プロミスの借入年齢制限は何歳まで?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンには年齢制限があります。

これは「プロミス」も同様ですので、申し込み前にそれを確かめておく必要があります。

そこでこの記事では、プロミスの年齢制限について徹底解説してみました。

また、年齢制限に引っかかってしまい利用できないときの対処法もお伝えしておきますので、ぜひ参考にしてもられば幸いです。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • プロミスでの借り入れを考えている人
  • 年齢が原因でキャッシングを行えない人
  • プロミスの審査に通過しやすくなるためのポイントを知りたい人

プロミスが利用できる年齢は?


プロミスが利用できるのは、以下のように「20~69歳まで」となっています。

商品名対象年齢
フリーキャッシング20歳以上、69歳以下
おまとめローン20歳以上、65歳以下
自営者カードローン20歳以上、65歳以下
目的ローン20歳以上、69歳以下

商品ごとに対象年齢がことなるので注意してください。

また、上記の年齢以外の人は、たとえどんなに収入があったとしても利用できません。

なお、プロミス以外のアコムやアイフルといった大手消費者金融でも、65歳や69歳といった年齢を上限年齢として設定しています。

融資を受けたい場合には、65歳や69歳といった年齢が1つのポイントとなるでしょう。

関連記事をチェック!

369view

消費者金融を利用できる年齢制限は何歳から何歳まで?

消費者金融は、緊急でお金を調達したい場合などに非常に重宝するサービスですが、誰でも利用できるというわけではありません。 利用条件としていくつか制限が設けられていますが、その中には年齢による制限も含ま...

利用中に年齢制限を超えた場合

「利用中に年齢制限を超えた場合はどうなる?」と気になる人もいるでしょう。

たとえば、69歳で契約して次年度に70歳になってしまうような場合ですね。

この場合、新たな借り入れができなくなります。

そのため、追加融資ができない返済専用のローンになるということですね。

よって、年齢制限ギリギリで契約したような人はすぐに追加融資を受けられなくなるため、気をつけておく必要があります。

年齢は審査の合否に影響する?


「年齢による融資審査の有利・不利はあるか?」という疑問がある人も多いかと思います。

審査基準が公開されているわけではないため、ハッキリとしたことは言えませんが、年齢は審査の合否に多少影響してくると考えておいて間違いないでしょう。

審査に有利な年齢

審査に有利とされる年齢は、「30代~50代」の人です。

これらの年代は仕事についてからある程度経っており、それなりの立場や収入を得ている人が多い傾向にあります。

そのため、社会人として信頼度も高いため審査に有利となる可能性があります。

審査に不利な年齢

審査に不利とされる年齢は、「60以上の高齢者や20代前半の若者」です。

まず、60以上の高齢者ですと、返済途中に定年をして収入が激減する可能性がありますし、病気や死亡のリスクがあります。

次に20代前半の若者は、仕事に就いたばかりの人が多く、収入も低い傾向にあります。

また、カードやローンの利用実績も少ないため「期日通りに返済してくれるのか?」という点も不透明な場合が多々あります。

こうした部分が、審査に不利に働いてしまう可能性があるんですね。

とはいえ、年齢が審査に与える影響は微々たるものです。

あくまで不利になる可能性があるというだけですので、それほど心配する必要はありません。

関連記事をチェック!

2907view

70歳から75歳でもお金を借りれるカードローンはあるの?

70歳以上でも借り入れ可能なカードローンはあるのか。定年退職しても年金だけで生活するのは大変ですよね。 冠婚葬祭など急にお金が必要になることも長年生きていれば度々訪れるものです。 しかし多くのカー...

年齢制限で利用できない場合は?

「年齢制限に引っかかってしまいプロミスを利用できなかった・・・」このような人もいるかと思います。

しかし、お金が必要でプロミスを利用しようとしたのですから、借り入れできないと困ってしまいますよね。

そうした場合、以下の対処法を検討してみてはいかかでしょうか?

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードの「キャッシング枠」でも、現金の借り入れが可能です。

クレカのキャッシング枠の中には、18歳以上からでも利用できるものがあります。

あらかじめ付属させておけば審査もありませんので、スピーディーに借り入れが可能です。

また、「クレジット払い」で代用できるのであれば「分割払い」や「リボ払い」で支払いをするという手も、おすすめです。

質屋

質屋にブランド品や貴金属を「質入れ」すれば、現金の借り入れが可能です。

借り入れできる金額は質入れした物の価値によって決まるため、プロミスよりも少なくなる可能性が高いです。

しかし、数万円程度ならそれほど難しくはありませんので、試しに利用してみるのも良い手です。

関連記事をチェック!

1880view

【どこがお得?】大手質屋を徹底比較してみました

皆さんこんにちは馬三郎です。 以前の記事で、質屋とはどういったものか、私が質屋に実際に行ってみたときの様子を紹介しました。 私が行った質屋は大黒屋と大蔵質店の2つだけだったので、今回はそれ以外...

