馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

アコムの金利が高いと思ったら金利変更のためにやってみたい3つのこと

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アコムの金利は年18.0%と大手消費者金融では標準でも、長らく返済しているとちょっと金利が高いな、利息負担が重いなと感じる場合があります。アコムの金利引き下げ交渉は難しい、期待できないと言われているし、困ったらというときにやってみたいことが3つあります。

金利年18.0%を変えることはできなくても返済方法や毎月の返済額をちょっと変更するとか、いろいろ試してみましょう。

アコムの金利は高いのか

アコムの金利は年3.0%から年18.0%と、他の大手消費者金融と比べて標準的と言える金利です。

大手消費者金融のうち、プロミスの金利が年4.5%から年17.8%とちょっとだけ安くなっている程度です。

最低金利が違うのでは?と思う人もいるかもしれませんね。

実は最低金利というのは消費者金融で貸し出すことのできる最大融資額を借りた場合に適用される金利であって、一般的に消費者金融から借りる場合は上限金利で比べるのが普通です。

なぜなら消費者金融の貸付は総量規制対象であり、年収の1/3が契約できる上限です。

アコムの最大融資額は800万円となっていますが、800万円を借りるには少なくとも年収が2,400万円以上なければなりません。

消費者金融の貸付は一般的に年収の10%前後と言われていますので、年収が300万円なら30万円前後、年収が500万円でも50万円前後が利用限度額となるのが普通です。

アコムでは100万円未満の貸付金利を年18.0%と決めているため、普通のサラリーマンがアコムからお金を借りるとしても年18.0%が適用になるのです。

しかも年18.0%の金利は利息制限法で定められている金利ですから、アコムの金利は決して高いとは言えませんね。

関連記事をチェック!

アコムの金利を交渉で下げてもらうことは可能?

上限金利と下限金利 アコムの金利は下限金利3.0%から上限金利18%までになっています。利用限度額に応じて金利が変わります。例えば50万円の利用であれば上限金利は18%になります。 200万円...

関連記事をチェック!

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少しでも金利が低い方がい...

金利を下げる方法はないのか

過払い金請求が多発した頃は、アコムは積極的に貸付金利を引き下げ会員に対して金利引き下げの提案や、会員からの金利引き下げ交渉に応じてきました。

しかし過払い金請求は次第に減少し、現在でも多少残っているとしても当時の面影はありません。

一部のインターネットの情報サイトでは、アコムの金利を交渉によって引き下げることができるかのように紹介していますが現実的には期待できません。

過払い金請求当時の2008年から2011年にかけて、アコムと交渉してみたら金利を下げてくれたという口コミ情報が独り歩きしている感が否めません。

金利引き下げ交渉は絶対無理とは断言できないものの、交渉によって金利を下げることができる情報を鵜呑みにしてアコムに電話をしても断られるのが関の山ですね。

それでもアコムから優良会員と認められることによって金利は下がる情報を信じて疑わないなら、初めから金利の安い銀行カードローンに申し込むべきだったでしょう。

銀行カードローンの審査に通るだけの信用力や返済能力がないからこそ、比較的審査に通りやすいと言われている消費者金融に申し込んだのではありませんか?

アコムでは三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックの保証会社を請け負っており、他にも全国各地の地方銀行のカードローンの保証会社を担当しているくらいです。

どのくらいの信用力や返済能力があれば銀行カードローンの審査に通るのかくらいは当然わかっているわけですね。

金利が高いと思っている人の月々の返済額の誤解

アコムの金利が高いんじゃないかと思ってる人の多くが、アコムの月々の返済額に含まれる利息充当額を見て言っているようです。

アコムの最低返済額は利用限度額によって3段階に分かれています。

・利用限度額30万円以下:借入残高x4.2%
・利用限度額30万円超100万円以下:借入残高x3.0%
・利用限度額100万円超:借入残高x(1.5%から3.0%)

仮にアコムの利用限度額が50万円だとすると、10万円借りても30万円借りても毎月の返済額は借入残高の3.0%です。

30万円を借りた場合の返済額は月々9,000円です。利用明細を見てみると、利息充当額が4,438円、元金充当額が4,562円になっていてビックリというケースです。

