北日本銀行「W-Linkカード」のキャッシング機能を徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

北日本銀行の「W-Link(ダブルリンク)カード」は、クレジットカードとして利用できるだけでなく、北日本銀行のキャッシュカードとしてもデビットカードとしても利用できる便利なカードです。

審査によってはクレジットカードにキャッシング機能がつきますので、カードローン用のカードとしても利用することが可能です。

非常に便利なカードですが、北日本銀行の公式サイトで公開されている情報が少なく、審査基準や使い勝手がよく分からないという声がよく聞かれます。

そこで、今回はW-Linkカードの審査や利用方法、キャッシング機能の詳細について徹底的に解説します。

また、北日本銀行が提供しているW-Linkカード以外のキャッシング可能なカードについてもまとめましたので、キャッシングできるカードをお探しの方は是非ご覧ください。

北日本銀行の3つのキャッシング

北日本銀行が提供しているカードの中で、キャッシング機能を備えているのはクレジットカードの「W-Linkカード」とカードローンの「ASUMO」、「スーパークイカ」の3つです。

W-Linkカードはショッピング機能がありますので買い物するときにも便利に使えますが、ASUMOとスーパークイカはカードローンですので、ショッピング機能がなく、キャッシング専用のカードです。

すでにクレジットカードを持っている方やキャッシング機能のみを求めている方は、W-LinkカードではなくASUMOかスーパークイカを検討してください。

ASUMO

ASUMOは、北日本銀行の口座を持っている方専用のカードローンです。

金利は年4.5~14.8%、融資限度額は10万円~500万円と銀行カードローンとしては平均的なスペックになっています。

ASUMOはすでに北日本銀行口座を持っている方は来店不要で契約できますので、日中忙しい方にもおすすめのカードローンです。

融資枠も大きく設定されていますので、いざというときも安心です。

スーパークイカ

スーパークイカは、北日本銀行の口座がなくても利用できるカードローンです。

金利は年3.0~14.8%、融資限度額は10万円~500万円とASUMOとほぼ同じスペックですが、提携ATMの利用手数料が無料、しかも、契約から30日間は無利息など、利用しやすさを追求した設定になっています。

契約と同時に融資金を口座に振り込むサービスも実施していますので、急ぎの融資が必要な方にも適していますね。

北日本銀行のクレジットカードとは

キャッシング機能だけでなくクレジット機能も欲しいという方には、北日本銀行が発行するクレジットカード「W-Linkカード」がおすすめです。

W-Linkカードには、次の3つの特徴があります。

キャッシュカードと一体型のカード

W-Linkカードは、北日本銀行のキャッシュカードと、きたぎんユーシーが発行するクレジットカード機能が一体となったカードです。

国際ブランドはVISAとMasterから選べます。

1枚でキャッシュカードとクレジットカードの両方の機能を持っていますので、カード類を増やしたくない方にもおすすめです。

申込みは北日本銀行本支店窓口へ

W-Linkカードは、北日本銀行の窓口で申し込みます。

このため、申込み可能な方は、岩手県をはじめとする東北地方にお住まいで、なおかつ北日本銀行の本支店がお近くにある方に限られてしまいます。

保証会社きたぎんユーシーの審査も必要

W-Linkカードの発行を受けるためには、きたぎんユーシーの審査に通過しなければなりません。

もし審査に通らなかった場合は、クレジット機能がつかない北日本銀行のキャッシュカードが発行されます。

北日本銀行W-Linkカードの利用条件とスペック

北日本銀行のクレジットカード「W-Linkカード」の利用のための条件とスペックをまとめました。

W-Linkカードを申し込む前に、必ず確認してください。

普通預金口座が必要

W-Linkカードは北日本銀行のキャッシュカードとしても使えるカードですので、北日本銀行の普通預金口座開設者専用のクレジットカードです。

もちろん、W-Linkカードに申し込む際に北日本銀行の口座を開設することもできますので、まだ北日本銀行の口座を持っていない方も申し込めます。

一般カードとゴールドカードでは入会条件や年会費だけでなく、キャッシングの利用条件も一部異なる点があります。

主な条件の違いは以下の通りです。

項 目一般カード会員ゴールドカード会員
年 齢20歳以上30歳以上
収 入本人または配偶者に
安定した収入があること
年収500万円以上
専業主婦・主夫の申込み不 可
本人会員年会費1,350円(初年度無料)10,800円
家族会員年会費1人につき432円
(初年度無料)
無 料

