プロミスの提携銀行でお得に借り入れ・返済しよう!【おすすめは三井住友銀行】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスは業界大手という安心感に加えて、消費者にうれしいサービスが豊富です。

カードローンをお得に利用するなら金利だけでなく、手数料無料で使える提携銀行の多さも注目しましょう。

また、提携銀行の多さは、追加融資や返済での利便性にもつながります。

プロミスの豊富な提携先とお得な利用方法を紹介します。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

プロミスの提携銀行など一覧

手数料無料で利用できるのは?

まずプロミスの提携銀行の筆頭は三井住友銀行です。

三井住友銀行のATMを利用する場合には、借入れと返済ともに手数料がかかりません。

少しでも出費を抑えたいなら三井住友銀行のATMを使いたいところです。

しかし、三井住友銀行の本支店が住まいの近くにあるとは限りません。

地方に住んでいる人ほど、三井住友銀行のATMを近所に見つけることは困難と言えるでしょう。

なお、プロミスATMを利用した場合も手数料はかかりませんが、設置台数は余り多くないため利便性は低いと言えます。

提携銀行で手数料がかかるのは?

三井住友銀行以外の提携銀行のATMでプロミスを利用した場合には、所定の手数料がかかります。

なお、手数料は以下の表を参考にしてください。

取引額借入れ返 済
1万円以下108円108円
1万円超216円216円

また、提携銀行によって利用可能な取引が異なるため注意が必要です。

借入れも返済も可能な提携銀行は、「三菱UFJ銀行」「西日本シティ銀行」「セブン銀行」「イオン銀行」「横浜銀行」「東京スター銀行」「第三銀行」「福岡銀行」「熊本銀行」「ゆうちょ銀行」となっています。

なお、借入れのみの提携銀行は、「親和銀行」「広島銀行」「八十二銀行」です。

ただし、「ゆうちょ銀行」の利用に限り、Web明細の登録が必要であるため注意が必要です。

手数料のかかる提携銀行の中でも、「セブン銀行」や「イオン銀行」は設置台数も多いので利用しやすいでしょう。

また、メンテナンスなどで利用できない時間帯でなければ、ほぼ24時間利用できるというメリットもあります。

自分の生活時間に合わせて利用できるため、とても利便性の高いATMと言えるます。

関連記事をチェック!

265view

イオン銀行ATMでプロミスは利用できる?プロミスカードの疑問を解決!

プロミスはコンビニや大手銀行など多くのATMで利用できます。 では「イオン銀行ATM」ではどうなのでしょうか。 今回は、そんなイオン銀行ATMでのプロミスの利用に関して徹底解説していきます。 ...

プロミスはコンビニでも利用可能

プロミスのカードローンは、「E-net」「ローソンATM」「セブン銀行ATM」でも利用可能となっています。

なお、コンビニATMを利用した場合には、所定の手数料がかかります。

手数料に関しては以下の表を参考にしてください。

取引額借入れ返 済
1万円以下108円108円
1万円超216円216円

コンビニATMは、銀行ATMに比べて圧倒的な設置台数があります。

自分の住まいの近くにプロミスの提携銀行がなくても、プロミスが利用できます。

また、旅行や出張などでも、プロミスを利用できるATMをすぐに見つけることができるので安心です。

コンビニでお得に返済する方法は?

銀行ATMと比較すると、設置台数が多いだけでなく利用できる時間が長いこともコンビニATMのメリットと言えるでしょう。

銀行とコンビニのどちらのATMを使っても手数料は同じですから、コンビニで借入れや返済を行う人が多いと考えられます。

実はコンビニで返済時の手数料を無料にする方法があります。

それは、コンビニATMではなく、ローソンやミニストップに設置されているLoppiや、ファミリーマートに設置されているFamiポートから返済を行うことです。

LoppiやFamiポートを一度も利用したことがない人もいると思いますが、返済回数が多ければ手数料も積み重なっていきます。

少しでも借金返済にかかる費用を抑えましょう。

ただし、ここであげた方法は借入れには利用できないため注意が必要です。

関連記事をチェック!

