プロミスの営業時間まとめ!何時までに入店・電話すべき?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスの営業時間をまとめました。

プロミスに電話調査を実施し「実際にいつまでに入店・電話すれば当日中の対応が可能か」についてもまとめましたので、急ぎの融資や返済・問い合わせが必要なときは、是非参考にしてください。

この記事はこんな人におすすめ

この記事は以下のような人におすすめです。

  • 急にお金が必要になったのですぐにプロミスを利用したい人
  • プロミスの返済方法や営業時間を知りたい人

プロミス有人店舗窓口の営業時間

プロミスの有人店舗の営業時間は、基本的には平日10:00~18:00のみです。

一部の店舗では営業時間や定休日が異なりますので、必ず出かける前に以下に表示したプロミスの「店舗・ATM検索」でチェックするようにしてください。

◆プロミス公式サイト:「店舗・ATM検索」

土日祝日・年末年始の営業時間

一部の店舗を除き、プロミスの有人店舗は土日祝日が定休日となっています。

また、銀行は年末年始を休業することが一般的ですが、プロミスは1月1日を除いて毎日(土日や振替休日は除く)営業しています。

営業時間も通常の平日と同じく、10:00~18:00(店舗によって異なることがありますので、必ず「店舗・ATM検索」でチェックしてください)です。

審査の受付時間は?

平日なら年末年始であっても、基本的には18:00まで(一部の店舗を除く)営業しています。

しかし、18:00に入店すると、待ち時間や手続きなどで当日中に、契約からローンカード発行までを終えることができません。

プロミスに問い合わせてみたところ、申し込みから契約・ローンカード発行までを、すべて有人店舗で当日中に行いたいときは、平日17:00までに入店するようにしてほしいとのことでした。

また、インターネットや電話で申し込んでからプロミスに来店する場合も、先客がいるときは待たされる可能性がありますので、なるべく平日17:00までに入店することをおすすめしています。

返済の場合は閉店10分前でもOK!

プロミスは、店舗窓口でも返済を実施することができます。

申し込みや契約とは異なり、返済手続きは短時間で可能ですので、閉店10分前に入店しても大丈夫です。

プロミスの「店舗・ATM検索」で営業時間をチェックしてから、店舗窓口に向かいましょう。

プロミス自動契約機の営業時間

プロミスの自動契約機の営業時間は、一般的には毎日9:00~22:00となっています。

ただし、一部の自動契約機の営業時間は異なりますので、必ずプロミスの「店舗・ATM検索」で確認してから無人店舗に出向くようにしてください。

土日祝日・年末年始の無人機営業時間

プロミスの自動契約機は、基本的には年中無休です。

営業時間も平日と同じく9:00~22:00(一部の無人店舗は営業時間が異なります)ですので、土日や祝日も夜遅くまで利用することができます。

ただし、年末年始は、ほとんどの自動契約機が1月1日のみ終日利用できません。

1月1日にプロミスから融資を受けたい人は、コンビニATMや振込融資(ジャパンネット銀行か三井住友銀行に口座を持っている場合のみ)を利用するようにしてください。

大みそかは早めに自動契約機が休止する

12月30日までと1月2日以降は、通常通り9:00~22:00(一部の無人店舗は営業時間が異なります)の間なら、自動契約機を利用できますが、12月31日のみは営業時間が9:00~18:00に短縮されます。

12月31日に契約やローンカード発行を実施したい人は、17:00までに無人機ブースに行くようにしてください。

元日の新規借り入れは不可能!

基本的には、1月1日はプロミスの自動契約機を利用できません。

そのため、自動契約機を使って申し込みや契約・ローンカードの発行は不可能です。

いつまでに無人機ブースに入室すればOKか?

