レイクALSAで50万円~100万円借りたい場合の注意点は?

融資を受けるときは、借り入れたい金額が大きくなればなるほど、注意しておかなければならないことも増えるものです。

そういった注意点にどれだけ気を付けられるかで、融資を受けられるかどうかも変わってきます。

そこで今回は、レイクALSAで50万円以上借り入れたい場合の注意点について、説明を行っていきたいと思います。

50万円以上借り入れたい場合の注意点

レイクALSAで50万円以上借り入れたい場合の注意点としては、主に以下のようなものが挙げられます。

提出が必要な書類

レイクALSAで50万円超の借り入れを行う場合には、本人確認書類以外にも収入証明書類が必要になります。

収入証明書類として利用できるものには源泉徴収票や所得証明書などがありますので、それらの書類のうち1つを申し込みの際に提出しましょう。

運転免許証や健康保険証といった本人確認書類とは異なり、収入証明書類として利用できる書類はすぐに準備するのが難しいものも多々ありますので、あらかじめ準備しておけるかどうかが手続きがスムーズに終わるかどうかに大きな影響を及ぼします。

審査難易度

また、50万円以上という金額はかなりまとまった金額になりますので、数万円や十数万円を借り入れたいといった場合と比べると、審査もより慎重に行われ審査難易度も上がる傾向にあります。

そのため、属性や信用情報に何らかの不安点がある場合には、審査落ちになる可能性も十分あると思っておいたほうがいいでしょう。

審査基準は公にはされていないので、過去にレイクALSAに申し込んだ人の口コミなどを参考にしたうえで、自分が申し込んだ場合に審査に通過できそうかどうかということを、事前におおまかに判断しておくといいかもしれませんね。

総量規制

属性や信用情報が非常に優秀であり、普通に考えれば審査落ちする可能性がまったくないと思われるような人でも、総量規制に引っかかってしまえば問答無用でアウトです。

総量規制とは貸金業者が守らなければならない規制で、この規制の影響で消費者金融の利用者は自身の年収の3分の1超の融資を受けることができなくなってしまっています。

50万円の融資を受けたいのであれば年収は150万円以上あればいいですが、100万円の融資を受けたい場合には年収は300万円以上、200万円の融資を受けたい場合には年収は600万円以上必要というわけです。

希望限度額が大きめになる予定の人は、その金額と自身の年収を比較して総量規制に引っかかってはいないかということを、きちんと確認しておきましょう。

審査通過率を少しでも上げるためには?

では、上述した注意点それぞれについて、注意しておきたいポイントをさらに詳しく説明していきましょう。

必要書類に関しては、レイクALSAのホームページを見ていただければ詳細が確認できるので割愛させていただき、まずは審査難易度・審査通過率について説明していきます。

他社の借り入れを減らしておく

審査通過率を少しでも上げるためには、属性や信用情報を少しでもいい状態に持っていくことが重要ですが、どちらもそう簡単に改善できるものではありません。

その中で比較的改善しやすい要素としては、属性の一要素である「他社借り入れ金額・件数」が挙げられるでしょう。

レイクALSAに申し込みを行う前に他社からの借り入れ金額や件数を減らしておくことで、属性を改善することができ、審査に通過できる可能性を多少なりとも引き上げることができます。

賞与明細書も提出する

また、これは特に収入証明書類として給与明細書を利用する人に限られますが、給与明細書を提出する場合には併せて賞与明細書を提出することもできます。

賞与明細書の提出は任意ですが、提出したほうがより正確な年収を把握してもらうことができるため、審査においてプラスになることは間違いありません。

給与明細書を収入証明書類として利用する場合には、ぜひとも実践していただきたいと思います。

どうしても無理なら別のところを

しかしどれだけいろいろと手を打ってみても、レイクALSAの審査に通過できないという人もいるかもしれません。

そのような場合には、レイクALSA以外で借り入れを行うことを考えたほうがいいでしょう。

「レイクALSAで50万円以上を借り入れたい」ということを前提に話を進めてきましたが、大事なのは「レイクALSAで借り入れる」ことではなく、「50万円以上を借り入れる」ことのはずですからね。

ときには柔軟に考えて対処することも重要となりますよ。

総量規制に引っかかる場合はどうする?

