きらぼし銀行「きらぼしJCBカード」のキャッシング機能を徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

きらぼし銀行では、クレジットカード「きらぼしJCBカード」を発行しています。

ここではきらぼしJCBカードのキャッシング機能を中心に、カードの特徴も含めて解説します。

きらぼし銀行のクレジットカードとは

きらぼし銀行のクレジットカードは、旧東京都民銀行系列の「きらぼしJCB株式会社」が、JCBと提携して発行しています。

キャッシング希望枠については、30万円、50万円の中から選べることが特徴です。

キャッシング希望枠は30万または50万

きらぼしJCBカードの申込書には、キャッシング希望枠を記入する欄があります。

30万円または50万円のどちらかを選択する方式となっていますので、チェックするだけで簡単です。

但し年収を記入する欄もありますから、年収の3分の1を超えるキャッシング枠を希望した場合、キャッシング枠が減額されるか審査に通らない可能性があります。

またキャッシング希望枠にチェックをしない場合は、キャッシング枠が0円となります。

この場合、キャッシングを利用することはできません。

VISAと提携のカードは新規申込みを終了

きらぼし銀行には、旧八千代銀行グループの「きらぼしクレジットサービス」が発行する「きらぼしVISAカード」もあります。

しかしこのカードは、2018年7月1日をもって三井住友トラスト・カード株式会社に事業譲渡されますから、きらぼし銀行のカードではなくなります。

またきらぼしVISAカードは新規申し込みを終了しているため、今後きらぼし銀行のクレジットカードで利用可能な国際ブランドは、JCBのみとなります。

クレジットカードの利用条件を解説

きらぼし銀行のクレジットカードでは、カードの種類などによりキャッシング枠は異なります。

また学生がキャッシングを利用する場合は、1回払いのみ利用可能です。

ここではきらぼしJCBカードの申し込み条件や年会費についても解説します。

きらぼしJCBカードの申し込み条件

きらぼしJCBカードの申し込み条件や年会費は、以下の通りとなります。

カード種類一般カードゴールドカード
年 齢18歳以上20歳以上
専業主婦・主夫の
申し込み
不 可
学生の申し込み
(高校生を除く)
不 可
本会員年会費1,350円10,800円
家族会員年会費432円1人目無料
2人目から1,080円

キャッシングの利用条件

きらぼしJCBカードでキャッシングを利用する場合、利用枠は以下の通りとなります。

返済方法一般カードゴールドカード
1回払い20万円以内
(学生は10万円以内)
30万円以内
リボ払い30万円以内
(学生は利用不可)
50万円以内

但し申し込み時点で収入がない方の場合、キャッシング枠は0円となります。

また締め日は毎月15日、口座引き落とし日は締め日の翌月10日となります。

申し込みの際のポイント

きらぼし銀行のカードを申し込む際には、他の銀行にはない注意点があります。

申込書に記入する際のポイントも含めて、解説していきます。

申し込みにはきらぼし銀行の預金口座が必要

きらぼしJCBカードの申し込み用紙には、あらかじめ預金口座の欄に「きらぼし銀行」が印字されています。

このため、申し込みが可能な方は以下のどちらかの場合に限られます。

  • きらぼし銀行の預金口座がある方
  • きらぼし銀行の口座開設と同時に申し込む方

申し込みはきらぼし銀行の本支店窓口へ

きらぼしJCBカードの申し込み用紙は、きらぼし銀行本支店窓口や、きらぼしJCBカードに請求することにより取り寄せが可能です。

しかしカードの申し込みは、きらぼし銀行の窓口でのみ受け付けています。

また2018年5月現在、きらぼしJCBカードの申し込みを受け付ける支店は、以下の支店に限られます。

  • 旧東京都民銀行(マーク:赤丸)
  • 旧新銀行東京(マーク:みずいろの四角)

旧八千代銀行の支店(マーク:オレンジのひし形)では受け付けていませんので、支店に出向く前によく確認しましょう。

運転免許証の番号記入欄がある

きらぼしJCBカードの申込書には、運転免許証の番号記入欄があります。

運転免許証または運転経歴証明書をお持ちの方は、12桁の番号を記入する必要があります。

借入方法について

キャッシングはきらぼし銀行や提携金融機関、コンビニに設置されているATMで可能です。

ATM以外でのキャッシング方法については、カード発行時に同封の書類などでご確認ください。

ATMでのキャッシング

きらぼしJCBカードでは、きらぼしJCBが指定する金融機関やコンビニATMでキャッシングができます。

もちろん、きらぼし銀行ATMでのキャッシングも可能です。

なおコンビニATMは24時間営業の箇所も多いですが、きらぼしJCBカードが利用できる時間は、最大でも7時から23時までとなります。

ATMでの借入は手数料がかかる

きらぼしJCBカードを使ってATMからキャッシングを行う場合は、手数料がかかります。

手数料の金額は、1万円までの場合は108円、1万円を超える場合は216円となります。

借入前には利用可能額の確認を

きらぼしJCBカードでは利用可能額が個々に異なりますから、カード発行時の台紙などで利用可能額を確認することが大切です。

特に海外で利用する場合は、キャッシング枠が足りないとATMから現地通貨を引き出せなくなり、不便な思いをします。

このため、出発前に必ず利用可能額を確認しましょう。

キャッシング金額を1回払いで返済

ここではキャッシングで借入した金額を1回払いで返済する場合の条件や、繰上返済方法などについて解説します。

1回払いの返済条件

きらぼしJCBカードで1回払いのキャッシングを利用した場合、以下に示す返済条件が適用されます。

項 目内 容
融資利率年15.00%~18.00%
支払方法きらぼし銀行預金口座からの自動引き落とし
(普通預金または当座預金)
締め日毎月15日
口座引き落とし日翌月10日
(土日祝日の場合は、翌営業日の引き落とし)