※すべて税込み表示です。

W-Linkの利用限度額

W-Linkカードの利用限度額は以下の通りです。

なお、キャッシング枠はショッピング枠の中に設定されています。

例えばショッピング枠が200万円、キャッシング枠が100万円の方がW-Linkカードで150万円のショッピングをすると、キャッシングできる最大額は50万円となります。

一般カードゴールドカード
ショッピング利用枠(初回審査時)10万円~40万円100万円~200万円
ショッピング分割払い可能額10万円~40万円100万円~200万円
ショッピングリボ払い可能額10万円~40万円100万円~200万円
キャッシング利用枠(一括返済)1万円~30万円(借入は1万円単位)1万円~30万円(借入は1万円単位)
キャッシング利用枠(リボ払い)1万円~40万円(借入は1万円単位、利用中にショッピング枠が増額されて40万円を超えるときは、キャッシング枠も上限を300万円として増えることもある)1万円~200万円(借入は1万円単位、利用中にショッピング枠が増額されて200万円を超えるときは、キャッシング枠も上限を300万円として増えることもある)

W-Linkのキャッシング金利と発行費用・年会費

W-Linkカードのキャッシングは、一般カードもゴールドカードも同じ金利が適用されます。

キャッシング枠によって次の金利が適用されますので、現在のキャッシング枠が分からない方は北日本銀行コンタクトセンター(0120-86-2589、平日9:00~20:00、土曜9:00~13:00)に問い合わせてください。

  • <リボ払い>キャッシング枠が100万円未満:年18.0%
  • <リボ払い>キャッシング枠が100万円以上:年15.0%
  • <一括払い>キャッシング枠に関わらず:一律年18.0%

<W-Linkカードの再発行費用>

W-Linkカードの発行手数料は無料ですが、紛失したときは一般カードのみ1枚当たり税抜き1,000円(本人カードも家族カードも同額)の発行費用を請求されます。

ゴールドカードは紛失時の再発行費用は無料です。

<一般カードの年会費無料の条件>

いずれのカードも初年度会費は無料ですが、一般カードは次のいずれかの条件を満たすと2年目以降も年会費が無料になります。

  • 年間のショッピング利用が10万円以上
  • 携帯電話の料金をW-Linkカードからの引き落としで支払っている
  • NTT東日本の固定電話の料金をW-Linkカードから引き落として支払っている
  • 東北電力もしくは東京電力の料金をW-Linkカードから引き落として支払っている

一般カードとゴールドカードの違い

一般カードは条件を満たせば2年目以降も会費無料で利用できますが、ゴールドカードは2年目以降はかならず年に税込み10,800円の会費を支払わなくてはなりません

しかし、一般カードの方が使い勝手が良いとは一概に言えません。

ゴールドカードはショッピング枠が最低でも100万円もありますので、多額の買い物をする人も安心して利用できます。

また、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯しており、旅行に出かける機会が多い方にもおすすめの1枚となっています。

それに加えて、家族カードが無料で発行できますので、留学するお子さま用のクレジットカードを探している方にもおすすめです。

それぞれのカードの特徴を比較して、もっとも適したタイプを選ぶようにしてくださいね。

W-Linkカードの審査基準

クレジットカードとキャッシュカード、そしてデビットカードの3つのカードとして利用できるW-Linkカード。

北日本銀行をメインバンクとしている方なら、ぜひ持っておきたいカードですよね。

しかし、審査は時間をかけて慎重に実施されますので、誰でも利用できるわけではありません。

現在の勤務形態や勤続年数、他社のローンやクレジットカードの利用状況等が綿密にチェックされ、カードを発行するかどうか厳しく判断されるのです。

審査は保証会社が実施する

W-Linkカードの審査は、北日本銀行ではなく保証会社である「きたぎんユーシー株式会社」が実施します。

きたぎんユーシー株式会社は、北日本銀行に対して「万が一、利用者が返済を滞納するときは、きたぎんユーシー株式会社が滞納分を代位弁済する」という契約を結んでいます。

当然のことながら、きたぎんユーシー株式会社は代位弁済するような事態になるのを避けたいと考えますから、W-Linkカードの利用者を厳しく選別し、審査も自然と厳しいものになってしまいます。

審査に通りやすい人とは?

