アコムの30日間無利息キャッシングを解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

いまや、大手消費者金融では、「30日間の無利息キャッシング」が当たり前になった時代…。

しかし、その無利息キャッシングの仕組みや注意点をきちんと理解しておかないと、損をしてしまうリスクもある…という事をみなさんはご存知でしょうか?

そこで、今回はアコムの無利息キャッシングの条件などを詳しく確認し、どんな点に注意すべきなのか?解説していきたいと思います。

この記事はこんなに人におすすめ
  • アコムの無利息期間を使ってお得にキャッシングしたい人
  • アコムでキャッシングしようかと迷っている人

30日間無利息サービスは本当にお得?

大手消費者金融であるアコムのカードローンは、即日融資に対応しておりローンカードを使って近くにある提携ATMからお金を借りられるので便利です。

さらに、アコムには30日間無利息サービスといって、利用者にとってとてもお得なサービスがあります。

30日間金利0になるため、利子がまったく発生しません。

例えば、アコムから30万円(金利18.0%)を借りるなら、30日間で4,438円(うるう年の場合は4,426円)もの利息が発生しますが、無利息期間サービスを活用すれば1円も利息を支払わずに済むのです。

アコムなどの大手消費者金融カードローンは無担保カードローンということもあり、金利が高く設定されています。

無利息期間をうまく活用して金利の高さをカバーすることがおすすめです。

なお、アコムでは契約した日の翌日から30日間が、無利息の適用期間となります。

借入の翌日と勘違いすることのないように注意してください。

アコムにとってもお得!

また、30日間無利息サービスは、アコムにとってもお得なサービスだと言えます。

無利息サービス期間が終了した後、契約者が再びお金を借りなければならない事態となったとするとどのように対処するでしょうか?

もちろんアコム以外の消費者金融カードローンや銀行カードローンに申し込むこともできます。

しかし、手続きや審査に落ちるリスクを回避するためにも、多くの人がすでに契約しているアコムからのキャッシングを検討するでしょう。

“30日間無利息サービス”の提供は、消費者だけにメリットがあるように見えますが、アコムにとっても、長期的な目線で考えると顧客獲得につながるという大きなメリットがあるのです。

アコムの金利0円サービスの仕組み

アコムの無利息キャッシングの注意点を見ていく前に、「無利息キャッシングの仕組み」について、簡単におさらいしておきましょう。

金利0円で利用するためには、まずカードローン審査を通過しなければなりません。

審査の過程では、勤務先への在籍確認の電話などもあります。

無事に審査に通過したあとにも、無利息キャッシングの利用条件がありますので、うっかりしていて無利息サービスが受けられなかったということのないよう、注意点をしっかり確認しておきましょう。

無利息キャッシングを受けられる人

まず、アコムのカードローンを申し込んで、無利息キャッシングのサービスを受けられる人の条件から見ていきましょう。

アコムの無利息キャッシングは誰にでも適用されるわけではなく、以下の二つの条件を満たしている必要があります。

条件① アコムのカードローン契約が初めての場合

条件② カードローン契約時に35日毎の返済方法を選択した場合

ちなみに、条件② の返済サイクルについては、アコムでは”毎月指定日での返済”と、”35日毎の返済”が選べるようになっています。

35日毎の返済とは、毎月決まった日に返済日が来るのではなく、次の返済日が前回返済日の「35日後」という返済方法です。

35日毎の返済方法は、1年間の返済回数が少なくて済むというメリットがありますが、その分完済までの期間が長くなり、利息分の支払いが多くなるというデメリットがあります。

アコムの無利息キャッシング内容

次に、無利息キャッシングのサービス内容をもう少し詳しく見ていきましょう。

アコムの無利息キャッシングとは、アコムのカードローンを契約した日の翌日から、30日間は利息が一切かからないサービスです。

例えば、50万円を金利18%で1ヶ月借りると、利息は約7,500円です。

しかしアコムの無利息キャッシング期間中であれば、利息は全くかからないという事になります。

なお、アコムでは自動契約機(無人契約機ともいいます)の「むじんくん」で即日でカード発行が可能です。

提携ATMでも、カード利用によって契約極度額までキャッシングが可能ですが、無利息期間であってもアコム以外のATMは手数料が発生してしまいます。

例えば、無利息期間中に10万円をコンビニATMでキャッシングした場合、金利はかかりませんが、コンビニATMの手数料が別途216円かかってきますので、30日後に完済する場合の金額は100,216円という事になります。