278view

プロミスの借入・引き出しはコンビニATMならほぼ24時間可能!

プロミスの借入れを行うのにコンビニATMが便利です。 何しろほぼ24時間いつでもお金を借りることができるからです。 他の消費者金融だと借入の時間に制約を受けることが多く、曜日によって使えない時間帯...

セブン銀行ATMならアプリのみで借り入れ可能

プロミスではセブン銀行ATMに限り、スマホアプリを利用してカードなしで借入れや返済をすることができます。

利用方法は下記のとおりです。

  1. プロミスのアプリにログインをする
  2. アプリ内の緑色の「スマホATM取引」ボタンを押す
  3. セブン銀行ATMの「スマートフォンでの取引」を押す
  4. QRコードがATM画面に表示される
  5. プロミスのアプリで「出金」か「入金」か選択してボタンを押す
  6. ATMに表示されているQRコードを読み取る
  7. アプリ画面に「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が表示される
  8. ATM画面でアプリに表示されている「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」を入力する
  9. 取引金額を入力する
  10. 現金と明細書を受け取って終了

返済方法も基本的に手順は同じです。

カードを持ち歩くのがいやだという人にも便利なアプリローンですが、借入れも返済もセブン銀行の場合は手数料がかかるため注意が必要です。

関連記事をチェック!

405view

セブンイレブン(セブン銀行)でプロミスを利用するための全知識

プロミスは利用できるATMが非常に多いため、利便性が高いカードローンです。 利用できるATMには、セブンイレブンの「セブン銀行ATM」も含まれています。 今回はそんなセブン銀行ATMでのプロミスの...

プロミスポイントサービスで手数料無料

通常は手数料が発生する提携銀行のATMでも手数料無料で利用できるのが、プロミスポイントサービスです。

手数料無料以外にも、ポイントを使って一定期間無利息にすることにも使用でき、とてもお得なサービスと言えるでしょう。

プロミスポイントのため方は簡単で、まずプロミスポイントサービスに申込みをしただけで100ポイント獲得できます。

会員ページに毎日初回ログイン時のみ10ポイント、プロミスからのお知らせ確認で5~20ポイントなどです。

なお、収入証明書を提出した場合は160ポイント獲得となります。

ただし、ポイントを獲得できるのは同じ年では、最初の提出時のみとなっているので注意が必要です。

なお、40ポイントでATMの手数料無料となり、無料となる期間は申込日から翌月の末日となっています。

ポイントを上手に活用するなら、できるだけ月はじめに申し込みましょう。

また、無利息期間は、250ポイントで7日、400ポイントで15日、700ポイントで30日となります。

多くのポイントを使うことになりますが、返済額を減らすことができるメリットは大きいと言えるでしょう。

返済・借り入れの方法はいくつもある

まずは、プロミスで返済や借り入れを行う方法についてザッと説明していきましょう。

プロミスでは、以下のような方法で借り入れや返済を行うことができます。

口座振込

借り入れを行う方法としてまず挙げられるのは、口座振込です。

プロミスではカードレス契約を行うこともできますが、その場合にはローンカードを発行しない関係上、借り入れはほぼ口座振込で行う形となります。

もちろんローンカードを発行している場合でも口座振込で借り入れを行うことは可能であり、会員サービスや電話で申請することで、希望した金額を口座に振り込んでもらうことができます。

