借入のデメリットに注意

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

お金を借りようと考えているあなたに、元貸金業者の立場から借入のメリット、デメリットを説明してきます。

担保、保証人不要で借入可能

担保、保証人不要で借入可能

いざお金が必要な時に自分の信用力だけでお金を借りる事が出来る。これは非常に大きなメリットと言えます。担保も、保証人も必要ありません。

必要なのは自分の信用力だけです。初めてお金を借りる人なら、信用状態に問題のある人は少ないでしょう。

その為、お金はかなり借りやすい状況と言えます。貸す側からみても、この人は優良顧客候補と考えてもらえる可能性が高いので、自分の借りたい金額以上の融資枠を作ってくれる事があります。

新規顧客は消費者金融に取っては運任せなのでこの様なお客さんは優遇されがちです。

消費者金融は基本的に無担保・保証人不要が最大の売りのひとつでもあります。消費者金融はあくまでも自分自身の信用力で勝負となります。

真面目にコツコツと働いている人ならお金を借りる事は難しい事ではありません。こんなに簡単にお金を借りる事が出来るのか?と思わず思ってしまうほど非常に便利です。

関連記事をチェック!

137view

消費者金融は連帯保証人不要で借りれる

消費者金融は連帯保証人不要でお金を借りることができる金融機関として頼もしい存在です。 連帯保証人がいなければ借金返済できなくても迷惑をかけることはありませんね。 しかし銀行カードローンは保証会社の...

最短30分で借入可能

最短30分で借入可能

とにかく申し込んでからお金を借りるまでのスピードが速い事です。消費者金融=スピード審査です。とにかくタイミングさえよければ、申し込みをして僅か30分で、指定の銀行口座にお金が振り込まれます。

非常に便利なサービスも兼ね備えています。その日の内にお金を借りる事が出来るのは今では標準サービスとなっています。非常に利便性が高いですね。

ネットで会社に行く前に申し込んだら、会社に着くころには審査が通っていればお金が振り込まれています。それだけスピードに関しては消費者金融大手は拘りを持っています。だ

からと言って審査を適当にする事は絶対にありません。しっかり審査をしたうえでスピード振込が行われています。必要なお金が短時間で手元に来るまでが速いので、精神的に安心出来ます。

初めてお金を借りる人にしてみたら不安に思う事も多いです。

その中にはどれくらい時間がかかるのだろう?と言う不安要素もありますが、消費者金融の電光石火の審査で、審査可決になれば振込があっと言う間に行われるので、スピードがとても速いので便利です。

銀行カードローンはスピーディさがウリ

銀行カードローンを利用するメリットとしては、融資を受けるまでのスピーディーさが挙げられます。

申し込み→審査→契約といった一連の流れが早ければ1時間以内に終わってしまうため、どうしても当日中に融資を受けたいという場合にはオススメです。

ローンカードは全国の自行ATMやコンビニ等の提携ATMで利用できるため、場所を問わずに融資が受けられるのも嬉しいポイントです。

また、消費者金融等と比べると適用金利が比較的低くなっている点も見逃せません。

誰しも融資を受ける際にはできるだけ低い金利で受けたいと思うものです。

そういった意味では、銀行カードローンは融資検討先として真っ先に候補に上がると言えます。

一方デメリットとしては、審査が比較的厳しめであるということが挙げられます。

貸金業そのものを商売としている消費者金融とは異なり、銀行の融資サービスはあくまで数ある事業のうちの1つなので、危ない橋を渡るような融資は決して行いません。

しっかりと審査を行った上で確実な返済を見込める相手にしか融資を行わないため、属性等で不安のある方が銀行カードローンを利用するのは少々ハードルが高い場合があります。

なお、メリットとして挙げた「即日融資が可能」という点は条件付きである場合が多いので注意が必要です。

消費者金融とは異なりローンカードの即日発行は難しいので、原則として銀行窓口の営業時間内に手続きを終えておかないと、即日融資を受けることはできません。

銀行によっては、自行口座を保有していることが即日融資の条件に含まれる場合もあるので、銀行カードローンでの即日融資を希望する場合には、条件面をよく確認した上で申し込む必要があります。