したがって、アコムのATMから借入するか、振込キャッシングで銀行口座に振り込んでもらうなどの方法をおすすめします。

アコムが金利0円サービスを行う理由

アコムの金利0円サービスの内容について確認したところで、次にアコムが金利0円サービスを行う目的について見ていきましょう。

アコムはお金を貸してその利息を利益としている会社です。

その会社が金利0円サービスを行うのは、利益が減るわけですからデメリットのようにも思えます。

しかしそれでも金利0円サービスを行うには、意味があるのでしょう。

いくつかの可能性が考えられるので紹介していきます。

新規顧客の開拓

アコムの金利0円サービスの目的として考えられるのは「新規顧客の開拓」です。

いまや、消費者金融各社は「金利」「限度額」共に、ほとんど同じようなサービス内容となっています。

他社との差別化のために各社ともこのような金利0円サービスを導入し、カードローン初心者の顧客の争奪戦を繰り広げていると考えられるでしょう。

他社カードローンからの借り換え需要

二つ目の目的も同じような内容になってしまいますが、「他社利用者の囲い込み」が考えられます。

例えば、プロミスで一度無利息キャッシングのサービスを受けた人は、再度プロミスでは同じサービスを利用する事が出来ません。

しかし、アコムで借り換えをすると、アコムとの契約が初めてなら金利0円サービスを受ける事が可能です。

また、他社で借入額が借入限度額まで到達してしまった消費者を、アコムに引き込むというケースもあるでしょう。

例えば、クレジットカードのキャッシング枠10万円を使い切ってしまった人が、急に結婚式の予定が入ったのにお金がないという場合などでは、無利息期間があるアコムが魅力的に見えるでしょう。

アコムではこのように他社からの借り換えや、追加で融資が必要になった顧客も想定し、無利息キャッシングのサービスを提供していると考えられます。

どちらにしても、消費者だけでなくアコムにもメリットがあって提供しているサービスと言えるでしょう。

無利息キャッシングの注意点

無利息キャッシングのサービスは、利用者にとってはとてもうれしいサービスですが、メリットばかりではなく、いくつかの注意点もあります。

無利息期間は「契約後」すぐにスタートする

無利息キャッシングのサービスの注意点、一つ目は「無利息期間の開始タイミング」です。

アコムの無利息キャッシングは、「アコムのカードローン契約日の翌日」から無利息期間がスタートします。

借入日の翌日からではないので注意が必要です。

したがって、アコムを契約してから一度も借り入れを行わないまま30日間が契約すると、その時点で無利息期間が「終了」してしまいます。

必要なときの契約がおすすめ

少しでも長くアコムの無利息期間を利用するために、お金が必要になったときに契約するとよいでしょう。

アコムは即日融資に対応していますので、必要に迫られたときに契約しても十分に間に合います。

急いでいる人は、インターネットや電話から申し込みをすると時間短縮ができます。

審査回答時間は最短で30分ですから、あっという間にアコムから借入が可能かどうかがわかります。

また、申し込みをする前にアコムの公式ホームページにある「3秒診断」を使ってみることもおすすめです。

アコムの即日融資を上手に活用して、無利息期間30日をフルに使いきるようにしましょう。

借金に対する危機感が薄くなる

二つ目の注意点は、アコムカードローンが便利なために、借金癖が付いてしまうという点です。

アコムのカードローンは、ローンカードを使ってATMから簡単に借入することができます。

最初は借金をすることに対する罪悪感があると思いますが、キャッシングを繰り返していく内に慣れてしまい、お金が足りなくなったらキャッシングを利用するということが当たり前のような感覚になっていくでしょう。

