Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kusanagi/hihin/DocumentRoot/wp-includes/post-template.php on line 284

アコムとバンクイックの違いは何?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アコムは言わずと知れた大手消費者金融であり、バンクイックはメガバンクの1つである三菱UFJ銀行が提供しているカードローンです。

どちらも人気の高いカードローンであり、どちらを利用するか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

一見すると、これら2つのカードローンに関係性がないように思えますが、まったく無関係というわけではありません。

今回は、アコムとバンクイックの関係性を紹介するとともに、どちらがお得に利用できるのか、両方を同時に利用することはできるのかを解説していきたいと思います。

執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

バンクイックとアコムの違いを表で比較してみた!

まずは、バンクイックとアコムの大まかな違いを比較していきましょう。

 バンクイックアコム
カードローンの種類銀行カードローン消費者金融カードローン
適用される法律銀行法貸金業法
即日融資不可可能
無利息期間サービスなしあり

バンクイックとアコムとでは、上記の3つと後述する商品内容に大きな違いがあります。

銀行カードローンでは自動契約機がないことも多いのですが、元々三菱UFJ銀行ではカードローンを積極的に勧めていたこともあり、ATMコーナーなどに自動契約機を設置して即日融資も可能としていました。

現在では審査システムの変更に伴い即日融資することができなくなりましたが、自動契約機は残して稼働させています。

それ以外にも、公式アプリがあることやカードレス取引が不可という点も同じであり、利便性についてもそれほど大きな違いはありません。

アコムとバンクイックではどちらがお得?

アコムとバンクイックはどちらも人気の高いカードローンであり、提供元も信頼ある金融機関・金融会社ですので安心感もあります。

また、先程もお話しましたように、利便性についてもそれほど違いがあるわけではありませんので、どちらも使い勝手が悪いというわけではありません。

ですが、「お得」という点で考えた時には、やはりバンクイックの方がお得に利用できるカードローンです。

これから詳しく紹介していきますが、最高金利はバンクイックで14.6%、アコムで18%とその差は3.4%あります。

同じ50万円を借りた場合の金利を単純に計算すると、バンクイックは年間で73,000円、アコムでは年間で90,000円の利息がかかることになります。

1年間で利息が17,000円も違いますので、バンクイックの方がお得です。

ただし、1ヶ月や2ヶ月間だけ一時的に借りるなど、短期間の借入であれば無利息期間サービスがあるアコムの方がお得になるケースもあります。

継続的には断然バンクイックがお得なのですが、状況によってはアコムの方がお得になることもありますので、ケースバイケースでどちらがお得か考えることが大事です。

メリットはバンクイックの方が多い

先ほど、バンクイックとアコムとでは最高金利に大きな違いがあり、それが負担する利息の差につながることを解説しました。

実は、最高金利以外にもバンクイックとアコムとでは違いがあり、それが更なる違いとなって負担に大きな違いとなる可能性があります。

その違いというのが金利の決定方法であり、アコムが審査によって金利が決定するのに対し、バンクイックでは契約する利用限度額に応じた金利帯の中から審査によって決まります。

バンクイックの利用限度額に応じた金利は、以下のようになっております。

利用限度額貸付利率
500万円以下400万円超1.8%~6.1%
400万円以下300万円超6.1%~7.6%
300万円以上200万円超7.6%~10.6%
200万円以下100万円超10.6%~13.6%
100万円以下10万円以上13.6%~14.6%

アコムに新規申し込みをした場合、多くは高くても利用限度額が50万円となり、金利は18%が適用されます。

バンクイックでも、新規であれば多くが最高で50万円の利用限度額となるのですが、審査によっては13.6%が適用される可能性もあります。

そうなると、金利は4.4%となってさらに利息負担が少なくなります。

ただ、アコムが審査によって金利が決定する以上、バンクイックよりも低金利となる可能性があることは否定できません。

しかし、現実的にアコムに新規の申し込みでバンクイックよりも低金利となる可能性は極めて低いことから、メリットはバンクイックの方があると言うことができます。

どちらも同時に利用することは可能

アコムとバンクイックのうち、いずれかを利用中に、もう一方のカードローンを借りることができるのかということを気にしている人も多いです。

結論から先に言いますと、アコムとバンクイックは同時利用することが可能です。

ですので、アコムを利用中に、バンクイックからも借りることができるということであり、その逆もできます。

バンクイックは、アコムが保証をしているというだけで、貸付は三菱UFJ銀行が行っているものであり、アコムとしては事業が違います。

異なる事業のもので同時に利用できないということはありませんので、アコムとバンクイックの2つを同時に利用することは可能だということです。

アコムとバンクイックの商品内容と規制

ここで、アコムとバンクイックの商品内容を紹介していきます。

商品名アコムバンクイック
貸付対象者20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方で、原則安定した収入がある方
契約極度額1万円~800万円10万円~500万円
貸付利率3.0%~18.0%1.8%~14.6%
担保・保証人不 要不 要

