アコムの返済は口座引き落としが吉!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アコムには、多彩な返済方法があります。

しかし、絶対的におすすめの返済方法は“口座引き落とし”です。

口座引き落としを選ぶべき理由、そして、返済額が借入残高に反映されるタイミングについて解説します。

アコムの返済方法は5つもある!

初心者でも使いやすいことに定評のある消費者金融アコム。

以下の5つの返済方法から選択できるようになっており、銀行口座を持っていない人でも簡単に返済できるようになっています。

  • 口座引き落とし(口座振替)
  • アコムATMや提携ATMから入金
  • インターネット返済
  • アコムの口座に直接振り込み
  • アコムの店頭窓口で現金支払い

口座引き落とし返済を選ぶべき3つの理由

5つも返済方法が提供されているアコムカードローンですが、“口座引き落とし”による返済を強くオススメします。

口座引き落とし返済を選ぶべき理由としては、次の3つを挙げることができます。

理由1:返済手数料が無料

返済の度に手数料がかかってしまうなら、決してお得とは言えませんよね。

例えば、コンビニATMや銀行ATMでローンカードを使って返済すると、1回に1万円以下を返済するときは税込み108円、1万円を超える金額を返済するときは税込み216円がかかります(返済手数料は返済額から充当されます)。

しかし、アコムに返済用口座を登録して口座引き落としによる返済を実施していれば、返済手数料は無料になりますので、いつでもお得に返済できます。

関連記事をチェック!

181view

アコム振込返済の手数料と提携ATM一覧

アコムは同社のATMだけでなく、提携のATMなどからも振込返済ができてとても便利ですが、手数料がどの位かかっているか知っていますか。 借り入れたお金を返済するときに重要なのが金利と手数料です。 契...

理由2:返済期日に遅れることがなくなる

口座引き落とし以外の返済方法を選択すると、ご自身で“返済期日”と“返済金額(最低返済額)”を把握しておかなくてはいけません。

アコムには返済期日を教えてくれるメールサービスがありますが、メールを受け取ったからといって絶対にアコムに返済するという保証はありませんから、やはり、自動的に口座から引き落としてくれる方が便利です。

また、「明日までにアコムに振り込まなくてはいけないんだっけ?」とか「最低返済額はいくらだろう」と気に掛ける必要もなくなりますので、アコムによるストレスも激減しますよ。

遅延損害金も発生しにくくなる!

アコムは返済日を1日でも過ぎると、翌日から“遅延損害金”が発生します。

遅延損害金が発生すると、アコムへの借入金全体に対する金利が一時的に20.0%になってしまいますので、低い金利でアコムを利用している人も、一気に高金利かつ高利息が適用されることになるのです。

しかし、口座引き落としで返済するなら、支払期日に遅れてしまうといった状況は回避できますので、高金利の遅延利率が適用される可能性も減らせます。

関連記事をチェック!

6600view

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は、必ず知っておいたほうが良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

理由3:35日周期で返済するよりも早く完済できる

アコムには、2つの返済周期があります。

一般的な“1ヶ月周期”と“35日周期”の2つなのですが、口座引き落としで返済するときは“1ヶ月周期”が適用されます。

少しでも返済を遅らせたい人は1ヶ月周期よりも35日周期の方が良いかもしれませんが、少しでも早く完済しようと考えている利用者や利息総額を減らしたいと考える利用者は、絶対1ヶ月周期を選ぶようにしてください。

実際に、アコムから30万円(適用金利18.0%)を借りて、最低返済額だけを返済したケースをシミュレーションしてみました。

以下の表から、1ヶ月周期で返済する方が、利息総額を減らせることが分かりますね。

返済周期1ヶ月周期35日周期
借入額と適用金利30万円(18.0%)30万円(18.0%)
最低返済額8,000円9,000円
返済回数56回51回
利息総額140,765円150,401円
返済総額440,765円450,401円

※借入限度額は30万円超の場合でシミュレーションしています。なお、借入限度額が30万円のときは、返済期間は3年を超えることはできません。

※稀に35日周期で返済する方が利息総額が少なくなるケースもありますが、より短いサイクルで返済する1ヶ月周期の方が利息総額が少なくなることが一般的です。

ACマスターカードの返済も口座引き落としで!

アコムにはカードローン以外にも、「ACマスターカード」という名前のクレジットカードがあります。

ACマスターカードも返済方法はアコムのカードローンとまったく同じですので、返済用の銀行口座をアコムに登録して、口座引き落としによる返済を実施して下さい。

関連記事をチェック!

183view

アコムはリボ払いしかできない?ACマスターカードのメリットと注意点は?

消費者金融アコムは従来のカードローンとは別に、ACマスターカードという商品を取扱いしています。 これはキャッシング枠に、ショッピング枠を加えた非常に便利なものです。 ただし返済方法がリボ払いのみで...

他の返済方法も組み合わせると、さらにお得に!

口座引き落としで返済すると、最低返済額しか返済することができません。

もちろん、それでも何ら問題はないのですが、少しでも利息総額を減らしたいなら、口座引き落としを利用しつつ、家計に余裕があるときは他の返済方法によっても返済することをオススメします。

とはいえ、手数料が発生する方法で追加返済をすることは、あまり賢いことではありません。

“アコムの自社ATM”と“インターネット返済”なら手数料が無料ですので、余裕があるときにいずれかの方法で追加返済を実施してはいかがでしょうか。

口座引き落としと借入残高反映のタイミング

口座引き落とし返済を選ぶときは、約定返済日が毎月6日(6日が金融機関の定休日のときは、翌営業日に引き落としを実施します)になります。

しかし、アコムの借入残高に引き落とされた返済金額が反映されるのは、実際に口座引き落としが実施されてから4営業日後ですので、約定返済日後にすぐにアコムの会員ページやローンカードを使って残高を確認すると、借入残高がまったく変わっていないこともあるのです。

本当に口座引き落としが滞りなく実施できたのか不安なときは、アコムに問い合わせるのではなく、返済用口座の入出金明細をチェックして振替結果を確認するようにしてくださいね。

アコムへの支払いは口座引き落としを選ぶべき!

アコムへの支払いは、口座引き落としがベストの選択になります。

余裕があるときはアコムATMかインターネット返済で追加返済を実施し、賢くお得にアコムを利用していきましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談