カードローンを使ってお金を借りるのも、銀行のキャッシュカードを使って給与を口座から引き出すのも、動作としてはほとんど変わりません。

本当は借金をしているのに、まるで自分のお金を引き出しているような感覚になってしまうのでしょう。

「利息がかからない」のは初めての借入時だけです。

安易にキャッシングをすると、利息の支払いが重くのしかかってきます。

また、多重債務に陥ってしまう入り口とも言えますので、本当に借金をする必要があるのかを考えて、必要最低限の借入にするように心がけましょう。

残念!口座振替が利用できないので返済を忘れやすい

アコムの金利無利息サービスを利用するためには、35日ごとの返済を選ばなけれななりません。

返済期日が把握しづらいだけでなく、口座振替が利用できないというデメリットもあります。

自動引き落としなら、口座残高に気を付けてさえいれば返済を忘れることはありません。

しかし、35日返済の場合、利用者自信が自分の返済金額と返済期日を把握して、正しい期日までに正しい返済額以上のお金を入金しなくてはなりません。

返済し忘れる可能性が高いのでカレンダーなどを活用して、返済日の管理に努めましょう。

なお、返済期日に遅れてしまうと、返済日の翌日からペナルティとして遅延損害金が発生します。

アコムの遅延損害金は20%で、借入残高に対して遅れた日数分だけペナルティを払わなければなりません。

アコムの上限金利18%よりも遅延損害金の方が大きいので、返済期日は必ず守りましょう。

また、返済が遅れたという情報は、個人信用情報機関に登録されます。

今後の審査で不利になる可能性があるので、返済期日の管理は重要です。

指定日期日に変更するのもオススメ

返済期日を特定の日に固定したい人、もしくは口座振替を利用したい人は、”35日ごとの返済”ではなく”指定期日返済”を選ぶようにしましょう。

また、返済期日の管理が苦手という人も指定日を決めることをおすすめします。

ただし、金利を0にするためには、最初は35日ごとの返済にしなければなりません。

そこで30日間無利息サービスが終わったら、返済方式を”指定期日返済”に変更してみるのもよいでしょうか

アコムでは、いつでも好きなときに返済方式を変更することができます。

返済忘れを予防するためにも、30日間無利息サービス終了後、すぐに”指定期日返済”に変更することをオススメします。

返済方式を変更するときは利息分の精算が必須

返済方式を変更するときには、アコムからの借入を精算する必要はありませんが、利息分だけは精算する必要があります。

利息相当額を把握してから、以下の方法で返済方式の変更を申し込みましょう。

  • アコムの店頭窓口
  • アコムの無人店舗(むじんくん)
  • アコム総合カードデスク(0120-629-215、平日9:00~18:00)に電話する。

カードローンに新規で申し込みする場合と違って、受付時間が限られます。

また、店頭窓口やむじんくんは誰でも利用できるわけではありません。

多少、不便さを感じてしまいますが、遅延損害金を払うよりは変更手続きを行った方がよいでしょう。

提携ATMやコンビニで手数料が掛かる

アコムカードローンには様々な借入方法があります。

口座振込は手数料無料で利用できますが、提携金融機関のATMを使って借入を行う場合には、ATMの利用手数料が必要になります。

口座振込で借入をしても、結局は現金を引き出すためにATMまでいく必要があります。

手間を考えると、コンビニATMからローンカードを使って借入をしたくなるでしょう。

しかし、1回あたりの手数料は少額であっても積み重ねると金額は膨らんでいきます。

できる限り、口座振込やアコムATMなど手数料無料の借入方法を使うことをおすすめします。

アコム無利息キャッシングのリスクは

アコムの無利息キャッシングは、30日間以内に返済する予定であれば、利息もかからず急な出費に対応でき、とても便利です。

しかし、それではアコムを利用することにリスクはないのでしょうか。

気になるアコム利用時の考えられるリスクについて確認していきましょう。

学校や会社にバレないの?

カードローンやキャッシングの利用は、他人に知られたくないと感じる人も多いでしょう。

アコムを利用することが会社にバレる可能性が高いのは、在籍確認の電話くらいです。

アコムの在籍確認は、会社名は名乗らず担当スタッフの個人名を使います。

簡単には会社にバレないような配慮がされていますので、あまり心配する必要はないでしょう。

また、20歳以上で収入がある人は申し込むことができるので、大学生もアコムを利用することができます。

しかし、アコムが大学に問い合わせることはないので、大学にバレる可能性を心配する必要はないでしょう。

就職活動や結婚に影響は?