ATMまで足を運ばずとも、家や会社にいたままで借り入れを行うことができるため、非常に便利な方法と言えるでしょう。

ATM等でローンカードを利用

ATM等でローンカードを利用する方法も、プロミスで借り入れ・返済をしている人の多くが利用している方法でしょう。

プロミスはいろいろな金融機関と提携しているため、街中に設置されているATMでプロミスを利用できないATMを探すほうが難しいぐらいです。

もちろん自動契約機が設置されているところにも自社ATMが併設されていますので、利便性に関しては言うことなしですね。

また、コンビニのATMを利用する機会も多いと思いますが、コンビニに設置されているFamiポートやLoppiといったマルチメディア端末でも、プロミスの返済を行うことが可能です(借り入れは不可)。

お客様サービスプラザを利用

プロミスでは有人店舗のことを「お客様サービスプラザ」と呼び、契約を行ったり利用者が相談を行ったりすることが可能ですが、もちろんそこでも借り入れや返済を行うことが可能です。

ATMでは、1,000円単位(ATMの種類によっては借り入れは10,000円単位)での借り入れや返済しか行うことができませんが、お客様サービスプラザは有人店舗であることの強みを生かして、1円単位での返済も可能になっています。

そのため一括返済を行う場合には、返済しなければならない金額の確認も含めて、お客様サービスプラザを利用するのが便利です。

ただし、日本全国に設置されている自動契約機とは異なり、お客様サービスプラザの店舗数は限られているため、利用できる人とできない人がはっきり分かれてしまうのがネックと言えるかもしれません。

銀行振込・インターネットバンキング

返済のみで利用できる方法としては、銀行振込やインターネットバンキングを介しての振込が挙げられます。

こちらもお客様サービスプラザを利用する場合と同様に1円単位での返済が可能なので、約定返済はもちろんのこと、一括返済を行う場合には特に重宝する返済方法です。

こんなにお得!三井住友銀行ATM経由の返済

プロミスは提携ATMが多く、三井住友銀行以外にも、三菱UFJ銀行や西日本シティ銀行、セブン銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、熊本銀行、ゆうちょ銀行の各銀行ATMで返済することができます。

また、コンビニに設置されているATMでも、返済することが可能です。

しかし、これらのATMの中でもっともお得なのは、三井住友銀行のATMです。

プロミスの返済方法として三井住友銀行ATMがお得な2つの理由を紹介します。

手数料無料の提携先は三井住友銀行だけ!

プロミスの返済を無料で実施できるATMは、プロミスATMと三井住友銀行ATMの2つしかありません。

つまり、提携ATMの中で利用手数料が無料なのは、三井住友銀行ATMだけなのです。

お近くに三井住友銀行のATMがある人は、利用する度に税込み108~216円の手数料が発生するコンビニのATMではなく、時間や曜日に関わらず手数料無料の三井住友銀行ATMを使って返済するようにしてください。

関連記事をチェック!

278view

プロミスの借入・引き出しはコンビニATMならほぼ24時間可能!

プロミスの借入れを行うのにコンビニATMが便利です。 何しろほぼ24時間いつでもお金を借りることができるからです。 他の消費者金融だと借入の時間に制約を受けることが多く、曜日によって使えない時間帯...

三井住友銀行ATMなら借入時も手数料無料

三井住友銀行ATMの手数料が無料になるのは、プロミスへの返済時だけではありません。

プロミスからローンカードを使って借り入れるときも、三井住友銀行ATMなら手数料は不要になるのです。

他の銀行ATMやコンビニATMは利用ごとに税込み108~216円の手数料が請求されますので、三井住友銀行ATMがお近くにあるときには、わざわざ他のATMを利用するのではなく、三井住友銀行のATMを利用しましょう。

ここまで便利!三井住友銀行ATMでの返済

三井住友銀行ATMは、どんなときでも手数料無料でプロミスが利用できるATMです。

一方、プロミスATMも、時間や曜日に関わらず手数料無料で利用できるATMです。

しかし、手数料無料という点に関しては三井住友銀行ATMもプロミスATMも同じですが、“便利さ”という観点から見ると、圧倒的に三井住友銀行ATMが優れています。

三井住友銀行ATMがプロミスATMと比べて便利と言える3つのポイントを紹介します。

ATMの台数がプロミスATMの6倍以上!