では続いて、総量規制に引っかかってしまう場合はどうすればいいかということを考えていきましょう。

銀行カードローンを利用する

総量規制は貸金業法の中で制定されている規制なので、総量規制の範囲内での融資を行わなければならないのは、消費者金融をはじめとした貸金業者のみです。

そこで、レイクALSAで融資を受けようとするとどうしても総量規制に引っかかってしまうという場合は、銀行カードローンなどの総量規制の影響を受けない方法で融資を受けることを検討してみるといいでしょう。

ただし銀行カードローンは総量規制の影響を受けない代わりに、審査が厳しめに行われますし、規制が強化された影響で即日融資が行えなくなってしまっています。

少し厳しめの審査でも通過できるだけの自信があり、即日融資でなくてもかまわないという人にしかオススメできないのが、少々欠点と言えるかもしれません。

可能なだけ借り入れて残りは他で調達

即日融資を希望している場合や、銀行カードローンの審査には通る自信がないという場合には、とりあえず総量規制に引っかからないだけの金額でレイクALSAに申し込みを行いましょう。

足りない分は、レイクALSAで借り入れを行う以外の方法で調達してしまえばいいのです。

しかしだからと言って、足りない分の金額をレイクALSA以外の消費者金融から借り入れようとするのはやめましょう。

総量規制はすでに借り入れている金額もあわせて計算されるので、レイクALSAで総量規制ギリギリで借り入れを行っている時点で、新たに別のところから借り入れを行う余地は残されていないからです。

質屋に物を預け入れるなり、友人知人からお金を貸してもらうなり、お金を調達するための方法はいろいろとあるものです。

50万円以上を借り入れるという目的のために、レイクALSAを利用するのはあくまでも手段の1つに過ぎないわけですから、考えられる最善の手段を組み合わせて目的を達成できるようにしたいですね。

お得かどうかは金利が大きく左右する

金融機関での融資がお得かどうかを判断するポイントは、ずばり言ってしまえば「金利」です。

借り入れる金額が50万円で同じなのであれば、返済時に発生する利息が多いか少ないかでお得かどうかは決まることになりますからね。

そのためカードローン等を扱っている金融機関では、「低金利」であることを前面に押し出した広告を行う傾向にあるのです。

各カードローンの金利を比較してみよう

では実際に、主要な銀行カードローンや消費者金融で50万円を借り入れた場合に適用される金利を比較してみましょう。

銀行カードローン・消費者金融 適用金利
三井住友銀行カードローン 12.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
13.6%~14.6%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%
レイクALSA 15.0%~18.0%

すべての金融機関で適用金利に幅がありますが、審査の結果次第で実際に適用される金利が決定することになります。

また、50万円という金額はそれぞれのカードローンの最大利用限度額と比較するとそこまで大きな金額でもないため、実際に適用される金利は上限金利近くの金利になることが大半です。

それを踏まえて考えると、やはり銀行カードローンの金利の低さは優秀だと言えるでしょう。

逆に、消費者金融を利用する場合はプロミスの上限金利がわずかに低いものの、どこを利用してもほぼ同じ金利での融資になる可能性が高そうだということが、お分かりいただけると思います。

関連記事をチェック!

8398view

借金の金利の相場を知っておこう

借金をすれば必ず金利がかかります。 親や友達など個人間融資であれば無利息と言うこともあるでしょうが、金融機関からお金を借りれば必ず利息が必要です。 利息は金利によって計算でき、金利には金融機関の業...

50万円を借りた場合の金利や返済回数

レイクALSAから50万円を借りた場合の金利は前項でご説明した通り年18.0%です。

60日間借りた場合の利息額は計算済みですので、ここでは給料日前のピンチで借りることを前提にして計算してみましょう。

ボーナス前にどうしても50万円借りたい、10日後にボーナスが入ったら一括返済できることを前提に利息がいくらになるのか計算してみましょう。

・利息額=50万円×0.18/365日×10日=2,465円

60日借りてしまうと14,794円も利息を支払わなければなりませんが、レイクALSAは利用日数だけ利息を支払って完済してもOKです。利息を節約するにはできるだけ借入期間を短くすることです。

なおを50万円をレイクALSAから借りて一括返済ではなく分割返済の返済シミュレーションをしてみると、毎月の返済額は1万4,000円で返済回数は52回です。

利息の総支払金額は21万6,429円にも及びます。

レイクALSAには無利息サービスも

また、レイクALSAを利用する場合には「無利息サービス」のことも忘れてはなりません。

そもそもの適用金利の低さでは銀行カードローンに水をあけられてしまっていますが、無利息サービスを上手に活用することで、レイクALSAのほうがお得に利用できる可能性も残されているのです。

