アイフルは18歳でも借入れできる?未成年者の金策事情

アイフルは、安定収入があって信用情報にキズがなければ、幅広い層の人が利用可能です。

そんなアイフルは、18歳でも利用できるのでしょうか?

この記事では、未成年のローン利用について解説します。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 未成年だけどアイフルでの借り入れを検討している人
  • 未成年でも利用可能なローンを知りたい人
  • 闇金からお金を借りても大丈夫かどうか気になる人

アイフルは18歳では利用できない


アイフルは消費者金融で唯一、東証一部上場企業である大手業者で、利用者目線に立ったカードローンサービスを提供しています。

自動契約機の設置や、無利息期間の設定、即日融資など、充実したサービスによって、とても便利に活用できるでしょう。

そんなアイフルでは、18歳の未成年者でも借り入れはできるのでしょうか?

結論からお伝えしておくと、アイフルでは未成年者契約は行っていません。

まずは、未成年者のカードローン事情として、「消費者金融各社の年齢条件」「銀行カードローンの年齢条件」について紹介し、成人学生の借り入れについても解説します。

消費者金融各社の年齢条件

消費者金融を利用する場合には、何歳から何歳までが年齢条件となっているのでしょうか?

大手消費者金融の審査基準では、どの業者でも融資可能なのは満20歳以上となっており、18歳、19歳で申し込めるのは一部となります。

仮に、審査申し込みをしたとしても、年齢条件に引っ掛かると、審査に通過することはありません。

《大手消費者金融の年齢条件一覧》

消費者金融名 年齢条件
アイフル 満20歳以上69歳以下
アコム 18歳以上69歳以下※
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
SMBCモビット 満20歳以上69歳以下
ノーローン 満20歳以上69歳以下
プロミス 18歳以上69歳以下※
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

銀行カードローンの年齢条件

銀行カードローン審査でも、18歳では利用できないというのは同じです。

どの銀行も20歳以上と設定されています。

ここでは、メガバンクとネット銀行の年齢条件を一覧で紹介いたします。

《銀行カードローンの年齢条件一覧》

銀行の種類 銀行名 年齢条件
メガバンク 三井住友銀行 満20歳以上69歳以下
三菱UFJ銀行 満20歳以上65歳未満
みずほ銀行 満20歳以上66歳未満
ネット銀行 イオン銀行 満20歳以上65歳未満
オリックス銀行 満20歳以上69歳未満
新生銀行レイク 満20歳以上70歳以下
じぶん銀行 満20歳以上70歳未満
ジャパンネット銀行 満20歳以上70歳未満
楽天銀行 満20歳以上60歳未満
りそな銀行 満20歳以上60歳未満

成人学生なら利用可能

アイフルは安定収入があれば、学生でも融資を受けることが可能です。

20歳以上の学生で、アルバイトをしている人は数多くいるため、お金に困った場合に利用すると良いでしょう。

ただし、学生生活でのアルバイトだけでは、大きな収入とはなりにくいため、融資は少額となるケースが大半です。

また、アルバイトを始めたばかりというケースや、短期アルバイトを繰り返している場合には、審査落ちする可能性もありますので、想定しておかなければなりません

未成年でも利用可能なローン


未成年の場合には、消費者金融や銀行カードローンは利用できませんが、目的別ローンであれば未成年でも借り入れできるものもあります。

親の同意が必要などの条件が付くものもありますが、お金が必要な時の助けとなってくれるでしょう。

ここでは、未成年でも利用可能なローンとして「学生ローン」「トラベルローン」「運転免許ローン」「奨学金」の4つと、「質屋を活用する」方法について紹介したいと思います。

未成年でお金が必要というかたは、ぜひ参考にしてください。

学生ローン

学生ローンは、18歳以上の学生で、アルバイトなどによる継続的な安定収入があれば、利用できます。

親の同意も要りませんので、気軽に融資を受けることが可能です。

学生ローンの老舗として知られているのが、「アミーゴ」「カレッヂ」「マルイ」です。

それぞれのスペックを比較してみましょう。

業者名 金 利 限度額 年齢条件
アミーゴ 14.4%~16.8% 3万円~50万円 18歳以上
カレッヂ 15.0%~17.0% 1,000円~50万円 18歳以上
マルイ 15.0%~17.0% 1万円~50万円 18歳以上

トラベルローン

トラベルローンという方法もあります。

トラベルローンは、H.I.SやJTBなどの旅行会社が行っているサービスで、継続的な安定収入が条件となっています。

また、旅行専門のローンであるため、用途は旅費に限定されています。

そのため、旅行を証明するための書類が必要となりますので、担当者に詳しく聞いてみると良いでしょう。

トラベルローンは、親権者の同意が必要であり、JTBのトラベルローンは親名義での申し込みとなります。

親に内緒でローンを組むことはできませんので気を付けましょう。

運転免許ローン

自動車ローンを利用することも可能です。

自動車ローンは、運転免許証を取得するためのローンで、親権者の同意が前提となります。

ほかのローンの場合は、本人に継続的な安定収入が必要ですが、自動車ローンの場合は親権者に継続的な安定収入が必要となる点が異なります。

自動車ローンを具体的に紹介しますと、たとえばエポスカードの運転免許クレジットや、ローソンの合宿免許などが利用可能です。

いずれも、卒業見込みである高校3年生(17歳)から利用可能となっていますので、未成年でも融資を受けることができます。

奨学金を利用する

奨学金制度は、能力があるにも関わらず、経済的事情によって就学ができない学生を助ける制度で、原則としては、成績優秀な学生を対象として支給されます。

代表的な奨学金としては、日本学生支援機構が提供する奨学金があり、無利息の「第一種」と、上限3%の利息が付く「第二種」、入学年度に1回だけ利用できる「入学時特別増額貸与」の3種類があります。

