馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

プロミスで追加融資を受ける方法とは?審査はあるの?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

物価が上昇しても給料も上昇するとは限りませんので、経済的に厳しい状況の方も多いでしょう。

どうしてもお金が必要なら、プロミスで借金をすることもできます。

しかしプロミスで借金した後で、さらにどうしてもお金が必要になる場面もあるでしょう。

プロミスでは、簡単に追加の融資を受けられるのか解説していきます。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

プロミスは限度額の範囲で追加融資が受けられる

プロミスでお金を借りるには、状況に応じて幾つかのプランがあります。

それぞれの金融商品でも、原則的には限度額範囲内で借りることができます。

特にプロミスの「フリーキャッシング」は、限度額範囲内であれば、審査なしで追加の融資を受けることができます。

したがって、はじめに借りるときは、借り入れ限度額めいっぱいまで借り入れる必要はありません。

限度額までではありますが、追加でいつでも借りることができるため、必要な分だけ借りればよいのです。

そのため、はじめに無理してまで限度額いっぱい借りずに、計画的に利用するようにしましょう。

プロミスのフリーキャッシングで追加融資

プロミスには、簡単な手続で保証人もいらないキャッシングプランがあります。

「フリーキャッシング」という金融商品で、初めて借りる場合は、メールアドレスを登録したり、Web明細を利用したりするなどの条件で30日間利息が無料になっています。

生計費という限定ではありますが、限度額範囲内で出し入れ自由です。

したがって、追加で借りたいというときも、限度額の範囲内で自由に借りられるということです。

出し入れ自由であれば借入残高も出し入れするごとに変わりますが、プロミスでは返済金額については残高スライド元利定額返済方式というのを採用しています。

そのため、借入残高に応じて月々の返済額も変動する仕組みになっています。

残高スライド元利定額返済方式とは?

プロミスでは、返済方式に「残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。

例えば最終の借入残高が10万円であれば、これに3.61%を乗じて千円未満端数切上げをすると、4千円になります。

この4千円が最低返済金額になります。

つまり、借入残高10万円に対し月々4千円以上を返していけばよいのです。

借入残高が30万円超から100万円以下であれば2.53%で端数切上げ、100万円超であれば1.99%を乗じて端数切上げした金額が毎月の最低返済金額となっています。

返済期間も原則最長6年9か月以内、返済回数も1回から80回となっています。

例えば最終の借入残高が10万円で、月々4千円ずつ返す場合は32回で返すことになります。

この場合、返済総額は12万8千円となりますが、10万円を越える部分は利息に相当する部分と考えればよいのです。

このような返済シミュレーションがプロミスのホームページで確認できるため、一度確認をしてみましょう。

借入金額が少なければ最小返済額も少ないため、無理せずに返済することができます。

ただし、返済期間が長くなると支払利息も増えていくため、余裕がある月に繰り上げ返済をしていくことをおすすめします。

関連記事をチェック!

カードローン返済方法の代名詞!元利定額方式とは?

カードローンの最小返済額を決定する方法はいくつもありますが、最もポピュラーな返済方法が元利定額方式という返済方法です。 「カードローンは毎月の支払いが同額」と当たり前のように考えている人も多いで...

関連記事をチェック!

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、最低返済額には注意点もあるのです。 それを...

プロミスの借入れ限度額を増額するには?

プロミスのフリーキャッシングでは、借入れ限度額以内であれば確かに追加で借りることもできますが、この限度額というのは審査で決定されます。

プロミスの最大融資額は500万円となっていますが、すべての人が500万円を限度として融資が受けられるのではなく、それぞれの利用者に、返済能力に応じて限度額も決定されます。

また既に借金をどれほどかかえているかも限度額決定に影響があります。

プロミスは保証人も担保も不要で融資が受けられるのですが、場合によっては収入証明を提出しその状況や希望する借入額に応じて、限度額が決定されるのです。

また、限度額の範囲内であれば、何度でも融資を受けられます。

さらに、限度額そのものを変更して増額したいならば、プロミスコールに電話をするかインターネット会員サービスサイトを利用して、限度額変更の手続をすることができます。

ただし、これまでのプロミスと取引した状況が重要です。

もしも返済履歴に遅滞の記録などがあれば、増額審査には通らないと考えておきましょう。

そのため、プロミスを最低でも半年以上利用していて延滞を一度もしていない、また転職せずに収入も下がることなく安定しているのであれば、増額申請をしても審査に通る可能性があります。