急な出費にも対応

急な出費にも対応

絶対的なピンチから脱する事が出来る。どうしてもお金が50万円足りない何とかならないか?銀行で借りるのは現実的ではない。

(銀行直接融資)そんな時に消費者金融の存在がクローズアップされてきます。これなら何とかピンチを脱出する事が出来る。

今まで自信がなかった方が消費者金融を利用する事によって勇気とパワーを貰えるのです。これは非常に大きいですね。

皆さん消費者金融の実力を侮る傾向にあります。銀行系カードローンもいいですが、消費者金融だって負けてはいません。

ここまで借入のメリットを見ていきました。続いてはデメリットを見ていきましょう。

簡単にお金を借りられるため、借りすぎてしまう

簡単にお金を借りられるため、借りすぎてしまう

お金を簡単に借りる事が裏目に出てしまう可能性があります。余りに簡単にお金を借りる事が出来るので、ついついお金を借りすぎてしまう傾向にあります。

最初は皆さん非常に慎重なのですが、だんだん気持ちが緩んできます。それが1番の落とし穴になっています。

消費者金融は、かなりお金を借りやすいので、思わず必要以上にお金を借りすぎてしまう傾向があります。借金は依存性が高いので、直ぐに借金依存症に陥ってしまいます。

これは最大のデメリットと言ってもいいでしょう。お金の魔力に打ち勝つ心を持たなければいけません。

関連記事をチェック!

228view

借りてはいけない消費者金融とはヤミ金

借りすぎてしまった場合や銀行での融資を断られた場合に、「誰にでも貸します」という消費者金融が気になると思います。 これはヤミ金である可能性が高く、絶対に借りてはいけないところなのです。 今回は、ヤ...

住宅ローンの審査へ影響あり

住宅ローンの審査へ影響あり

いつまで消費者金融を利用するかにもよりますが、消費者金融を利用した状態だと、住宅ローンの審査に影響がでます。勿論悪影響です。これは大きなデメリットになってしまいます。

基本的に消費者金融を使う人は枠の中で出し入れを繰り返します。

住宅ローンへの影響を無くすのには、全て完済し、解約する事です。そうすれば影響はありません。

この差は非常に大きいです。全く影響がないのと影響があるのでは、全く違います。住宅ローンはまだまだ先と思っている方も、完済が出来る範囲でお金を借りておく事です。

いつ住宅ローンを組む事になるかわかりませんからね。しっかり対応出来る準備はしておかないと最終的に泣くはめになります。

誰だってそんな思いはしたくありません。答えが分かっている問題ですから、消費者金融の利用を最小限にすればいいだけの話です。

金利が高い?

金利が高い?

これは価値観の問題になってきますが、消費者金融の金利18%をどう思いかですが、普通に考えても金利は高いです。金利が高いので利息を多く支払う事になります。

出来れば利息は多くは払いたくはないと思います。そうなると18%の金利は高くデメリットと言う事になります。

金利がたかいのは大きなデメリットと言えます。少しでも金利が低い所からお金を借りる事が一番ですが、消費者金融は大手でも金利は上限金利一杯の18%です。ここが痛い所です。

しかし、ライバルが金利を下げないなら下げる必要がありませんから、金利が変わらないのです。

金利が高いと思って借りなければいけません。決して金利は低くはありません。それをしっかり認識してお金を借りれば、どれくらい、お金を借りるかを考えた時に、お金を減らして借りようとなるはずです。

金利が高い状態でお金を借りるのは不利な状況なのは間違いありません。

消費者金融では無利息期間が利用可能

消費者金融を利用するメリットとしても、融資までにかかる時間のスピーディーさが挙げられます。

上述したように最近でこそ銀行カードローンでも即日融資を受けられるようになっていますが、以前はスピード審査・即日融資と言えば消費者金融の十八番でした。

銀行カードローンでは口座振込による即日融資が一般的なのに対して、消費者金融の場合は口座振込に加えて自動契約機を利用してローンカードを即日で受け取ることでも即日融資を受けることが可能であり、利便性で言えば消費者金融に軍配が上がります。