進学のためのお金がないという場合には、上手に活用すると良いかと思います。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードに付与されているキャッシング枠を利用するという方法も、考えられます。

18歳以上で契約可能なクレジットカードとしては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • 学生専用ライフカード
  • 三井住友VISAデビュープラスカード

これらのクレジットカードに付与されるキャッシング枠の金額は、審査結果によってさまざまですが、未成年のかたが利用する場合は5万円~10万円の設定となる場合がほとんどです。

なお、未成年者がクレジットカードを発行する場合は、親権者のかたの同意が必要なので、その点には注意しておきましょう。

ろうきんのカードローン

労働金庫、いわゆる「ろうきん」が取り扱っているカードローンの中には、未成年でも利用できるものもあります。

金融機関が取り扱うローンを検討する際に、労金カードローンは意外と検討候補になりにくいので、未成年のかたでも利用できるカードローンとして盲点かもしれませんね。

20歳以上でなければ利用できないろうきんカードローンもありますが(東北・新潟・静岡のろうきん)、それらのろうきん以外が管轄する地域にお住まいの場合は、ぜひ検討してみましょう。

ろうきんによって申し込み条件は異なりますが、おおよそ以下の内容が共通する条件となっています。

  • 満18歳以上65歳未満
  • 同一勤務先に原則1年以上勤務している
  • 安定継続した収入があり、前年度税込み年収が150万円以上
  • 金庫所定の保証機関の保証が受けられる

未成年者だと150万円以上の年収がネックになるかもしれませんが、定職に就いているかたであれば十分達成可能な条件と言えるでしょう。

質屋を活用する

質屋なら、18歳の未成年でも利用できます。

ただし、質屋の場合でも親権者の同意書は必要ですので気を付けましょう。

質屋は、物品を持参することにより、その物品に見合ったお金を貸してくれます。

期限までに返済できなければ、質に入れた物品は戻って来ないという仕組みですので、返済遅延を起こさないように注意が必要です。

関連記事をチェック!

8626view

【どこがお得?】大手質屋を徹底比較してみました

皆さんこんにちは馬三郎です。 以前の記事で、質屋とはどういったものか、私が質屋に実際に行ってみたときの様子を紹介しました。 私が行った質屋は大黒屋と大蔵質店の2つだけだったので、今回はそれ以外...


関連記事をチェック!

6272view

質屋とは担保を預けてお金を借りるところ

皆さんこんにちは、馬三郎です。 街中を歩いているとたまに質屋の看板を見かけると思います。 改めて思い返すと、結構いろんなところに質屋はありますが、外から私たちが目にするのは、ショーウインドウの中に...

未成年が借りれる業者は闇金かも!


未成年が金策をしようと思った時に、もしも簡単に貸してくれるという業者があれば、それは闇金かも知れません。

闇金とは違法業者のことで、万一借りてしまうと、さまざまな被害を受ける可能性があります。

未成年者が引っ掛からないために、闇金について知っておきましょう。

闇金は法外な利息や違法広告

闇金は、法外な利息や違法な広告で見分けることが可能です。

法律で定める金利の上限は20%となっているため、もしも20%以上の金利である場合には、闇金であることを疑いましょう。

また、広告には固定電話の番号の記載が必要ですが、携帯電話しか記載していない業者もありますし、「在席確認なし」を売りにしている業者もあります。

このような業者も回避するように気を付けましょう。

闇金を利用すると借金地獄

もしも闇金を利用してしまうと、借金地獄に陥る可能性が極めて高いです。

法外な金利により、多額の利息で返済額が跳ね上がりますし、返済日に音信不通となり、返したくても返せない状況を作り出され、ずっと完済できずに利息を払い続けるというケースもあるようです。

そのため、ずっと借金の無限ループから抜けられない状況と成り得るのです。

闇金を利用すると苛烈な取立て

闇金を利用した場合には、苛烈な取立てに悩まされることもあります。

脅迫じみた取立てや嫌がらせ、バイト先や勤務先への訪問などによって、日常生活が破壊されてしまうのです。

法律的には、脅しなどの取立ては禁止されているのですが、闇金の場合にはそのようなことをお構いなしで取り立てて来ます。

警察は民事不介入ですが、もしも違法行為を証明できる録音や録画ができれば、取り合ってくれるかも知れません。

もしくは、闇金を得意とした弁護士に相談すると良いでしょう。

関連記事をチェック!

52328view

タコ部屋で地獄見ました【ヤミ金借金物語】

現在ではタコ部屋というような言葉を使うことは、あまりないと思います。 「タコ部屋」の語源をたどると、元々は遡る事明治時代の北海道の開拓時代の労働者を一部屋に詰め込んで生活していたもののようです。 ...

まとめ

アイフルは18歳では利用できません。

これは、アイフルに限らず、カードローン全体にいえることですので、未成年者はほかの方法で金策をする必要があります。

ただし、大半が保護者の許可が必要となるため、借り入れの前に保護者に相談すると良いかと思います。

間違っても違法業者の闇金には手を出さないように、気を付けましょう。