キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

アコムは住民票で契約できる?現住所が違うときは?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アコムなどの消費者金融や銀行のカードローンに申し込むときは、かならず本人確認書類を提出しなくてはなりません。

一般的に本人確認書類と言えば“運転免許証”や“パスポート”ですが、誰しもが持っているわけではありませんよね?

誰でも発行できる書類として“住民票”がありますが、アコムでは住民票で申し込むことができるのでしょうか。

また、アコムから住民票を提出するようにと要請されることがあるのか、そして、本人確認書類だけでなく収入証明書類を提出しなくてはいけないのはどのようなときなのかについて解説します。

アコムの申し込みに必要な本人確認書類

アコムの申し込みに必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類の2つだけです。

本人確認書類とは運転免許証やパスポートなどの顔写真がついた公的書類で、収入証明書類とは現在あるいは前年度の収入を証明する書類です。

関連記事をチェック!

消費者金融等で必要な本人確認書類とは

お金を借りるときは本人確認をする 最近の消費者金融の借り方として、パソコンから申し込む方法やスマホから申し込む方法、または無人契約機から申し込む方法が一般化していますよね。 消費者金融...

借入額によっては収入証明書類が必要になる

すべての申込者には本人確認書類の提出を求められますが、収入証明書類は借入額(希望融資額)によっては提出不要になることがあります。

収入証明書類は、次の3つの条件のいずれかを満たすときはアコムに提出すると定められていますので、いずれの条件も満たさないときは本人確認書類だけを提出すればOKです。

  • アコムに50万円を超える融資限度額を希望する場合
  • 他社からの借入額とアコムに希望する融資額の合計が100万円を超える場合
  • アコムが収入証明書類の提出を要請する場合

関連記事をチェック!

カードローン即日融資に本人確認書類必要なしは可能?

即日融資を受けるときには本人確認ができる書類を提出しなくてはなりませんが、一体、どの書類が「本人確認書類」として利用できるのでしょうか。 また、そもそも本人確認書類なしに即日融資を受けることがで...

申し込みに住民票が必要なときとは?

先程も述べましたように、通常、本人確認書類としては顔写真入りの公的書類である運転免許証やパスポートなどを提出します。

しかし、次の2つのケースにおいては、住民票を本人確認書類の一部として提出することも可能です。

運転免許証やパスポートをもっていない場合

運転免許証もパスポートも任意で取得する公的書類ですから、いずれの書類も持っていないという人も多いでしょう。

また、マイナンバーカード(個人番号カード)も顔写真が入っている公的書類ですのでアコムの申し込みの際に本人確認書類として提出することができますが、運転免許証と同じく任意に取得する証明書類ですので、持っていないという人も多いのではないでしょうか。

顔写真付きの公的書類を1つもお持ちでない場合は、住民票を“補完書類”として添えることで、顔写真のない健康保険証などの身分証明書を本人確認書類として提出することができます。

住民票は本人でなくても取得できる書類ですので住民票1つだけではアコムでは本人確認書類として認められませんが、健康保険証などの顔写真はないけれども所有者が限定される公的な書類の補完書類としてなら、住民票を提出することができるのです。

運転免許証の住所と実際の住所が違うとき

運転免許証は顔写真入りの公的書類ですが、引っ越したばかりのときなどは、運転免許証の住所書き換えができていないこともありますよね。

役所では運転免許証の住所書き換えができませんから、最寄りの警察署に行って手続きをしなくてはなりません。

また、パスポートもパスポートセンターで住所書き換えをしますので、日中忙しいと書き換えるタイミングが遅くなってしまうことがあります。

そのようなときは、運転免許証やパスポートなどの1枚だけでも本人確認書類として提出できる書類に、正しい住所が記載された住民票を添えてアコムに提出すればOKです。

住民票は本人確認書類の補助書類にもなる

上記の2つのケースからも分かりますように、住民票は本人確認書類としてアコムに提出することができますが、いずれの場合も住民票1つだけで本人確認書類として完成するわけではありません

写真のない健康保険証などの書類を補完する目的で、あるいは住所が正確でない写真付きの書類を補完する目的で、住民票を提出するのです。

なお、顔写真のない書類もしくは住所が正確でない写真付きの身分証明書を提出するときは、住民票以外にも次の書類を補完書類として提出することができます。

  • ガス代の領収書
  • 固定電話の領収書
  • NHKの領収書
  • 電気代の領収書
  • 水道代金・下水道代金の領収書
  • 固定インターネット通信の領収書
  • 納税証明書
利用場所を特定しないサービスの領収書は補完書類にはならない

様々な料金の領収書が顔写真のない書類と住所が正確でない写真付きの書類の補完書類として使えますが、携帯料金の領収書は補完書類として提出することができません。

また、携帯電話と同じく、場所を固定せずに利用できるモバイルWi-Fiルーターの領収書も、補完書類としては不適切です。

アコムから収入証明書を提出するように言われたときは?