関連記事をチェック!

1385view

質屋とは担保を預けてお金を借りるところ

皆さんこんにちは、馬三郎です。 街中を歩いているとたまに質屋の看板を見かけると思います。 改めて思い返すと、結構いろんなところに質屋はありますが、外から私たちが目にするのは、ショーウインドウの中に...

年金担保融資制度

高齢者の人であれば、「年金担保融資制度」を検討しても良いかと思います。

年金担保融資制度では、年金を担保として現金の借り入れができます。

国の制度であるため、金利も「年金担保融資 年2.1%」、「労災年金担保融資 年1.4%」とプロミスよりもずっと低金利です。

ただし、審査が厳しかったり、連帯保証人が必要だったりと、プロミスのように手軽に借り入れできるわけではありません。

それでもひとつの選択肢として検討してみても良いでしょう。

なお、年金担保融資制度は2022年の3月末で新規の申し込み受付を終了しますので、利用を希望する場合はそれまでに申し込んでおく必要があります。

関連記事をチェック!

2170view

年金担保でお金を借りる方法。即日融資は不可

年金のみで生活している人にとって、急な出費は困った問題です。 お金に困ったときにはカードローンから借りるという方法もありますが、収入が年金のみでは、審査に通りにくいものです。 審査に通っても度々カ...

学生ローン

未成年の学生であれば、学生ローンを利用するのも1つの選択肢となるでしょう。

学生ローンは未成年者でも融資を受けられる数少ない方法の1つであり、大学や短大に入学して間もない学生などにとっては、非常に頼りになる存在と言えます。

ただし、未成年のかたが融資を受ける場合は親権者の同意が必要になるケースが多いので、親に内緒でお金を借りられるわけではありません。

また、少額融資が基本なので、最初に借りられる金額は5万円~10万円程度でしょう(繰り返し利用していればもう少しまとまった金額を借りられることもあります)。

年齢だけでなく安定収入も重要!

プロミスを利用するには年齢だけでなく、「安定収入」があることも必須です。

実際にプロミスの申し込み条件には「ご本人に安定した収入のあるかた」というような記述があります。

このため、安定収入がないことには審査に通りません。

安定収入とは

では、安定収入とはどのようなものを指すのでしょうか?

それは「将来も毎月継続して安定的に得られる収入」のことです。

つまり、継続性が高い収入源を持っている必要があるのです。

こう聞くと難しく思えるかもしれませんが、そうでもありません。

普通に働いていれば毎月給料がもらえますので、それは安定収入と見なされます。

たとえば、サラリーマンであれば会社を辞めない限りは給料を毎月もらえますよね。

それは数ヶ月先も同様ですので、収入が安定していると言えるのです。

関連記事をチェック!

1592view

安定した収入とは?借入申込の収入条件

カードローンでお金を借り入れする場合、借り入れ申し込みの収入条件に「継続安定した収入」と書いてあるのを見たことがあるでしょうか。 お金を借りるには、返済することを考えて収入がなければなりませんが、お...

派遣社員・パート・バイトの場合は?

「派遣社員・パート・アルバイトだと安定収入と見なされないのでは?」と不安になる人もいるかもしれません。

しかし、安心してください。

プロミスでは派遣社員・パート・アルバイトであっても、安定収入があると判断してくれます。

実際にプロミスの申し込み条件には「主婦、学生のかたでも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申し込みいただけます」という記述があります。

このため、正社員以外の職業の人でも、安定収入があると判断してくれるんですね。

年金は安定収入にならないので注意!

プロミスでは、職についていれば「年金受給者」の利用も可能です。

しかし、年金は安定収入として見なされないので注意してください。

このため、年金のみしか収入源がない人は利用ができません。

プロミスのような消費者金融での融資は、「総量規制」の対象です。

よって、年収の1/3までしか借り入れできないんですね。

たとえば、年収400万円の場合ですと1/3の133万円が借り入れ上限です。

総量規制の場合、年金は年収とカウントされないため、年金のみで生活している人は年収0円という扱いになってしまいます。

このため、借り入れできる金額も0円となり、そもそも借り入れ自体が不可能なのです。

このように、年金は安定収入にならないため、年金のみしか収入源がない人はプロミスの利用ができないので、気をつけましょう。

関連記事をチェック!

6174view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

審査に影響する年齢は何歳?