ただし、この無利息サービスはレイクALSAで借り入れを行うのが初めての人しか利用できないので、過去にレイクALSAを利用したことがある人は利用できないということには気を付けておきましょう。

どちらを利用するかは要注意

一口に「無利息サービス」とお伝えしていますが、レイクALSAでは2種類の無利息サービスを取り扱っており、どちらを利用するかで効果がかなり異なります。

1つは「契約日の翌日から60日間無利息」というサービスで、60日間であれば融資を受けた金額すべてが無利息となります。

そのため50万円の融資を受けた場合でも、60日間に完済することができれば返済する金額は50万円のみでよく、利息の心配をする必要がまったくありません。

そしてもう1つは、「契約限度額が200万円以下の場合、融資をうけた金額のうち5万円までであれば契約日の翌日から180日間無利息」というサービスです。

契約限度額と無利息になる金額に制限がつくものの、180日間という無利息期間は非常に魅力的ではないでしょうか。

ただし今回の場合は50万円を借り入れるという前提で話を進めているので、後者のサービスを利用してしまうと50万円のうち45万円には利息が発生することになってしまいます。

50万円の借り入れを検討している場合には、「60日間無利息」の無利息サービスを利用するのが良さそうですね。

他の消費者金融でも同様のサービスが

なお、このような無利息サービスを取り扱っているのはレイクALSAだけではありません。

プロミス・アコム・アイフルといった大手消費者金融を中心に、「30日間無利息」の無利息サービスを取り扱っているところは多いため、レイクALSAで融資を受けられなかった場合には他の消費者金融を利用することを検討してみてもいいでしょう。

ただし、ほとんどの消費者金融の無利息サービスはレイクALSAと同じく、初回利用者限定のサービスになっていることには注意しておかなければなりません。

また、「180日間無利息」の無利息サービスはレイクALSA独自のものなので、この無利息サービスを利用したい場合にはレイクALSAを利用する必要がありますよ。

結局レイクALSAで借りるのはお得?

では結局のところ、レイクALSAでお金を借りるのはお得なのでしょうか。

早めに返済できそうなのであれば◎

レイクALSAで50万円を借りた時に適用される金利は特別低いというわけではないので、レイクALSAでの借り入れがお得になるかどうかは、無利息サービスを利用できるか、そして無利息サービスの期間中に完済(もしくは大半の金額を返済)できるかどうかにかかっています。

無利息期間の間に完済できる場合はもちろんですが、完済できない場合でもその後の返済時に適用される実質的な金利をかなり抑えることができるからです。

そのためボーナスなどのまとまった金額の臨時収入が控えており、50万円をすぐに返済できそうな場合は、レイクALSAで借り入れを行うのはお得だと言えるでしょう。

ただしこれはレイクALSAのみに当てはまることではなく、無利息期間が利用できる消費者金融であればどこでも当てはまるということには注意しておきましょう。

返済が長引きそうなら他のところで

もしも無利息期間の間にまとまった金額を返済することが難しそうなのであれば、その後の返済ではそもそもの金利の高さが負担になる可能性は十分にあります。

そのため、返済を長期間に亘って行う予定なのであれば、そもそもの適用金利が低いところを利用したほうがお得に融資を受けられることになります。

先ほどの表で名前を挙げたところであれば、三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」などの銀行カードローンは、消費者金融と比べた場合、上限金利が低めとなっていましたよね。

名前を挙げていないカードローンの中にも、低金利で利用できるところはありますので、いろいろと比較検討したうえで、もっとも低い金利で融資を行ってくれそうなところを利用するといいでしょう。

それぞれの場合の最低返済金額は?

