アコムを退会したいときの解約方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アコムの借金を完済したからといって必ず解約しなければならないということはありませんが、住宅ローンに申し込む場合は解約証明書があった方が良い場合があります。

また借金ぐせをなくすためにも解約して借りれないようにすると考える人もいますね。

ではどうすればアコムを解約できるのか、解約証明書をもらうにはどうすれば良いのかなど具体的な方法をご説明していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ

この記事は、以下のことで悩んでいる人に大変参考になる記事です。

  • 利用していないアコムのカードを所持している人
  • なんらかの理由でアコムの解約証明書が必要な人
  • アコムに1,000円以下の残高が残っている人

アコムを解約するには端数まで借金を完済すること

アコムの返済にコンビニATMを利用すると1,000円未満の端数が残る場合が多いです。

いくら借金残高が1,000円単位でぴったりだとしても、コンビニATM手数料が必要なため、完全にアコムの借金を0円にはできません。

そのためアコムでは1,000円未満の残高については「無利息残高」として扱うことにしており、利息が発生しないことや、返済しなくても督促されることがない特別な借入残高として区別しています。

記事の後半で無利息残高についてより詳しく説明していますので、是非このまま読み進めてください。

アコムとしては次回借入した際に精算すれば良いと考えており、無理に端数まで借金返済を求めるのは顧客の利便性を欠くことになるとの配慮です。

しかしアコムの借金をようやく完済することができた。もうアコムから借りる必要はないと考える人もいますよね。

または他のカードローンに切り替えるという場合や住宅ローンに申し込むためにアコムの借金は完済しておきたい、と考える人もいるでしょう。

そのような場合は無利息残高を残しておいては借金完済とはなりません。個人信用情報を見れば借入残高があることがわかります。

そこで完全にアコムの借金を完済しアコムを解約するには無利息残高が残らないように、端数まで完全に借金を支払うことが必要です。

1,000円未満の端数までしっかり借入残高を支払うには、アコムの借金を全額返済しようとするその日にアコムの会員ページから残高を確認するか、アコムのオペレーターに電話して残高を確認するようにしましょう。

残高が確認できたらインターネットバンキングで返済するか、アコムATMまたは三菱UFJ銀行ATMから返済するようにすれば端数までの返済が可能です。

銀行窓口から直接アコムの口座に振り込むという方法もありますが、銀行窓口手数料がかかってしまうためあまりおすすめはできません。

解約手続きの方法

アコムの借入残高を端数まで返済しても、それで解約完了とはなりません。借金をすべて返済しても借入残高が0円になっただけで、アコムとの契約はまだ続いています。

カードローン契約は証書貸付と違い、借金返済をしてもカードローンはいつでも使える状態なのです。
アコムの解約をしたいという場合は、契約解除の手続きが必要です。

解約の手順は?

アコムとの契約解除手続きは店頭もしくは電話、自動契約機で行うことができます。

まず、アコムの店頭窓口で行う解約手続きの手順をご説明します。

店頭窓口での解約手続きを行うには、平日10時から18時までに有人店舗に行く必要があります。

店頭窓口の解約手順は以下の通りです。
①営業時間内に店頭へ行き、窓口で解約したい旨を伝える。
②本人確認書類を提出する
③借入残高の確認、残高があれば精算
④ローンカードを返却する
⑤解約証明書を受け取るか選択する

窓口の手続きはその場で解約証明書の発行が可能ですし、対面して行うのでわからないことがあればすぐに聞くことが出来るので安心感があり。

ただし、有人店舗は設置数が少なく、しかも平日10時から18時までと非常に短い時間で使いにくいといえますね。

そこで簡単な解約方法としてアコム総合カードローンデスクに電話することで、あっさり解約可能ですよ。

◆アコム総合カードローンデスク
・フリーダイヤル:0120-629-215
・受付時間:平日9時から18時まで

受付時間は平日の9時から18時までとはなりますが、会社に勤めている人でも休憩時間や昼休み時間を使って電話をかけるだけです。

オペレーターが出たらどのように話をすればいいのか悩むという人のために手順をご説明しておきますね。

①オペレーターが出たら解約したい旨を伝える
②会員番号と生年月日を応える
③解約証明書の受け取り方法選択する

電話をかけてオペレーターが出たら、借金を全額返したので解約したい、と伝えましょう。

店頭窓口でも同様ですが、オペレーターから引き止めされる場合や解約する理由を聞かれる場合がありますが、簡単に「ちょっと事情がありまして」と答えておけばOKです。

会員番号はアコムカードに記載されている番号です。アコムカードを見ながら番号と生年月日を伝えましょう。

オペレーターから解約証明書の受け取りについて自宅で郵送するのかそれとも勤務先に郵送するのかなど聞かれますので、どちらか都合のよい郵送先を選択すれば良いです。

なおカードについては返却してほしいと言われることもありますので、郵送先を控えておきましょう。オペレーターからカードは破棄していいですよと言われればハサミを細かく入れて処分しましょう。