返済金額の半分くらいがアコムの利息になるなんて、もしかしたら金利は50%なの?という大きな誤解ですね。

確かに返済金額の半分が利息に充当されるのではアコムの金利は高いなと感じるのも無理はありません。

笑い話のようにも見えますが実際にこのように思っている人は少なくないのですよ。

でも利息は借入残高に対して計算されるものであって、借金完済まで月々の返済額の半分が利息に充当されるわけではありません。

借入残高が20万円になれば利息は2,958円、10万円になれば1,479円のように、借入残高が減るに従って利息充当額が少なくなっていくのです。

30万円借りても毎月利息を4,438円支払うわけではありません。

金利が高いなと思ったら試してみたい3つのこと

アコムの金利が高いなと思ったら試してみたいことがいくつかあります。アコムの金利は利息制限法によって定められた金利ですから消費者金融としては普通の金利です。

それでもなんとか利息負担を少なくしたいと考えているなら次のことを試してみましょう。

①:月々の返済方法を35日払いから30日払いに変更する

アコムの返済日には毎月支払う約定返済と35日返済がありますね。

少しでも返済負担を軽くしたいと思うなら35日返済の人は毎月一定日に支払う約定返済に変更しましょう。

例えばアコムから30万円を借りた場合でどのくらい返済額に差が出るのか確かめてみましょう。

◆35日返済
・10回払い:月々3万3,000円
・20回払い:月々1万8,000円
・30回払い:月々1万3,000円

◆約定日返済
・12回払い:月々2万8,000円
・24回払い:月々1万5,000円
・36回払い:月々1万1,000円

返済期間は多少伸びるものの、月々の返済額の負担にかなり差がありますね。

アコムの支払いが生活費を圧迫しているのであれば少しでも返済負担額が少ない約定日払いが効果的です。

関連記事をチェック!

約定返済とは

約定返済とは一体何なのかご存知でしょうか。カードローンなど金融機関からお金を借りる契約を結ぶ際に必ず書いてある用語です。 なんとなく借金を毎月返済している人も多いことでしょう。しかし返済の方法を...

②:月々の返済額を3,000円追加してみる

アコムの返済額は最低支払い金額以上ならいくら多くても構いません。返済額が多いほど短期間で返済でき、結果的に利息負担を少なくできますね。

アコムの返済シミュレーションを使ってくらべてみましょう。借入金額は30万円、金利は年18.0%です。

・月々の返済額9,000円:47回払い
・月々の返済額1万円:41回払い
・月々の返済額1万1,000円:36回払い
・月々の返済額1万2,000円:32回払い
・月々の返済額1万3,000円:29回払い

アコムの最低返済金額で返済すると47回払いになりますが、3000円追加するだけで32回払いまで短縮できます。さらにもう1,000円追加できれば29回払いまで短縮できますね。

たとえ毎月2,000円多く返済したとしても47回→36回払いになるのですから、まさに塵も積もれば山となるという感じですね。

関連記事をチェック!

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、最低返済額には注意点もあるのです。 それを...

③:少額短期の借入を繰り返す

アコムの利息は利用日数によって計算され、利用日数が長いほど利息の額が大きくなります。そこで賢いアコムの利用方法としては少額短期の借入を繰り返すことです。

お金が必要なギリギリまで待って借入れ、短期間で返済するようにすれば金利が高いと思ってもそれほどを負担に感じることはありません。

財布の中を見てこれでは給料日までには間に合いそうにもないな、と思ってもすぐにアコムから借入することなく、引っ張るだけ引っ張ってもう限界だというときになったらATMからお金を引き出すようにすれば良いのです。

給料までに20日もある状態で概算で10万円を借りるよりは、給料まで3日というときに最低必要金額5万円を借りた方が利息返済は少ないですよ。

・10万円を20日借りた場合の利息:986円
・5万円を3日借りた場合の利息:73円

10万円を借りてしまうと一括返済するのは難しくなりますが、5万円でいいのなら給料が入ったら一括返済可能ですね。

来月また足りなくなると言うのであれば、その時点で借りれば結果的に利息を安くできますね。

関連記事をチェック!

