【プロミス】アプリローンでスマホで簡単キャッシング

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスはスマホアプリで新規申込みから借入まで完結するアプリローンのサービスを始めています。スマホがあれば24時間いつでも取引可能、カードがなくてもセブン銀行ATMで借りられると言う新しいお金の借りかたです。

プロミスが初めてという人も、すでにプロミス会員になっている人でも利用可能なアプリローン。スマホでWEB完結できる新時代の中身をご紹介しましょう。

この記事はこんな方におすすめです

この記事は以下のような人におすすめの記事なります。

  • プロミスのアプリローンについて知りたい人
  • できる限り家族にバレる可能性は低くしてお金を借りたい人
  • アプリローンとプロミスのカードローン違いを知りたい人

プロミスのアプリローンについて徹底解説を行なっていますのでぜひご覧ください。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

プロミスの「アプリローン」とは」

プロミスのアプリローンとは、スマホに専用アプリをダウンロードすることでカードがなくても借入を申込める新しい借入方法です。

新規申込みは最短1時間で融資、現在すでにプロミス会員になっている人でも利用でき、振込キャッシングやセブン銀行ATMならカードレスで借入可能です。

ローンカードがなくてもATMからキャッシングできるので家族などにバレる心配がないというのが大きな特徴ですね。

①WEB完結ができるアプリ

アプリローンはプロミスのスマホアプリやWEBから契約手続きを全て完結させることができ、ローンカードの発行もありません。

初めてプロミスに申込む人は自宅にプロミスからの郵送物が一切ないため、家族バレする心配がありません。

借入申込みから融資実行まですべてスマホでできるため、WEB完結申込のスマホ版といったところでしょうか。

従来プロミスはWEB上のみWEB完結申込みを受け付けていましたが、来店不要でカードを発行しない、郵送物が一切ないことがかなり好評を受けました。

そこでもっと便利でもっと簡単にキャッシングできるようスマホアプリとして登場させたのです。

今の若者はパソコンよりもスマホのほうが操作しやすいらしく、そのためアプリローンはどちらかと言うと若者世代をターゲットにしているのかもしれません。

複雑なパソコン操作なしでも簡単キャッシングできること、本人確認書類はスマホで写真に撮れば自動的にアップロードしてくれることも好評を博しています。

もちろん若者でなくても誰でもできるだけ簡単にプロミスからキャッシングする方法として、アプリローンは急にお金が必要になったらいつでも簡単に借入できる、まさにこれからのキャッシング方法ですね。

しかしアプリローンといっても特別なローンではなく、今まで通りプロミスからキャッシングすることはなんら変わりはありません。

セブン銀行ATMでカードレスでの借入・返済が可能

セブン銀行ATMの画面上に表示されるQRコードをプロミスアプリに読み取らせることで、ローンカードなしでもセブン銀行ATMから借入と返済ができるようになります。

カードがなくてもATMから借入と返済をすることができるという点がアプリローンの大きなメリットです。

②バレない・早い・簡単!が特徴

プロミスはこれまでも専用アプリをインストールするとスマホから借入申込みすることは可能でした。

  • アプリ上で本人確認書類をアップロードできる
  • プロミスの借入や返済ができるATMの検索
  • 返済シミュレーションを使った毎月の返済額の確認

以上の機能はプロミスに新規借入申込みするには大変便利な機能でしたが、スマホ内で借入や返済ができるまでの機能はありませんでした。

借入するにはWEB上の会員サイトにログインしてから振込キャッシングの依頼をするか、カードを使ってATMから借入しなければならなかったのです。

しかしニューバージョンのアプリローンは新規申込の方法はWEB完結で、振込キャッシングの依頼やセブン銀行ATMによるカードレスでのキャッシングや返済ができるようになりました。

つまり専用アプリをスマホにインストールすることによって、三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座があれば、メンテナンス時間以外は平日に限らず土日でも24時間キャッシングできることもできるため、今まで以上に使いやすく便利になったことは言うまでもありません。