また、22時まで開いている自動契約機での手続きですが、退会の受付は備え付けの電話で『アコム総合カードローンデスク』へかけ、契約解除手続きを行います。

結局、カードローンデスクの受付時間も平日の9時から18時までなので、最初から電話での手続きの方が、わざわざ自動契約機に行く必要がないので手間がかからないと言えます。

カードローンデスクの連絡先は?

アコムのカードローンデスクは、正式には『アコム総合カードローンデスク』といいます。

連絡先と受付時間は以下の通りです。
◆アコム総合カードローンデスク
・フリーダイヤル:0120-629-215
・受付時間:平日9時から18時まで

アコムのカードローン利用に関する問い合わせは、すべてカードローンデスクで受付をしています。

必要書類について

アコムの解約手続には必ず、アコムのローンカードが必要になります。

ローンカードは窓口の場合は返却、電話の場合は会員番号の確認に利用します。

加えて手続きを店頭で行う場合は、運転免許証や顔写真入りのマイナンバーカード、パスポート等の本人確認書類が必要です。

本人確認書類は契約者本人が手続きを行っているか確認するためのものなので、現物をその場で提出するだけです、コピーなども取られる心配はありません。

また、電話での本人確認は、会員番号や生年月日で行います。

解約証明書を発行してもらうには


ローンを完済したことを証明する書類に契約書や解約証明書があります。

契約書や解約証明書は、住宅ローンなどを組む際に必要な書類です。
解約証明書を発行してもらうにはこちらから「解約証明書を発行してほしい」と伝える必要があります。

それ以外解約証明書の発行についてオペレーターが言ってこない可能性もありますので、しっかり解約証明書の発行を依頼しましょう。

また、契約書はインターネット経由でパソコンやスマホから申し込んだのなら返還はありませんので、実はアコムから返却しなければならない書類はないのです。

ただし、自動契約機から申し込んだ人なら契約書の原本を返還してもらう必要がありますので、アコムのオペレーターから契約書はどちらに郵送すれば良いでしょうかのように聞いてきます。

関連記事をチェック!

2245view

借金完済後にやるべきこととは~返済が終わったら確認~

借金完済したらもうアナタは自由です。 借金返済のために汗水たらして努力した結果が報われたのですから好きなことができますね。 しかし借金完済したら気が抜けてしまって何もすることがなくなった、と言う人...

家族バレが心配なら勤務先へ郵送してもらう

家族に内緒でアコムからお金を借りている人は、たとえ解約証明書だとしてもアコムから自宅へ郵送物が届くのは困りますよね。

差出人名がアコムと書いてあるわけではなくても、家族が勝手に開封してしまうのではないかという心配があるなら、解約証明書の郵送先を勤務先にすることで家族バレを防ぐことができます。

契約書と解約証明書は一緒に郵送されてくる

アコムの借入を自動契約機で申し込んだ場合や郵送で申し込んだ場合は、契約書がありますので借入時に作成した契約書も解約証明書と一緒に郵送してくれます。

なお前項でもご説明しましたがパソコンやスマホなどインターネット経由で申し込んだ場合の契約書類はデータ上作成しただけで、アコムの会員規約に従ってアコムが確実にデータ削除を行なって終了です。

契約書と解約証明書は似ていてよくわからないという人のために、見分け方を簡単にご紹介しておきましょう。

契約書は書類のタイトルが「極度方式基本契約書」と書いてあり「カードローン契約書」というタイトルではないので気を付けましょう。

解約証明書はその名の通りタイトルは「解約証明書」ですね。

解約証明書はどんな時に必要なの?

