キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

銀行系カードローンも債務整理は可能?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

銀行系カードローンも債務整理できる

貸金業法が改正されたことにより、消費者金融のカードローンには借入上限が定められました。

この影響から、これまで消費者金融で借りていた人が、銀行系カードローンを利用するようになりました。

しかし、これまで消費者金融で多かった返済の困難が、今度は銀行系カードローンで多くなっています。

そこで、借金の問題を解決するための最終手段である債務整理は、銀行系カードローンでも行うことができるのか、ということが気になります。

結論から先に言いますと、銀行系カードローンも債務整理をすることで、借金の問題を解決することができます。

ですが、銀行系カードローンだからこそ、注意しなければならないことがありますので、その注意点などを解説していきます。

債務整理の種類

一口に債務整理といっても、主な方法は「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があります。

任意整理とは、契約を遡って金利を引き直し、借金の減額や完済までにかかる利息をカット(将来利息)する方法です。

個人再生とは、住宅などの財産は残したまま、借金を減額する方法であり、自己破産は、借金の返済を免除してもらう方法です。

これらのうち、個人再生と自己破産は裁判所に認めてもらい、手続きすることに対し、任意整理は業者と直接交渉をして減額などを行います。

銀行系カードローンの債務整理で特に注目されているのは、任意整理に関することですので、この記事では任意整理手続きをする際の注意点を解説していきます。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

任意整理した時のメリット

先ほどもお話ししましたように、任意整理は契約を遡って金利を引き直し、借金の減額や将来の利息をカットすることができます。

金利の引き直しをしたことにより、「過払い金」が発生していることが判明し、借金がなくなっただけでなく、払い過ぎていた分が戻ってきたという人もいます。

また、過払い金がなかったとしても、将来の利息をカットすることができますので、毎月の返済額が減額され、返済しやすくなります。

関連記事をチェック!

任意整理とは

任意整理とは 任意整理とは、裁判所を通じた法的整理ではない債務整理の方法を指します。 裁判所を通じた法的整理は、債権者(貸主)が反対であっても従わなければならない「強制」整理であるのに対し、任...

任意整理に応じない業者もいる

任意整理は裁判所が間に入るわけではなく、直接業者と交渉をしますが、業者の中には任意整理に応じないところもあります。

任意整理に応じない業者がいると、任意整理できるまでに時間がかかりますし、その分手間もかかってしまいます。

もちろん任意整理に応じない業者ばかりではなく、ほとんどの業者は自己破産などでまったく回収できないより、任意整理で元金分だけでも回収できるようにします。

しかし、業績が悪い業者などでは、任意整理に応じず、あくまでも契約通りの返済を求めてきますので、任意整理をすると必ず借金の減額や将来利息のカットができるというわけではありません。

関連記事をチェック!

法律事務所で決死の任意整理

執筆者の情報 名前:ナカ馬 ゆうき(仮名) 年齢:32歳 利用した貸金業者数:7社(内闇金2社) 任意整理を決意した時 当時、消費者金融から多くの借入がありました。5...

任意整理をする際の注意点

銀行系カードローンを任意整理する際に注意しなければならないことは、

  • 将来利息のカットしか望めない
  • 預金口座が凍結されてしまう
  • 保証会社が関係してくる

ということがあります。

では、これらについてもう少し詳しく解説していきたいと思います。

将来利息のカットしか望めない

任意整理最大のメリットといえるのが、契約当初に遡って利息計算をし直すことです。

金利の再計算は、利息制限法と出資法という2つの上限利息の間(グレーゾーン)で借りていたものを、利息制限法の上限金利に引き直して行います。

しかし、グレーゾーンで貸付していたのは、消費者金融などの貸金業者であり、銀行での貸付は昔から利息制限法の範囲内で行われていました。

ですので、金利を引き直したとしても、払い過ぎている部分というのはほぼなく、借金を減額することができません。

ですが、それでも将来の利息をカットすることができますので、借入金額にもよりますが総額で数十万円は返済負担が少なくなります。

関連記事をチェック!