W-Linkカードの審査は決して易しいものではありません。

しかし、次の3つの条件を満たしていると審査に通りやすくなります。

年収条件を満たしていること

ゴールドカードは年収500万円以上の人専用のカードですので、少なくとも年収が500万円はないと審査に通りません。

一方、一般カードは年収の下限は決まっていませんが、あまりにも低いときは、キャッシング枠がつかなかったりショッピング枠が10万円になったりすることがあります。

また、年収が低くない場合でも、他社からの借入が多いときは、キャッシング枠が付かなかったりショッピング枠が低くなったりすることがあります。

勤続年数が1年以上

勤続年数が長いと、収入が安定しているとみなされ、W-Linkカードの審査に通りやすくなります。

できれば1年以上あることが好ましいです。

必要書類に不備がないこと

W-Linkカードは北日本銀行の窓口で申し込みますが、その際、かならず運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と印鑑を持っていかなくてはなりません。

すでに北日本銀行の口座を持っている方は、通帳と口座開設時に登録した印鑑も持っていくようにしましょう。

条件を満たしても審査落ちすることがある

年収と勤続年数の条件を満たし、必要書類を過不足なく提出したとしても、絶対にW-Linkカードの審査に通るというわけではありません。

次のいずれかに該当するときは、審査落ちする可能性があります。

配偶者の勤続年数等に問題がある専業主婦

専業主婦・主夫がW-Linkカードに申し込むときは、配偶者の収入が安定していることが審査通過の条件となります。

しかし、配偶者の勤続年数が短いときは収入が安定していないと判断され、審査に落ちてしまうことがあるのです。

また、配偶者の年収が少なすぎるときも、W-Linkカードの利用には不適当だと判断され、審査落ちする可能性があります。

関連記事をチェック!

617view

専業主婦でもキャッシング可能なクレジットカード

専業主婦は夫の収入の範囲で、家計を上手に管理しなければいけません。 しかし、使用目的を夫に知られず自由にお金を使いたいと考えたり、一時的にお金が不足していたりすることを夫に話せず悩むこともあります。...

信用情報に問題がある

W-Linkカードの審査では、かならず申込者の信用情報がチェックされます。

今までに以下のようなトラブルがあった方は、W-Linkカードの利用は難しいかもしれません。

  • 各種ローンの長期返済滞納
  • クレジットカード支払い延滞
  • 自己破産などの債務整理
信用情報を確認しておこう

過去に上記のトラブルがあった場合でも、5年~10年ほど経っていると個人信用情報機関の登録情報からは消滅していることがあります。

ご自身のトラブルが個人信用情報機関に残っているかどうか気になるときは、KSC(銀行個人信用情報センター)とJICC、CICの各情報機関に問い合わせて確認しておきましょう。

次の記事では、情報照会方法を詳しく解説しています。

関連記事をチェック!

9476view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

審査通らない理由をチェック!

W-Linkカードの審査に落ちてしまったときは、かならず「なぜ審査に落ちたのか?」について原因を追究しておく必要があります。

原因を明らかにして問題点を解消しておくなら、次回、別のクレジットカードに申し込んだときには審査に通りやすくなるでしょう。

とはいえ、銀行や保証会社に審査落ちの原因を尋ねても、絶対に教えてはもらえません。

主な審査落ちの理由を5つ紹介しますので、いずれかに該当していないかチェックしてみてください。

カードローンの返済滞納

現在、カードローンの返済を滞納していませんか?

北日本銀行のカードローンはもちろん、他社のカードローンの返済を滞納しているときも、W-Linkカードの審査は通りにくくなります。

また、現在は返済滞納していないとしても、過去に返済を滞納していた方も、W-Linkカードの審査には通りにくくなってしまいます。

クレジットカードの支払い滞納

クレジットカードの支払いが滞納しているときも、W-Linkカードの審査に通りにくくなります。

クレジットカードの支払いは口座振替ですので、かならず引き落とし日までに請求額以上のお金を口座に入金しておくようにしましょう。

関連記事をチェック!