また、大手の消費者金融を中心に取り扱われている「初回30日間無利息サービス」の存在も、メリットの1つです(一部銀行カードローンでも取り扱いがあります)。

初回限定とは言え借り入れてから30日、つまり1ヵ月中に返済を行えば本来上乗せするべき利子無しで返済を行えるということですから、利用者にとってこれほど助かるサービスはありません。

また、初回30日に限らず「1週間限定で何度でも」「業者独自のポイントを利用することで任意のタイミングで」利用できる無利息サービスもあり、利用者各々の事情に応じて適したサービスを選択することができます。

その一方で、適用金利が総じて高めであるということはデメリットとして挙げざるを得ません。

融資を受ける際の金利にはある程度の幅が設けられていますが、初回利用や少額利用ではほぼ確実に上限金利に近い金利が適用されます。

無利息期間は条件を満たせる人からすればありがたいサービスですが、適用対象外の人からすれば消費者金融とは「金利の高い融資サービス」であるという印象はぬぐえません。

人によっては完済のメドが立たない

人によっては完済のメドが立たない

だらだら返し続けると返済する月日が長くなってしまいます。1日も早く返済をする事が理想的です。だらだら返すと完済のメドが立ちませんから、しっかり目標を持って返済をしないといけません。

関連記事をチェック!

2213view

借金完済した人の特徴とは?やるべきことってなに?

借金を返せなくて悩んでいる人も多いですよね。借金を全て完済した人の特徴が知りたい、できれば真似したいと思っている人もいるのではないでしょうか。 住宅ローンに車のローンなら全部支払い終われば自分のモノ...

キャッシング枠はすぐに利用できる

クレジットカードのキャッシング枠を利用するメリットとしては、利用しようと思ったらすぐに利用できるということが挙げられます。

銀行カードローンや消費者金融でもスピード融資のことについて触れましたが、それらはあくまで「審査が早く終わる」ということなのに対して、クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合には「審査が必要ない」のです。

クレジットカードは発行の際に審査が既に終わっているため、実際に利用しようと思う時にはクレジットカードをATMで利用するだけでOKです。

このスピーディーさは銀行カードローンにも消費者金融にも真似できないものであり、これらの営業時間が終わってしまった後でも利用できるという意味では唯一無二の存在であると言えます。

デメリットとして挙げられることは、消費者金融同様金利の高さです。

審査が必要なく確実に借り入れを行うことができる利便性を取るか、多少時間はかかる(とは言え決して遅いわけではない)ものの相対的に低い金利での融資を取るか…悩ましいところではあります。

また、クレジットカードのキャッシング枠の限度額は、クレジットカード本来の用途であるショッピング枠と同じ金額内での計算となります。

つまり、仮に限度額50万円、ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円というクレジットカードを持っていたとしても、今月既にショッピング枠で40万円を利用していたとすると、キャッシング枠で利用できる金額は20万円ではなく、50-40=10万円となってしまいます。

この仕組みを知っておかないと、いざキャッシング枠を利用しようと思った時に限度額が足りないということになりかねないため、注意が必要です。

両親・友人等からの借金

困ったら自分の周囲の人間に頼るというのも1つの方法としては考えられます。

ただし、誰彼見境なくお金の無心をしていては自分の周囲の人間は離れていってしまうので、頼るべき相手は慎重に選ばなければなりません。

最も親身に話を聞いてくれそうなのは、自分の肉親である両親ではないでしょうか。

子供がお金のことで悩んでいる・困っているとなれば少しでも力になってあげたい、そう考える親の人は少なくないはずです。

また、仲のいい友人にお願いするという方法も考えられますが、これは相手を選ばないとそのまま友情関係の崩壊につながってしまいます。

いずれにせよ周囲の人からお金を借りようと思う場合は、非常に限られた選択肢になると言えます。

両親・友人等から借金する場合は制限なし!