プロミスに電話で尋ねたところ、申し込みから契約・ローンカード発行までを、自動契約機で実施する場合は、21:00までに入室してほしいとのことでした。

プロミスでは融資前に必ず個人信用情報機関(CICとJICC)に問い合わせますので、21:00を過ぎてから申し込むと審査が当日中に終わらず、契約や融資が翌日以降に持ち越されてしまう可能性があるからです。

当日中に融資を受けたい人は、必ず21:00までに入室してください。

なお、インターネットや電話で申し込みを済ませ、審査結果も受け取っている人は、21:30までに自動契約機に入室すればOKとのことです。

21:00までに無人機ブースに行けそうにないときは、先にインターネットか電話で申し込みだけを済ませておきましょう。

プロミスコールセンターの営業時間

プロミスのコールセンター(プロミスコール、0120-24-0365)は、電話番号から分かる通り、24時間365日いつでも受け付けています。

しかし、直接オペレーターと話したいときは、コールセンターの営業時間内に電話をかけなくてはなりません。

プロミスのコールセンターの営業時間は平日9:00~18:00となっていますので、自動応答が苦手な人や緊急の用事がある人は、平日9:00~18:00に電話をかけましょう。

土日祝日・年末年始のプロミスコール営業時間

土日祝日は、プロミスコールは営業していませんので、自動音声による対応になります。

また、年末年始の対応は毎年若干変わりますので、必ずプロミスの公式サイト(例年、12月の初旬に年末年始の対応について発表されます。

12月5日以降に「プロミス 年末年始 ○○(西暦)」と検索してください)で、チェックするようにしてください。

なお、2015~2017年の年末年始で、はロミスコールの休業は以下の通りでした。

年 度自動応答オペレーター対応
2015年1月1日のみ終日休業12月31日~1月2日休業
2016年1月1日のみ終日休業12月31日~1月2日休業
2017年1月1日のみ終日休業12月30日~1月1日休業

いつまでに電話をかければOKか?

プロミスコールでは、契約手続きを実行することができません。

そのため、電話で申し込んで当日中に融資を受けたい場合は、契約をプロミス店舗か自動契約機で実施する必要があります。

プロミス店舗で契約・ローンカード発行するのなら、平日17:00までに電話をかけ、自動契約機で契約・ローンカード発行する予定なら、毎日21:00までに電話をかけるようにしてください。

なお、当日中に振込融資を希望する人は、プロミスコールではなくインターネット経由で申し込むようにしてください。

平日14:00までに契約内容の確認が済むと、当日中に口座に融資金を振り込んでもらうことが可能になります。

プロミスATMの営業時間

プロミスATMの営業時間は、7:00~24:00までです。

早朝から夜遅くまで利用が可能なので、日中時間がないという人にとって使いやすい時間帯になっています。

なお、支店によって営業時間が異なる場合がありますので、事前に確認することをおすすめします。

また、プロミスATMは借入と返済のみ利用可能なので、既に契約をしていないと利用することができません。

土日祝日・年末年始の営業時間

プロミスATMは基本的に土日祝日も年中無休で、7:00~24:00まで利用することができますが、1月1日は自動契約機同様に利用することができなくなります。

ただし、12月31日も24:00まで利用できることや、1月2日より通常通り朝7:00からの利用が可能ですので、1日待つだけで焦らず利用することができます。

いつまでにATMを操作すればOKか?

プロミスのATMは借入と返済の利用だけで手続きも簡単なので、24:00までに操作が完了できれば問題ありません。

しかし、混雑していたり、焦って操作ミスを繰り返したりしてしまい、営業時間が終わってしまうという可能性がありますので、営業時間ぎりぎりに行って利用することはおすすめしません。

営業時間が終了する5分前には、ATMを操作し始めるようにしましょう。

プロミス提携コンビニATMの営業時間

既にプロミスのローンカードを保有している人は、セブンイレブンにあるセブン銀行などのコンビニATMを利用して借入や返済を実施することができます。

提携しているコンビニATMは、セブン銀行の他にも、E.net、ローソン銀行があります。

コンビニATMの営業時間や利用手数料は店舗によって異なりますので、よく利用するコンビニATMに貼っているステッカーで確認するようにしてください。

例)セブン銀行ATMの場合

曜日営業時間利用手数料
月曜日7:00~23:501万円以下108円
1万円超216円
平日土日祝日※0:10~23:50

※祝日が月曜の場合は7:00から取引開始
ただし、営業時間内であってもメンテナンスのためにATMが利用できないこともあります。

メンテナンスは0:00~7:00の時間帯に実施されることが多いですので、なるべくその他の時間帯にコンビニATMを利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

278view

プロミスの借入・引き出しはコンビニATMならほぼ24時間可能!