先程も紹介しました通り、借入希望額や他社からの借入額が特定の条件を満たすときとアコムから要請されるときは、収入証明書類をアコムに提出しなくてはいけません。

収入証明書類として利用できる書類としては、次のものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 所得証明書・税額決定通知書

源泉徴収票

最新年度の源泉徴収票を、アコムへ提出する収入証明書類として使用できます。

収入を証明する年度が前年度分になっているか、申込者本人のフルネームと年収が鮮明に記載されているかを確認してから提出しましょう。

また、現在の勤務先が記されていることも確認してください。

最新年度の源泉徴収票を発行した企業が現在の勤務先ではないときは、収入証明書類として源泉徴収票を提出することはできません

給与明細書

直近の給与明細書も、収入証明書類としてアコムに提出することができます。

申込者本人のフルネームと給与額、現在の勤務先が鮮明に記載されているか確認してください。

去年度とは勤務先が変わっている方は、給与明細書を収入証明書類として提出しましょう。

なお、給与明細書に住民税の記載がある場合は直近1ヶ月分の給与明細書のみを提出すればOKですが、住民税の記載がない場合は直近2ヶ月分の給与明細書が必要になります。

現在の勤務先から賞与明細書を受け取っているときは、直近1年分の賞与明細書も合わせて提出しましょう。

所得証明書・税額決定通知書

手元に給与明細書や源泉徴収票がないときは、お近くの証明書発行センターや役場で所得証明書を発行してもらってアコムに提出することもできます。

かならず最新年度のものを発行してもらい、所得金額や発行日、発行元が記載されているか確認してください。

なお、所得証明書には勤務先は記載されませんので、去年度の勤務先が現在の勤務先と異なる場合でも利用できます

また、勤務先もしくはお住まいの地域の市区町村役場から5~6月に交付される最新年度の市民税・県民税額決定通知書も、アコムの収入証明書類として使用可能です。

万が一、受け取っていない場合は、お住まいの地域の市区町村役場に問い合わせてください。

関連記事をチェック!

アコムで即日融資が可能なのは何時まで?

急ぎの融資が必要なときに頼れるのが、アコムなどの大手消費者金融のカードローンです。 アコムで即日融資が可能なのは何時までなのか、また、少しでもスピーディに借り入れるためのコツについても紹介します...

住民票の取得方法と注意点

収入証明書類を提出する際に、住民票を添えることはありません。

しかし、本人確認書類を提出するときは、顔写真入りの公的書類の住所が正確でない場合と顔写真のない身分証明書を使用する場合に、住民票を補完書類として提出します。

住民票が必要になったときの取得方法と注意点についてまとめました。

住民票の取得方法

お住まいの地域の市区町村役場もしくは証明書発行センターに行き、住民票発行申請書類を記入して提出しましょう。

受取時に、発行手数料(200~400円。自治体によって異なります)の支払いと本人確認書類の提示を求められます。

この場合の本人確認書類としては、健康保険証や年金証書などの写真のない身分証明書類も利用できます。

住民票は本人以外でも取得できる

役場や証明書発行センターの営業時間は、基本的には日中のみです。

仕事などで営業時間内に住民票を発行できない場合は、家族に代理で住民票を発行してもらうことも可能です。

その場合は委任状(自治体によってフォームが異なりますので、かならず自治体のホームページで確認してください)が必要になりますので、正確に作成して家族に渡しておきましょう。

家族が代理で住民票を取得するときは、受取時に依頼人ではなく家族本人の身分証明書を提示しなくてはなりません。

忘れずに身分証明書を持っていくように、家族に一声かけておきましょう。

郵送でも住民票を取得できる

日中は忙しく、しかも、代理取得を頼める同一世帯の家族がいないときは、郵送で住民票を取得することも可能です。

取り寄せたい住民票がある役場の公式サイトから“書類取り寄せ申請書”をダウンロードし、書類発行手数料分の定額小為替と82円切手を貼った返信用の封筒を入れて役場に送付しましょう。

大型連休を挟まない場合、1週間以内には住民票を手にすることができます。

第三者でも委任状があれば住民票を取得できる?