レイクALSAでは、借入残高に応じて毎月の最低返済金額が決定されます。

毎月の最低返済金額がいくらであるかは返済負担に大きく影響を及ぼすので、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

60万円を借り入れた場合の毎月の最低返済金額は15,000円、70万円を借り入れた場合の毎月の最低返済金額は18,000円、80万円を借り入れた場合の毎月の最低返済金額は20,000円となっています。

最低返済金額に大きな違いはない

60万円を借り入れた場合と80万円を借り入れた場合で、毎月の最低返済金額には5,000円の違いが生じていることが分かります。

人によって意見が分かれる部分かと思いますが、5,000円という金額はそこまで大きな差ではないように思われますので、60万円・70万円・80万円いずれの金額を借り入れた場合でも同じような心構えでかまわないでしょう。

ただし先ほどお伝えしたように、レイクALSAの最低返済金額は借入残高によって変わります。

順調に返済を継続していって借入残高が減っていけば、それに応じて最低返済金額も減っていきますが、途中で追加借り入れを行って借入残高が増えてしまうと、最低返済金額が増えてしまう可能性もあります。

追加借り入れを行った後は、そのときの利用残高における最低返済金額をあらためて確認しておいたほうがいいかもしれませんね。

関連記事をチェック!

3544view

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。 最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、この最低返済額には注意点もあるのです。 毎月の...

返済シミュレーションを行ってみよう

では20万円の違いが返済にどの程度の違いを及ぼすかを調べるために、60万円・70万円・80万円を借り入れた場合の返済シミュレーションを行ってみましょう。

60万円・70万円・80万円のいずれを借り入れた場合でも適用される金利は15.0%~18.0%なので、今回はその金利幅の上限と下限である15.0%と18.0%でそれぞれシミュレーションを行っていきたいと思います。

金利18.0%で借り入れた場合

まずは金利18.0%で借り入れた場合です。

60万円・70万円・80万円で借り入れを行った場合の最低返済金額は上述した通りですので、その返済金額通りに返済を行っていった場合のシミュレーション結果は以下の通りです。

融資金額 返済期間 総返済金額
60万円 5年2ヵ月(62ヵ月) 923,120円
70万円 4年11ヵ月(59ヵ月) 1,058,396円
80万円 5年2ヵ月(62ヵ月) 1,230,852円

これを見ると、融資金額が70万円のときがもっとも返済が早く終わるという面白い結果が分かると思います。

金利15.0%で借り入れた場合

それでは引き続き、金利15.0%で借り入れを行った場合のシミュレーション結果です。

融資金額 返済期間 総返済金額
60万円 4年8ヵ月(56ヵ月) 836,938円
70万円 4年6ヵ月(54ヵ月) 964,645円
80万円 4年8ヵ月(56ヵ月) 1,115,940円

この場合も、融資金額が70万円のときがもっとも返済が早く終わっていますね。

借り入れた金額は2番目に多いはずなのに、シミュレーション結果ではもっとも早く返済が終わるというのはいったい何が原因なのでしょうか。

関連記事をチェック!

8916view

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」を真...

できれば最低返済金額以上の返済を

その原因はズバリ、「借り入れた金額と最低返済金額の比率」にあります。

レイクALSAの最低返済金額は、借入残高に応じて都度変動していきますが、今回のシミュレーションでは最初に借り入れたときの最低返済金額で毎月返済を行っていく形を取っています。

そのため、借り入れた金額に対する毎月の最低返済金額の比率が一番大きかった70万円の場合が、もっとも早く返済を終えられるという結果になったわけです。

もちろん実際に返済を行っていく場合には、最初に借り入れたときの最低返済金額で返済を継続していく人はあまりおらず、借入残高に応じた最低返済金額で返済を行っていく人のほうが多いでしょう。

そうなると、返済期間や返済総額はシミュレーション結果で算出したものよりも、より長くより大きくなることになります。

ずっと最初の最低返済金額のままで返済を継続しろとは言いませんが、借入残高ごとに定められた最低返済金額よりも少し多めの返済を行っていくことで、トータルで見た場合の返済負担は軽減されるということを念頭に置いて返済を行っていくといいでしょう。

関連記事をチェック!

8115view

増額返済,繰り上げ返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

住宅ローンを借入した後、少しでも返済総額を減らすための方法として繰り上げ返済が有名です。 しかし、それよりもさらにお得になる方法があるなら知っておきたいですよね。 住宅ローンをお得に利用したい人に...