アコムの借入&返済!千円単位が可能なATM

全国どこに住んでいる人でも利用できるアコム。 借入や返済に利用できるATMも多く、数あるカードローンの中でも利便性の高さはトップクラスです。 アコムの借入&返済は最低いくらから可能なのか、...

金利変更する方法

初回の契約時には、どうしてもお金が必要で何とか契約できてよかったと思うのですが、時間が経ってくると適用される金利を低く抑えたいと思ってきます。

アコムをはじめ消費者金融では、最初に適用されるのは設定されている最高金利になることが多くあります。

ここでは、アコム利用中に金利を下げるにはどうすれば良いのかをご紹介します。

限度額を上げる

アコムでは限度額によって適用される金利は段階的に低く設定されていますので、限度額を上げる事ができれば金利を下げることが可能です。

限度額と適用される金利は以下のように設定されています。

限度額1~99万円100
~300万円
301
~500万円
501
~800万円
適用金利7.7%
~18.0%
7.7%
~15.0%
4.7%
~7.7%
3.0%
~4.7%

例えば、限度額50万円だった契約の場合に限度額を100万円に上げることができれば、適用される金利が最高だったとしても15.0%に引き下げることができます。

限度額を大きく上げることができれば、それだけ適用される金利は低く抑えることが可能という事になります。

利用限度額を上げる方法としては、アコムからの連絡があった時に申し込む方法と、自分自身で必要と感じたときに申請を行う方法があります。

どちらの場合も、申請を行って増額するための審査が行われて、審査にパスすることができれば限度額を増額できます。

審査がありますので、必ず限度額を上げることができるとは言いませんが、金利を下げるための方法としては有効です。

限度額の増額を申請するのは、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話をするか会員専用ページから申し込むと良いでしょう。

関連記事をチェック!

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少しでも金利が低い方がい...

関連記事をチェック!

借入れ限度額の増額をしたい!審査でチェックされる内容

「追加融資をしたいけれどももう借りられる枠がない」といった場合、新規で他社に借入れをするよりも、現在付き合いのある金融機関に増枠を申し込みした方がいいでしょう。 なぜなら、返済先が同じで管理が楽...

優良顧客として金利下げ交渉をする

限度額の増額をすると金利を下げることができるとわかっていたとしても、限度額を増額させることが難しい場合もあります。

そのような場合には、アコムに金利引き下げの交渉をする事で、金利を下げることもできます。

例えば、限度額1~99万円の場合には、適用される金利が7.7%~18.0%と大きな開きがあります。

交渉することで適用される金利が少しでも下がれば、その分支払う利息も減らすことができますので返済を楽にすることができます。

金利引き下げの交渉をするのはアコム総合カードローンデスクに電話をして、オペレーターに金利を下げてほしいと申し出ればいいだけです。

この時に、気にかけておきたいのが金利はアコムの利益になっているという事です。

金利を下げる事になれば、利用者としてはそれだけ得をすることになるのですが、アコム側からするとその分損をしてしまうという事です。

このようなことから、申し出をするときには利用者として徳になるからという理由ではなく、いかにアコム側に損を受け入れてもらうかを考えて行うようにしましょう。

例えば、「他のカード会社から金利を下げてもいいと連絡があったけど、自分としてはアコムを利用し続けたいので同等程度に金利を下げてもらえないか」という感じです。

他社のサービスを利用する

アコムなどの消費者金融で適用される金利よりも、銀行や信用金庫で用意されているカードローンの方が総じて金利は低く設定されています。

お金が今すぐ必要という場合には、審査に時間のかかる銀行などは敬遠してしまいますが、時間が取れる場合には申し込んでも良いですね。

銀行などで用意されているカードローンの金利はおおむね14%前後となっていますので、大きく金利を下げることが可能です。

利用する銀行は、今まで取引のある銀行などでもかまいませんが、楽天銀行やイオン銀行などのネット銀行などを利用しても良いですね。

楽天銀行の適用される金利は1.9%~14.5%、イオン銀行で適用される金利は3.8%~13.8%となっています。

申し込みをするのは、できれば消費者金融への返済が終わっている、もしくはあと少しで完済できる時点が良いですね。

どうしても他社からの借り入れが多い場合には審査も厳しくなりますし、限度額も少なくなってしまいます。

関連記事をチェック!