住民票は、本人でなくても取得することができます。

かつては委任状を渡せば、同一世帯の家族以外でも住民票取得を依頼することができました。

しかし、現在は個人情報保護の観点から、同一世帯の家族以外が委任状を受け取った場合は、住民票発行依頼の受付だけを役場や証明書発行センターで行い、住民票自体は住民票を必要とする本人に直接郵送するケースが多くなっています。

委任状がない第三者は住民票を取得できる?

本人の委任状がないとき(=本人が住民票の発行を希望しないとき)であっても、次のような状況のときは他人が住民業を取得できることがあります。

  • 養育費を請求するために、元配偶者の住所を特定する必要があるとき
  • 金銭や物品を貸したのに返済しないため、督促状を送りたいとき

住民票取得の際の注意点

現住所が分かる書類としてアコムに住民票を提出するときや、本人確認書類として健康保険証とセットで住民票を提出するときは、かならず「あなた本人の分だけの住民票」を提出するようにしてください。

住民票を取得するときは「代表者お一人のものですか?ご家族の情報も含めますか?」と尋ねられますので、「わたし本人だけの分を発行して下さい」と答えましょう。

アコムに正確な情報を提出することは大切なことですが、不要な情報(家族の情報)までは提出する必要はありません。

正しい方法でアコムと関わっていくようにしてくださいね。

アコムへの必要書類や住民票の提出方法

提出する書類をすべて準備したら、いよいよアコムに提出します。

アコムの店頭で提出するときは、書類原本(運転免許証や健康保険証、住民票の写しなど)をスタッフに渡せば、スタッフがコピーをとってすぐに返却してくれます。

アコムの店頭以外で書類を提出するときは、次のいずれかの方法を選択してください。

写真を撮ってスマホで提出

電話やインターネット経由で申し込んだときは、必要書類の写真を撮ってスマホで提出することができます。

即座に送信できますので、郵送で書類を送るよりもスピーディに融資を受けられます。

ただし、税額決定通知書のように横に長い書類や源泉徴収票のように縦に長い書類を送付するときは2回に分けて写真を撮影しますが、かならず中央部分は両方の写真に含まれているようにしてください

1枚目の写真と2枚目の写真に重なり部分がないときは、同一書類であることを証明できないため、アコムから書類の再提出を要請されます。

無人契約機で提出

無人契約機(むじんくん)で契約するときは、書類提出も無人契約機で行います。

無人契約機で操作する画面の下(一部のむじんくんでは操作画面の横)にスキャナーが設置されていますので、提出する書類を記載された枠内に設置し、画面上の「確認」ボタンをタッチしてください。

郵送で提出

お近くにアコムの店舗や無人契約機がない場合、また、スマホや携帯電話で写真を撮って提出することは難しいと感じる場合は、住民票などの必要書類を郵送で提出することができます。

必要書類をコピーにとり、紙の端に分かりやすい大きめの字で受付番号もしくは8桁の会員番号を記入し、以下の住所に送付してください。

〒240-0005
神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町134
横浜ビジネスパークウェストタワー9階
ACサービスセンター事務係

関連記事をチェック!

消費者金融の差し押さえはいつされる?

消費者金融の借金を長期滞納していると差し押さえされることがあります。差し押さえは裁判所の命令によって行われるため決して避けることはできません。 しかし差し押さえについてどのような流れで行われるの...

Q&A アコムの申し込みや住民票提出でよくある質問

ここで、アコムの申し込みや住民票の提出について、よくある質問にお答えしていきたいと思います。

住民票に書かれている住所では申し込みたくありません、どうすればいいですか?