数十万円を返済する際に重要なこととは

先ほどのシミュレーションでも明らかになりましたが、数十万円の借り入れを行った場合には5年前後も返済を継続していかなければなりません。

そのため、漫然と返済を行っているときっとどこかでつまずいてしまいます。

数十万円を返済する際に意識しておきたい重要なこととしては、どのようなことが考えられるでしょうか。

具体的で実行可能な返済計画

もっとも重要なことは、具体的な返済計画を立てたうえで返済を継続していくということです。

具体的というのは、「毎月頑張ってできるだけたくさん返済する!」というようなことではありません。

返済シミュレーションなどをしっかり活用して、今後の自分の収入の予定や他の出費の予定などもすべて見当に入れたうえで、どのタイミングでどれぐらいの返済を行っていくかということを、(できれば)数値を用いて決定していくということです。

また、具体的に数値を用いて決定したはいいものの、月収20万円の人が「毎月10万円の返済を行う」という計画は正直実現性に乏しいですよね。

具体的で実行可能な計画を最初に立てられるかどうかで、返済がうまくいくかどうかがほぼ決定されると言っても過言ではありません。

日々の生活の中での節約

返済を行っていくということは、融資を受ける以前には存在しなかった出費が発生するということを意味します。

今までに貯めてきたお金を少しずつ崩しながら返済するというのであれば、以前と変わらない生活を続けていても返済を行うことはできると思いますが、それだけで返済を乗り切るのは少々厳しいでしょう。

そこで、日々の生活で節約できるところは節約して、返済に回すためのお金を捻出することが非常に重要になります。

食費でも交遊費でも服飾費でもなんでもかまわないので、無理のない範囲で節約をすることで、返済を継続していくことが少しでも楽になりますよ。

今月ピンチ!金欠で給料日前にお金があと500円!

ちょっとした息抜き

返済を行っている間というのは、どうしても心がすさみがちになってしまうものです。

返済に回すお金を捻出するために節約をして、今までできていたことができなくなってしまったとすれば、その傾向はさらに強くなります。

そうしてストレスをため続けていると、いつか爆発して取り返しのつかないことになってしまいますので、返済中とは言え適度に息抜きを行ってあげることも重要でしょう。

ずっと気を張りつめっぱなしでいられる人などいませんので、オン:オフ=9:1ぐらいの比率でかまいませんから、自分を甘やかしてあげるようにしましょう。

ただし息抜きだからといってお金を使いすぎると、その後の返済計画に影響を及ぼしかねないので、羽目を外しすぎないようにはしましょうね。

レイクALSAは最適な借り入れ先?

ここまでレイクALSAで60万円・70万円・80万円といったお金を借り入れることを考えてきましたが、そもそもそれだけのお金を借り入れる先として、レイクALSAは最適なのでしょうか。

金利自体はさらに低いところがある

レイクALSAは消費者金融なので、銀行で取り扱われているカードローンなどと比べると、金利は少々高めに設定されているのが実情です。

そのため、できるだけ低い金利で借り入れを行いたいという場合には、レイクALSAが最適な借り入れ先ではない可能性も考えられます。

ただし金利の低さと審査の厳しさはある程度比例するため、属性や信用情報の状態次第では金利が低いカードローンを利用したいと思っても利用できない可能性はあるでしょう。

そのような人が他のカードローンの利用を検討する場合には、過去にそのカードローンを利用したり申し込んだものの審査に落ちてしまったり、といったような人の口コミが参考になるでしょう。

自分と似たような属性や信用情報の人が、他のカードローンを利用できているかどうかで、レイクALSAではなくそのカードローンを利用することを検討してみてもいいかもしれませんね。

無利息サービスを利用できるかどうか

ただしレイクALSAには、少々金利が高めであるというデメリットに対抗できるだけのメリットもあります。

それが、「初回利用者限定の無利息サービス」です。

このサービスを利用できれば、無利息期間中に返済できた分に関しては利息は発生しないので、金利が高めであるというデメリットもあまり気になりませんよね。

ただし初回利用者限定なので、過去にレイクALSAを利用したことがある人は利用できないのが少々残念ではあります。

また、レイクALSAには無利息期間が60日間と180日間の2種類の無利息サービスがありますが、180日間のサービスの場合、無利息になるのは借り入れた金額のうち5万円までです。

数十万円単位の借り入れを行うのであれば、そのうち5万円が無利息となってもそこまで大きなインパクトはないので、無利息になる金額に制限のない無利息期間60日間のサービスを利用するほうがいいでしょう。

ダメなら他の消費者金融も視野に入れて

なお、上述したような無利息サービスを取り扱っているのはレイクALSAだけではありません。

プロミス・アコム・アイフルといった大手消費者金融を中心に、「初回利用者限定の30日間無利息サービス」を取り扱っている業者はあります。

そのため、レイクALSAを利用するのが初めてではない、もしくはレイクALSAでは審査落ちしてしまったという場合には、その他の消費者金融を利用することも検討してみるといいでしょう。

ただし、レイクALSAを利用するのが初めてではないからという理由で他を検討するのであればともかく、レイクALSAで審査落ちになったからという理由で他を検討する場合は、他の消費者金融でも同様に審査落ちになる可能性があることは注意しておくべきですね。

借り入れる以外の選択肢は?

