キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

静岡銀行カードローンの保証会社と審査を徹底解説

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

静岡銀行カードローンは地方銀行カードローンの中でも、インターネットの申込を充実させており、利息のキャシュバックを設けるなどして、日本全国から広く申し込みを募っているカードローンです。

カードローン融資に積極的な静岡銀行ですが、審査に通過することはそれほど簡単なことではありません。

静岡銀行カードローンの審査にはいくつかポイントがあります。

この記事では静岡銀行カードローンの商品概要や審査の特徴について徹底解説を行います。

商品概要

静岡銀行カードローンの主な商品概要は以下のようになっています。

  • 申込条件:20歳以上70歳未満の方(学生不可)
  • 融資限度額:500万円以内
  • 金利:4.0%~14.5%
  • 保証会社:静銀ディーシーカード株式会社、新生フィナンシャル株式会社
  • 返済方法:毎月10日に静岡銀行インターネット支店の口座より自動引落
  • 必要書類:本人確認書類、収入証明書(50万円超の借入時)

静岡銀行カードローンは、学生以外であれば、年齢の条件さえ満たしていれば誰でも申し込みを行うことが可能です。

静岡銀行は静岡県の地方銀行ですが、日本全国から申し込みを行うことができるという点も申込条件の大きな特徴の1つです。

必要書類はそれほど多くはありませんので、できる限り申込前には手元に揃えておきましょう。

申込内容に間違いがあると、仮審査からやり直しになってしまうこともあります。

このため、間違いがないように手元の書類を見ながら申し込むようにしましょう。

関連記事をチェック!

お金を借りる際の身分証明書とは

銀行や消費者金融などでお金を借りる場合は本人確認書類として身分証明書を提出しなければなりません。 しかし身分証とは一体どの様な書類なのでしょうか。カードローンでお金を借りたいけれども身分証として...

静岡銀行カードローンの特徴

静岡銀行カードローンには他の銀行カードローンにはない特徴がいくつかあります。

主な特徴は以下のようになっています。

日本全国から申込可能

静岡銀行カードローンは、日本全国から申し込みを行うことが可能です。

静岡銀行は地方銀行のカードローンですが、静岡県以外の人も申し込みが可能です。

静岡銀行は地方銀行の中でもカードローンに力を入れている銀行です。

このため、日本全国の人がインターネットで簡単に申し込みを行うことができるような商品設計になっています。

インターネットで完結

静岡銀行カードローンはインターネットで契約手続きを完結させることができます。

静岡県外の人でも店頭に来店しなくても契約を行うことができます。

また、契約書を郵送でやり取りするような手間がないため、家族に契約書を見られてしまう心配もないですし、書類のやり取りのために契約手続きに時間がかかってしまう心配もありません。

また、本人確認書類などの提出書類もWEB上からアップロードすることで提出完了です。

地方銀行でありながら契約に関するシステムが充実しているのが静岡銀行カードローンの特徴です。

利息のキャッシュバック

静岡銀行カードローン最大の特徴は、利息のキャッシュバックという特典です。

静岡銀行カードローンは契約日翌日から最大45日間利息がキャッシュバックされます。

大手消費者金融の無利息期間は30日というのが一般的ですので、静岡銀行は契約時の特典に関しては大手消費者金融よりもメリットがあります。

また、銀行カードローンで無利息期間や利息キャッシュバックを行っている商品はほとんどありません。

短期間だけの利用であれば、利息の負担なく必要な資金を借りることができてしまうため、給料日前やボーナス前になどには非常に活用できるカードローンです。

この点が静岡銀行カードローンの人気のポイントと言えるでしょう。

年金・主婦融資可能

静岡銀行カードローンは年齢が70歳未満で学生でなければ誰でも申し込むことができます。

このため、年金しか収入のない人や専業主婦の申し込みも可能です。

昨今、銀行カードローンの過剰融資が社会問題化してから、年金受給者や専業主婦へ融資を行うカードローンはどんどん少なくなっています。

しかし、静岡銀行はこれらの属性の人でも申し込みことができます。

年金が満額もらえるまでの生活費の補填や、主婦が家計の赤字を埋めるためなどに静岡銀行カードローンは利用することができます。

関連記事をチェック!