プロミスの借入れを行うのにコンビニATMが便利です。 何しろほぼ24時間いつでもお金を借りることができるからです。 他の消費者金融だと借入の時間に制約を受けることが多く、曜日によって使えない時間帯...

土日祝日・年末年始の営業時間

土日祝日や年末年始の営業時間も、店舗によって異なります。

必ずコンビニATMに貼っている、ステッカーで確認するようにしましょう。

いつまでにATMを操作すればOKか?

営業時間が終了する間際やメンテナンスが始まる間際にATMを利用すると、借入や返済の手続きが完了できないこともあります。

少なくとも営業時間が終了する5分前までに、そして、メンテナンスが始まる5分前までにはATMを操作し始めるようにしてください。

プロミス提携銀行ATMの営業時間

プロミスのローンカードを使って、プロミスの提携銀行ATMを利用することも可能です。

三井住友銀行のATMは24時間営業していることが多いのですが、ATMや銀行によっては8:45~18:00までしか営業していないこともあります。

ふだん利用する銀行ATMの営業時間を、自動ドアの前のステッカーで確認してください。

土日祝日・年末年始の営業時間

土日祝日や年末年始の営業時間も、店舗や銀行によって異なります。

三井住友銀行のATMは土日祝日も営業していることが多いのですが、他行のATMは営業時間が短縮されていることや休業していることもあるのです。

また、年末年始の対応も店舗や、銀行によって異なります。

しかし、近年、店舗窓口は休業でも、ATMは年末年始無休で稼働していることが多いです。

年末年始に銀行ATMを利用する予定がある人は、銀行ATMまで直接行って営業しているのか確認するか、コンビニATMを利用するようにしてください。

いつまでにATMを操作すべきですか?

営業時間が終了する間際にATMを利用すると、借入や返済が完了しないこともあります。

営業時間が終了する5分前までには、ATMを操作し始めるようにしましょう。

瞬フリ(振込キャッシング)が可能な申込時間

プロミスは電話での申込の他にも、会員ページでスマートフォンやパソコンからも申込ができ、手続き後から最短10秒で瞬フリが可能です。

電話でもインターネット上からも24時間申込みが可能で、振込手数料は無料です。

また、振込先の銀行によっては、24時間振込が可能です。

瞬フリが可能な主な銀行と、申込可能な時間帯は以下の通りです。

銀行名申込可能な時間帯瞬フリまでの時間
三井住友銀行24時間
平日・土日祝日も可
約10秒
ジャパンネット銀行24時間
平日・土日祝日も可
約10秒
MUFG 三菱UFJ銀行24時間
平日・土日祝日も可
約10秒
ゆうちょ銀行24時間
平日・土日主日も可
約10秒
みずほ銀行月~金0:00~8:45受付当日8:45~9:30頃
月~金8:45~14:50約10秒
月~金14:50~24:00翌営業日の8:45~9:30頃
土日祝日0:00~24:00翌営業日の8:45~9:30頃

上記以外でも利用可能な金融機関があります。

プロミスのホームページから確認することができますので、利用を希望する金融機関が対応しているか調べてみましょう。

瞬フリ対応外の時間帯

基本的にプロミスの瞬フリは土日祝日に関係なく24時間申し込みが可能ですが、システムメンテナンス時間は受付を停止しています。

また、メンテナンス時間以外にも、申込日時によっては、瞬フリに対応しておらず、振込まで時間がかかる場合があります。

受付日時振込日時
1月1日終日
1月2日0:00~7:00
受付停止
12月31日18:00~
1月4日8:00
1月4日8:45以降
5月2日18:50~
5月6日8:00
5月6日8:45以降
毎週日曜日0:00~4:00
毎週月曜日7:00~8:00
当日8:45~9:30頃
毎週土曜日23:30~24:00
毎週日曜日18:50~24:00
翌日8:45~9:30頃