両親や友人からお金を借りる場合のメリットは、企業や国からお金を借りるわけではないため、一切の制限がないということです。

極論を言えば「ちょっと今月お金厳しいから1,000万円貸して!」という無茶なお願いでも相手がOKさえしてしまえば借りられてしまいます。

企業や国から融資を受ける場合は最大融資限度額が○○万円で金利が××%で…、といったように決められていますが、これらの条件も双方の話し合い次第で決めることができます。

返済はお金ではなく何か別の形(労働など)で返すことも可能なのも、両親や友人からお金を借りるという方法独自の利点だと言えます。

デメリットとしては、周囲との人間関係が壊れてしまう可能性があるということです。

返済を行えなかった場合はもちろんですが、返済をきちんと行ったとしても「お金を貸した側」と「お金を借りた側」という意識が双方に根付いてしまい、何となく関係がギクシャクしてしまう可能性は否めません。

借りた金額が1万円なのか100万円なのかということや、貸し手と借り手のそもそもの関係性などで変わってくる部分ではありますが、そういった危険性があるということには十分注意しておく必要があります。

個人間での金利はいくらまで?

なんとか個人間融資でお金を借りれたとして、いくらまでなら利息の支払、つまり金利を取っても良いのでしょうか。

銀行カードローンや消費者金融の借り入れは法律によって上限金利が定まっています。

出資法によると貸付上限金利は年20.0%まで許されていますが、原則利息制限法によって契約をしなければならないため、借入する金額によって借入金利が定められています。

利息制限法ではお金の貸し借りに関する借入上限額は次のように定められています。

・10万円未満:年20.0%
・10万円超100万円未満:年18.0%
・100万円超:年15.0%

しかし個人間融資の場合は出資法によって年109.5%まで金利を定めても良いとなっています。

10万円を個人から借りれば30日あたりの利息は9,000円です。

銀行カードローンや消費者金融で10万円を借りた場合の利息が、1,300円から1,400円程度であることを考えるとかなり利息が高いですね。

しかしながら、たとえ個人間融資でもお金の貸し借りについては利息制限法の上限金利が適用されます。

たとえ出資法によって年109.5%までの金利を取って良いとなっていても、利息制限法の上限金利を上回って利息を取った場合は元本に充当しなければならないことが定められています。

お互いの合意によって年109.5%まで金利を支払うことを約束したとしても、万が一お金を貸した側が法的手段に訴えると、利息制限法の金利を超えた利息の支払いは過払い金として返還しなければなりません。

したがって個人間融資でお金を貸す場合に定める金利は、安全策を取って利息制限法に基づいた金利にしておくと良いでしょう。

個人間融資でも借用書は必要

個人間融資の金銭貸借は民間の金融機関ほど事細かく書く必要はありません。

名刺の裏でもチラシの裏でも、白紙の部分にお金を借りたことやいつ返済するかなどの期日を書いておけば第三者に対しても実際に個人間融資の事実があったことを証明することができます。

親や親戚、兄弟及び同僚や友人からお金を借りる場合には、たとえ相手が求めなくてもお金を借りるあなた自身が借用書を差し入れることが相手を安心させます。

借用書を書く、ただそれだけであなたの誠意が伝わりますので、きちんと返済を行えば信頼関係を失うことまでは行かないでしょう。

個人からお金を借りる場合必要な借用書の項目は次のものがあれば十分です。

・お金を借りた日
・借りた金額
・返済期日
・金利の定め
・返済方法
・借用書の作成日
・借主の住所氏名

最低限以上の項目があれば借用書の体を成します。

無用な金銭トラブルを避けるためにも、お金を貸してくれた個人に心配をかけないためにもあなたは自ら借用書を差し入れるようにしたいですね。

関連記事をチェック!

10503view

無効となる借用書(金銭消費貸借契約書)の書き方

銀行や消費者金融など金融機関が作成する借用書は、どこからも隙がないように法律知識をふんだんに取り入れて作成されています。 しかし個人間融資となると、市販されている借用書をそのまま利用したり、インター...