専業主婦でも借りられる静岡銀行カードローン

静岡銀行は静岡県静岡市に本店を置く地方銀行の一つですが、インターネット支店を開設しており、積極的に営業展開しています。 そんな静岡銀行のカードローンについて解説していきます。 カードローンの特...

銀行の中では早いが即日は不可

静岡銀行カードローンは以前から審査が早く、振込融資に対応しているため、以前から銀行の中では融資までの時間がかからないカードローンでした。

しかし、2018年から警察庁の反社会的勢力データベースへの照会が必要になったため、即日融資は不可能です。

銀行カードローンの中では審査は早いカードローンですが、当日中の借入はできないので注意しましょう。

カードの発行は郵送

静岡銀行カードローンは自動契約機があるわけではありませんので、ローンカードは郵送によって受け取るしかありません。

郵送の時間がかかるため、カードローンに申し込みを行ってからローンカードが手元に届くまでには1週間以上の時間がかかってしまうことも珍しくありません。

この点は地方銀行のカードローンとして止むを得ないと言えるでしょう。

なお、郵送された時に家族にカードを見られてしまうと、カードローンを借りたということを知られてしまう可能性が高いため、受取時には家族にバレないために十分な注意が必要です。

初回振込融資対応

静岡銀行カードローンはローンカードの受取は郵送ですが、急ぎの人のために、「初回振込融資」というサービスを行っています。

契約が完了してすぐにお金が必要な場合は、静岡銀行のキャッシュカードが届く前に、自分が指定する静岡銀行の口座以外に振込にて融資を行ってくれます。

このサービスは初回限定ですので、ローンカードが手元に届く前にお金が必要な際には非常に重宝します。

このサービスを行っている銀行もそれほど多くなく、静岡銀行カードローンの特徴の1つであると言えます。

静岡銀行の口座必要

静岡銀行カードローンは静岡銀行インターネット支店の口座が必要になります。

口座を持っていない人は新規で口座を作成する時間が必要になりますが、前述したように、静岡銀行のカードローンは初回振込融資に対応しているため、口座を作る手間はあまり気にする必要はないでしょう。

返済は静岡銀行の口座から行われるため、入金だけは忘れないようにしましょう。

静岡銀行のキャッシュカードの作り方と使い方

静岡銀行カードローンの審査基準

静岡銀行カードローンの審査は簡単には通過することはできません。

しっかりと審査のポイントを押さえておかなければ簡単に審査には落ちてしまい、またその審査難易度は消費者金融と比べて高いと言えるでしょう。

保証会社が2社あるが難易度は高い

静岡銀行カードローンは保証会社が、静銀ディーシーカード株式会社、新生フィナンシャル株式会社の2社あります。

一般的に保証会社が2社以上あるカードローンは審査のチャンスが2回あることが多いのですが、静岡銀行カードローンは異なる保証会社で2回の審査が行われるわけではありません。

融資金額によって保証会社が分かれているだけです。

新生フィナンシャルは消費者金融レイクALSAを運営している会社ですが、新生フィナンシャルの保証審査はレイクALSAのカードローン審査よりも格段に厳しい審査を行います。

銀行カードローンの審査は厳しいのです。

信用情報などからスコアリングをする

静岡銀行カードローンの実質的な審査を行う2つの保証会社は審査に最初に信用情報を調べています。

静岡銀行銀行カードローン審査では日本に3社あるすべての保証会社へ照会を行なっています。

  • CIC:主にクレジットカードの情報を収集
  • JICC:主に消費者金融の情報を収集
  • KSC:主に銀行の情報を収集

このため、静岡銀行カードローン審査の際にはクレジットカードやあらゆる借入金の情報はもちろん、支払状況や過去のトラブルなども照会されてしまいます。

信用情報と年収や勤続年数などの属性情報を点数化するスコアリングと呼ばれる審査を行い、基準点を超えた場合のみ審査通過となります。

静岡銀行カードローンの保証会社の1社である新生フィナンシャルはレイクALSAを運営している会社ですが、静岡銀行銀行カードローンの審査通過点は、レイクALSAよりも高いため審査が厳しくなるのです。