※金融機関の営業日によって、振込時間が変わる可能性があります。

プロミスの営業時間の覚え方

オペレーターやスタッフなど、直接、人間に応対してもらいたいときは、平日18:00までが営業時間となっています。

無人契約機を利用するときは、毎日22:00までですので、21:00までに出かけるようにしてください。

なお、プロミスの契約とローンカード発行は、三井住友銀行内のローン契約機でも実施できます(申し込みはできません。インターネットか電話で申し込んでから出かけましょう)。

ただし、こちらは基本的に毎日21:00までの営業となっていますので、20:00までには出かけるようにしてください。

最速でプロミスから融資を受けるには

プロミスを始め、金融機関から融資を受ける際に、必ずあるのが申込後の審査です。

書類の提出や在籍確認など、審査はどの金融機関でも実施されており、審査基準に満たなければ融資を断られる可能性もあります。

しかし、事前にしっかり準備しておくことで審査に通過しやすくなり、融資も素早く受けることも可能です。

プロミスで素早く融資を受けるのに必要なことは、下記の2点を頭に入れておきましょう。

  • 審査に必要な書類を準備しておく
  • 自分が審査基準をクリアできるか確認しておく

審査の必要書類

審査に必要な書類を事前に準備をすることで、申込みから審査までスムーズに行われる可能性があります。

審査に必要な書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(融資額が50万円以上または、他社の借入残高と融資額が100万円を超える場合)

どの金融機関でも審査に必ず必要となってくるのが、運転免許証などの本人確認書類です。

住所や氏名など、申込み情報と相違ないか確認するために必要となります。

プロミスで本人確認書類として認められているものは、以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

その他外国籍の人は、『在留カード』か『特別永住者証明書』も必要になります。

また、50万円を超える融資を希望する場合や、他社との借入残額と借入額が合計100万円以上になる場合は、収入証明書の提出を求められます。

収入証明書は、申込者がきちんと返済できるのかを判断するために必要とされ、源泉徴収票や直近の給与明細書などが一般的です。

プロミスで収入証明書と認められている書類は、

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2か月のものと1年分の賞与明細書)

源泉徴収票と確定申告は、最新のものを準備しましょう。

また、給与明細書は直近2か月のものと、1年分の賞与明細書が必要となりますが、賞与がない場合は直近2か月分の給与明細書のみでも申込み可能です。

そもそも審査に通る?プロミスの審査基準

審査と言うと通過が難しそうで身構えてしまう人もいるかも知れませんが、審査に通過することは、コツさえつかめば決して難しいものではありません。

プロミスの申込みの際に、気を付ける点は以下の通りです。

  • 年齢など申込み条件を満たしているか
  • 安定した収入があるか

単純に言えば、以上の2点をクリアすることができれば、主婦や学生、正社員以外のパートやアルバイトでも申込むことができます。

返済能力があるかをチェックしているので、条件さえ満たしていれば職業や就業形態は特に問題視されないということです。

しかし、場合によっては返済能力があっても、審査に通過できないこともありますので、注意が必要です。

審査落ちの主な原因をまとめてみました。

審査落ちの原因審査落ちの理由対策
申込に間違いやうそがあったうそだと分かった時点で、信用が失われ審査落ちになる。
間違いがあった場合もうそとみなされる場合がある。
申込みは正確に、間違いやうそのないように気を付ける。
在籍確認の電話にでられなかった電話にでることができないと、うその情報とみなされる場合がある。在籍確認の電話には必ずでられるようにしておく。
信用情報に問題がある個人信用情報機関に金融ブラックの情報が残っていると、信用できないとして審査落ちになる。クレジットカードや携帯電話の料金など、滞納や未納などないようにする。

以上のことを踏まえて気を付けることは、下記の通りです。

  • 申し込みは正しい情報と、正確に行う
  • 在籍確認の電話には必ずでられるようにしておく
  • クレジットカードや携帯電話の料金など滞納や未納がないように、日頃から信用情報に気を付ける