無効となる借用書(金銭消費貸借契約書)の書き方

ソーシャルレンディングは幅広い人が利用可能

ソーシャルレンディングのメリットは、比較的低金利で借り入れを行うことができる点です。

銀行や消費者金融とは異なり店舗を持たず全てオンライン上での手続きとなるため、コストを低く抑えることが可能であり利用者はその分の恩恵を低金利という形で受けることが可能になっています。

また、ソーシャルレンディングでも融資を受ける際の審査はありますが、銀行カードローンや消費者金融とは異なった審査基準を設けているため、消費者金融等で借り入れができなかった人でもソーシャルレンディングであれば借り入れを行える可能性があります。

低金利で他で融資を断られた人でも利用できるとなるとメリットしかないように感じられますが、実際これといったデメリットはありません。

強いてあげるとすれば、ソーシャルレンディングへの出資者は慈善事業ではなく投資のために出資を行っています。

そのため、しっかりとしたリターンが見込める案件に出資金が集中しがちであるため、個人よりも企業が募集している融資案件にお金が流れていきやすいという傾向があります。

しかしこの点も、個人向け融資を中心に取り扱っているソーシャルレンディングサービスを利用することで、ある程度解決することが可能です。

まだ生まれて間もないサービスであるためデメリットが見出されていないだけという可能性もありますが、総じて好条件で融資を受けることが可能だと言えそうです。

個人間融資掲示板はリスクが大きい

何らかの事情で銀行カードローンでお金を借りることができない人や、消費者金融でお金を借りることができない人が利用するのが個人間融資掲示板です。

個人間融資掲示板はその名の通り、個人間融資をマッチングさせるための掲示板です。

お金を借りたい人が、月末までに5万円貸してください、などと書き込むことで、それを見た相手が返信し、条件が合えばお金を貸してもらうことができるというサイトです。

インターネットで「個人間融資掲示板」と検索すればいくつか見つけることができるでしょう。

しかし個人間融資掲示板は決して安全なサイトではありません。

管理者がはっきりしないばかりか、あくまでも個人間融資をマッチングさせるためのサイトですから、お金を借りる条件についてまで立ち入ることはありません。

ほとんどの場合、個人間融資掲示板でお金を貸しますと連絡を取ってくるのは闇金業者が詐欺と思って間違いありません。

見ず知らずの人にお金を貸すのに、ボランティア精神でお金を貸そうという人はなかなかいるものではありませんね。

お金を貸して欲しいと書き込んだら、すぐに返事が来た。喜んで条件を交渉してみると10日で3割の利息や、10日で5割の利息の条件を突きつけられることも珍しくありません。

もちろんお金を借りる場合には個人情報を提供しなければならず、お金を借りるあなた本人の情報以外にも要求されることでしょう。

親や兄弟、親戚の名前や住所、連絡先電話番号、勤務先なども根掘り葉掘り聞かれることになります。

個人情報が流出するばかりではなく、あなたがきちんと返済しないと親や親戚などにも取り立ての連絡が入り重大なトラブルを起こすこともありますよ。

関連記事をチェック!

7338view

個人間融資のツイッターで詐欺に..!【被害者怒りの告白】

どうも馬太郎です。先日、馬太郎のメールアドレスに一通のメッセージが届きました。 「【悲報..】個人間融資掲示板はやっぱり闇金だったw」の記事を見た人(以下Aさん)から、個人間融資の詐欺にあったか...

借り逃げすることはできる ?