アコムを利用していても就職活動や結婚への影響はありません。

個人信用情報機関に登録されている情報を参照すれば、どれくらいの借金があるかなどを確認することができます。

しかし、信用情報の開示請求ができるのは本人だけです。例え、結婚相手や雇用主であっても、開示請求する権利はありませんので安心してください。

ただし、返済が困難なほどの借金を抱えている場合は注意が必要です。

もし、返済できない状態が続けば、会社や配偶者に借金があることがバレてしまうでしょう。

返済が滞ると、最初は携帯電話に連絡が掛かってきますが、次第に自宅や勤務先に電話がかかってくるようになります。

返せない程の借金があることがバレてしまうと、それまでと同じように振る舞うことは難しくなるでしょう。

返済不可能な状態に陥ることがないように、計画的にカードローンを利用するようにしましょう。

個人情報の漏洩に危険は?

アコムでは個人情報の取り扱いに最新の注意を払っています。

個人情報保護のために、「情報セキュリティ管理責任者」を設置して対策しているのです。

また、公式ホームページで個人情報の取り扱いに関する内容が公開されていますので、個人情報に関して不安を感じている人は目を通しておきましょう。

また、アコムを解約した後の個人情報に関しても気になる人がいるかもしれません。

個人情報の削除などは「アコムお客様相談センター(0120-036-390)」にて受け付けています。

解約後の漏洩に不安がある方は、電話で削除してもらうように要請するとよいでしょう。

無利息期間からの切り替わり時期に注意が必要

アコムの無利息期間は30日ですので、アコムに契約した翌月には金利が掛かります。

銀行カードローンと比べると金利が高く設定されているため、利息分の支払いが重くのしかかります。

実は、借金の返済が長期化しやすいのは、この利息分の支払いに原因があります。

アコムに限らず消費者金融は金利が高いため、返済してもなかなか元金が減りません。

そこで必要最低限だけ借りてすぐに返済することをおすすめします。

無利息期間終了後の取り扱いはどうなる?