利息制限法とは

利息制限法はお金の貸し借りについてお金を借りた側が不利にならないように上限金利を定め、お金の借主の利益を害することないように定められた法律です。 各種ローン契約やカードローン契約でお金を借りれば...

預金口座が凍結されてしまう

銀行でカードローンを借りる場合、ほとんどは預金口座を開設し、返済用口座とし利用します。

銀行では、任意整理することの通知を受取ると、預金口座を凍結し、お金を引き出すことができない状態にします。

また、預金口座に残高がある場合、それを債務の回収に充てるために「相殺」します。

任意整理をする際には、預金口座に残高がない状態にし、さらに給与振込を指定している場合には、指定口座を他の金融機関へ変更してから行うようにするようにしましょう。

保証会社が関係してくる

銀行系カードローンは、ほとんどが保証会社の保証を得て融資を行っています。

任意整理をする場合、銀行は保証会社に対して「代位弁済」を請求します。

これにより、任意整理は保証会社との交渉となり、多くの場合は任意整理できます。

しかし、銀行系カードローンの保証をしているのは、消費者金融のアコムやSMBCコンシューマーファイナンスや信販会社のオリエントコーポレーションなどです。

任意整理をする人が、銀行系カードローン以外にもこれらのところから借入をしていれば、そちらの方も任意整理となります。

また、任意整理はおよそ5年で個人信用情報機関からその情報が消えますが、実際に手続きが行われた会社では、半永久的に情報が残りますので、これらのところからは借りることができなくなります。

関連記事をチェック!

カードローン保証会社の代位弁済とは

銀行カードローンに申し込む際の条件に保証会社の保証を受けることができること、と書いてありますが代位弁済と関係があるのでしょうか。 カードローンの保証会社が代位弁済することで何か不都合な点でもある...

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は時効期間が経つまで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬...

借金問題は専門家に相談する

任意整理は、自分でも手続きすることができますが、専門的な知識が必要になりますし、手間も時間もかかってしまいます。

また、自分で行うと、任意整理に応じてもらえない可能性が高くなってしまいますので、手続きは弁護士などの専門家へ相談するようにしましょう。

弁護士などの専門家は、当然必要な知識がありますし、自分はそれほど手間をかけなくても任意整理することができます。

さらに、弁護士などに依頼をすると、任意整理に応じない業者も少なくなりますので、費用はかかっても依頼するようにしましょう。

借金問題を得意とする弁護士へ相談する

一口に弁護士といっても、それぞれ専門(得意)としている分野があります。

もちろん弁護士であれば任意整理することができますが、借金問題を得意としている弁護士の方がはるかにスムーズに手続きしてくれます。

また、そのような弁護士は、経験も豊富ですので、さまざまなアドバイスをしてくれます。

借金問題を得意としている弁護士は、相談会を開催していることも多いですので、そういったものを利用することも1つの方法です。

匿名相談可能で紹介もしてくれる

最近では、インターネットを利用して借金問題を相談することもできます。

また、相談は匿名でも可能であり、住んでいる地域の弁護士も紹介してくれます。

このようなサイトは多くありますが、特に人気があるのは「街角相談所-法律-」であり、多くの人が借金の問題を解決しています。

借金問題を得意としている弁護士を知らない、実名で相談したくないという場合は、このようなサイトを利用して相談することもおすすめです。

借金の悩みはどこに相談するのがベスト?究極の解決法とは

まとめ

銀行系カードローンも、任意整理することができます。

しかし、銀行系カードローンでは、将来利息をカットするしか望むことができず、預金口座を凍結されてしまいます。

また、保証会社が大手になるほど、個人信用情報機関から情報が消えた後の借入先が限定されてしまいます。

銀行系カードローンを任意整理する場合には、これらのことに注意したうえで、できるだけ早く弁護士などの専門家へ相談するようにしましょう。

弁護士に依頼したくても費用がない場合の対処法とは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談