このような条件に当てはまらない場合は、むやみに増額申請をしても審査に落ちるか、最悪の場合限度額を減額される場合もあるため、増額申請は慎重に行いましょう。

限度額に余裕があるのに追加融資できないこともある?

プロミスを利用中に、限度額にまだ余裕があるはずなのに追加で借りられなくなることがあります。

なぜそのようなことになるかというと、プロミスの返済を度々延滞していたり、滞納をしていたりする場合です。

プロミスでは、返済に遅れると電話などで督促をしますが、その電話に出なかったり連絡が全く取れなかったりすることが続くと、返済能力を疑われます。

そのため、これ以上貸付けしても回収できないとみなされ、限度額に余裕があったとしても利用できない状態にされてしまうのです。

このようなことにならないように、返済は必ず期日までに行い、遅れる場合はプロミスに必ず連絡を取って返済期日の相談を行うようにしましょう。

関連記事をチェック!

プロミスは返済相談に柔軟に対応!相談窓口と相談する際の注意点!

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 相談することで返済額を減額できる 大手消費者金融であるSMBCコンシューマーファイ...

プロミスのレディースキャッシングでも追加融資できる

プロミスには女性のためのカードローンがあります。

レディースキャッシングという商品です。

お金を借りるにはどのようにして借りて、返すにはどうしたらよいかという様々な疑問もあることでしょう。

しかし女性にとっては、男性と話をすることが苦手であったり、お金を借りるということで消極的になってしまったり、込み入った話は女性同士で話したいということもあるでしょう。

そんな女性たちのために、女性のお客様専用ダイヤルというものがあります。

その電話では、女性オペレーターが対応してくれますので、気兼ねなく話をすることができます。

プロミスのレディースキャッシングも融資の条件はプロミスのフリーキャッシングと同じです。

すなわち、20歳から69歳までの安定収入のある方は、生計費のための融資を受けることができます。

また、借金をしてしばらくしてお金が足りないとか、さらに借金したいというときは、限度額の範囲内で追加の融資を受けることができます。

関連記事をチェック!

プロミスレディースキャッシング

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はプロミス「レディースキャッシング」について説明したいと思います。 プロミス「レディースキャッシング」について ▼女性スタッフのみ対応。30日間無利息サー...

プロミスコールで借り入れ限度額を確認できる

プロミスでは限度額まで借りられるということは、現在の借入残高を常に把握する必要があります。

借入残高は、インターネットで会員サービスにより確認することができますし、プロミスコールに電話すれば教えてもらえます。

借入残高から契約で決められた借入れ限度額までの範囲で追加融資を受けることができます。

このプロミスコールは込み合っているときはつながりにくいことがあるのですが、そのときはメールで問合せすることもできますので、大変便利です。

返済については、元々借り入れてあった分も、追加で借りた分も、分けて返済する必要はありません。

借入残高から計算された最低返済金額以上を返済すればよいのです。

したがって、一括返済することもできます。

利息をおさえるためにも、可能なときは多めに返済する方がよいでしょう。

プロミスコールは、借入残高を知るためだけでなく、借入れ限度額も教えてもらえますし、追加で借入れを申し込むこともできます。

ほかにも利息について、あるいは最低返済金額など、何でも問い合わせることができます。

インターネットが苦手な方はプロミスコールが便利です。

まとめ

プロミスではフリーキャッシングやレディースキャッシングなど、幾つかのキャッシングプランがありますが、いずれにしても簡単な手続で、限度額の範囲内で融資を受けることができます。

また、追加融資についても限度額の範囲内で簡単にお金を借りることができます。

限度額が足りなくなったら増額申請もできますが再び審査があるため、延滞などしていないことが大切です。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談