プロミスで50万以上の融資を受けたい!審査に通過する方法とは?

消費者金融のプロミスは、アプリローンや無人契約機などの便利なサービスが利用できます。

そんなプロミスで50万円以上を借りたい人もいるでしょう。

50万円以上の融資を受けるには、申し込むとき何に気を付ければいいのか、また審査に通過するためのポイントと、審査に落ちやすい人の特徴を見ていきましょう。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(仮名)
年齢:50歳
性別:男性
職歴:信用組合に20年以上勤務

プロミスの基本情報と限度額を確認しよう!

プロミス基本情報

プロミスの申込条件は、年齢20歳~69歳の本人に安定した収入のある人となっています。

プロミスを利用できる人は、正社員のほか派遣社員やパート、アルバイトなどで収入がある人です。

主婦や学生でも安定した収入があれば利用可能ということです。

申込方法は「WEB」「郵送」「店頭窓口」「電話」から行えます。

WEB完結できる申込方法は、来店不要で誰にも会わずに借入れが可能です。

次に金利設定と限度額を確認しましょう。

プロミスの金利設定は100万円までは4.5%~17.8%となっており、100万円を超えると金利は15.0%と低くなります。

また利用限度額の上限額は500万円ですが、審査結果によって申込者の限度額が決定します。

関連記事をチェック!

プロミスの借入方法・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はプロミスについて説明したいと思います。 ▼郵送物なし!Web完結で内緒に借りたい方は▼ プロミスについて プロミスは、SMBCグループの子会社であ...

限度額は初回審査で決まる

プロミスの利用限度額は初回の審査で決められます。

申し込むときに提出した借入れ希望額をもとに審査されますが、場合によっては希望金額よりも少ない利用限度額となることがあります。

収入に見合わない借入れ希望額であったり、他社借入額が多い場合や個人信用情報に傷があったりすると、利用限度額を引き下げられることがあるので注意しましょう。

50万円以上を借りるときの注意点は?

総量規制を考慮する

プロミスは貸金業者であるため、総量規制を考慮して申し込まなければなりません。

総量規制とは貸金業者は年収の3分の1以上の貸付けをしてはならないという法律です。

利用者が借りすぎて返済困難な状況になる、多重債務者になってしまうことを防ぐ目的として作られた法律です。

そのため、プロミスは総量規制に従って利用限度額を設定しています。

関連記事をチェック!

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

金融機関から借金をするときは、金融機関が判断する貸付金額の他にも法律によって規制がかかることがあります。 これは貸金業法という法律の中の総量規制によるものです。 法律によって借入が規制され...

借りすぎに気を付ける

50万円以上を借りるときに気を付けたいことは、利用限度額が大きくなることで必要のないお金を借りてしまうということです。

本来ならば20万円ほどで足りるものを、利用限度額が100万円と設定されれば残り80万円をほかのものに使えると思いがちでしょう。

このように不必要な分を借入れしていると、借金はどんどん膨らみ多重債務となるので気を付けなければなりません。

借金は申込みから完済まで計画的に行い、返済可能な金額だけを借りるように心がけましょう。

50万円以上借りるときに必要な書類とは?

プロミスで50万円以上を借りるときには、書類を提出しなければならない決まりです。

書類を提出しないと限度額を制限されることがあるので、きちんと用意してから申し込みましょう。

本人確認書類

本人確認書類は借入金額にかかわらず、必ず提出しなければなりません。

本人を確認できる書類とは「運転免許証」又は「パスポート」、あるいは「健康保険証」+「住民票など1点」となっています。

外国籍の人は「在留カード」又は「特別永住者証明書」を一緒に提出する必要があります。

なお、提出する書類は必ず有効期限内のものを用意しないと、無効となりますので注意しましょう。

収入証明書類

50万円以上の借入れ希望額の場合、収入証明書の提出が必要であることが貸金業法で定められているため、提出しなければなりません。

収入を証明する書類とは以下のものになります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 給与明細(直近2か月分+1年分の賞与明細書)
  • 税額通知書
  • 確定申告書(最新のもの)

給与明細を提出する人で賞与がない場合は、直近2か月分の給与明細で大丈夫です。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入れることができるか