普段の生活においてアコムの解約証明書が必要となるシーンはあまりありません。

ただしパソコンやスマホなどをインターネット経由でアコムに借入申し込みした人にとっては、アコムの借金を完済したことを証明する唯一の証拠書類です。

個人信用情報を金融機関がチェックすれば間違いなくアコムの契約が解約されていることがすぐにわかります。

しかし住宅ローンやおまとめローンを申し込む場合に銀行が解約証明書の提出を求めてくる場合が少なくありません。

個人信用情報を見れば解約していることがわかったとしても、銀行の内部審査に必要な書類として求めてくる場合が多いようです。

住宅ローンやおまとめローン申込時に必要

銀行の住宅ローンや自動車ローンなどの大型ローンを申し込む際、消費者金融のカードローンなどの残債務がないか、申込者に返済能力があるかどうかが、審査で重要視されます。

これらは信用情報を見れば一目瞭然ですが、アコムなどのカードローンを過去に利用していた場合、解約証明書を求められることがあります。

先にも解説しているように、アコムのカードローンは解約手続きをしないと完済をしていても契約は続き、いつでも利用することができます。

カードローンの限度額が大きければ大きいほど影響は大きく、例えば申込み時に残債がなくても、いつでもたくさんの借金を抱える可能性があるとみなされるためです。

住宅ローンなどの大型ローンを組む予定のある人は、なるべく早く解約手続きをすることをおすすめします。
また、おまとめローンは複数ある借金を一本化することで借金を返済しやすく、しかも借金の完済を目指す金融商品ですから、必要書類として解約証明書を求めてくることがよくあります。

それ以外解約証明書の使い道はありません。個人的に「アコムの借金を完済したんだな」と確認する書類として持っておいても良いかもしれませんね。

アコムを解約する上で注意すべきこと

「完済=解約」ではないことを話しましたが、完済しておかないと解約手続をすることができません。

「最終返済年月までに返済したのだから完済だろう」と考える人が多いのですが、特に返済をATMで行っていた場合は、100円単位で残高があること考えられます。

1円でも残高があれば解約はできませんので、注意が必要になります。

それではなぜ最終返済を終えても、残高があるのか見ていきましょう。

無利息残高の存在

借入残高が数100円などの1,000円未満で残っている場合、アコムは「まだ借入れが残っていますよ」という督促をしたり、入金を促したりするようなことはありません。

アコムでは返済額が1,000円未満の場合、金利も支払期限も発生しない、「無利息残高」という扱いになるのです。

しかし、たとえ1円であったとしても、残高があることになりますので個人信用情報機関の情報も契約中という扱いにもなります。

そして、1,000円未満のため、残金があることのお知らせもありません。

そのため、アコムから知らせてもらえなかった場合は、ずっと残高がある状態で契約も残ったままになっていますので注意をしてください。

関連記事をチェック!

352view

カードローンの借入で端数が残ったらどうするの?

カードローン借入で端数が残ったらどうするのか気になりますよね。コンビニATMでは1,000円単位でしか入金できません。 毎月きちんと返済して借金が減るのは良いのですが、利息は1円単位で計算されますか...

なぜ無利息残高が発生するのか

印紙代やカード発行代、そしてATM利用手数料も実はアコム負担ではなく、利用者が負担しています。

金額にすれば100円から300円程度ですので、気が付かない人も多いようです。

そして手数料の負担は、借入残高に加算されます。

月の返済は借入金額に応じた返済金額になっていますので、1,000円未満の印紙代などはずっと残ったままになるのです。

特に督促もないので、そのまま知らずに放置している人が多くなっています。

しかし、この端数の金額も返済しないことには、解約手続が取れませんので気を付けてください。

どうやって無利息残高を返済すればいいのか

ATMから返済する場合には、小銭での入金はできなくなっています。

しかし、三菱UFJ銀行のATMであれば、小銭入金も可能です。

また店頭窓口の解は、その場で残金を支払うことができます。

解約手続を店頭窓口で行う場合には、「ひょっとしたら無利息残高があるかもしれない」ということで、財布も準備しておくとより安心です。

店頭窓口以外の解約方法であれば、事前に公式ホームページから会員サイトにログインをして、残高を確認しておくといいでしょう。

事前に入金を済ませておかないと、解約手続には入れません。

完済と解約の違いにおける注意点

アコムのカードローンは完済したとしても、解約というわけではないことを何度も紹介してきましたが、大型ローンやおまとめローンを考えている人は、カードローンの完済後は必ず「解約」までしておきましょう。
完済したまま解約せず放置していると、またいつでも借りられる状態であるためローン審査に影響があります。。

