足利銀行のおまとめローンで借り換え【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、複数から借入をしていると、それぞれに対して金利や返済をしていかなくてはなりませんので、毎月の返済額や金利負担は多くなってしまいます。

また、それぞれの返済日が異なっていることで、返済の管理もしにくくなり、延滞してしまうリスクも高くなってしまいます。

このような場合に活用できるのは、おまとめローンです。

毎月の返済額や金利負担を軽減でき、返済もひとつになることで管理がしやすくなります。

この記事では、栃木県に本店を置く足利銀行のフリーローンを、おまとめローンとして利用する際の、審査基準や審査に通るための方法について紹介していきます。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
足利銀行フリーローンで借金のおまとめを考えているひとへの情報です

この記事は特に以下に該当する人におすすめできる内容です。

  • 小口借入が既に複数あって困っている
  • 返済管理が大変なのでおまとめローンを利用したい
  • できるなら来店不要で簡単に申し込みを行いたい

足利銀行フリーローンはおまとめローンに利用できる

おまとめローンと言えば、消費者金融をイメージする人も多いですが、銀行のローンでも複数の借入をまとめることができます。

銀行のローンでまとめる場合には、主にカードローンやフリーローンで借りることになりますが、銀行によって審査の基準などは異なります。

もちろんどこの銀行も審査基準は公表していないのですが、より便利に申込できる銀行のひとつとして足利銀行フリーローンが挙げられます。

関連記事をチェック!

716view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリーロー...

あしぎんフリーローンは来店不要で申し込みができる

あしぎんフリーローンは、スマホで申込から契約まで完結できる、「WEB完結型」を採用しています。

そのためわざわざ店舗まで出向く必要がなく、忙しい人にもピッタリな商品です。

WEB完結でフリーローンを借りる場合、融資までの期間が短いなどのメリットがある一方、デメリットも発生します。

最大のデメリットはWEB完結で申し込める金額は、「10万円以上300万円以内」となっていることでしょう。

このため、高額な申し込みが必要な場合は、店頭窓口へ行くしかありませんので注意しましょう。

申し込みの流れを見てみよう

フリーローンを申し込むための方法は、

  • インターネット
  • 店頭窓口

の2種類があります。

先ほども少し触れましたが、足利銀行のフリーローンはWEB完結に対応しています。

従って、足利銀行のホームページからいつでも申し込みすることができ、そのまま契約することも可能です。

店頭で申し込む場合には、銀行が営業する平日の9:00~15:00の間に銀行へ行かなくてはなりませんが、ローンセンターであれば、土曜日や日曜日でも手続きが可能です。

WEB手続きであれば、そのまま足利銀行フリーローンのページから申込むことが可能です。

あとは指示に従い入力を行いましょう。

申し込みに必要な書類は?

フリーローンに申し込むためには以下の書類が必要になります。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
  • 前年の所得証明書類(源泉徴収票、所得証明書等)
    ※融資金額300万円超の場合
  • 返済用口座の届出印

なお、資金使途を借り換えとした場合には、上記の書類の他にも、他のローンの返済予定表や返済用口座も必要になる可能性がありますので、そちらも準備したうえで手続きすることをおすすめします。

関連記事をチェック!

20051view

所得証明書とは役所が発行する公的な収入証明

手続きをするときに、所得証明書を提出しなければならないことがあります。 このページをご覧の皆さんのなかには、「所得証明書の提出を求めれたけど、どこで手に入るかわからないし、そもそも所得証明書とは何な...

フリーローンの審査基準は厳しいの?

先ほども説明したように、足利銀行には3つのフリーローンがあります。

ここでは、これら3つのフリーローンについて、申込の基準や借入条件を紹介していきます。

あしぎんフリーローン

一般的なフリーローンである、あしぎんフリーローンの申込基準と、借入条件は以下のようになっております。

利用対象者次の条件をすべて満たす個人の人

  • 借入時年齢満20歳以上、最終返済時満75歳未満の人
  • 継続安定した収入がある人
    (パート・アルバイトも可)
  • 保証会社(㈱オリエントコーポレーション)の保証が受けられる人
資金使途自 由
(事業性資金を除く)
融資金額10万円以上500万円以内
(1万円単位)
融資期間1年以上10年以内
(1か月単位)
融資利率固定金利
4.5%~13.8%
返済方法毎月元利均等返済
(融資金額の50%以内までボーナス返済併用可)
担保・保証人不 要

銀行によっては、フリーローンを申し込むための基準として、年収要件を設けているところもありますが、あしぎんフリーローンでは、年収の要件がありませんので、パートなどの低収入の人でも申し込みできます。