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

収入証明書を提出する条件とは

収入証明書を提出しなければならない人には条件が定められています。

具体的な条件とは下記のようなものです。

  • プロミスの借入れ希望額が50万円以上の借入れ希望額
  • 他社とプロミスと合わせて100万円以上の借入れ希望額

注意したいのは借入れ希望額が50万円以上というだけでなく、他社との借入れを含めた金額も確認しなければならない点です。

今回プロミスでの借入れ希望額が30万円であっても、他社で80万円既に借りている場合は合計で110万円となり、収入証明書提出の条件にあてはまることになります。

そのため、自分の他社借入額が幾らなのか先に確認をしておきましょう。

増額申請のときの注意点

プロミスで50万円以上借りたいと思っても、限度額が50万円以下の場合は借りることができません。

その場合は限度額の増額を考える必要があります。

プロミスで増額をすることは可能か、増額審査について確認していきましょう。

増額審査に通るためのポイント

一般的に増額審査は申込審査よりも慎重に行われます。

限度額を増額するということは、利用額が大きい分返済額も大きくなるためです。

返済額が増えれば、プロミスにとってもリスクが高くなります。

返済が滞れば多重債務となったり、債務整理されたりするので、これらを回避するために審査ではしっかりと見られるのです。

増額審査を通過するポイントを押さえ、しっかり対策をする必要があります。

なお、増額審査通過のポイントは以下の通りです。

  • 新規申込み後半年以上返済実績を作ってから申し込む
  • 利用目的をはっきりしておく
  • 返済実績には延滞が記録されていないことが大切
  • 登録内容に変更があったら増額申請前に連絡しておく

新規申込みから利用半年以上経過してから申し込む理由は、プロミスとの取引実績がないため信用が計れないからです。

取引を築く上で大切なことは、「きちんと返済期日に支払うこと」です。

きちんと返済期日に返していくことで、いつかは完済でき信用も上がります。

逆に延滞した記録が残っていると、増額審査を受けても通らない可能性が高いため、注意が必要です。

また、増額を申し込むと理由を聞かれます。

お金を借りる目的が学費や家電購入など必要なものであれば問題がないと判断されるでしょう。

しかし増額する理由がギャンブルやただの遊興費となれば、増額する理由に値しないと判断されるので気を付けましょう。

気を付けたいポイントとして、転職などをした場合に新しい職場をプロミスに届出していないと増額審査で落ちる可能性があることです。

プロミスにかかわらず金融機関では、登録内容に変更があったら速やかに変更手続きをしなければなりません。

それを放置したままでいると増額審査時にそのことがバレて、最悪の場合契約解除になる可能性もあるため注意が必要です。

また、半年間延滞なしで利用すると、優良顧客として増額案内のお知らせが届くこともあります。

ただし利用する金額によっては、案内が来ないこともあります。

関連記事をチェック!

プロミスの借入限度額を増額させることは可能?

プロミスで借入限度額を増額させたい、何とでも成功させたいと思うのは誰もが同じです。プロミスのカードローンは便利ですからね。 カードローンでポイントが貯めることができるのはプロミスだけです。つい使...

50万円以上借りられない?審査に落ちる人の特徴とは

50万円以上の借入れ希望額で申し込んだけど、審査に落ちてしまった人には、総量規制の問題以外にも共通する特徴があります。

他社借入額が年収の3分の1以下であっても審査に落ちる人の特徴は、個人信用情報に問題がある場合と言えます。

個人信用情報はプロミスだけでなく、クレジットカードやその他のローンでの取引もすべて見ることができます。

そのため抱えている借金すべてをしっかり返済しないと、個人信用情報に傷が付いてしまいます。

過去1年間に延滞を度々繰り返していたり、滞納していたりすると審査に落ちる可能性が高くなります。

そのため、年収が700万円などの高年収であっても、他社借入れで延滞を繰り返している人はプロミスで50万円以上借り入れできないということもあり得るのです。

年収の高さは借入れ希望額に大きな影響がありますが、それ以上に個人信用情報の影響が大きいとも言えます。

クレジットカードの支払や他社借入れなどは返済を延滞しないように、期日に必ず返済をしてください。

関連記事をチェック!

信用情報機関と延滞,滞納の関係

クレジットカード、消費者金融などで延滞をした場合、日常生活にどのような影響があるのでしょうか? また、支払遅延はどこまで許されるのでしょうか? 延滞するとどうなる? 延滞は色々な場面で影響が...

まとめ

プロミスで50万円以上を借りるには年収が150万円以上で、安定した収入がある人となります。

ただし、個人信用情報に問題があると年収が高くても審査に通りません。

また、限度額が50万円以下の人は増額をすることで50万円以上の融資が受けられます。

増額するときは返済期日に支払うなどのこれまで取引を良好に保つことが大切です。

また50万円以上の借入れを希望するときは、本人確認書類と収入証明書を提出する必要があることを覚えておきましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【携帯キャッシュバック復活?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 最近、すっかり見かけなくなった携帯・スマホのキャッシュバックに関する情報も・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・