自己破産後プロミスに申込みをするときの条件とは

過去に自己破産をしていて再度申込先を検討するとき、知名度の高いプロミスを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

しかし自己破産後にそもそも借り入れできる状態にあるのか、そして審査にとおるのか分からないという人も多いでしょう。

自己破産後でもプロミスで借入れをすることは可能なのか確認していきましょう。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(仮名)
年齢:50歳
性別:男性
職歴:信用組合に20年以上勤務

記録が残っている期間は借入れ不可

自己破産を含む債務整理を過去に行った場合、その事実は個人信用情報機関に登録されます。

どこの金融機関に申込みを行っても、審査時に必ず信用情報機関に問合せを行いますので、その事実はすぐに判明します。

「過去に自己破産をした人には貸付けを行ってはいけない」という法律は存在しませんが、大手になればなるほど審査基準は厳しく、記録が残っている5年から10年の間はプロミスでの借入れはできないものだと認識しておきましょう。

なぜ破産者には貸付けを行わないのか

自己破産の最大のメリットは、現在の借金をすべて返済しなくてよくなることです。

悪い言い方をすれば、法の力で借金を踏み倒したことになります。

貸していた金融業者からすれば利益となる利息はもちろん、貸していた元金すら戻ってこない状態が自己破産なのです。

たとえ自社の顧客ではなかったにしても、過去に同業他社の借金を踏み倒した経験がある人に大事な資金を貸すメリットはどこにもありません。

特に消費者金融は、保証人や担保をとらない無担保での貸付けを行っている業者がほとんどです。

全く見知らぬ人を信用して貸しているのに、自己破産をされてしまうとその人に対する信用は全くなくなるでしょう。

そのため過去に自己破産をしたという記録がまだ残っている人は、お金を借りることが難しいというのが現実です。

関連記事をチェック!

プロミスは任意整理中でも借入れ可能?

任意整理を行っている最中でも、現金が必要になってくる場面はあります。 裁判所をとおさない任意整理であったとしても、債務整理の一種なので個人信用情報に記録される場合もあり、通常は借入れ不可能です。...

記録が消えた状態であればプロミスへの申込みは可能なのか

先に記録は5年から10年残ると話しましたが、自己破産手続きからのカウントではなく、破産免責が下りてからのカウントになります。

そのため人によっては1年程度の誤差がでますので、自分でもう10年経過したと認識し申込みをしてもまだ記録が残っている可能性があります。

申込み前に自身の情報の確認を

個人信用情報は個人でも取得可能です。

申込み前に一度情報を開示し、自己破産による異動情報の登録がされていないかを確認し申込みを行った方が確実です。

情報開示先は「JICC」「KSC」「CIC」の3種類あるので可能ならば全種類取得しておいた方が安心です。

情報開示料として1,000円前後発生しますので、本人確認書類とともに事前に準備しておきましょう。

近くにないという場合にはインターネットからの開示請求もできますので、詳しくは各信用情報機関のホームページで確認できます。

関連記事をチェック!

自分の個人信用情報を調べる方法(CIC・JICC・JBA)

カードやカードローンの申し込み審査が落ちたとき「あれ、落ちる要因なんて見当たらないのに」と思う人も多いはず。 学生の時に携帯電話料金を3か月以上滞納して、信用情報にてブラック認定をうけて...

記録が消えていた!これで融資可能?

情報開示を行った結果、過去に行った自己破産の記録が消えているのであれば、プロミスへの申込みは可能です。

しかし必ずしも融資に結び付くと約束されたわけではありません。

申込みがあった場合プロミスも全く同じ情報を見ます。

破産の情報も消えているということは過去の状況も全く見られなくなってしまっているのです。

年齢にもよりますが、過去10年程度全く金融取引履歴が載ってないという状態が不信感を与えてしまうことも懸念されます。

そのような個人信用情報を照会することで、ひょっとしたら過去に自己破産を行ったのではないかとすぐに推測されてしまう可能性は高いです。

なおかつ現在他社との取引が全くない状態であれば、現在の返済状況から返済能力をうかがい知ることもできません。

そのため真っ白な状態では、審査にとおらないということも考えられます。

関連記事をチェック!

スーパーホワイトだとカードローンは作れない?

今までクレジットも利用せず、借金などを全くしたことがない人をスーパーホワイトと言います。 しかし、申込みをした会社によって審査基準は違うので、一概には言えませんがどこの会社にも疑われて審査にとお...

