馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

プロミスは無職でも借入れ可能?契約途中で無職になったら一括返済?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

無職であるからこそ現金が必要になってくる場面は多々あります。

しかし無職で貸し付け可能な金融機関は闇金融かもしれないと思うと申込みをためらってしまう人もいるでしょう。

消費者金融大手のプロミスが融資可能であれば安心ですが、無職でも貸付けは可能なのか、また借入れ中に無職になった場合どうなるのか解説します。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

無職でも借入れは可能なのか

結論から言うと、プロミスでは収入が全くない完全なる無職は貸付け不可です。

プロミスの申込み条件にも「安定した収入がある人」と記載されています。

そのため仮に収入があったとしても、月によって収入が不安定な人の場合も申込み後に審査に落ちる可能性が高いでしょう。

しかしその収入とは具体的にどのようなものを指すのか見ていきましょう。

金融機関における収入の定義とは

仮に失業中で無職であったとしても失業保険を得ているのであれば、安定した収入とみなされるのかと言われればそうではありません。

金融機関における収入の定義は決まっています。

  • 給与所得収入
  • 不動産収入
  • 投資収入

大きく分けるとこの3点が収入とみなされます。

ただし、投資収入に関しては個人的な株の投資で得た利益ではなく、個人事業主として登録した上で得たものでなければ収入とみなされないでしょう。

そのほかに、税金などで支払われる生活保護や失業保険、親からの仕送りなどは収入として認められていません。

ただし、在宅ワークなどで在籍はしていなくても収入は得ている人であれば申し込み可能ですが、納税証明書など第三者から見ても確実に収入を毎月得ている書類を提出する必要があるでしょう。

関連記事をチェック!

安定した収入とは?借入申込の収入条件

カードローンでお金を借り入れする場合、借入申込の収入条件に「継続安定した収入」と書いてあるのを見たことがあるでしょうか。 お金を借りるにはもちろん返済することを考えて収入がなければなりませんが、...

プロミスは総量規制の対象

なぜプロミスは収入がなければ申込みすらできないのかということに、疑問を感じる人もいるかもしれません。

その理由のひとつは、お金を貸すからには返済能力があることが最低条件であることが考えられます。

もうひとつの大きな理由に、プロミスは消費者金融なので総量規制の対象であるということです。

プロミスも利益を上げなくては会社として成り立ちません。

返済できるのか分からない人に融資をして回収できなくなれば単純にプロミスの資金がなくなってしまいます。

そのため収入がある人であっても必ず審査が行われるのです。

また総量規制は年収の3分の1までの貸付けと決まっています。

そのため、消費者金融では、年収がゼロの人には貸し付けできないと法律で決まっているのです。

専業主婦はどうなるのか

自身に収入はなくても配偶者の収入はある専業主婦の場合「配偶者貸付制度」という、申込みをした配偶者の収入を申込者の収入とみなし貸付けを行う制度があります。

しかしプロミスは配偶者貸付制度を行っていません。

女性専用窓口の「レディースキャッシング」という商品は存在しますが、これはオペレーターが女性であるということだけで、専業主婦に特化した商品というものではありません。

では配偶者貸付けはどこで利用できるのかと言うと、一部の中小の消費者金融では取り扱っているところがあります。

専業主婦がキャッシングをするには、配偶者貸付けを行っている中小の消費者金融を利用するか、または総量規制対象外の銀行カードローンを利用することをおすすめします。

関連記事をチェック!

プロミスレディースキャッシング

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はプロミス「レディースキャッシング」について説明したいと思います。 プロミス「レディースキャッシング」について ▼女性スタッフのみ対応。30日間無利息サー...

借入れ中に無職になったら一括返済?

申込時には職に就いていても返済中に無職になることも珍しくはありません。

契約途中で無職になったとしてもそれを理由に一括返済を迫られることはありませんが、報告の義務は発生します。

しかし無職と伝えることで、今後の取引に影響は出てくるのか確認していきましょう。

返済できていれば問題はない?

無職になったとしてもそれまでの蓄えや退職金などで返済に問題がなければ、特にプロミスから何か言われるようなこともありません。

しかし次の就職先が決まるまでは一時的に融資可能枠を引き下げになる可能性は出てきます。

先に話したようにプロミスは総量規制の対象となるので、無収入の人には枠内であったとしても追加融資ができないようになっています。

新たに収入を得ることができればまたその時点で枠が復活することもありますので、できる限り早く次の就職先を決めておいた方がいいでしょう。

関連記事をチェック!

銀行カードローン利用中に会社を退職したらどうなる?退職後にお金を借りる方法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 辞めた後も契約は継続される カードローンを申し込む際には収入がなければ借り...

言わなきゃバレない?

追加融資ができなくなるのならば、あえて言う必要もないのではないかとも思えてしまいますが、申込時と状況が変わればプロミスにその旨を伝えなくてはいけません。

しかし退職となると在籍確認でもされない限りはバレないのではないかと考えてしまいますが、一概にそうだとも言えません。

プロミスに限らずどこの消費者金融も定期的に顧客状況に変動はないかという意味で、信用情報機関に照合をかけています。

プロミスに退職の事実を伝えていなくても、もし他の金融機関でキャッシングの申込みをしたり、クレジットカードの作成などをしたりする場合に、無職であることが判明したらその事実は個人信用情報に記載されます。

そうなると伝えていなくてもプロミスにはバレてしまいますので、融資枠見直しの対象となり一時的に追加融資ができなくなってしまうこともあります。

関連記事をチェック!

プロミス利用中に転職。勤務先変更届は必須!?