冒頭でも紹介しましたように、アコムは貸金業法の総量規制で、バンクイックは三菱UFJ銀行の自主規制によって、借入上限が定められています。

総量規制は既にご存じの通り年収の1/3が上限であり、三菱UFJ銀行の自主規制は、具体的な上限を公表していませんが、融資上限を引き下げています。

収入証明書類が必要となる基準を貸金業法と同じ「50万円超」としていることを見ると、借入上限を総量規制と同じ年収の1/3としている可能性は高いです。

アコムはバンクイックの保証会社

銀行のカードローンというのは、基本的に保証会社の保証を得て借りることになります。

バンクイックにも保証会社が付いており、これを同じグループ会社であるアコムが行っています。

アコムでは、自社が直接貸付する業務以外にも、バンクイックなどの銀行ローンを保証する保証業務も行っており、保証することで得る保証料を収入源としています。

貸金業法が改正されて以降は、直接貸付事業が低迷していますので、これまで行ってきた個人審査のノウハウを活かして、多くの銀行カードローンを保証しています。

アコムが保証会社となっている銀行カードローンと役割

アコムが保証している主な銀行カードローンを紹介していきます。

  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • 青森銀行
  • 八十二銀行
  • 西日本シティ銀行

これら地方銀行が提供するカードローン以外にも、多くのカードローンを保証しています。

銀行カードローンの保証会社とは、その契約において返済できなくなった場合に、債務者に代わって債権を肩代わりする(これを代位弁済という)会社です。

カードローンに限らず、保証会社が付く銀行ローンは、主な審査を保証会社が行いますので、保証会社がどこなのかということが非常に重要になります。

関連記事をチェック!

286view

三菱UFJ銀行バンクイックの保証会社の事を知るだけで審査が10倍通りやすくなる!?その中身とは?

銀行カードローン必ず保証会社があるように、三菱UFJバンクイックにも保証会社があります。 カードローンに詳しい人なら保証会社がどこなのか、保証会社の役割とはどのようなものがあるのかご存じでしょう。 ...

利用実績が審査に影響する

アコムとバンクイックは、同時に利用することができますが、どちらか利用中にもう一方に申し込みをした時の審査には、既に利用している方の利用実績が影響します。

つまり、アコムを利用中にバンクイックに申し込みをすると、アコムでの利用実績がバンクイックの審査に影響するということです。

ですが、利用実績によっては、良い影響を与えることがありますので、決して悪い影響だけではありません。

では、利用実績がどのように審査に影響するのかということを、アコムを利用中にバンクイックに申し込んだ場合を例にして解説していきます。

バンクイックの審査に良い影響を与える利用実績

アコムの利用実績が、バンクイックの審査に良い影響を与える要因となるのは、

  • 延滞なく返済している
  • 過去に完済した実績がある

ということが挙げられます。

まず、延滞なくアコムの借入を返済している場合、返済に対する意識が高く、返済能力があることを示すことができます。

カードローンを利用していると、場合によっては長期的な返済が必要になりますので、これを延滞なく返済していくことは意外と難しいです。

時には急な出費などによって返済することができないこともありますし、返済日を忘れていて延滞してしまうこともあります。

延滞せずに取引している期間が長くなるほど、アコムへの信用は高くなりますので、審査に通りやすくなります。

また、完済は返済能力を最も効果的に証明することができることですので、過去に利用していたものを完済しているという場合には、信用が非常に高くなります。

ただし、アコムを完済後、他のローンで借入しているという場合には、その利用状況も審査に影響しますので、注意が必要です。

バンクイックの審査に悪い影響を与える利用実績

バンクイックの審査に悪い影響を与えるアコムの利用実績は、

  • 延滞中または度々延滞している
  • 過去に債務整理などの金融事故を起こしている

ということが挙げられます。

バンクイックを申し込みした時点で延滞している場合、アコムに返済もできない人に対して保証することはできません。

また、度々延滞をしている人は、そもそもの信用がありませんので、審査に通ることはかなり厳しいです。

債務整理をした場合、およそ5年~10年が経過すると、借りられるようになるのですが、過去にアコムで債務整理をした場合には、その情報は半永久的に残っています。

ですので、バンクイックだけでなく、先ほど紹介したような銀行カードローンも借りられなくなってしまいます。

関連記事をチェック!

3607view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

まとめ

アコムと三菱UFJ銀行は同じ三菱UFJフィナンシャル・グループに属しています。

ですので、三菱UFJ銀行が提供するバンクイックをアコムが保証することは当然のことです。

アコムを利用中にバンクイックに申し込みをした場合には、アコムでの利用状況が非常に重要となり、それによって融資の可否が決まると言っても過言ではありません。

また、アコムではバンクイック以外にも、多くの銀行カードローンを保証していますので、そちらに申し込みをする際にも、アコムでの利用状況が重要となります。

アコムが保証する銀行カードローンを先に借りていて、それからアコムに申し込みをする場合にも同じことが言えますので、当然のことながら、返済はきちんと行うようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談