比較的とおりやすいクレジットカードを先に契約しておく

自己破産後10年経過していても、先に述べたように個人信用情報が真っ白の状態では審査にとおりにくいということが考えられます。

それであれば、先に比較的審査がとおりやすいクレジットカードを作るというのもひとつの方法です。

クレジットカードを持っているということで少しは信用度があがり、プロミスなどの大手消費者金融でも審査しやすくなる可能性があります。

クレジットカードが作成できれば、次はキャッシング機能付きのクレジットカードを作ってみましょう。

キャッシング機能が利用できれば、少額でもキャッシングの履歴を作ることができます。

注意点としては自己破産で対象となったカード会社への申込みはしないことです。

信用情報機関の記録は消えても自社情報は永遠に残る可能性があるからです。

そしてデビットカードは信用情報機関には記載されませんので、実績作りとしてはふさわしくありません。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードを申し込もうとしていると、入力画面の最後の方に「キャッシングサービス」という項目がありますよね。 この、キャッシングサービスというものが何なのかわからずに申し込みが途中で止まって...

プロミスに申し込む場合は少額の希望額にておくこと

個人信用情報から自己破産の記録は消えていて、クレジットカードの作成ができたという場合、いよいよプロミスで借り入れできる可能性がでてきます。

可能性があるといっても、自己破産前より状況は厳しくなっていると考えておきましょう。

そのため、プロミスに申し込むときには借入れ希望額をごく少額の10万円以内にしておくことをおすすめします。

借入れ希望額が少ないと、プロミス側も貸したお金を回収できなかった場合のリスクが減るため、比較的審査にとおりやすくなります。

10万円以内でもプロミスで借入れができたら、あとは着実に返済実績を作り、限度額をあげられるように信用度をあげましょう。

プロミスでは審査不可だった場合諦めるしかないのか

個人信用情報にも問題なく、クレジットカード作りもしたけれどもプロミスの審査にとおらなかったということも予想されます。

プロミスの審査で確認されることは個人信用情報のみではありません。

ほかにも年収や属性、収支のバランスそれらを総合的に判断し融資を決定するので、すべての条件が満たされていないと融資にはつながりません。

それではプロミスでは審査にとおらなかった場合、融資は諦めるしかないのか見ていきましょう。

中小の消費者金融であれば可能性もある

審査基準は各金融機関によって異なりますが、コンプライアンスが厳しい大手よりも地場の中小消費者金融であれば、独自の判断基準を設けていますので、審査にとおる可能性もでてきます。

その分、10万円以下の小口融資であったり、金利も高めに設定してあったりしますが、自己破産後の真っ白な状態からの実績作りとしてまずは活用をしてみるのも方法です。

しかし中小の消費者金融業の中に闇金が混じっていることもありますので、申込みのときには必ず許可を受けている、正規の金融業者であることを確認した上で行うようにしておきましょう。

番号が記載されていても虚偽の場合もありますので、面倒でも一度番号を控え、財務局若しくは各都道府県に届出を出している業者と名前が一致しているのかを確認しておくと安心です。

関連記事をチェック!

借りやすい!?中小消費者金融は大手で落ちても可能性がある

「大手の消費者金融に申し込んだけどどこもダメだった・・・」このようなときに、次に借り入れの候補として、中小消費者金融を選ぶ人も多いようです。 その理由として「中小消費者金融は審査が甘い」という噂...

関連記事をチェック!

金貸しの登録番号でわかる闇金業者

金貸しを生業としないのであれば登録番号は必要ではありません。しかし反復継続して他人にお金を貸す場合は登録番号が必要です。 登録番号の見方を知っていると、正規の貸金業者かそれとも闇金業者なのか見分...

まとめ

自己破産後、プロミスに申込みをする前に自身の個人信用情報の開示を行った方がいいでしょう。

経歴作りとしてのクレジットカード申込みはショッピング枠のみの申込みで、キャッシング枠はゼロにしておいた方が審査にとおりやすくなります。

しかし余り続けて申込みをしてしまうと、申込みブラックになり審査にとおりにくい条件を自ら作り出してしまうことになりますので、申込みは事前に十分に検討してから慎重に行うことをおすすめします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【携帯キャッシュバック復活?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 最近、すっかり見かけなくなった携帯・スマホのキャッシュバックに関する情報も・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・