女性のためのフリーローン「ふるり」

「ふるり」は、女性のみが利用できる専用の商品ですが、あしぎんフリーローンとの違いは、申込対象者のみとなっています。

「ふるり」の申込基準は以下のようになっております。

以下の条件をすべて満たす女性

  • 借入時年齢満20歳以上、最終返済時満75歳未満の人
  • 継続安定した収入がある人(パート、アルバイトも可)
  • 保証会社(㈱オリエントコーポレーション)の保証が受けられる人

女性専用と言っても、女性担当者が対応するなどのサービスがあるということは記載されていませんし、金利も優遇される訳ではありません。

また、保証会社も同じですので、この商品で審査に通らなかったからと言って、あしぎんフリーローンに申し込んだとしても、審査に通ることはありませんので、注意しなければなりません。

メゾンプラス

「メゾンプラス」は、足利銀行で住宅ローンを利用している人専用の商品です。

専用商品ですので、申込対象者は限られていますが、通常のフリーローンよりも有利な条件で借りられます。

では、「メゾンプラス」の申込基準と、借入条件を紹介していきます。

申込対象者次の条件を満たす個人の人

  • 借入時年齢満20歳以上満65歳未満、最終返済時満71歳未満の人
  • 住宅ローン(有担保)を利用している人
  • 足利信用保証㈱の保証が受けられる人
資金使途自 由
(事業性資金を除く)
融資金額10万円以上300万円以内
(1万円単位)
融資期間1年以上7年以内
(1か月単位)
融資利率変動金利
3.8%
金利割引取引状況に応じて、最終返済まで金利を割引

  • あしぎんポイントサービス200ポイント以上:▲0.3%
返済方法毎月元利均等返済
(融資金額の50%以内までボーナス返済併用可)
担保・保証人不 要

あしぎんフリーローンの審査スピード

消費者金融のおまとめローンが人気なのは、審査スピードが速く、即日融資に対応しているからです。

銀行のローンは、融資までに時間がかかるイメージがあり、これによって銀行ではなく消費者金融から借入している人も多いものです。

では、足利銀行のフリーローンを申し込んだ場合、どれだけの期間で審査の結果が来るのでしょうか。

足利銀行では、フリーローンの申し込みをすると、2日~5日で審査の結果を連絡するとしています。

銀行によっては、1週間程度かかってしまうところもありますので、審査スピードは比較的速いと言えます。

また、フリーローンはWEB完結にも対応しており、この方法であれば、4営業日~7営業日で融資されるとうたっています。

従って、融資スピードに関しても早いと言え、返済日の関係などで急いでローンを借り換えしたいという場合でも対応できます。

口コミや評判は?

足利銀行が提供しているフリーローンは、「あしぎんフリーローン」「女性のためのフリーローン(ふるり)」「メゾンプラス」の3種類です。

これらの審査基準などを解説していく前に、まずは実際に利用した人などの口コミを紹介していきたいと思います。

フリーローンに対する口コミには、

  • 申し込み手続きが簡単
  • 低金利

という内容のものがあります。

また、銀行の担当者に対する口コミには「対応が親切」などというものがあり、評価は高いです。

しかし、フリーローンに対する口コミの件数自体は少ないので、実際に利用している人の中には、そんなはずはないと思っている人もいるかも知れません。

ローンなどを選ぶときに口コミを詳しく見る人も多いですが、そこに書かている内容は信ぴょう性があるかものかどうか分かりません。

また、「審査に通りやすい」や「審査が厳しい」などという内容においては、その人の信用状況が分からない状態で書かれています。

口コミを見てローンを選ぶのもいいのですが、飽くまでも参考程度として受け止め、それ以外の情報も見たうえで選ぶことをおすすめします。

申し込みについて

足利銀行フリーローンの申込みについての、具体的な口コミは確認できませんでした。

しかし来店不要のWEB完結の方が、需要も高くなってきていることは確認できました。

銀行の対応について

口コミ自体もさほど多くはないのですが、いい意見は皆無でした。

やはり大手都市銀行やメガバンクのような対応は期待できないと考えていた方がいいでしょう。

しかし申込みをWEB完結で、月の返済に遅れが生じなければ銀行員と直接話す機会もありませんから、契約に関して銀行の対応うんぬんはさほど深く考えなくてもいいのかも知れません。

おまとめローンを契約してみて

「足利銀行フリーローンを活用して、おまとめローンとした」という口コミは、ツイッター上ではありませんでした。

しかし、フリーローンで借入をまとめることは一般的にも行われていることですので、「わざわざ口コミに書くまでもない」と判断した可能性はあります。

借入先が消費者金融であれば金利は18.0%でしょうから、足利銀行フリーローンで高い金利を設定されたとしても13.8%と0.58%も金利を節約できます。

金利が下がれば支払利息も減り、結果として毎月の返済金額を抑えることが可能です。

カードローンで借り換えとフリーローンでおまとめするのとお得なのはどっち?