215view

滞納の履歴があるとカードローンやクレジットカードが作れない!

たとえ長期滞納でなくても短期の滞納の履歴があるだけで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちてしまうことがありますよ。 金融機関にとって契約通りに返済しない人は、悪質な利用者と判断されます。 ...

携帯料金・機器代金の支払い滞納

携帯電話やスマートフォンの機種代金は、一括で支払いましたか?

一括で支払った場合は、携帯料金を滞納しても信用情報に傷がつくことにはなりません。

しかしながら分割払いを選んだ場合は、分割料金を月々の携帯料金と合算して支払っていますので、携帯料金を滞納すると自動的に機種代金の返済も滞納することになります。

そのため、機種代金の返済を滞納すると、W-Linkカードなどのクレジットカードの審査には通りにくくなってしまいます。

関連記事をチェック!

1689view

携帯料金の滞納がCICに登録され、最悪ブラックになる!?

携帯料金の滞納がまさかCICに登録されるなんて知らなかった、と言う人も多いのではないでしょうか。 最近のスマホ機器代は高く、携帯料金と一緒に請求してもらう分割払いで、契約することが一般的です。 携...

複数申し込み

利用しているカードローンは、いくつありますか?

また、キャッシングが利用できるクレジットカードは、いくつありますか?

複数のカードローンやキャッシングを利用していると、多重債務状態になり、ローンやクレジットカードの新規契約には不利になってしまいます。

信用情報機関に金融事故情報が残っている

信用情報機関に滞納や強制解約、債務整理などの金融事故情報が残っていると、W-Linkカード審査に通過することは難しくなります。

個人信用情報機関に情報開示を依頼し、金融事故の記録が残っていないか確認しておきましょう。

なお、各信用情報機関の事故情報保管年数は以下の通りです。

KSCJICCCIC
延滞契約期間中と契約完了日から5年を超えない期間契約期間中と完済日から5年を超えない期間契約期間中と契約終了後5年以内
強制解約契約期間中と契約完了日から5年を超えない期間契約期間中と完済日から5年を超えない期間契約期間中と契約終了後5年以内
債務整理破産手続きが開始してから10年を超えない期間債務整理発生日から5年を超えない期間契約期間中と契約終了後5年以内

キャッシング前の確認ポイント

キャッシングを利用する前には、いくつか確認しておきたいポイントがあります。

特に次の2点に注意してキャッシングを利用していきましょう。

あらかじめ返済計画を立てておく

W-Linkカードでは、リボ払いの返済額は変更できますが、1回払いからリボ払いへの変更はできません

無理なく返済できるのか確認してから、1回払いを選択するようにしましょう。

また、リボ払いには、次に説明する通り複数の返済方式があります。

無理な返済方法を選んでしまうと、無駄な利息や手間がかかってしまうことも少なくありません。

返済方式や返済金額は後で変更できますが、借りる際に無理なく返済できる方法を選び、余計な利息や手間が発生しないようにしてください

リボ払いが選べるケースは限られる

キャッシングの返済方法には1回払いとリボ払いがありますが、リボ払いを選べるケースは限られます。

利用する箇所や会員種別により、指定可能な返済方法は以下の通りとなります。

会員種別国内での利用海外での利用
本人会員1回払い、リボ払い1回払い
家族会員1回払い1回払い

特に海外旅行中や海外出張中は、現地通貨を入手するためにキャッシングの機会が増えます。

しかし返済は1回払いのみとなりますから、1回で返済できる以上の金額をキャッシングしないようにしてください。

関連記事をチェック!

1188view

リボ払いの支払いはいつ終わる?金利、手数料の計算方法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 一般的な金利は15% クレジットカードのリボ払いは毎月少ない金額を支払うだけで、高額な買い物や...

