キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

プロミスは無職でも借入れ可能?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

無職であるからこそ、収入がなくて現金が必要になってくる場面は多々あります。

しかし、無職で貸し付け可能な金融機関は闇金融かもしれないと思うと申込みをためらってしまう人もいるでしょう。

消費者金融大手のプロミスが融資可能であれば安心ですが、無職でも借入は可能なのか、また借入中に無職になった場合どうなるのでしょうか?

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介する記事は、こんな人におすすめの内容となっております

  • 無職でもお金が借りたい
  • 無職でもお金を借りられるところがあるか知りたい
  • 借入中に無職になるとどのようになるかが知りたい
執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

無職でも借入れは可能なのか

無職の人がプロミスからお金を借りられるのかということの前に、まずは無職の人がローン会社に対して審査申し込みをした場合に、借りられるのかを解説していきます。

なお、ここでいうところのローン会社というのは、消費者金融だけでなく、銀行ローンの銀行系カードローンも含まれます。

完全に無職の人は借入不可

完全に無職で全く収入のない人は、ローン会社からお金を借りることはできません。

最も審査基準が低いとされるカードローンにおいても、貸付条件には必ず「収入があること」と明記されています。

そのため、全く収入のない無職の人は貸付条件に該当しません。

また、消費者金融などの貸金業者の場合、貸金業法を守らなくてはなりません。

貸金業法には総量規制があり、個人に対しては年収の3分の1までしか融資してはいけないと定められています。

従って、収入が「0円」の人は、その3分の1も「0円」ですので、法律的にもお金を借りることはできないのです。

なお、無職の人があたかも仕事をしているとして申し込んだら借りられるのではと思う方もいるでしょうが、審査では在籍確認がありますし、申込金額によっては収入証明書の提出を求められます。

無職であることを隠して申し込んだとしても、こうした確認によってほぼバレますので、嘘をついて申し込んでも借りられることはありません。

金融機関における収入の定義とは

仮に失業中で無職であったとしても失業保険を得ているのであれば、安定した収入とみなされるのかと言われればそうではありません。

金融機関における収入の定義は決まっています。

  • 給与所得収入
  • 不動産収入
  • 事業収入

大きく分けるとこの3点が収入とみなされます。

給与所得収入は、公務員や会社員だけでなく、パートやアルバイトで得る収入も含まれます。

また、仕事をしているわけではないが、所有する土地や建物を貸して賃貸収入を得ることも収入とみなされます。

「無職=無収入」とイメージする人も多いとは思いますが、無職だからといって必ずしも収入がないとは限りません。

ただし、無職で収入がある人でも、その収入が税金などで支払われる生活保護や失業保険、親からの仕送りの場合は収入として認められません。

なお、在宅ワークなどで収入は得ている人であれば、それもきちんとした収入ですのでお金を借りることはできます。

しかし、収入は安定しているとはいえませんので、納税証明書など第三者から見ても確実に収入を毎月得ている書類を提出する必要があるでしょう。

関連記事をチェック!

安定した収入とは?借入申込の収入条件

カードローンでお金を借り入れする場合、借り入れ申し込みの収入条件に「継続安定した収入」と書いてあるのを見たことがあるでしょうか。 お金を借りるには、返済することを考えて収入がなければなりませんが...

無職になってすぐ、もしくは退職間際は?

ローンの申込書に記入する情報は、申込日時点の情報を記入します。

既に退職していれば勤務先欄に「無職」と記入しなくてはなりません。

申込日時点で無職・無収入であれば審査に通過することはできず、お金を借りることはできません。

ただ、退職間際の場合は、申込日時点ではまだ仕事をしていますので、申込書の勤務先欄に会社の情報を記入できます。

在籍確認時に電話の対応をした人が「○○は退職予定です」と話すことはほぼないと思いますので、審査次第では借りられる可能性があります。

カードローンの限度額についても、普通に設定されることになりますので、信用によっては十分な金額で契約できる可能性もあります。

専業主婦はどうなるのか

専業主婦の人は、家事という仕事をしているのですが、それによって収入は得ていません。

これまでお話ししていますように、収入がなければお金を借りることはできませんが、専業主婦の場合は少し違います。

専業主婦の場合は、自分に収入がなくてもお金を借りることが可能です。

場合によっては、夫に内緒で借りられることもあります。

関連記事をチェック!