一部の銀行では、消費者金融のようにおまとめ専用の、商品を提供しているところもあります。

しかし、足利銀行にはおまとめ専用商品はなく、自由な資金に使うことができる、通常のフリーローンで借り換えすることになります。

通常のフリーローンで借り換えする場合には、すべてのローンをまとめられるだけの金額が借りにくいというデメリットがあります。

通常のフリーローンですべてをまとめられるだけの金額が借りられない理由としては、借り換えではなく、別の資金として使われるリスクが高いからです。

おまとめ専用商品の場合、本当に借り換えのために使用したのかということを確認されることがほとんどです。

しかし、通常のフリーローンの場合には、このような確認がないことが多く、実際には何に資金を使用したのかが分かりません。

もちろん使用使途を問わないのがフリーローンですから、借りたお金を何に使おうと契約者の自由です。

しかしおまとめできる程度の高額融資を本当に行ってもいいものか、銀行も不安視してしまいます。

複数のローンを借りている人は、既に信用が低いことも多いですので、別の資金に使用されて総借入額だけが増えてしまうと、返済できなくなってしまいます。

従って、通常のフリーローンでは、総借入額が増えすぎないように、最低限の少額で貸付となることがあります。

フリーローンの審査に通るためのポイント

金利が低く、比較的審査が厳しいフリーローンを借りるためには、申し込みをするうえで対策をしていかなくてはなりません。

ここでは、フリーローンの審査に通るためのポイントを紹介していきます。

なお、このポイントを押さえることで、審査に通りやすくなるだけでなく、審査で決定する金利も低くなる可能性もあります。

審査に通るためのポイントは、

  • 申込書の内容は正確に記入する
  • 他のローンは延滞なく返済する
  • 返済計画をきちんと立てる

という3つです。

では、これらについて詳しく解説していきます。

申込書の内容は正確に記入する

どうしても審査に通りたいと思っている人の中には、申込書に記入する内容を偽って申告する人もいます。

偽る内容としては、年収や勤務先・勤続年数が最も多いです。

しかし、保証会社では、これまで多くの人を審査してきた経験がありますので、勤務先の業種や勤続年数を見るだけで、ある程度の年収が分かります。

また、審査の過程で照会する信用情報には、勤務先の情報も記録されていますので、勤務先を偽っていることもすぐに分かってしまいますし、何より在籍確認を行えば即バレます。

申込書の内容に偽りがある場合、保証会社はその人の人間性を疑い、リスクが高いと判断してしまいます。

融資は、その人の信用に対して行われる信用取引ですので、信用に傷を付ける行為は決してしないようにしましょう。

他のローンは延滞なく返済する

申し込みの時点で、他のローンを延滞しているという場合には、審査に通ることは非常に難しいでしょう。

また、他のローンで度々延滞をしているという場合も、返済能力がないと判断されますので、審査に通りにくくなります。

特に、申し込みの直近6か月以内に延滞をしたという場合には、審査に通ることがかなり厳しくなります

ので、それが解消するまで6か月以上は申し込みをせずに、信用が回復するのを待つようにしましょう。

ただし、延滞の情報は、およそ2年間個人信用情報機関に登録されていますので、少なからず審査に影響が出てしまうため注意が必要です。

おまとめローンの審査に通ったら考えるべきこと

「審査が厳しいと言われる銀行フリーローンの審査に通った」それだけで、天にも昇るような気持ちになってしまいます。

しかし飽くまでお金を借りただけの話です。

借りた以上は必ず返済を行わなくてはなりません。

しかも金利という利子まで発生しますので、借りた金額よりも多く返済をする必要が出てきます。

友人知人にお金を借りた訳ではありません。

もし返済できなければ最悪の場合、裁判所に訴えられ給与などを差押えられてしまいますし何より社会的地位を失います。

そのようなことにならないように、しっかりと考えておくべきことがあります。

返済計画をきちんと立てる

毎月の返済額軽減は、おまとめローンのメリットのひとつです。

しかし、毎月の返済額を少なくすることばかりを考えていると、まとめる前よりも総返済額が多くなってしまうことがあります。

その原因は、返済期間を必要以上に長くしてしまうことです。

返済期間を長くすると、確かに毎月の返済額を軽減することができます。

しかし、その分元金が減るスピードが遅くなり、金利がかかる期間が長くなってしまいます。

これにより、総返済額が多くなってしまうのですが、このことは保証会社でも見ており、こうした返済期間で申し込んでしまうと、返済計画を立てていないと判断されてしまいます。