個人間融資掲示板でお金を借りて借り逃げすることはできるのでしょうか。

直接会って契約したわけではないので、もしかしたら返済しなくても握ることができるのではないかと考える人も多いかもしれません。

しかしすでにご説明のようにあなたの個人情報や親や親戚、兄弟などの個人情報も提供していますので借り逃げすることはまずできません。

闇金業者にはネットワークがあり、お互いの協力によって北は北海道から南は九州沖縄まで津々浦々にわたって闇金業者の協力関係ができています。

借りたお金を返済しなければ24時間365日の取り立てを覚悟しなければなりません。

もちろん勤務先への連絡もあるでしょう。

甘い考えで個人間融資掲示板を利用するのはかなり危険です。

犯罪に巻き込まれる可能性

個人間融資掲示板を通じてお金を借りる条件に、銀行口座の開設やFX口座の開設を求められることもありますよ。

場合によっては携帯電話の契約を条件に出される場合もありますね。

相手の言われるがままに口座の開設や携帯電話の契約をしてしまうと、それらはオレオレ詐欺などに利用されます。

お金を貸してくれた相手が警察に逮捕されることになってしまうと、当然ながらあなたにも捜査の手が入ります。

知らない間に犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高いのも個人間融資掲示板の特徴です。

国からの公的融資

消費者金融や銀行カードローンを利用する場合は審査が必要になるため、収入状況等によっては申し込んでも審査落ちになってしまう可能性があります。

収入が少なく生活状況が困窮している場合に利用できる制度には、国からの公的融資があります。

代表的な制度には生活福祉資金貸付制度というものがあり、資金使途に応じて総合支援資金・緊急小口資金などいくつかの種類に分けられた資金の融資を受けることが可能です。

母子家庭や父子家庭の人であれば、母子父子寡婦福祉資金貸付金という制度が利用可能であり、母子家庭や父子家庭の父母・子供の経済的自立を支援するための資金融資をうけることができます。

どちらも国のセーフティーネット的な制度であるため、誰もが利用できるというわけではありませんが、生活が苦しい時にはこういった国の制度に頼ることを検討してみるのも1つの方法です。

国からの公的融資こそ最後の頼みの綱

生活福祉資金貸付制度などの国からの融資を利用することのメリットは、非常に低い金利もしくは無利子で借り入れを行うことができることです。

これらの融資を行っている主体は国であり融資によって儲けようという意図はなく、生活に困窮している人を救うためのセーフティーネットとして設けられているからです。

無条件で無利子・連帯保証人を立てられれば無利子など利用する制度によって金利の条件は異なりますが、ほぼ元本のみの返済と変わらないような条件で融資を受けることができます。

デメリットは、誰でも利用できるような制度ではないということです。

利用に際しては条件を満たしているかどうかについて厳密な審査が行われますし、融資を行うことで生活を立て直すことが現実的に可能かどうかということがしっかりとチェックされます。

とは言え、生活困窮者の方にとっての最後の望みであることに変わりはありません。

消費者金融や銀行で融資を断られたとしても、個人間融資掲示板等など利用せずに公的な融資制度を利用することで乗り切るようにしましょう。

関連記事をチェック!

2736view

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法と借りれない原因や対処法

今得ている収入では、どうしても生活していくことができない。 しかし、今の状態では金融機関に融資を申し込んでも、審査に通る見込みがないでしょう。 そんな時に利用検討してもらいたいのが、生活福祉金貸付...

借金するのは計画的に!

借金と返済は切り離すことはできません。

多少の誤差が生じても返済できるように、余裕のある返済計画を立てるようにしましょう。

必要なときにはちゅうちょなく借りる

借金が必要なときは、思い切って借りましょう。

無駄遣いをしているわけではないので、ちゅうちょする必要はありません。

借金の申し込みをしてから、審査や契約などで時間が掛かりますので、迷っている間に融資が間に合わない可能性も出てきます。

特に中小企業の経営者は、迅速な経営判断が求められるでしょう。

事業規模を拡大するための設備資金を借りる場合など、本当に必要だと判断した場合にはちゅうちょする必要はありません。

金融機関の審査もあるので、無謀な事業計画だと判断された場合には審査落ちとなります。

思い切って融資の申し込みをしましょう。

借金がある場合は返済を!

いくら必要に迫られている借金とはいえ、完済せずに借金を繰り返すことはおすすめできません。

借金が膨れ上がると利子の支払いばかりで、なかなか元金が減らなくなってしまいます。何らかの事情により収入が減ってしまうと、返済が滞ってしまいブラックリストに載ることになるでしょう。

新規で借り入れができなくなり、不便な生活を送ることになりかねません。

経営者が借金の返済ができなくなった場合には、同時に事業を続けることができなってしまうでしょう。

収入を失うことになるので、しっかりとした返済計画を立てた上で借金と付き合わなければなりません。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談