レイクALSAを利用する、銀行カードローンを利用する、他の消費者金融を利用する、いずれの選択肢も「借り入れを行う」という大きな枠組みからは外れていません。

では、数十万円を調達するために借り入れを行う以外の方法はないのでしょうか。

私物を売却することでお金を得る

自力でどうにかできる方法としては、私物を売却することでお金を得るという方法が考えられます。

衣類でもマンガでも電化製品でもなんでもかまわないので、私物を古本屋や古着屋・リサイクルショップなどしかるべきところに持っていって売却することで、お金を調達することが可能です。

ただし数十万円を調達しようと思うと、量か質のどちらかは求められることになります。

1点につき1万円で買い取ってもらうとしても、数十点の私物が必要になることを考えると、量で攻めるのはなかなか厳しいかもしれません。

そのため、私物を売却して数十万円を得ようと思うのであれば、貴金属などの高価買取が期待できる私物を売却するのが現実的でしょう。

関連記事をチェック!

190878view

意外と高く売れるもの31選【完全保存版】

「取りあえずお金が必要だから家にあるものを売ってお金に換えたい」と考えたときに、何が高値で取引されているのか、どこなら高値で売れるのか、を知っておくことは非常に重要です。 少しでも多くの...

友人知人からお金を借りる

「借り入れを行う」という枠組みの中には含まれてしまいますが、友人や知人からお金を借りるという方法でもお金を調達することは可能です。

消費者金融や銀行カードローンではなく、友人や知人からお金を借りることのメリットとしては、毎月きっちりとした返済を行わなくてもいいという可能性が挙げられるでしょう。

もちろん友人や知人であるとは言え、お金を借りたからには返済をしなければならないのは当然ですが、事業として融資を行っている消費者金融等と比較すると、多少緩めに返済を行うことができるのも事実です。

お金の問題は人の関係性を簡単に壊してしまいかねないという懸念ももちろんありますが、返済が遅れそうな場合には事前に話を通しておくなどして調整しやすいのが、知り合いからお金を借りる場合の強みです。

返済に関してなぁなぁになりさえしなければ、金融機関から借り入れを行うよりも有力な方法であると言っても過言ではないかもしれませんね。

地道にコツコツと貯める

ここまで紹介してきた方法がいずれも実行できそうにないというのであれば、残された方法は地道にコツコツとお金を貯めていくという方法しかありません。

お金を調達するのに融資を受けることを検討しているということは、お金を必要とする予定が間近に迫っているからだと思いますが、コツコツと貯めていく方法では当然その予定には間に合いません。

しかし、世の中すべてが思い通りにいくことのほうが少ないのです。

融資を受けて予定までにお金を調達する代わりに返済の負担を抱えるか、融資を受けずに予定をキャンセルするか、そういうトレードオフの選択肢のどちらかを選ばなければならないときもきっとあるはずです。

ただし、今からコツコツとお金を貯めていけば今後同じようにお金が必要な予定が発生したときには、きっとそのお金が役立つでしょう。

資金難を自力で乗り越えられるように普段からコツコツお金を貯めていくことこそが、実はもっとも必要なことなのかもしれませんね。

お金を稼ぐ vs 節約する!効率的にお金を増やす方法は?

まとめ

以上、レイクALSAで50万円以上借り入れたい場合の注意点についての説明を行ってきました。

事前準備や審査難易度などにおいて、数万円といった少額の借り入れを行う場合と比べると、はるかにいろいろなことを意識しなければなりません。

ただ、適切な準備ができていさえすれば50万円以上を借り入れるのは決して難しいことではありませんので、今回説明させていただいたことも参考にしてもらって、必要とするお金を調達できるようにしてくださいね。

※レイクALSAの60日間無利息は、初めてお申し込み頂いた方、Webで申込いただきご契約額が1~200万円の方限定。30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※レイクALSA借入条件●極度額/1万円~500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%●遅延損害金(年率)/20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●必要書類/運転免許証※収入証明(契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合)●要審査

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談