申し込みをする場合には、必ずシミュレーションをして、総返済額が多くならない返済期間を設定するようにしましょう。

カードローンであらたな借金を作らない

良くも悪くも、お金がないときにお金を借りるという経験をしてしまったので、これから先も何か金策が尽きれば新たな借入を行うハードルは低くなってきます。

「フリーローンはもう借入れをしたから」と今度はカードローンに申込みを行う人が多いのもこのためです。

特におまとめローンとしてフリーローンを申し込みしたにも関わらず、また新たに借入を作れば現状は更に悪くなってしまいます。

そのため「今後は新たな借入は作らない」という、強い自制心が必要になってくるでしょう。

足利銀行フリーローンの審査に落ちたら

もし足利銀行フリーローンの審査に落ちてしまったら、一体どうすればいいのでしょうか。

他の銀行フリーローンに申込みを検討するのも方法でしょう。

しかし審査基準が明確ではないものの、どこの銀行フリーローンに申込みを行っても同じ結果になる可能性が高いものです。

足利銀行フリーローンに落ちたらどのような行動を取ればいいのか、見ていきましょう。

消費者金融のおまとめローンに申込んでみる

おまとめローンを展開しているのは銀行だけではありません。

消費者金融業でもおまとめローンを実施しています。

消費者金融と言うと総量規制の対象ですから、年収の3分の1以上の借入はできません。

しかしおまとめローンであれば、総量規制の対象外になるので、年収の3分の1以上でも借入れは可能です。

おまとめローンQ&A

「わざわざ銀行に聞くまでもないけれども疑問がある」というちょっとした疑問は、ここで解決しましょう。

おまとめローンでよくある疑問をまとめてみました。

金利は審査によって決まるの?

住宅ローン利用者専用の「メゾンプラス」は、金利が固定されていますので、審査に通ると、3.8%(金利引下げ対象者は3.5%)で借りることができます。

しかし、「あしぎんフリーローン」と「女性のためのフリーローン「ふるり」の場合は、適用される金利が審査によって決まります。

つまり、保証会社は保証の可否を判断するとともに、金利についても審査をしています。

金利が決まる要因としては、年収や勤務先情報、他のローンの利用状況などを総合的に判断していますので、実際にどのような金利となるかは、保証会社次第となります。

一般的には、信用が高く、返済されないリスクが低い人ほど金利は低くなり、信用が低く、リスクが高い人ほど金利は高くなります。

フリーローンを申し込む場合には、信用をできるだけ高めてから手続きすることで、審査に通るだけでなく、金利も低くなります。

金利で審査の通りやすさが分かるってホント?

複数のローンを借りていると、どうしても信用が低くなってしまいます。

そのため、おまとめローンを審査の通りやすさで選ぶという人も多いです。

しかし、実際の審査内容は保証会社しか知りませんので、たとえ銀行の担当者に聞いたとしても分かりません

が、ある程度の審査の通りやすさは金利を見ることで簡単に判断できます。

金利というのは、「銀行の収益となる部分」「銀行がリスクに備える部分」「保証会社への保証料」の3つで構成されています。

このうち、金利に大きな影響を与えるのが「保証料」であり、これが多くなるほど保証会社はより多くのリスクに備えることができます。

これにより、「金利が高い=審査が通りやすい」となります。

「メゾンプラス」を除いた足利銀行のフリーローンは、4.5%~13.8%と低金利ですので、審査は比較的厳しいと予想されます。

メゾンプラスは住宅ローンの利用状況に左右されるの?

金利が非常に低い「メゾンプラス」は、金利の観点からすると審査が厳しいと思うかも知れません。

しかし、「メゾンプラス」に関しては、住宅ローンの利用状況によって審査の通りやすさが左右されます。

「メゾンプラス」で審査に通りやすい人は、住宅ローンの残高が少なく、返済状況も良好である人です。

反対に、審査に通りにくい人は、住宅ローン残高が多く、延滞を度々している人です。

住宅ローンを利用している人限定のフリーローンだけあって、住宅ローンの利用状況が非常に重要となりますので、特に返済はきちんとしておかなければなりません。

まとめ

足利銀行には、おまとめ専用の商品はありませんので、通常のフリーローンで複数のローンを借り換えすることになります。

通常のフリーローンであれば、すべての分を借りられないこともありますが、低金利で借りることができます。

しかし、審査は比較的厳しいので、通るためのポイントを押さえたうえで申し込みするようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談