三井住友銀行ATMとプロミスATMには、大きな違いがあります。

それば、ATMの設置台数です。

プロミスのATMは2017年3月末時点で全国に997台しかありませんが、三井住友銀行ATMは2007年8月時点でも全国に6,700台もあり、銀行のみならず駅や公共の場所などで便利に利用することができるのです。

営業時間が長い

プロミスATMは、毎日7:00~24:00まで利用できます。(※ATMにより営業時間、休日が異なります。)

プロミスATMも充分に営業時間は長いのですが、三井住友銀行ATMは基本的には24時間営業(店舗による。ただし、月曜0:00~7:00は除く)ですので、さらに便利に利用できます。

夜中や早朝にお金を引き出すときは、プロミスATMではなく三井住友銀行ATMを利用するようにしてくださいね。

硬貨が利用できる

プロミスATMでは、基本的には硬貨は利用できません。

しかし、三井住友銀行ATMは、一部の独立型ATM(三井住友銀行本支店以外のATM)を除いて、平日8:45~18:00なら硬貨も利用できます。

端数までしっかりと一括返済をしたいときも、三井住友銀行のATMを利用するようにしてくださいね。

プロミス一括返済も三井住友銀行ATM

硬貨も利用できる三井住友銀行ATMは、プロミスの一括返済にも適したATMです。

三井住友銀行ATMで一括返済する手順を見ていきましょう。

手順1:プロミスに電話をかける

プロミスの利息は、借入日数に比例して発生します。

一括返済する日に、プロミスに電話(0120-24-0365、年中無休)をかけ、借入残高がいくらなのか確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

298view

消費者金融一括返済はメリットばかり?全額返済の注意点はないの?

消費者金融のキャッシングでお金を借りて一括返済する人はなかなかいませんよね。普通はリボ払いになるのではないでしょうか。 リボ払いは確かに経済面でラクに返済できますが、返済期間が長期間となりやすくまた...

インターネットの会員サービスで借入残高を確認しないで!

プロミスの借入残高は、インターネットの会員サービスやプロミスアプリからでも確認できます。

しかし、インターネットの会員サービスで表示される借入残高が、当日分の借入残高ではなく前日分の借入残高であることが稀にあります。

「完済したはずなのに、まだ借入金があった!」といった事態にならないように、かならず一括返済する日にプロミスに電話をかけて、正確な借入金額を確認するようにしてください。

尚、自動音声ではなくオペレーターに直接借入残高を尋ねたい人は、平日9:00~18:00にプロミスコール(0120-24-0365)に電話をかけるようにしましょう。

手順2:平日8:45~18:00にATMに行く

先程も触れましたが、三井住友銀行のATMで硬貨が利用できるのは、平日の8:45~18:00のみです。

端数までしっかりと返済したいとき、もしくは紙幣を入金してお釣りを受け取りたいときは、平日の8:45~18:00に三井住友銀行ATM(できれば三井住友銀行の本支店内に設置されているATM)に出かけるようにしましょう。

硬貨が利用できないときのお釣りの受け取り方

ATMの種類や時間帯によって硬貨が利用できないときは、借入残高よりも多めに入金し、後日、プロミスから余剰金を返済してもらうことが可能です。

次のいずれかの方法で、余剰金を受け取りましょう。

  • 利用者の銀行口座に直接振り込んでもらう。
  • プロミスの有人店舗で受け取る。
  • 次回の借入額と相殺する。

手順3:契約書を返送してもらう

一括返済した後に、プロミスとの契約を解除しようと考えている人は、プロミスに電話をかけて契約書を返してもらいましょう。

もちろん、今後もプロミスを利用しようと考えている人は、プロミスから契約書を返送してもらう必要はありません。

尚、プロミスに1,000円未満の借入金が残っている場合は、どれだけ放置しても利息は1円も発生しませんので、そのまま放っておいても大丈夫です。

ただし、他の金融機関にローンを申し込むときやクレジットカードに申し込むときに、プロミスの1,000円未満の残金が審査に悪影響を与える可能性がありますので、これから住宅ローンなどを検討している人は、端数までしっかりと精算してプロミスを解約する方が良いでしょう。

利用手数料がかからない方法はどれ?