A.原則、現住所で申し込まなければなりません

住民票に書かれている住所に、現在住んでいるという場合には、その住所で申し込まなくてはなりません。

アコムとしては、確実に契約者へ郵便物を届ける必要があります。

また、万が一返済されない場合には、登録住所へ訪問もします。

そのため、実際に住んでいるところで申し込んでもらわなくてはならず、実際には住んでいない住所を契約者住所とすることはできません。

しかし、役所に転出や転入の手続きをしておらず、住民票の住所が現住所と異なる場合は、別の書類(公共料金の領収書など)で申し込みすることになります。

この場合は、住民票上の住所は関係ありませんので、そもそも住民票を提出する必要はありません。

なお、どうしても住民票上の住所では申し込みたくない場合、「健康保険証+公共料金の領収書」で申し込むことも可能ですので、これらの書類が住民票の住所と違えば申し込み自体はすることができます。

引っ越しました。金融機関や金融会社は住民票で追いかけてきますか?

A.追いかけてきます

金融機関や金融会社では、契約者へ郵便物が届かない場合や、連絡が取れない場合、住民票を取得できます。

あまり見る人はいませんが、こうしたことは申込時や契約時に取り交わす「個人情報の同意書」に記載されています。

そのため、金融機関や金融会社では、連絡が取れないことを理由に、所定の手続きをもって役所から住民票を取ることが出来るのです。

たとえ、アコムに届け出ている住所から引っ越していたとしても、その住民票を取れば転出日や転入先も知ることができます。

これを追っていくと、現在の住所にたどり着くことができます。

ただし、転出などの手続きをせずに引っ越している場合は、住民票では追うことができませんので、アコムが見つけるのは至難の技となります。

アコムに提出した住民票は実家の住所です。借金を踏み倒したらどうなりますか?

A.まずは実家に連絡されることになります

アコムが延滞者に督促をする場合、電話で連絡が取れなければ、登録されている住所に督促状を発送します。

それでも返済されない、連絡が取れない場合、督促状自体は届いていることになりますので、本人が無視していると判断します。

そのため、最終的には実家に訪問する可能性もあります。

ただし、訪問の際に「アコムですけど〇〇さんはおりますか」ということは言いません。

たとえ家族であっても、本人以外に言えばプライバシーを侵害することになります。

ですが、今はいない人への郵便はすでに出されていますので、担当者が訪問した時には家族に知られている可能性は非常に高いです。

なお、督促状や訪問によって実家にいないことがわかると、アコムでは家族からの聴き込みや住民票の取得などで追ってくることになります。

住民票と保険証の提出を求められましたが健康保険に未加入です。どうしたらいいですか?

A.保険証以外の書類を提出しましょう

アコムの申し込み基準には、健康保険加入の有無はありません。

つまり、健康保険に未加入の場合でも、融資を受けることは可能ということです。

そのため、保険証を求められたとしても、健康保険に未加入ということを伝えれば、他の書類の提出を求められる可能性が高いです。

ただし、健康保険に未加入の場合、病気や怪我をすれば全額が自己負担となりますので、融資をする側としては懸念材料となります。

申し込み基準にははっきりと記載していませんが、アコム基準で健康保険への加入が融資対象の条件となっている可能性もあります。

保険証の提出を求められた場合は、公共料金の領収書などを持ってきているため、それで対応してもらえるように交渉しましょう。

アコムから督促状が来ています。住民票を変更したら督促から逃げられますか?

A.逃げられません

アコムでは、連絡が取れない場合のために、個人情報の取り扱いにおいて、契約者から同意を得ています。

そのため、所定の手続きを取ることで、アコムでも役所から住民票を取得できます。

つまり、住民票を変更したとしても、引越し先がわかりますので、今度はそこに督促することになります。

もしも、住民票だけを変更したとしても、全く知らない人の住所には変更しないはずです。

変更先の住所に友人や知人が住んでいれば、正体を明かさずに本人がどこにいるかを聞き込みするでしょう。

また、住所が変更されていたとしても、最初に届け出た住所には真っ先に督促されますので、住民票だけを変更したところで見つかるのは時間の問題です。

顧客数も多く、長年営業してきたアコムには、それだけのデータがありますし、督促も多くしてきています。

もちろん、法に触れるような督促はしてきませんが、あらゆる方法で督促してきますので、逃げ切るのは非常に難しいです。

まとめ

借入額の条件さえ満たせば、ほとんどのケースにおいて、本人確認書類だけでアコムに申し込むことができます。

しかし、本人確認書類として顔写真付きの公的書類がないとき顔写真付きの公的書類はあるものの住所が正確でないときは、住民票などの書類を補完書類として提出できます。

書類が不備のときは融資までに時間がかかってしまいますので、かならずアコムに申し込む前に正しい書類を準備しておきましょう

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談