繰上返済方法は振込のみ

1回払いでのキャッシングを利用した場合、繰上返済の方法は限られます。

事前にきらぼしJCBカードに連絡の上、指定した口座へ振り込むこととなります。

リボ払いへの変更はMyJCBで可能

1回払いからリボ払いに変更したい場合、JCBの会員専用WEBサービス「MyJCB」を利用することによって、支払方法の変更が可能です。

なお海外で利用する予定の方は、キャッシングする前にリボ払いへの変更が可能かどうか、きらぼしJCBカードに確認することをおすすめします。

キャッシング金額をリボ払いで返済

キャッシングで借入した金額をリボ払いで返済する場合、リボ払いの種類によって融資利率が異なります。

あわせて、返済方法や繰上返済をする条件も説明します。

リボ払いの融資利率や返済条件

きらぼしJCBカードでリボ払いのキャッシングを利用した場合、以下に示す融資利率が適用されます。

キャッシングリボの種類JCBキャッシングリボ払いA/X JCBキャッシング
リボ払い
融資利率年15.00%~18.00%
(ザ・クラス会員は年14.10%)
年15.00%~20.00%

また返済方式や支払方法など、以下の項目はリボ払いの方法を問わず共通です。

項 目内 容
返済方式以下の中から選択

  • 毎月元金定額払い
  • ボーナス併用払い
  • ボーナス月のみ元金定額払い
支払方法きらぼし銀行預金口座からの自動引き落とし
(普通預金または当座預金)
締め日毎月15日
口座引き落とし日翌月10日
(土日祝日の場合は、翌営業日の引き落とし)

繰上返済はATM等で可能

リボ払いでキャッシングをした場合、繰上返済は以下の方法で可能です。

  • きらぼしJCBが指定するATMで返済
  • 事前にきらぼしJCBに連絡の上、毎月の口座振替額を増額する
  • 事前にきらぼしJCBに連絡の上、指定された口座へ振込む

なお借入金額の一部を返済する場合、繰上返済で入金された金額は、全額元本の返済に割り当てられます。

関連記事をチェック!

516view

カードの支払いをリボ払いにすると危険?払えない場合はどうなるの?

クレジットカードのリボ払いは、毎月の支払いが一定の額になることで支払いやすいというメリットがあります。 しかし、利用しすぎると手数料が増え続け、結果的に支払いが困難になってしまうというケースが増えて...

キャッシングにおける他のポイント

きらぼし銀行のカードでキャッシングした後、返済方法の変更をしたい場合もあるでしょう。

この場合はどうすれば良いか、そのポイントを示します。

また、返済が遅れると遅延損害金がかかるなどの不利益もあります。

関連記事をチェック!

8519view

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は、必ず知っておいたほうが良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

返済方式や返済額を変更したい場合

カードを利用していると、お金に余裕ができたり、逆に生活が苦しくなった等の理由で、返済方式や返済額を変更したくなる場合があります。

この場合は、速やかにきらぼしJCBカードへ連絡してください。

「支払い名人」はキャッシングとは無関係

JCBカードには、1回払いで支払う額の上限を設定しておき、超えたらその分を自動的にリボ払いにする「支払い名人」というサービスがあります。

このサービスはショッピング専用であり、キャッシングには適用されません。

このためキャッシングをする際は、支払い方法を指定して借入れる必要があります。

遅延損害金は年率で20%

万が一キャッシングの返済が遅れた場合、引き落とし日の翌日から年20%の遅延損害金がかかります。

余分なお金を払わなければならないだけでなく、カードの利用が停止されるなどの不利益を受けることにもなります。

このため引き落とし日の前日までに、きらぼし銀行の預金残高を確認しておきましょう。

まとめ

きらぼし銀行ではグループ会社のきらぼしJCBから、クレジットカードを発行しています。

融資利率は15%から18%と、特別に低いとはいえません。

しかし普段からきらぼし銀行を利用している方にとっては、申し込みやすいのではないでしょうか。

カード利用代金の引き落としをきらぼし銀行の口座からできる点は、メリットといえます。

なお郵送での申し込みはできず、きらぼし銀行の本支店窓口に出向いて申し込む必要があります。

キャッシングはきらぼし銀行や提携金融機関ATMなどで借入ができます。

キャッシング利用枠は30万円と50万円から選べますが、利用枠を指定しなければキャッシングは使えません。

このためキャッシングを使いたい方は、申し込み時にキャッシング利用枠の申請が必須です。

なお学生の場合は1回払いのみキャッシングが利用可能であり、収入の無い方はキャッシング利用枠が0円となります。

支払いに困った場合はMyJCBで支払い方法を変更したり、きらぼし銀行に相談するなど、事前に対処しておきましょう。

支払いが遅れた場合には遅延損害金などのペナルティが課されますから、注意が必要です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談