W-Linkの借入方法

借入はATMや振込により可能です。

本人会員が国内で借入する場合は、1回払い、リボ払いから返済方法を選べます。

家族会員が利用する場合と海外で利用する場合は、返済は1回払いのみとなります。

ATMで借り入れる場合

W-Linkカードのキャッシングは、以下の金融機関の各ATMで借入が可能です。

  • 北日本銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • その他の金融機関

ATMでの借入は、1万円以上1万円単位となります。

北日本銀行のATM利用手数料(税込み)は以下の通りです。

他のATMの利用手数料については、各金融機関のステッカーもしくは公式サイトで確認してください。

1万円以下の借入1万円を超える借入
平日8:45~18:00108円108円
その他の時間帯108円216円

提携ATMで借入する場合のポイント

提携ATMで借入する場合、借入方法の画面表示が金融機関によって異なることがあります。

以下の表を参考にしてください。

画面に以下のボタンが見当たらないときは、「その他」等のボタンを押してみましょう。

借入方法提携ATMの表示例備 考
一括払い1回払い、一括払い、キャッシングサービス南都ディーシーカード発行のカードのみ選択可
リボ払いリボ払い、リボキャッシング、カードローン、ローン

振込融資を受けられる場合もある

W-Linkカードでは、次の2つの条件をどちらも満たすと、振込によるキャッシングを利用できます。

  1. キャッシング枠が設定されている
  2. 北日本銀行のインターネットバンキングに登録している

<振込キャッシングのメリット>

W-Linkカードの振込キャッシングには、次の3つのメリットがあります。

ATMを使ったキャッシングよりも断然お得ですので、ぜひインターネットバンキングに登録しておきましょう。

  • 1,000円単位でキャッシングできる
  • 24時間365日いつでもリアルタイムで利用できる
  • 手数料無料で借りられる

<振込キャッシングの手順>

お得な振込キャッシングは、以下の手順で利用します。

  1. 北日本銀行のインターネットバンキングにログインする
  2. 振込のページを開き、融資を受けたい金額を指定する
  3. 出金先としてW-Linkカードを指定する
  4. 金額と出金先を確認し、実行ボタンをクリックする

キャッシング金額を1回払いで返済

一括払いのキャッシングの金利は年18.0%ですので、決して低くはありません。

しかし、リボ払いにして返済期間を長引かせるよりは、利息を大きく減らすことができます。

キャッシング1回払いの返済条件

キャッシング1回払いを利用した場合の金利や締め日、口座引き落とし日は以下の通りです。

項 目内 容
返済方式元利一括返済
返済方法北日本銀行普通預金口座からの自動引き落とし
金 利年18.0%
返済期間23日~56日
締め日毎月10日
口座引き落とし日翌月5日
(土日祝日の場合は、翌営業日の引き落とし)

借りるタイミングによって利息額が変わる

1回払いの場合、借入の翌日から引き落とし日までの期間で日割計算した利息を元金に加えて返済しますので、借りるタイミングによって利息額は変わります。

例えば借入日が1月11日と2月10日の場合で比較すると、引き落とし日はどちらも3月5日ですが、それぞれの利息額には倍以上の違いが出ることになります。

リボ払いへの変更はできない

北日本銀行でキャッシングを利用する場合、1回払いとリボ払いはそれぞれ別のサービスとなっています。

このため、1回払いからリボ払いへの変更はできません。

キャッシング金額をリボ払いで返済

キャッシングで借入した金額をリボ払いで返済する場合について、金利や締め日、引き落とし日を示します。

返済利率は利用可能枠によって決まります。

キャッシングリボの返済条件

キャッシングリボを利用するときの金利や引き落とし日は、以下の通りです。

なお、ボーナス月のみ元金返済方式を利用するためには、きたぎんユーシーの承認が必要です。

項 目内 容
返済方式以下の中から選択

  • 元金定額返済
  • ボーナス月元金増額返済
  • ボーナス月のみ元金返済
返済方法北日本銀行普通預金口座からの自動引き落とし
締め日毎月10日
口座引き落とし日翌月5日
(土日祝日の場合は、翌営業日の引き落とし)

以下の項目は、利用可能枠によって異なります。

利用可能枠100万円未満100万円以上
金 利一般カード:年18.0%
ゴールドカード:年15.0%
年15.0%
返済期間160ヶ月以内100ヶ月以内

キャッシングリボの毎月返済額は選べる

キャッシングリボの毎月返済額は、1万円~5万円の中から選べます。

但しきたぎんユーシーの承認を得られるときは、毎月5,000円からの返済も可能になります。

ボーナスを活用して返済する場合

ボーナスを活用して返済する場合、ボーナス月に増額して返済する方法と、ボーナス月のみ返済する方法の中から選べます。

このうちボーナス月のみ返済する方法を選んだ場合は、1回につき5万円以上の返済が必要です。

また、きたぎんユーシーの承認も必要となります。

関連記事をチェック!