契約中でも完済を証明する完済証明書が発行されますが、大型ローンやおまとめローンでは解約しているかが重視されるので、完済証明書では代わりにならないということです。

アコムローンカードは持っているだけでは年会費などがかからないので、普段の生活に影響があるというわけではないのですが、住宅ローン等を考えている人は、早めに解約手続きを行っておきましょう。

解約後にアコムから借りるには再申込みが必要

とくに理由もなくアコムの契約を解約してしまった場合、急にお金が必要になったときはアコムへの再申し込みが必要となり、新規申し込みと同じように初めから手順を踏んで審査を受けなければなりません。
以前に利用していたとしても利用条件、事故情報、返済能力など基本的なカードローン審査の基準を満たしているかを再度確認されます。

場合によっては審査に落とされてしまうこともあり、たとえ審査に通ったとしても前回と同じ利用限度額を与えてくれる保証はどこにもありません。

また、ローン審査では本人確認が必要になるので、運転免許証などの本人確認書類の提出も再度必要になります。

ただし、アコムに以前の取引情報が残っている可能性もあり、場合によっては過去の情報を加味して審査が行われることもありますので、再契約を考える際はアコム総合カードローンセンターへ確認してみることもおすすめします。

アコムの借金を完済したからといって必ず解約しなければならないことはありません。解約する理由がないのであれば、わざわざ解約する必要はありませんよ。

アコムを解約!信用情報はどうなるのか

解約することで他社へ新規に借入れの申込みをした場合には、個人信用情報の印象が変わってきます。

単に完済しただけではなく解約まで行うことで、個人信用情報はどのようになるのか見ていきましょう。

解約して5年間は記録が残る

「解約までしたのだから、キレイさっぱり記録は消える」と思っているのであれば、間違った認識です。

解約したとしても新規借入れから解約までの取引記録は、解約後5年間にわたり残ります。

また話はそれますが、間違いなく完済そして解約までしていても、債務整理の記録は別です。

特に自己破産の情報は10年残ります。

解約したとしても債務整理をした場合は、記録は一定期間で残るため注意が必要です。

何のために5年も残るのか

解約までしたのだから、わざわざ5年も残しておく必要はないのではないかと感じてしまいますが、記録を残しておくことは理由があります。

もし他社に新規で借入れを申込みした場合、その人がどんな人なのかを他社返済状況で判断する金融機関が多いです。

きちんと遅れずに返済していれば「返済実績がある」と判断されますし、延滞をよくしているので「少しルーズな人だ」と判断され、そこから審査に落ちてしまうケースも珍しくはありません。

つまり過去5年分の返済状況を確認されることは、審査に大きな影響を与えるということです。

そのため解約しても今までの返済状況を確認するために、5年間は記録が残っています。

もちろんお金を借りなければ、日常生活に何の影響もありませんので安心してください。

解約をしたという実績にもつながる

解約後5年の記録が残るというと、長いと感じる人もいるかも知れませんが、いい意味でとらえると借入れをして間違いなく完済、解約をしたという実績が5年残り評価が上がるということです。

幾ら口頭で「他社分は完済した実績がある」といっても、金融機関は目に見える情報しか審査に反映しません。

しかし5年以内であれば記録に残っていますので、完済、解約までしっかりとお金の管理ができる人だという実績評価にもつながります。

関連記事をチェック!

2987view

消費者金融を完済後解約すると信用情報はいつ消える?

消費者金融を利用すると、「信用情報機関」にその利用情報が記録されます。 この点は多くの人がご存知かと思います。 では、信用情報機関に記録された情報は、消費者金融を解約をするとどうなるのでしょうか?...

アコム解約手続を行うメリットとは

アコムで借りたお金の返済が終わった場合、完済したのだからそのままにしておいても問題ないようにも感じます。

わざわざ手間をかけてまで、解約手続を取るほどのメリットは存在するのか見ていきましょう。

他社への審査に有利に働くことも

アコムを完済したあと、どこの金融機関にも申し込む予定がないという人であればいいのですが、もし住宅ローンやマイカーローンを借りる予定があるという人は、解約することをおすすめします。

