キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

プロミスの「3秒診断」のすべて

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスには「3秒診断」というサービスがあります。

この3秒診断について「どんなサービスか気になる!」という人もいるかと思います。

そこでこの記事では、3秒診断について分りやすく解説してみました。

サービスの詳細、その信頼度、本審査との違いまでが分かりますので、どうぞお読みください。

プロミスの「3秒診断」とは

プロミスの3秒診断は、「生年月日」・「年収」・「現在の他社借入金額」を入力することで、借入可能かを判断してくれる簡易診断です。

あくまでネット上の簡易診断ですので、電話やメールが来ることもなく、信用情報への照会などもありません。

住所や氏名などの入力も必要ないため、気軽にチャレンジできるというメリットがあります。

このように、簡単な入力内容でスピーディーに借入可能かを判断してくれるのが、3秒診断となります。

現在の他社借入金額の注意点

3秒診断を利用する場合、「現在の他社借入金額」の入力には注意しておくべきことがあります。

それは、他社借入金額として入力するのは「貸金業者からの借入のみ」という点です。

このため、「消費者金融・信販会社・クレジット会社(クレカのキャッシング枠)」の借入合計を入力することになります。

よって、「クレジットカードのショッピング枠」、「銀行カードローン」、「住宅ローン」、「自動車ローン」などは対象外です。

もちろん上記のような借入金も本審査に影響するのですが、3秒診断では貸金業者からの借入のみで結果を判断します。

そうしたことから、他社借入額として申告するのは貸金業者からの借入のみでOKなのです。

3秒診断でどのようなことが分るの?

3秒診断では先にお伝えしたように、プロミスで借入可能かどうかが分かります。

借入可能な場合は以下のような結果が表示されます。

借入可能か不明な場合は次のような結果が表示されます。

借入OKにならない原因

3秒診断で借入可能という結果がでない場合、以下のような原因が考えられます。

年齢が申込基準を満たしていない

プロミスを利用できる年齢は「20歳~69歳以下」までです。

この年齢内でない場合、いくら収入があったり、安定した職についていたりしても利用はできません。

総量規制に引っかかっている

プロミスは「総量規制」の対象です。

このため、年収の1/3までしか借入できません。

これは他の貸金業者の借入分を合計してですので、他社借入が年収の1/3に達している場合は100%審査に通りません。

このように、3秒診断の結果で借入OKとならない場合、上記のようなことが原因になっている可能性が高いです。

関連記事をチェック!

1375view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

3秒診断は信頼できるか?

3秒診断は非常に簡易なものですので、「結果は信用できるものなの?」という疑問がある人も多いでしょう。

結論から言いますと、結果が信用できるかは正直微妙です。

3秒診断は、生年月日・年収・他社借入額の3つの項目で判断する簡易診断でしかありません。

実際の審査では、それ以外にも多くの個人情報や信用情報から「返済能力」を判断し、審査結果を判断することになります。

このため、3秒診断で借入OKでも、本審査でNGになってしまうことは多々あります。

実際にプロミスの公式サイトにも以下のように記載があります。

診断結果は簡易的なものです。実際のお申込みでは、より詳細なお客さま情報に基づいてご審査いたしますので、ご希望に添えない場合があることをご了承ください。

※プロミス公式サイトより引用

こうしたことから、3秒診断はあくまで目安程度のものです。

よって、結果の信頼性はそこまで高くありません。

とはいえ、何のリスクもなく診断可能ですので、やってみる価値は十分あります。

3秒診断と本審査の違い

ここからは3秒診断と本審査の違いについて解説していきます。

3秒診断と本審査の違いは以下のとおりです。

申告する申込情報の数

3秒診断と本審査では、申告する申込情報の数がかなり違います。

3秒診断は3つの項目だけでOKですが、本審査は以下のように沢山の入力項目があります。

お客さま情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子供の有無
  • 電話番号
  • 自宅電話の有無
  • 運転免許証交付の有無
自宅情報
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 住まいの種類
勤務先情報
  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 勤務先の郵便番号
  • 勤務先住所
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 税込年収
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
契約方法/その他の情報
  • 希望の契約方法
  • 現在の他社お借入れ
  • 今回のお借入希望額
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 審査結果の連絡方法
  • 書面の受取方法

上記のように本審査では3秒審査よりも多くの入力項目があるため、入力完了までに少々手間と時間がかかります。

信用情報期間への照会

本審査では「信用情報機関」への照会があります。

信用情報機関とは、あなたが利用した「クレジットカード」や「カードローン」等の契約内容や返済記録などの情報が記録されている機関です。

信用情報機関の照会では、「どのような商品を利用しているのか?」、「今いくら借入があるのか?」、「返済期日をちゃんと守っているか?」といった部分が確認されます。

在籍確認の有無

本審査では「在籍確認」があります。

在籍確認は申込時に申告した職場に電話でされることになります。

このため、現在のお勤め先にプロミスから電話がかかってくるということですね。

ただし、在籍確認の電話は「非通知・担当者の個人名」でされます。

よって、プロミスからの電話だとは分からないため安心してください。

審査担当者の目視

本審査では審査担当者の目視も入ります。

3秒診断はネット上のサービスでしかなく、結果はすべてコンピューターが判断しています。

そのため、審査担当者の目視は入りません。

本審査も大部分はコンピューターが担当していますが、最終的には審査担当者の目視が入り審査の合否が決まります。

結果がでるまでの時間

結果がでるまでの時間も異なります。

3秒診断は結果が即表示されますが、本審査は最短30分となっています。

結果の連絡方法

結果の連絡方法も違います。

3秒診断はオンライン上で表示されますが、本審査はメールか電話で結果が通知されます。

まとめ

プロミスの3秒診断を利用すれば、借入できそうかどうかを簡単かつスピーディーに診断してくれます。

あくまで簡易診断でしかないため、結果の信頼度は微妙ですがそれでも目安にはなります。

そのため、「いきなり申し込むのは敷居が高い・・・」という人や、「とりあえず借入できそうか判断してほしい」という人におすすめです。

関連記事をチェック!

31view

お金借りれるか診断は参考程度に

カードローンでお金を借りるには審査に通らなければならないことはご承知のことかと思います。カードローンの公式サイトにあるお金を借りれるか診断するツールは、借入を申し込む事前に借りれるかどうか確認したいと...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談