プロミスを利用中に転職などをした場合…。 正直「届け出るべきか、そのままにしておくべきか…」、そんな事をつい考えてしまいますよね? 特に、転職が原因で年収が下がってしまった場合などは、正直...

延滞に関わるのであればすぐに相談を

無職になって1回や2回の返済は問題なくても、今後は確実に返済することが難しくなっていくでしょう。

言い出せずにそのまま延滞となってしまい、払えないまま長期間放置をしていると、最終的には一括返済や財産差押えの手続きに入られてしまうので、まだ遅れがない状態でプロミスに一度相談をしておくことが得策です。

まだ遅れが生じていない段階であれば、プロミスも柔軟に対応してくれますし、状況によっては返済回数を増やして月の返済額を押さえるようなリスケジュールを出してくれることもあります。

しかしこれらはすべて、自分から相談をしなくてはなりません。

まずはプロミスに伝えなければ、なぜ延滞しているのか事情が全く分からないからです。

そのため言い出しにくいことではありますが、無職になったならばその事実と今後の返済について早めにプロミスへ相談しておいた方がいいでしょう。

関連記事をチェック!

プロミスは返済相談に柔軟に対応!相談窓口と相談する際の注意点!

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 相談することで返済額を減額できる 大手消費者金融であるSMBCコンシューマーファイ...

総量規制は消費者を守る法律

総量規制があるために、お金に困っているのに借りることができないのはおかしいと考える人もいるでしょう。

しかし、総量規制は消費者が多重債務に陥ることを未然に防ぐための法律です。

返済能力以上の借金を抱えてしまうと、後に待っているのは終わりの見えない苦しい返済生活です。

利息の支払のせいで元金もなかなか減らず、いつ完済するかもわからない借金を抱えているとまるで借金の返済のために生きていると感じるような状態となり、日々の生活に充実感を得ることはできません。

頭の中では、どうやって借金を返すかばかりを考えている生活を送りたいと思う人はいないでしょう。

また、多額の借金を抱えた状態での生活は、精神的に強いストレスを感じることになります。

借金のストレスが原因でうつ病になる可能性もあり、完済の見込みが立たない借金を抱えるべきではありません。

総量規制のおかげで多重債務に陥らずに済んでいると、前向きに受け止めるようにしましょう。

プロミスは派遣社員でも利用できる

プロミスの安定した収入があれば、派遣社員やアルバイトなどでも申し込むことができます。

正社員である必要はないため、お金を借りることを検討する前に、安定収入を作ることを優先しましょう。

派遣社員でも大丈夫だとわかると、派遣会社に登録だけしてプロミスに申し込もうと考える人もいるようです。

派遣社員の場合に、プロミスの申込フォームに記入する勤務先は、派遣先ではなく派遣元となります。

在籍確認も派遣元で行うことになるため、派遣登録をすれば在籍確認もクリアできると考えるかもしれません。

しかし、派遣登録をしただけでプロミスの審査に通過できる可能性はないでしょう。

派遣会社に登録しただけでは収入がありませんので、無職なのと同じことです。

仮に派遣会社に登録しただけで仕事をしていないのに運よくプロミスの審査に通過できたとしても、返済計画を立てることはできません。

返済できなければ、利息で借金が膨れ上がっていきます。

それに加えて、返済が遅れたペナルティとして遅延損害金が発生します。

プロミスの遅延利率は20.0%(実質年率)に設定されており、返済せずにいるとあっという間に返済金額が大きくなっていきます。

お金に困っているときは、お金を借りることばかりに気を取られてしまいますが、返済できるかどうかも重要です。

収入がない状態での借金は避けるようにしましょう。

関連記事をチェック!

プロミスから派遣社員でもお金を借りられる?

今月は飲みに誘われる機会が多く、いつもより出費がかさんでしまったという経験をした人もいるでしょう。 飲み行かない人でも、一時的な資金不足になった経験はほとんどの人がしていませんか。 そんな...

関連記事をチェック!

プロミスの延滞金は幾ら?デメリットや回避術は何?

プロミスに毎月の返済をうっかり忘れていたり、返済が難しく返済日までに入金ができなかったりする場合、ペナルティとして「遅延損害金」が発生します。 月の返済金額に上乗せされて請求されますので、返済金...

専業主婦もプロミスは利用できない?

無職の人はプロミスを利用できないという話をしてきましたが、それでは夫に収入がある専業主婦はどうなるのかと考える人もいるでしょう。

結論から言うと、専業主婦はプロミスで借りることができません。

専業主婦は仕事をしていないため、夫に収入があっても借りることができないのです。

しかし、貸金業者の中には「配偶者貸付け」を利用できる場合もあります。

配偶者貸付けとは、貸金業者で専業主婦がお金を借りる場合、本人の年収と配偶者の年収の合算したものの3分の1以下であれば借りることができるというものです。

ただし、プロミスでは配偶者貸付けを利用することができません。

他の大手消費者金融も同じく利用できないのが現状です。

配偶者貸付けは、一部の中小の消費者金融では取り扱っていますが、配偶者貸付けを利用するためには配偶者の同意が必要であるため注意をしてください。

関連記事をチェック!

配偶者貸付で専業主婦も消費者金融カードローン契約可能!

総量規制ができてから、専業主婦はお金を借りにくくなりました。 しかし、配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることを知っているでしょうか。 配偶者貸...

まとめ

収入が全くない状態ではプロミスに申し込むこともできませんので、アルバイトやパート、派遣登録などをした上で申込みを検討していくといいでしょう。

契約途中で無職になった場合は速やかにその事実を伝え、今後の返済について話合いをしておくと精神的負担も少なくなります。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談