プロミスレディースキャッシング

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はプロミス「レディースキャッシング」について説明したいと思います。 プロミス「レディースキャッシング」について ▼女性スタッフのみ対応。30日間無利息サー...

就職内定者はどうなるのか

就職内定者のうち、高校の場合はどこからもお金を借りることはできません。

専門学校や大学に在籍し、就職内定をもらっている人は、アルバイトをして収入を得ていれば借りられます。

ただし、未成年の場合は簡単には借りることができません。

ローンの貸付条件には年齢の条件もあり、ほとんどが「20歳以上」としています。

お金を借りられるのは基本的に成人してからであり、いくらアルバイトで収入を得ていても年齢条件を満たすことができないために借りられないのです。

ただし、学生ローンの中には年齢条件を「18歳以上(高校生を除く)」としているところもあります。

この場合は未成年でも借りることができますが、親権者を保証人につけなければならない可能性が高いですので、親に内緒で借りることは難しいです。

年金受給者はどうなるのか

年金受給者の場合、仕事をしていなくても年金収入を得ています。

この年金収入も金融機関では収入とみなしています。

そのため、年齢条件をクリアしていればカードローンを借りることもできますし、最近ではシルバーローンなどのように専用の融資商品まであります。

年金受給者では借りられないと思っている人もいるかもしれませんが、年金は確実に入金される安定した収入ですので、これを返済財源として借入することは可能です。

無職でもプロミスは借りられる?

ここまでは、ローン会社全体で無職の人はお金を借りることができるかを解説してきました。

消費者金融系カードローンの中でも大手のプロミスでは、自動契約機を全国各地に設置していますので、無職でも借りられれば安心できることはもちろん、スピーディーに契約までできます。

では、プロミスの場合、無職の人でも借りることはできるのでしょうか?

プロミスは総量規制の対象

プロミスは消費者金融として営業していますので、貸金業法が適用となり、総量規制の対象となります。

先程もお話しましたように、総量規制では個人への融資を年収の3分の1までと定めています。

そのため、収入が全くない無職の人は、総量規制によってお金を借りることができません。

また、プロミスの利用条件には「年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入がある方」とあります。

無職の人の場合、年齢の条件は満たすことができても、安定した収入という条件を満たすことができず、プロミスとキャッシング契約を結ぶことができません。

無職の人はプロミスの利用ができない

上記でご説明しましたように、無職の方はプロミスからお金を借りることはできません。

では、無職であることを隠して申し込めばどうなるのでしょうか。

まず、あたかも仕事をしているかのように申し込むことで、融資条件はクリアできます。

また、年収や勤続年数によっては審査基準もクリアできるのですが、キャッシング審査の中には在籍確認があります。

在籍確認は基本的に電話で行われますので、申込書に記入した勤務先に電話が行くことになります。

実際は勤務していない会社に電話が行き、その対応を自分ができるわけもありません。

在籍確認が取れなければ当然、審査通過はできませんので、結局はお金を借りることができません。

無職で無収入だと何とかしてお金を借りたい気持ちもわかりますが、嘘の情報で申し込むこと自体が間違いであり、バレずに審査通過できる可能性は極めて低いです。

プロミスは派遣社員でも利用できる

プロミスでは、利用条件に勤務形態の制限はありません。

そのため、安定した収入があれば、派遣社員や契約社員の人でも申し込むことができます。

もちろん、正社員として働いている人と同じように、初めてであれば無利息期間サービスを利用することもできますし、ローン専用カードも発行されます。

ただ、審査結果が出るまでには時間がかかるケースも多いです。

プロミスの審査は最短30分なのですが、派遣社員や契約社員の場合は会社員よりも収入は少なく、安定していない場合も多いですので、審査時間が長くなってしまう可能性があります。

その日のうちに借りたいなど、すぐにお金が必要な場合には、できるだけ早く申し込みすることをおすすめします。

派遣会社に登録しただけでは借りられない

派遣社員でも大丈夫だとわかると、派遣会社に登録だけしてプロミスに申し込もうと考える人もいるようです。

派遣社員の場合、プロミスの申込書に記入する勤務先は、派遣先ではなく派遣元となります。

在籍確認も派遣元で行うことになるため、派遣登録をすれば在籍確認もクリアできると考えるかもしれません。

しかし、プロミスでもこのようなことがあることは把握しており、申込内容を確認する電話で細かく質問されることもあります。

また、派遣元とコミュニケーションを取っていなければ在籍確認ができない場合もあります。

派遣社員は登録しただけで収入が得られるものではありませんので、登録だけをした状態でプロミスに申し込んでも審査通過できる可能性は低いです。

関連記事をチェック!