1012view

ボーナス払いが払えない、借金返済ができないときはどうする?

クレジットカードの支払いには、ボーナス一括払いという選択肢があります。 タイミングによっては最大6~8ヶ月も無利息で借りられますので、利用する人も多いのではないでしょうか。 また、住宅ローンやカー...

返済が遅れそうな場合はどうする?

北日本銀行のカードでは、月々の返済額の変更や繰り上げ返済が可能です。

なお、返済が遅れるとさまざまな不利益がありますから注意しましょう。

返済方法や返済額の変更は所定の方法で

W-Linkカードではきたぎんユーシーに申し出ることにより、返済方法や返済額の変更ができます。

手続き方法の詳細については、きたぎんユーシーに確認してください。

繰上返済は本人会員のみ可能

W-Linkカードでは、借入金の全部または一部を返済することができます。

但しこの取り扱いは本人会員に限りますので、家族会員は繰り上げ返済を利用できません。

返済が遅れるとさまざまな不利益がある

返済が遅れると、遅れた日数分の遅延損害金を支払わなければなりません。

遅延損害金は年20%と、通常の借入利率(年15%、18%)よりも高くなっています。

また、遅延損害金が発生するだけでなく、ショッピングやキャッシングの利用枠が減額されたり、カード自体を利用停止されたりする可能性もあります。

個人信用情報機関に返済の遅れの情報が登録されることもありますから、引き落とし日までにかならず請求額以上のお金を口座に入れておきましょう。

関連記事をチェック!

7868view

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は、必ず知っておいたほうが良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

北日本銀行でキャッシングするなら?

冒頭で紹介しました通り、北日本銀行ではキャッシング機能のあるカードが3種類提供されています。

W-LinkカードとASUMO、スーパークイカのどれを利用するのが良いか迷ったら、次の基準で選んでください。

口座不要のスーパークイカ

スーパークイカは、北日本銀行の口座だけでなく、銀行口座そのものがなくても利用できるカードローンです。

全国のほとんどのコンビニATMと北日本銀行・イオン銀行・ゆうちょ銀行の各ATMで借入・返済できますので、北日本銀行の営業エリア外にお住まいの方もご利用になれます。

パートやアルバイト主婦にはASUMO

北日本銀行の営業エリアにお住まいの方、あるいは勤務している方が利用できるカードローン、ASUMO。

北日本銀行の口座を保有している方、あるいはカードローン申込と同時に北日本銀行に口座を開設する方専用のカードローンです。

パートやアルバイト主婦、年金受給者も、上限30万円までの借入が可能になります。

クレジット W-Link

キャッシング機能だけでなくクレジット機能を利用したい方には、W-Linkカードがおすすめです。

ゴールドカードに申し込めば高額融資も可能ですので、カードローン機能をメインとして使いたい方にも満足できる1枚となるでしょう。

まとめ

W-Linkカードは、単にクレジットカードとキャッシングカード、デビットカードが1つになったカードではありません。

キャッシングリボなら最大300万円とキャッシング機能も充実していますので、カードローン用のカードとしても使えるのです。

ただし適用金利は年15~18%と決して低くはありませんので、利息が高くなりすぎないように計画的に利用するようにしてください。

キャッシング専用のカードが欲しい方には、ASUMOとスーパークイカがおすすめです。

いずれも適用金利の上限は年14.8%ですので、W-Linkカードのキャッシングよりはお得に融資を受けられます。

どんなサービスを利用したいのか、また、北日本銀行の口座を保有しているかどうかによって、最適なキャッシング機能付きカードを選んでいきましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談