年齢が審査結果や審査スピードに影響することはあまりありませんが、設定されている上限・下限の年齢ギリギリの場合は、多少影響することが考えられます。

年齢が審査に与える影響について、見ていきましょう。

上限ギリギリのとき

プロミスは69歳まで申し込みができますが、この年齢では仕事をリタイアしていることが多く、収入面で不安がある人もいるでしょう。

収入が少ないと毎月きちんと支払えず、延滞になりかねません。

高齢者が審査で不利となる理由として、病気や死亡する可能性が高いためといわれています。

つまり、返済能力が低くリスクが高いと判断されるのです。

貸したお金を回収できない可能性が高いと、プロミスも貸倒れを防ぐために貸してくれません。

返済額によっては69歳ギリギリですと、審査に通らないこともあるので注意してください。

年齢に関しては、交渉等でどうにかなる部分ではないので、70歳以上の人はプロミスの利用はあきらめましょう。

下限ギリギリのとき

下限ギリギリというと、20歳前半ということになるでしょう。

20代初めは学生であることも多いですが、プロミスは学生の利用も認められています。

学生でアルバイトをしていれば利用可能ですが、平日は学校があるので収入が少なく、借り入れ限度額も少額となってしまいます。

また学生でなく社会人でも、20歳なりたての場合は仕事を始めたばかりで不安定であることが挙げられます。

勤続年数が浅かったり、すぐに転職したりすることもあるでしょう。

すぐに転職先が見つかればいいですが、なかなか見つからないときは収入が途絶えてしまいます。

したがって月々の返済ができず、延滞や多重債務となりかねません。

このほかに取引実績がないこともあり、実績がないとどのような人物であるか把握できません。

信用度が計れずに審査では不利となるため、下限ギリギリの人は審査で不利となってしまいます。

30代・40代の場合

働き盛りといわれる30代や40代は、勤続年数も収入も安定しているため貸しやすいといえます。

さらに家庭を持っている人は、責任がある立場であると見られたり、持家があったりすると審査で有利となります。

なかなか仕事を辞められないので、収入面と返済能力が高いと判断されるからです。

年齢が申し込み条件から外れると利用ができないということは確認してきましたが、対象年齢でも安定した収入がないと借り入れできません。

たとえば転職で収入がないときや頻繁に転職する人、あるいは収入が不安定な職種である場合などは、審査に影響しますので注意しましょう。

審査で一番有利な職業は公務員です。

安定した職業であり、かつ社会的責任も大きいと考えられています。

なお審査は総合的な審査項目で判断されるので、職業以外でも有利になることがあります。

審査は信用力がとても重要ですので、個人信用情報の内容は審査でも重点的に見られます。

個人信用情報には延滞情報もすぐに記録されてしまうため、延滞せずに返済をきちんと続けている実績を作ることをおすすめします。

ローンを利用していなくても、クレジットカードの支払いを支払い期日までにきちんと行うことで、良い取引実績が作れます。

さらに完済実績や一括返済も、プラスとなることを覚えておいてください。

関連記事をチェック!

45view

公務員は消費者金融の審査に通りやすいというのは本当?

消費者金融でお金を借りようと思うと必ず審査を受けなければなりませんが、その審査に通りやすい人と通りにくい人がいるという話があります。 そういった話の中では、公務員の人は消費者金融に通りやすいとされて...

申し込み時にしてはいけないこと

年齢が原因で審査に落ちてしまいそう、もしくは申し込み条件を満たせないという場合に、年齢を偽って申し込もうとする人がいますが、これは絶対にやめておいてください。

年齢詐称は駄目

年齢を詐称して申し込みをしたとしても、提出する書類でバレてしまいます。

提出する書類とは「本人確認書類」「収入証明書」です。

◇本人確認書類

「運転免許証」又は「パスポート」

もしくは「健康保険証」+「住民票など1点」

◇収入証明書(写し)

「給与明細書」「確定申告書」「源泉徴収票」

収入証明書が必要な場合とは、プロミスの借り入れ希望額が50万円以上、またはプロミスの希望額と他社との借り入れ額が100万円を超えるときです。

すべての人が提出するものではありません。

年齢詐称する行為は、申し込み書に虚偽申告をしたことになります。

虚偽深刻が発覚した時点で審査は打ち切られ、審査に通過することはないでしょう。

さらに、個人信用情報機関に虚偽の申告をしたとする情報が登録されます。

今後、ローンに申し込むときに不利となることを忘れないでください。

年齢に左右されないために利用するには

高齢者の場合

高齢者がプロミスに申し込むときに、年齢を気にせずにできることがあります。

それは申し込み年齢条件ギリギリに申し込みをせず、比較的若い頃にプロミス申し込みをして審査に通過しておくことです。

ローンを契約しただけで利用しなくてもいいですし、利用して完済後もプロミスと契約している状態であることが重要です。

若い頃に申し込むといっても、延滞を最近したことがあったり、収入が落ちたりすると審査に影響します。

また、完済する年齢を考慮して借り入れしましょう。

まとめ

プロミスの対象年齢は「20~69歳まで」です。

この年齢内の人でなければ、いくら収入があっても利用できないので注意しておきましょう。

また、年齢だけでなく「安定収入」があることも必須です。

このため、働いており毎月収入を得ていることも、非常に重要となってきます。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談