度額をゲットしたい場合は、最初は少なめの限度額で申し込んでおいて、少しづつ信用度を高めながら限度額アップを狙っていく…というのが最善の方法なのかも知れませんね。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談