プロミスから派遣社員でもお金を借りられる?

「急な飲み会に誘われた」「友人の結婚式が続いた」予定外の出費が続いて、手元にお金がない、こんな状況になったことが一度はあるのではないでしょうか? 給料やボーナスに余裕のある人であれば、不安はない...

関連記事をチェック!

プロミスの延滞金は幾ら?デメリットや回避術は何?

プロミスに毎月の返済をうっかり忘れていたり、返済が難しく返済日までに入金ができなかったりする場合、ペナルティとして「遅延損害金」が発生します。 月の返済金額に上乗せされて請求されますので、返済金...

専業主婦もプロミスは利用できない?

結論から言うと、専業主婦はプロミスで借りることができません。

収入のない専業主婦の人は、プロミスの申し込み条件を満たしていませんので、審査通過はできません。

ですが、在宅ワークをして自身で収入を得ている人の場合は、プロミスの審査に通過できるケースもあります。

いずれにしても、専業主婦の人がプロミスからお金を借りる場合は、自分に収入があるかが鍵となります。

消費者金融会社によっては専業主婦も借入可能

冒頭の方で、専業主婦の方は収入がなくても消費者金融からお金を借りることは可能ということをお伝えしました。

プロミスでは、自分に収入がなければ借りることはできませんが、一部の消費者金融会社では「配偶者貸付」を行っているところもあります。

配偶者貸付とは、総量規制の例外にあたる貸付であり、夫婦の年収を合算して、その3分の1までを借りられるというものです。

配偶者貸付でも、無利息サービスを利用できる金融会社もあり、一定期間は無利息キャッシングも可能となっています。

また、金利自体も通常と同等が適用されることが多く、配偶者貸付だからといって高い金利となるわけではありません。

ただし、配偶者貸付を取り扱っている業者は中小消費者金融であり、振込融資が一般的です。

そのため、プロミスのようにカード発行があるわけでもなく、WEB完結で借りられるわけでもありません。

なお、配偶者貸付では配偶者の同意が必要となりますので、夫に内緒でお金を借りることはできません。

関連記事をチェック!

配偶者貸付は総量規制対象外

総量規制ができてから、専業主婦はお金を借りにくくなりました。 しかし、配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることを知っているでしょうか。 配偶者貸...

総量規制は消費者を守る法律

総量規制があるために、お金に困っているのに借りることができないのはおかしいと考える人もいるでしょう。

しかし、総量規制は消費者が多重債務に陥ることを未然に防ぐための法律です。

返済能力以上の借金を抱えてしまうと、後に待っているのは終わりの見えない苦しい返済生活です。

利息の支払のせいで元金もなかなか減らず、いつ完済するかもわからない借金を抱えているとまるで借金の返済のために生きていると感じるような状態となり、日々の生活に充実感を得ることはできません。

頭の中では、どうやって借金を返すかばかりを考えている生活を送りたいと思う人はいないでしょう。

多額の借金を抱えた状態での生活は、精神的に強いストレスを感じることになります。

借金のストレスが原因でうつ病になる可能性もあり、完済の見込みが立たない借金を抱えるべきではありません。

利用者にしてみても、総量規制のおかげで多重債務に陥らずに済んでいると、前向きに受け止めるようにしましょう。

なお、総量規制には除外と例外があり、契約方法によっては総量規制の影響を受けずに借りられるケースもあります。

また、生命保険会社で利用できる契約者貸付は、総量規制とは関係ありませんので、解約返戻金の範囲内であればいくら借りても問題ありません。

借入れ中に無職になったら一括返済?

申込時には職に就いていても、借入中に無職になることも珍しくはありません。

契約途中で無職になったとしてもそれを理由に一括返済を迫られることはありませんが、報告の義務は発生します。

失業者になったことを報告すると、これまでの利用限度額が「0円」となってしまうのですが、これは無職となって収入がなくなったため仕方がありません。

返済できていれば問題はない?