特に信用情報は、個人信用情報機関に一定期間保管され、金融機関は申込者の信用情報に問題がないかを確認します。

クレジットカードの支払が遅れるなど金融事故を起こしている場合、返済がされない恐れがあると判断され、返済能力があったとしても審査に落ちる可能性があります。

また逆に、クレジットカードを利用したことがない、携帯電話を分割で購入したことがないなど、現金主義者で何の情報もない、いわゆるスーパーホワイトと呼ばれる人も、返済能力が分からないということから、審査に落ちる場合があります。

融資を考えるのであれば、現金主義もほどほどにしましょう。

個人信用情報は自分でも確認することができますので、信用情報が心配だという人は、申込みの前に一度確認をおすすめします。

もし、未納などの記録があれば直ちに支払いをし、金融ブラック状態を解消しましょう。
≪プロミスが加盟している個人信用情報機関≫

土日に振込融資を受ける方法

プロミスでは、プロミスカードを発行せずに利用する「カードレスカードローン」という形態の契約も可能です。

この方法なら、契約機に行かずに即日融資が可能になりますので、「今日中にお金が必要!でも契約機に行く時間もない」という人も即日融資を実施することができますね。

土日にカードレスで融資を受ける場合は、次の手順で申し込みから融資までを進めていきましょう。

振込融資の契約はインターネットで

契約機やプロミス店舗で契約を行わない場合は、インターネットもしくは郵送で契約をしなくてはなりません。

郵送では即日融資は不可能ですので、土日に即日融資を希望する場合は、インターネット契約を選ぶようにしてください。

尚、申し込みは、インターネットでも電話でもどちらもOKです。

関連記事をチェック!

2090view

プロミスはカードなし(カードレス)でも借入・返済が可能!

カードローンのプロミスですが、実は、カードなしでも借入や返済が可能なのです。 カードなしで借入・返済する方法とカードなしのメリットについて解説します。 この記事はこんなひとにおすすめ この記...

土日の即日振込は三井住友とジャパンネット銀行のみ

プロミスでは約10秒で指定口座に振り込む「瞬フリ」などのサービスも実施しており、振込のスピードに関しては定評があります。

しかし、土日や祝日に即日振込が実施できるのは「三井住友銀行」と「ジャパンネット銀行」の口座だけです。

いずれの銀行の口座も持っていない人は、契約機でプロミスカードを発行してからATM経由で融資を受けてください。

プロミスで土日に即日融資する際の注意点

通常は、プロミスの審査に通過しても、在籍確認を済ませるまでは融資を受けることができません。

土日祝日も営業している職場に勤めているのなら問題は起こらないのですが、土日や祝日は営業していない職場にお勤めの場合は、当日中に在籍確認を済ませることができず、当日中の融資は困難になってしまいます。

プロミスコールに電話をかけよう

しかし、急ぎの融資が必要なときなどは、在籍確認を済ませる前でも融資が可能になることがあります。

審査に通過した段階で、プロミスコール(0120-24-0365、24時間利用可能)に電話をかけ、なるべく早い融資が必要である旨を相談してみましょう。

優先的に手続きしてくれる場合もありますし、10万円以下の少額融資なら在籍確認前に実施してもらえることもあります。

まずは、誠実な態度でプロミスのオペレーターに頼んでみましょう。

在籍確認前に融資を受けたときは?