できることならば、無利息期間に全額返済することが理想です。

全額返済が無理であっても、無利息期間内にできるだけ残高を減らしておきましょう。

それでは実際に無利息期間が終わった後について確認していきましょう。

通常の金利は3.0%~18.0%

アコムの金利は3.0%~18.0%ですが、はじめての利用する場合は上限金利である18.0%が適応されるケースが多いことを覚えておきましょう。

これは、返済実績があまりないことが原因です。

それでは、実際にどのくらいの金利が発生して、完済までにどれほどの期間がかかるのか、返済シミュレーションをしてみましょう。

今回は金利18.0%で、10万円・20万円・30万円を借りて、最低返済額で返済した場合と、1万円ずつ返済した場合にわけてシミュレーションしていきます。

また35日ごとの返済ではなく、月1回の指定日に返済することを想定して計算しました。

なお、アコムの最小返済金額の計算方法は、借入残高に「一定の割合」をかけて算出します。

また、一定の割合は極度限度額に応じて決まっており、極度限度額50万円の場合は一定の割合は3.0%となります。

したがって、最低返済額はそれぞれ、借入残高10万円では3,000円、借入残高20万円では6,000円、借入残高30万円では9,000円となります。

◆ 10万円借りた場合

返済金金額返済総額返済回数
3,000円139,639円47回
1万円109,158円11回

◆ 20万円借りた場合

返済金金額返済総額返済回数
6,000円279,313円47回
1万円239,554円24回

◆ 30万円借りた場合

返済金金額返済総額返済回数
9,000円418,982円47回
1万円401,524円41回

他社申込で無利息期間を延長

アコム以外にも無利息期間のある消費者金融はあります。

したがって、アコムの無利息期間が終わったら、他社の無利息期間を使って延長すればいいのでは?と考える人もいるかもしれません。

しかし、短期間の内に複数の金融機関に審査を申し込むと、申込ブラックと言われる状態になる可能性があります。

各種ローンを本当に利用したいときに、審査に通過できなくなる可能性を考えるとおすすめはできません。

できるだけ利息を払いたくないという気持ちはわかりますが、無利息期間を延長するのではなく、無利息期間内にできるだけ返済することを考えた方がよいでしょう。

金利0円 他社カードローンの条件


アコム以外にも、無利息期間のあるローンを販売しているカードローン会社はたくさんあります。

インターネット返済が利用できる金融機関や、アコムとは審査基準が違う金融機関を検討することもできます。

また、無利息期間があるカードローンと言えば消費者金融が有名ですが、銀行系カードローンでも無利息期間を設けています。

是非、カードローン選びの参考にしてください。

レイクなら5万円まで180日間無利息

一つ目に紹介するのはレイクです。

レイクの特徴は、無利息キャッシングを「30日間無利息キャッシング」と、「最初の5万円までが180日間無利息」のふたつから選択できます。

自分の状況によってうまく使いわけて利用しましょう。

例えば、再就職するまでに貯金を使い切ってしまった場合には、初回の給料日まで交通費やランチ代などの出費に困ってしまいます。

しかし、レイクの180日間無利息キャッシングを利用すれば、5万円を約6か月間無利息で借りる事ができるので、厳しい状況を切り抜けることができるでしょう。

ただし、アコムと同じく、レイクも無利息期間がスタートするのは、「借り入れ後」ではなく、「契約後」であることに注意してください。

ジャパンネット銀行でも金利0円サービスがある

無利息キャッシングと聞くと、消費者金融のカードローンを連想してしまいますが、実はレ銀行カードローンでも金利0円サービスを提供している所があります。

それは、ネット専業銀行の「ジャパンネット銀行」です。

さらに、ジャパンネット銀行の金利0円サービスは、無利息期間が「契約後」ではなく、「初回借り入れ後」という事になっているので、焦って借入をする必要はりません。

自分のスケジュールに合わせながら落ち着いてキャッシングする事が出来ます。

無利息キャッシングの元祖「シンキカードローン」

無利息キャッシングの元祖と言えば、「シンキ」のカードローンです。

シンキのカードローンを運営しているのは「新生パーソナルローン株式会社」という会社ですが、以前は「シンキ株式会社の1週間無利息キャッシング」として商品が提供されており、いわば無利息サービスの元祖ともいえる存在でした。

シンキには現在も「ノーローン」というカードローン商品があります。

この「ノーローン」の1週間無利息キャッシングの特徴は、1週間で完済すれば無利息、さらに当月内に完済すれば翌月も「1週間無利息」が適用されるという点にあります。

例えば、最初に10万円を借りて1週間後に完済し、その次にまた5万円を借りて、利息と一緒に当月内に完済しておけば、その翌月の給料日前などに10万円を借りて1週間以内に完済すれば、この時の借り入れにも利息が一切かからないのです。

しかも完済していれば、また翌月も「1週間無利息」が復活します。

給料日直前に少しだけお金が足りないときなどは、シンキから借りて給料日にすぐ返済するようにすれば、ずっと無利息で借りることができるわけです。

Q&A

無利息キャッシングの申込みに収入証明書は必要ですか?
収入証明書は必ず必要というわけではありません。
原則として、希望額が50万円以下の場合は、収入証明書は必要ありません。
しかし、希望額が50万円以上、あるいは他社からの借入とアコムへの希望額が100万円を越える場合は、収入証明書の提出を求めらます。
また、上記のいずれかに該当しなくても、収入証明書の提出を求められることがありますので、すぐに準備できるようにしておくとよいでしょう。
他社借入れがあっても大丈夫ですか?
他社借入があること自体には特に問題はありません。しかし、総量規制に抵触するほどの借入れがすでにある場合は、借入件数が多いと審査に通過することが困難となります。
なお、借入件数を減らしたい場合には、おまとめローンとしても利用できるフリーローンなどを使って一本化することも検討するとよいでしょう。
現在の限度額以上使いたいのですが、増額はできますか?
増額審査に通過できれば増額することができます。ただし、増額は一定期間以上の返済実績を積んでから申し込むことをおすすめします。また、審査結果によっては、逆に減枠されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

アコムの金利0円サービスの特徴について詳しくご紹介しました。

アコムに申し込むか悩んでいる人の参考になったでしょうか?

消費者金融のカードローンはスマホ一つでも契約が可能で、銀行カードローンとは異なり即日融資も可能となっています。

すぐにお金が必要な人にとっては心強い味方となってくれるでしょう。

しかし、年率18%程度の金利が適用されるケースがほとんどで、利息の負担が重くのしかかってきます。

アコムを利用する場合には、無利息キャッシングの恩恵を最大限利用し、短期間で返済できる計画を立てることをおすすめします。

また、無利息期間のあるカードローンを販売している金融機関はアコム以外にもあります。

無利息期間は消費者金融というイメージが強いですが、銀行カードローンでも無利息期間のあるカードローンを販売しているので、カードローン選びの候補に加えてみるとよいでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談