実際にはハードルが高い!専業主婦の審査通過

静岡銀行カードローンは専業主婦も融資対象としています。

しかし、専業主婦の審査通過は実際にはハードルが高くなっています。

勤務先も年収もない専業主婦は、審査材料がないためです。

このため、専業主婦が審査に通過するためには、信用情報から「返済には問題がない」ということを示す必要があります。

具体的には専業主婦が本人名義のクレジットカードを所有して、毎月使用して、期日を守って返済していく必要があります。

これによって信用情報には「期日通りに返済した」という情報が蓄積していくため、審査に通過できる可能性が出てきます。

クレカを所有していない人は、審査材料が何もないため、審査に通過することはかなり難しくなります。

なお、他社借入が1本でもあるとまず審査には通りません。

審査に落ちる原因は?落ちる理由をチェック!

静岡銀行カードローンは、消費者金融などと比較するとかなり厳しい審査を行っています。

審査に落ちるにはいくつかの原因がありますが、このうちのいずれか1つに該当しただけでも簡単に審査落ちになります。

申込の前に審査に落ちる原因をチェックしておきましょう。

信用情報に金融事故情報がある

静岡銀行カードローンはブラックの人は審査に通過できません。

ブラックとは、信用情報に以下のような金融事故情報がある人です。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 債務整理
  • 61日または3ヶ月を超える長期延滞
  • 保証会社による代位弁済
  • 携帯電話やクレカの強制解約

自己破産と個人再生は事故から10年、その他の金融事故の情報は事故から5年間は信用情報から消えないため、信用情報に金融事故情報が記録されている間は審査には絶対に通過することはできません。

関連記事をチェック!

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよ...

カードローンなどへの複数申込

カードローンなどへ複数回申込をしたことがあるという人は、審査で不利になる可能性があります。

具体的には、「申込情報の件数」「他社借入の件数」「他社借入の総額」で審査に通過しにくくなる可能性があります。

申込情報がない方が有利

さらに信用情報には他の借入金やクレジットカードへの申し込みを行った情報も記録されています。

申し込みが多い方が審査に不利になります。

いろんな会社にお金を貸して欲しいと申し込みをしている人に対して普通は「よほどお金に困っている」とか、「信用情報からは見えない隠れた借金があるかもしれない」と考えてしまうものです。

静岡銀行もこのように判断するため、申し込み情報が多い人は審査に通過することは難しくなります。

1度審査に落ちたらすぐには申し込まずに、カード会社や消費者金融であれば最後の申し込みから半年以上、銀行であれば最後の申し込みから1年以上期間を空けて、信用情報から申込情報が削除されてから審査に申し込みを行うようにしてください。

他社借入があると審査通過は難しい

静岡銀行カードローンのみならず、銀行カードローンは複数の借入金がある人への審査は非常に厳格に行います。

このため、すでに他の銀行からカードローンの借入があると審査には通らないことが少なくありません。

また、消費者金融からの借入は特に銀行からマイナスの評価を受けてしまいます。

すでに消費者金融からカードローンを借りているという人は審査に通過する可能性は低いと言えるでしょう。

他債務が年収の3分の1を超えている

静岡銀行カードローンは総量規制対象外ですが、借入金額は他社との借入額と合わせて年収の3分の1以内くらいまでしか融資を行わないようになっています。

このため、借入額の3倍以上の年収があることが審査に通りやすくなるコツです。

また、そもそも銀行カードローンは初めてカードローンを利用する人向けの商品であることと、銀行は多重債務者を極度に嫌がる傾向にあるため、他の金融機関からカードローンやフリーローンなどの借入がある人は審査に通りにくくなる傾向があります。

カードローンやクレジットカードの支払い滞納

信用情報には借入金やクレジットカードの返済状況も過去24ヶ月分記録されています。

この情報をクレジットヒストリーと言いますが、静岡銀行カードローン審査ではクレジットヒストリーも重視され、遅れが多いと審査落ちの原因になりますし、逆に遅れが1度もないと、多少収入が少ない人でも希望通りの金額で審査に通過できる可能性が高くなります。

クレジットヒストリーは審査に有利になる情報でもありますので、日頃からクレジットカードの支払いの期日は守るように注意してください。

関連記事をチェック!