たとえ完済していたとしても、解約手続をしない限り限度枠が残っています。

つまり、アコムのカードローンを利用しようと思えば、お金を借りることが可能な状態です。

そのため申込先の金融機関によっては、現在利用していなくてもお金を借りている状態とみなされる可能性があります。

お金を借りていないのに、借金を1社からしている状態になってしまいますので、面倒でも借入件数を減らすという意味で、解約手続を取っておくことをおすすめします。

カードが手元にあると使ってしまう

一度完済をするとどうしても「完済できるから大丈夫」と、再び気軽に借入れをしてしまう人も少なくありません。

このような人は完済できているという自負もあるので、お金を借りるという行為に対してハードルが低くなってしまうのです。

今後は一切借入れを利用しないと強い意志があったとしても、カードが手元にあればやはり利用してしまうのが人間です。

そのため「もう利用しない」と決めたのであれば、手段を断つ意味でもカードを「使えなくする=解約」ととらえて、手続を行うといいでしょう。

また、ローンカードを持っていると周囲に知られてしまうと、お金に困っている消費者金融利用者だとマイナスイメージがついてしまう可能性もあるので、周囲に利用していたと知られたくない人は、解約してカードを破棄してしまいましょう。

アコムを退会するデメリットとは?

アコムを退会することで、デメリットが生じることもあります。

以下のデメリットを考慮してから、本当に解約しても良いのか決定して下さい。

お金が必要なときは新規に審査を受けなくてはならない

「アコムを解約しよう」と考えているということは、あなたの現在の経済状況は悪くないと予想されます。

しかし、いつ何時、経済状況が悪化して融資が必要になるか分かりません。

そのような状況になったときにアコムのカードがないと、また、新たにアコムや別の金融会社の融資審査を受けなくてはならないのです。

場合によっては審査に落ちて、融資を受けられない可能性もあるでしょう。

アコムACマスターカードを解約したい人は

アコムには、カードローン機能が付いたクレジットカードのアコムACマスターカードがあります。

国際ブランドMastercardが付いて、年会費、手数料無料なので使い勝手のいいカードといえますね。

しかし、あくまでもローンカードなので解約証明書が必要なときや、別のクレジットカードを申込む時などは解約を考えた方が良い場合もあります。

ACマスターカード解約の条件や手続きに関してみていきましょう。

解約には全額返済が条件

まず、アコムACマスターカード解約するには、ショッピング、キャッシング利用残高を0円にする必要があります。

返済方法がリボ払いで支払いが残っている場合は、利息などを含めた金額を一括返済して借入残高をなくしましょう。

解約には全額返済が条件ですので、1円でも残っていた場合は、解約することができません。

また、公共料金の支払いをアコムACマスターカードにしている場合は、引き落としが出来ない可能性があるので、あらかじめ支払いを行っておくか、支払い方法を変更しておくようにしましょう。

解約方法は?

ACマスターカードの解約手続きは店頭窓口、電話で行うことができます。

電話で解約を行う場合は、ローンカードの解約手続き同様、アコム総合カードローンデスクへ電話をしましょう。

◆アコム総合カードローンデスク
・フリーダイヤル:0120-629-215
・受付時間:平日9時から18時まで

手順もローンカードと同じように窓口、オペレーターに解約したい旨を伝え、指示にしたがって行えばスムーズに解約することができますよ。

また、手続きを窓口で行う場合は、免許証などの本人確認書類の提示を求められますので、持参するようにしましょう。

解約後のカードは処分?返済?

窓口で解約手続きを行った場合は、その場でカードの返却を求められますので心配がありません。

しかし、電話で手続きを行った場合、返済は求められずオペレーターから自らハサミをいれるなどの処分するように伝えられます。

ACマスターカードにはICチップがついており、個人情報や利用履歴などたくさんの情報が残っています。

これらの情報は、解約してからもICチップのなかに残っていますので、悪用される可能性があり、そのまま捨てるのは大変危険です。

磁気テープやICチップの部分をハサミで細かく切る、シュレッダーにかけるなどしてから、処分するようにしましょう。

まとめ

アコムのローンカードは年会費、手数料がかからないので持っていても日々の生活に支障はありませんし、今現在利用することがなくても、いつか資金不足で困った時にすぐに利用できると考えると、無理に解約する必要はないでしょう。

しかし、銀行の住宅ローンやマイカーローンなどの大型ローンを検討している人は、カードローンを利用していなくても契約しているだけで、審査が不利に働くことありますので、そういった方は解約をした方が良いでしょう。

また、今後カードローンに頼らない生活を送るため自戒の念を込めて解約を考えてもいいかもしれませんね。

どちらが自分にとってメリットがあるのかをよく考えて、解約するかしないか選ぶようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談