在籍確認前にプロミスから融資を受けることができたなら、遅くとも1週間以内には在籍確認のための電話が勤務先にかかってきます。

契約者本人が電話をとる必要はありませんが、心の準備はしておきましょう。

尚、在籍確認が済むと、一時的に低く抑えられていた限度額が本来の限度額に戻ります。

即日融資は可能?プロミス以外のカードローン

カードローンはプロミス以外でも借りることができますが、即日融資となれば借りる先は限定されます。

ここでは、プロミス以外のカードローンで即日融資が可能なのかを解説していきます。

アコムやアイフルなどの消費者金融

アコムやアイフルでも、プロミスと同じように審査時間は最短30分程度であり、土日や祝日でも即日融資が可能となっています。

また、中小の消費者金融でも即日融資は可能となっていますが、土日や祝日は営業していない業者も多いですし、自動契約機を設置している業者も少ないです。

中小の消費者金融で即日融資を受けるにはハードルが高くなりますので、より高い確率で即日融資を受けるためには、大手消費者金融に申し込むことをおすすめします。

銀行のカードローン

少し前までは銀行のカードローンでも即日融資を受けることができていました。

しかし、銀行の過剰融資問題や反社会的勢力への融資が問題視されたことによって審査のシステムが変更されました。

これにより、現在では即日でカードローンを借りることができなくなっています。

また、審査スピードが早い銀行であれば申し込みの翌営業日には借りられるのですが、仮審査に1週間かかる銀行もあります。

即日融資できないだけでなく、銀行によっては融資までの時間が違いますので、急いで融資を受けたい場合は審査スピードが早い銀行に申し込むようにしましょう。

Q&A:プロミス利用に関する6つの質問

ここでは、プロミスの利用を考えている人へ、以下の6つの質問についてお答えします。

①返済日のいつまでに入金すれば間に合う?

プロミスの返済日は一部返済方法を除いて5日、15日、25日、末日のいずれかから選ぶことができるので、給料日に合わせた返済が可能です。

しかし、返済当日中に返済金額を入金しても、反映されず、延滞扱いになる場合があります。返済方法によって、反映時間が異なりますので気を付けましょう。

返済方法入金時間
インターネット・プロミス及び提携ATM・コンビニマルティメディア端末返済当日中であればいつでも可能
口座振替前日
店頭返済当日18時まで
銀行振込返済当日15時まで
②夜の仕事に従事している場合、在籍確認は夜にしてもらえる?

プロミスの在籍確認は、連絡先と併せて、時間帯も範囲内で希望することができます。

時間帯は9:00~21:00まで希望することが可能ですので、夜の仕事でも電話を受けやすい時間帯と言えます。

③派遣の場合、勤務地と派遣会社のどちらに電話連絡がされる?

派遣社員の場合、連絡が付くのは派遣会社より勤務地になります。

何もしなければ、申込みのときに入力した派遣会社の電話番号へと在籍確認が行われ、確認ができず審査落ちしてしまう可能性があります。

しかし、プロミスは希望連絡先を、指定することが可能です。

申込後に、勤務先へ在籍確認が行われるように希望しましょう。

④限度額増額の審査結果はいつ分かる?

限度額の増額審査はプロミスの営業時間内に行われますので、申込日時によってはその日のうちにプロミスから連絡を受けることも可能です。

しかし、土日や時間外などの営業時間外に、申込をすると翌日以降の連絡になります。

また、審査内容によっては、さらに時間がかかる場合があります。

⑤プロミスの解約の方法や必要な日数は?
プロミスの解約手続は解約に関する書類を提出し、解約証明書を受け取れば完了です。
手続方法は以下の2つになります。

  • プロミスコールへ電話(0120-24-0365)
  • 店頭窓口

電話で手続きを行った場合、解約手続きの書類が郵送され、書類を記入し返送する必要があります。

土日や郵便状況によっては。日数がそれなりにかかることもあるので気を付けましょう。

また、店頭窓口ではその場で手続きができますので、解約手続きを行って書類ができればその場で解約することができます。

⑥振込キャッシングの場合、消費者金融名で振り込まれる?

プロミスから銀行口座に振込キャッシングを依頼した場合、名義人を『プロミス』だけでなく『パルセンター』のどちらかから選ぶことができます。

また、プロミスが承諾すれば、希望した名前の名義人で振り込みをしてくれます。

プロミスの利用を家族に知られたくない人は、申込みのときに相談してみましょう。

まとめ

紹介してきたようにプロミスは、全国に自動契約機や提携ATMなどがあり、遅い時間帯でも利用することができます。

また、インターネットでは時間や曜日を問わず365日24時間利用が可能です。

誰にも会うことがなく申込みや借入、返済が可能なので、とても気軽に利用できるプロミスですが、気軽さゆえに借り過ぎは禁物です。

収支のバランスをよく考えて利用するように心がけましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談