1番低金利の銀行系カードローンでお金を借りたい

カードローンでお金を借りるなら、できるだけ金利が安いところで借りたい、と誰しも考えるはず。 先日カードローン会社を一覧にしたこともあり、本日はそちらを参考にしながら金利の安いカードローンを紹介し...

申請するための条件

アコムに限度額の増額を申し込むにしても、適用される金利の引き下げを申し込むにしても、だれでも審査に通るという事はありません。

金利はアコムの大事な利益ですからね、むやみやたらに低くしてしまっては経営に悪影響が出てしまいます。

ここでは、アコムに限度額増額や金利の引き下げを申し込むときに最低限必要とされる条件をご紹介します。

返済実績が最低6ヶ月は必要

アコムとしてはこれから先ずっと利用してもらいたいと思う利用者に対しては、限度額を上げたり金利を下げて使いやすくします。

利用してほしいと思うには、利用者がしっかりと返済をしてもらえることが大前提となっています。

この利用者を信頼する指標の一つに利用期間があります。

利用期間が長くて、その間に何の問題もないような場合にはその利用者はこれから先もきちんと利息を支払ってくれると判断できるからです。

限度額の増額や金利の引き下げを申請するときには、それまでの返済実績が短くても6ヶ月はある方が良いですね。

借入額総額が減っていること

アコムをはじめ他所からの借入額も減っていることが確認できれば、その利用者がこれからも滞納等を行わないと判断できます。

時間をかけて債務を減らしていっているという事は、返済に困っていないという事になりますよね。

返済に困っている人に、これ以上の融資を行っても返済されない可能性の方が高いですし、金利を下げたとしてもきちんと返済できるかどうか不安になります。

限度額を増額したり金利を下げてもらう場合には、借入金が減っていることは必須の条件といえます。

収入が下がってない事

返済の原資となるのが収入になります。

収入がある程度あれば、返済金を出すのに困ることはありません。

ですので、収入が増えていることが望ましいですが、収入が増えていなくても借入金が減っていると返済する事で困る事態になることはないですよね。

ですので、最低限収入が減っていないことが条件となります。

申請をする時の注意点

申請をする方法などをご紹介してきましたが、ここでは申請をするときに注意しておきたいことをご紹介します。

金利が高くなることもある

限度額の増額や金利の引き下げには審査が入りますので、その結果によっては低くなっていた金利が上がってしまうこともあります。

また、限度額に関しても現状の返済能力から引き下げられてしまう結果になる可能性もあります。

余裕がある時には、金利が高くなっても限度額が低くなっても問題になることは少ないですが、余裕のない時には深刻な問題になる可能性もあります。

申請するときには、これらのリスクがあることもしっかりと把握しておきましょう。

最悪の場合には利用停止もある

改めて審査をしますので、その結果によっては利用制限がかけられることもありますし、最悪の場合には利用停止になることもあります。

利用停止にならないためにも、今までの返済で遅延したり、他社の借り入れで債務整理などしないようにしておきましょう。

それ以外にも他社からの借り入れが多くなってしまうと、返済能力が足りないと判断されてしまうこともあります。

収支のバランスと現在の借入金の状況などをしっかりと把握してから申請をするようにしましょう。

審査には時間がかかる

新規の申し込み時には短い期間で審査が行われますが、増額や金利の引き下げ時にはそれまでの利用実績、申込時からの借入金の推移などを審査することになります。

審査する項目も増えますので、審査にかかる時間は増えてしまいます。

急いでお金が必要になった時とか、返済する金額を少しでも減らいしたい時に申請をしても結果が出るまでに数日かかってしまいます。

場合にもよりますが急いでいる場合には、他の方法でお金を用意する事を考えた方が良いですね。

関連記事をチェック!

アコムの増額のお知らせは半年に一回くる?

増額,追加融資のお知らせ アコムの会員サービスに登録していると、契約してしばらく経つとお知らせがメールで届きます。 そのお知らせには会員ログインをして確認して下さいとしか書いてありませんが...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談