クレジットカードの支払い遅延はペナルティ!JCBの未払いの場合は?

執筆者の情報 名前:馬野 伸斗(50歳) 職歴:信用組合に20年以上勤務 この記事はこんな人におすすめ 今回紹介するのは、以下に該当する人におすすめの記事です。 ...

携帯機器の支払い滞納にも注意

スマホは高額化していますので、キャリアへ分割払いをしているという人も多いののではないでしょうか?

このような場合には、CICに情報が登録されるため、支払いに遅れた場合にはクレジットヒストリーに「遅れた」という情報が記録され審査には不利になります。

携帯機器の分割代金は携帯料金の一緒に請求されるため、気持ちとしては携帯料金の支払いに遅れているだけと考える人が多いのですが、実際には信用情報へ記録される借金と同じ情報ですので遅れがないように十分に注意しましょう。

審査にはこんな人が通りやすい

静岡銀行カードローンは信用情報がよいだけで、必ずしも審査に通過できるわけではありません。

年収などの属性もとても重要になります。

審査に通過しやすい属性をご説明していきます。

年収200万円以上の人

静岡銀行カードローン審査で有利な年収は200万円以上の人です。

銀行が「最低限の所得を得ている」と考える年収が200万円以上です。

多くの住宅ローンの申込条件にも「前年度年収200万円以上」という条件がついているため、銀行は200万円以上の年収があると、「正社員として最低限度の年収を稼いでいる」と判断します。

カードローンでも年収200万円以上であれば、審査では不利になるようなことはないでしょう。

勤続年数は1年以上が必須

勤続年数は1年以上は必要です。

カードローンというのは、借入と返済を繰り返し、長期間契約することを前提としたローンです。

このため、今後も継続的に今の仕事をする人という前提が必要になるのです。

そして、この前提が勤続1年以上で、1年以上あれば「今後も継続的に今の年収を稼ぐことができる可能性が高い」 と判断されます。

反対に、勤続年数が1年未満の場合には審査通過の可能性は低くなってしまうと考えた方がよいかもしれません。

他社借入は0件が有利

先ほども述べたように、他社からの借入件数に対して銀行はとても厳格ですので、1件でもあると審査に落ちてしまう人もいます。

審査で有利になる他社借入件数は0件です。

2件以上になると審査通過はかなり厳しくなると考えた方がよいでしょう。

希望借入金額は50万円以下

50万円超の借入からは収入証明書の提出が必要になります。

静岡銀行は証明書類のない情報や、裏付けのない情報は審査でそれほど重視していません。

年収は証明者からしか裏を取らない情報ですので、収入証明書提出の必要がない50万円以下の審査では年収はそれほど重視されずに、信用情報が重視になるということです。

このため、年収の低い人でも50万円以上であれば信用情報に問題がない限りは審査に通りやすいと言えるでしょう。

静岡銀行との取引も重要

銀行カードローンは、その銀行と取引が厚い人の方が審査には有利になります。

具体的には①静岡銀行で給与を受け取っている②静岡銀行に大口の預金がある③静岡銀行で住宅ローンを利用している。

などの取引が静岡銀行とある人は審査で優遇される可能性があります。

給与振込や預金がある顧客は返済が遅れる可能性が低いですし、住宅ローン利用者は他社でカードローンを利用されてしまうと住宅ローンの返済が危うくなってしまうため、融資取引を囲い込みたいと考えているためです。

保証会社が2社あるのは審査に有利?

保証会社が2社あるカードローンはいくつか存在します。

カードローンの中には1社目の保証会社の審査に通れば低い金利で借りることができ、2社目の保証では金利は高いが、1社目の審査よりは甘いというカードローンがあります。

オリックス銀行カードローンがこのような商品設計をしており、そのため同じ金額を借りても金利に幅がかなりあるのです。

では、静岡銀行カードローンもこのような設計になっているのでしょうか?

2回審査を受けることができる訳ではない

静岡銀行のカードローン金利は以下のようになっています。

  • 100万円以下:14.5%
  • 100万円超200万円以下:12.0%
  • 200万円超300万円以下:9.0%
  • 300万円超400万円以下:7.0%
  • 400万円超500万円以下:4.0%

このように、同じ融資金額でも金利には全く幅がありません。

このため、融資金額によって保証会社が異なるだけで、同じ金額で2回審査を受けることができるわけではありません。

静岡銀行カードローンの保証審査は1回だけです。

静岡銀行カードローンの審査は厳しい?