無職になったとしても、それまでの蓄えや退職金などで返済に問題がなければ、特にプロミスから何か言われるようなこともありません。

しかし、収入がない状態で長期間返済し続けることは難しいですので、いつかは延滞してしまいます。

延滞をすると電話などで取立てされることになり、場合によっては現在の収入についても質問されます。

先程もお話ししましたように、プロミスは総量規制の対象となるので、無収入の人には枠内であったとしても追加融資ができないようになっています。

返済できていれば問題ないということではなく、契約している以上は決められていることを守らなくてはなりませんので、報告はするようにしましょう。

なお、無職となって利用限度額がなくなったとしても、新たに収入を得ることができるようになり、それを報告すればまたその時点で枠が復活することもあります。

ただし、転職直後は返済能力が未知数ですので、前と同じ利用限度額を利用できる可能性は低いです。

関連記事をチェック!

銀行カードローン利用中に会社を退職したらどうなる?退職後にお金を借りる方法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 辞めた後も契約は継続される カードローンを申し込む際には収入がなければ借り...

言わなきゃバレない?

追加融資ができなくなるのならば、あえて言う必要もないのではないかとも思えてしまいますが、申込時と状況が変わればプロミスにその旨を伝えなくてはいけません。

しかし、在籍確認でもされない限りはバレないのではないかと考えてしまいますが、一概にそうだとも言えません。

プロミスに限らず、どこの消費者金融も定期的に顧客状況に変動がないかを確認するために、信用情報機関に照合をかけています。

これを途上与信といいますが、プロミスに退職の事実を伝えていなくても、もし他の金融機関でキャッシングの申込みをしたり、クレジットカードの作成などをしたりする場合に、無職であることが判明したらその事実は個人信用情報に記載されます。

そうなると、退職を伝えていなくてもプロミスにはバレてしまいますので、融資枠見直しの対象となり一時的に追加融資ができなくなってしまうこともあります。

関連記事をチェック!

プロミス利用中に転職。勤務先変更届は必須!?

プロミスを利用中に、学生でバイトをしていたが就職によって勤務先が変更となった場合や、転職によって勤務先が変更となる人もいるでしょう。 このように、利用中に勤務先が変更となった場合、利用者はプロミ...

延滞に関わるのであればすぐに相談を

無職になって1回や2回の返済は問題なくても、今後は確実に返済することが難しくなっていくでしょう。

言い出せずにそのまま延滞となってしまい、払えないまま長期間放置をしていると、最終的には一括返済や財産差押えの手続きに入られてしまう可能性もあります。

また、返済の目処が立たないために、任意整理や自己破産などの債務整理をしなくてはならない可能性もあります。

長期延滞や債務整理は、個人信用情報機関に金融事故情報として登録され、少なくとも5年間はローンはおろかクレジットカードも利用できなくなります。

そうならないためにも、まだ遅れがない状態でプロミスに一度相談をしておくことが得策です。

まだ遅れが生じていない段階であれば、プロミスも柔軟に対応してくれますし、状況によっては返済回数を増やして月の返済額を押さえるようなリスケジュールを出してくれることもあります。

無職のうちはプロミスと相談しながら少しづつ返済していき、新たに収入を得られるようになったら、完済できるように頑張っていきましょう。

関連記事をチェック!

プロミスに支払い遅れそうならまずは返済相談

プロミスはどうしても返済が難しい会員に対して、柔軟な返済相談窓口を設けています。 返済期日に間に合わない、とか、どうしても最低返済額が用意できないという場合は、放置することなく相談しましょう。 ...

まとめ

プロミスに限らず、ローン会社全体として無職の人はお金を借りることができませんが、不動産や年金によって収入を得ている人は借入が可能です。

「無職=無収入」ということは限りませんので、無職だからといってお金が借りられないわけではないということを認識しましょう。

また、利用中に無職となった場合は、そのことを報告する義務が生じます。

無職になったことを報告しなかったことで一括返済を求められることは少ないのですが、契約をしている以上は報告しなければなりません。

報告をすると追加で借りられなくなりますが、金融事故とならないようにしてくれていると前向きに捉えるようにしましょう。

一度利用できなくなったものを再開させるのは簡単ではありませんが、早く追加融資を受けるためには、早期に新たな仕事で収入を得られるようになりましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談