アコムの借入をボーナス払いで利息軽減

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

ボーナス払いのメリット

住宅ローンや自動車ローン返済してくために、毎月の返済だけでなく、ボーナス払いをしている人がいます。

ボーナス払いをすると、

  • 利息負担を軽減できる
  • 返済期間を短くできる

というメリットを得ることができます。

どちらも返済していくために有利なことですので、ボーナス払いは非常に有効な返済方法であるといえます。

しかし、ボーナスでまとまった収入が入るとはいえ、すべてを返済に充ててしまえば急な出費などに備えることができなくなるなどのデメリットもありますので、ボーナス払いも計画的に行わなければなりません。

借金をボーナス払いで返済しよう!カードローンの返済が苦しいときどうする?

アコムにボーナス払いという返済方法はない

ボーナス払いをすることで多くのメリットを得て返済することができますが、アコムのカードローンでもこのようなことができるのでしょうか。

アコムのカードローンは、最低金利が3.0%と低金利ですが、このような金利で借りることができる人は限られており、多くの人は18%という高い金利で借りています。

金利が高いカードローンだからこそ、利息の軽減などが必要ですので、ボーナス払いを利用することでより返済しやすくなります。

しかし、アコムが採用している返済方法は「定率リボルビング方式」であり、基本的には毎月返済しかありません。

ですが、アコムは最小返済額以上であればいくらでも返済することが可能ですので、ボーナス時に返済額を増額することができます。

これにより、実質的にボーナス払いをすることができ、利息負担などを軽減することができます。

関連記事をチェック!

596view

アコムの返済方法、返済額【分割払いもマスター】

返済日は3パターン アコムには、返済期日が異なる3つの分割返済があります。 35日ごとの分割返済 毎月指定期日の分割返済 口座振替を利用する分割返済 これらの分割返済は、契...

ボーナス払いした時の利息軽減例

アコムへボーナス払いをした場合に、いったいどれだけの利息を軽減でき、返済期間をどれだけ短縮することができるのでしょうか。

まず、アコムから50万円を金利18%で借り、毎月15,000円を返済していくと、以下のような利息負担額と返済期間になります。

返済期間
(回数)
3年11ヶ月
(47回)
総返済額694,050円
利息負担額194,050円

これを、完済までに10万円増額するボーナス払いを3回行った場合には、以下のようになります。

返済期間
(回数)
1年6ヶ月
(18回)
総返済額561,685円
利息負担額61,685円

このように、3回のボーナス払いをすることで、およそ13万円も利息負担を軽減することができます。

また、返済期間も2年5ヶ月(29回)短縮することができるということがわかります。

一括返済をするとその後の利息をなくすことができる

一口にボーナス払いと言っても、先ほどのようにボーナス時に通常よりも多くの金額を返済する方法と、ボーナスで一括返済(完済)する方法の2種類があります。

ボーナス時に増額して返済することでも利息負担や返済期間短縮のメリットはありますが、一括返済することも効果的です。

一括返済をすると、借金自体がなくなりますので、その後の利息負担がなくなるだけでなく、毎月の返済も必要なくなります。

例えば、先ほどと同じように50万円を借りた場合、1年後にボーナスで一括返済をすると、以下のような利息負担額となります。

総返済額582,186円
利息負担額82,186円

1年後に一括返済することでも、およそ10万円の利息負担を軽減することができます。

ただし、1年後に一括返済するためにはおよそ40万円が必要になりますので、きちんと計画を立てて返済するようにしましょう。

関連記事をチェック!

1264view

増額返済,繰り上げ返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

住宅ローンを借入した後、少しでも返済総額を減らすための方法として繰り上げ返済が有名です。 しかし、それよりもさらにお得になる方法があるなら知っておきたいですよね。 住宅ローンをお得に利用したい人に...

アコムへボーナス払いする方法

通常アコムへの返済は、以下のような方法により行うことができます。

  • アコムATM、提携ATM
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 銀行振込
  • 口座振替

ボーナス払いをする際には、口座振替以外の方法で返済することができ、特別な手続きやアコムへの事前連絡も必要ありません。

ただし、銀行振込やインターネット返済をする場合には、事前に会員ページや「アコム総合カードローンデスク」に電話し、振込先を確認しなければなりません。

ボーナス払いをする際の注意点

これまで何度もお話ししていますが、ボーナス払いは計画的に行うようにしなければなりません。

もしも無計画にボーナス払いをしてしまうと、急な出費などでまたカードローンを借りてしまうことになる可能性があります。

せっかくボーナス払いをしたとしても、後になって追加借入をすると、軽減できる利息が少なくなってしまいます。

また、返済に集中していた人が追加借入してしまうと、借入を繰り返してしまう可能性が高くなり、いつまで経っても返済が終わらないという事態に陥ってしまいます。

さらに、これ以外にも以下のことに注意が必要となります。

  • 手数料がかかる返済方法がある
  • 一括返済は金額の確認が必要

手数料がかかる返済方法

アコムの返済方法のうち、提携ATMと銀行振込は返済するために手数料が発生します。

提携ATMでは、取引金額1万円以下の場合には108円、取引金額1万円超の場合には216円の手数料がかかります。

アコムへ銀行振込で返済を行う際の振込先は、同じグループ会社の三菱UFJ銀行の口座となります。

銀行振込は振込元と振込先の金融機関が異なる場合、高い手数料が発生します。

例えば、みずほ銀行から三菱UFJ銀行に振り込む場合には、以下のような手数料が発生します。

金 額3万円未満3万円以上
窓 口648円864円
ATM
(現金)
432円648円
ATM
(キャッシュカード)
216円432円

ボーナス払いで利息負担を軽減できるといっても、手数料はできるだけかけずに返済したいものですので、手数料がかからないアコムATMやインターネット返済を利用することをおすすめします。

関連記事をチェック!

276view

アコム振込返済の手数料と提携ATM一覧

アコムは同社のATMだけでなく、提携のATMなどからも振込返済ができてとても便利ですが、手数料がどの位かかっているか知っていますか。 借り入れたお金を返済するときに重要なのが金利と手数料です。 契...

一括返済は金額の確認が必要

ボーナスでアコムの借入をすべて返済する場合には、一括返済する金額を確認しなくてはなりません。

というのも、金利は日割りで計算されますので、1日経つごとに一括返済する金額は変わってきます。

例えば、40万円を一括返済する場合、金利18%では1日ごとに197円増えていきます。

少しでも残高が残っていると、それに対して金利がかかってきますので、一括返済はすべての金額で行うようにしましょう。

一括返済をする際の金額は、会員ページやアコム総合カードローンデスクに電話をすることでも確認できます。

確認する場合は、一括返済する日を指定して金額を見るようにしましょう。

関連記事をチェック!

331view

消費者金融一括返済はメリットばかり?全額返済の注意点はないの?

消費者金融のキャッシングでお金を借りて一括返済する人はなかなかいませんよね。普通はリボ払いになるのではないでしょうか。 リボ払いは確かに経済面でラクに返済できますが、返済期間が長期間となりやすくまた...

まとめ

アコムにはボーナス払いという返済方法はありませんが、いつでも返済額を増額することができますし、一括の返済も可能です。

ボーナス返済をすることで、利息負担を軽減させ、返済期間を短縮することが可能となりますので、有効な返済方法であるといえます。

しかし、ボーナス払いをする際には注意しなければならないこともありますので、きちんと確認して行うようにしましょう。

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談