静岡銀行カードローンの審査は、50万円以下の少額であればそれほど厳しくはありませんが、50万円を超えるとそれなりに厳しいと言えるでしょう。

地方銀行の中でも日本トップクラスの規模を持つ静岡銀行は、リスクの高い人に無理をして融資を行わなくても収益が確保できる構造であるためです。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンは保証会社が審査!保証会社が同じだと落ちる?

銀行のカードローンの商品概要説明書には申込できる人の資格が記載されています。 「継続的に安定した収入がある人」とか「20歳以上70歳未満」などといった基準があります。その中には必ず「保証会社の保...

自信がなければ基準が緩い消費者金融へ

ここまでご説明したように、静岡銀行カードローンは正社員が審査に通りやすいですし、保証会社の新生フィナンシャルのカードローンレイクALSAよりも確実に審査は厳しくなります。

パートやアルバイトの人でもカードローンを作りたいのであれば、消費者金融の方が借りやすいと言えるでしょう。

金利は静岡銀行カードローンよりも高くなりますが、消費者金融は属性がよくない人でも信用情報にさえ問題がなければ審査に通過できる可能性が高いためです。

パート・アルバイト・学生でも借りやすい

静岡銀行カードローンではパートやアルバイトでも融資を行なっていますが、このような人は専業主婦同様に他社借入がなく、信用情報が完璧でないと審査通過は簡単ではありません。

また静岡銀行カードローンは学生に対する融資は行なっていません。

しかし、消費者金融であれば信用情報に大きな問題さえなければパート・アルバイト・学生に対しても融資をしているため、このような属性の人でも審査に通過しやすいと言えるでしょう。

専業主婦や無職でも将来的には借りやすい

静岡銀行銀行カードローンで専業主婦がお金を借りるためには、先ほどご説明した全ての条件を満たしている必要があり、ハードルはかなり高いと言えます。

また、無職の人は静岡銀行でお金を借りることができません。

一方、消費者金融は無職の人も専業主婦もお金を借りることができませんので、このような属性の人はまず仕事を見つけ、自分名義の所得を得る必要があります。

消費者金融はついこの前まで仕事をしていなかった勤続数ヶ月の人でも信用情報に問題さえなければ審査に通過させていますので、今は無職や専業主婦でお金を借りることができないという人でも、将来的に消費者金融の方がお金を借りやすいと言えるでしょう。

まとめ

静岡銀行カードローンは地方銀行ですが、日本全国から申し込みが可能なカードローンです。

利息のキャシュバックがある非常に珍しいカードローンで、短期間の利用であれば、利息負担なしで必要な資金を借りることも可能です。

銀行カードローンの中でもメリットの大きなカードローンですが、誰もが簡単に審査に通過できるわけではありません。

信用情報を中心とした厳しい審査が行われ、消費者金融の審査よりも格段に審査は厳しくなります。

メリットの大きな静岡銀行カードローンですので、他社からの借入がない、初めてカードローンを利用する人にはおすすめで、そのような人は審査に通過できる可能性があると言えますが、正社員でない人や他社借入がある人は審査通過は厳しいため、そのような人は消費者金融カードローンにも目を向ける必要があります。

消費者金融は審査基準が確実に銀行よりも緩いため、属性のよくない人でも審査には通過しやすいと言えるでしょう。

消費者金融には抵抗がある人が多いかと思いますが、そもそも銀行カードローンの審査をしているのはほとんどのケースで消費者金融です。

静岡銀行カードローンの審査をするのはレイクALSA運営の新生フィナンシャルですし、三菱UFJ銀行カードローンはアコム、三井住友銀行カードローンはプロミス運営のSMBCコンシューマーファイナンスです。

さらに、これらの大手消費者金融はメガバンクの傘下になっている安心できる企業です。

カードローン選択では銀行だけにとらわれず、自分の属性にもっとも合ったカードローンを選択するようにしましょう。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談