借り入れ・返済共にいろいろな方法が利用できることはお分かりいただけたと思いますが、この中で手数料無料で利用できる方法はどれになるのでしょうか。

借り入れと返済それぞれで説明を行っていきますが、まず借り入れに関して手数料無料で利用できるのは、「口座振込」と「プロミスATMもしくは三井住友銀行ATMでローンカードを用いて借り入れ」と「お客様サービスプラザでの借り入れ」です。

口座振込とお客様サービスプラザに関しては分かりやすいですが、ATMに関してはプロミスATMと三井住友銀行ATMのみなので注意しましょう。

返済に関して手数料無料で利用できるのは「コンビニのマルチメディア端末を利用して返済」と「プロミスATMもしくは三井住友銀行ATMでローンカードを用いて返済」と「お客様サービスプラザでの返済」と「インターネットバンキングを介しての返済」です。

借り入れを行う場合よりも少し選択肢が増えましたね。

利用する金額によって手数料は変わる

上述した以外の方法で借り入れや返済を行う場合はそれぞれ利用手数料が必要になりますが、利用手数料がいくらになるかは、方法や借り入れ・返済の金額により異なります。

ATMを利用して借り入れ・返済を行う場合のATM利用手数料は借り入れ・返済を行う金額に応じて決まり、利用金額が10,000円以下の場合は108円、利用金額が10,000円超の場合は216円のATM利用手数料を負担する必要があります。

こまめに借り入れ・返済を行うと、そのぶんだけ手数料負担が多くなってしまいますね。

銀行振込で返済を行う場合の振込手数料は、それぞれの金融機関に準じる形となります。

利用手数料を気にしすぎるのも考えもの

利用手数料を負担したくないという気持ちはもちろん分かりますが、過度に気にするのも考えすぎな場合があります。

返済期日を目前に控えていつつも、自宅近くにあるATMが利用手数料を必要とするATMだったとすると、「会社近くに手数料無料で利用できるATMがあるからそっちで返済しよう」と考えてしまうかもしれませんが、仕事が忙しいと返済のことをつい忘れてしまう可能性もあるでしょう。

そうして知らず知らずのうちに返済期日をオーバーしてしまうと、利用手数料無料を惜しんだばかりに遅延損害金を支払わなければならなくなるといった、本末転倒な結果になってしまうことも考えられるのです。

返済計画で利用手数料分はカバー可能

初めて借り入れてから完済するまでコンスタントに手数料を支払っていたとすると、その金額は数千円や人によっては1万円近くになってしまっているかもしれません。

しかしそれぐらいの金額であれば、返済計画を上手に組むことで十分カバーできる範囲であるとも考えられます。

利用手数料の話は借り入れや返済といったことから考えると、プロミスを利用するうえでの本筋の話からは少し逸れた、いわば枝葉の話であるというのが事実です。

いかに利用手数料無料で利用するかということを考えるよりは、返済をいかに効率的に行ってできるだけ早く完済するかということを考えたほうが、最終的に負担する金額は少なくなると思います。

目先のことばかりに集中しすぎて、大局を見失わないようにしましょうね。

まとめ

大手消費者金融のプロミスには複数の提携銀行がありますが、利便性を考えるとコンビニの利用がおすすめです。

特にLoppiやFamiポートでの返済は手数料無料となっているため、おすすめの方法です。

また、プロミスポイントサービスで手数料や利息をカットすることができるので、ポイントサービスを上手に利用して返済の負担を減らしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談