アプリローンによってプロミスの借金がバレない、早い、簡単操作の三拍子が揃ったことになります。

もちろんプロミスからの郵送物は一切ありませんので、スマホを操作している画面を見られない限りプロミスの借入が同居家族にもバレることはないのです。

借入申込みから融資実行まで最短1時間

プロミスに新規申込みする場合でも最短1時間で借入可能です。審査から在籍確認、契約手続、及び振込キャッシングの操作まで含めた時間です。

ですからプロミスの審査回答時間である21時までに審査に通れば、振込キャッシングかまたはセブン銀行ATMに行って操作すれば即日借入れ可能です。

ただし平日でも17時以降や休日の前日の申込みはどうしても混雑するため、即日借入希望であれば時間的に余裕を持って申込むことが大切です。

すでにプロミス会員になっている人でも利用ができますので、その場合の融資実行までの時間は住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があれば瞬時に行われます。

またカードがなくてもセブン銀行ATMから即座に借入可能ですよ。

即日融資が必要な場合は何時までに申し込めばいいのか?

プロミスの審査回答時間は21時までです。

そのため、いくら遅くとも21時の1時間前である20時までには申込を完了させておきましょう、

審査回答を21時までに得られれば、当日中に即日契約を行うことができ、セブン銀行ATMからアプリローンで借入を受けることが可能になります。

プロミスの「アプリローン」申込前にチェック!

プロミスの「アプリローン」の商品内容を申込前に一応チェックしておきましょう。

なお、プロミスの「アプリローン」は借入や返済方法がカードレスでアプリから行うことができるというだけで、基本的な商品概要はプロミスのローンと同じになっています。

アプリローン商品内容

申込条件20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある方
融資限度額500万円
金利4.5%~17.8%
返済日5日、15日、25日、末日
手数料セブン銀行ATMから借入・返済を行う場合には、1万円以下108円、1万円超216円の手数料が必要

商品内容はプロミスのキャッシングと基本的には同じです。

しかし、アプリローンをセブン銀行ATMで借入または返済する場合には1万円以下108円、1万円超216円の手数料がかかることには注意してください。

プロミスからの借入によって住宅ローンなどの各種ローンの審査に通りにくくなる恐れがある

プロミスは消費者金融です。

消費者金融からの借入があると、借入があるというだけで返済に遅れがなくても銀行ローンの審査で不利になってしまうことがあります。

銀行は消費者金融からお金を借りている人を「消費者金融からお金借りているということはよほどお金に困っている」というネガティブな目線で審査をしますので、住宅購入の際にプロミスから借入があるというだけで審査に落とされてしまうことがあります。

返済に遅れているような場合には審査に通過できる可能性はかなり低くなってしまうので、今後住宅ローンや自動車ローンなどの銀行からの借入がある人は、アプリローンの借入は必要最小限にとどめ、絶対に返済に遅れないように注意しましょう。

アプリローンの申込・審査・借入までの流れ

プロミスのアプリローンの審査は通常のプロミスの審査である自動スコアリングシステムで行われます。

審査方法に特別変わったところはありません。在籍確認も審査の過程で行われ、在籍確認が終わって初めて審査が終了します。

申込から借入までの手順

審査時間は最短1時間前後で借入可能となり、審査の流れとしては次のようになります。

①プロミス公式サイトからアプリをダウンロード

②「新規申込み」をタッチ

③申込フォームの記入

④本人確認書類を撮影しアプリ内でアップロード

⑤審査(信用情報の審査後に在籍確認)

⑥審査結果がメールで通知される

⑦契約手続き

⑧振込キャッシングまたはセブン銀行で借入

プロミスの申込手続きをスマホのアプリで行うというだけで、審査の流れとしてはパソコンで申込みするのと同じです。

便利な機能としてはスマホのカメラで免許証や名刺を撮影すると、画像から名前や会社名、電話番号などを読み取ってくれる機能がついているため入力する手間が省けます。

関連記事をチェック!

1621view

【馬三郎と馬太郎が】プロミスにWEB申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回、私はとある事情でお金が必要となりカードローンを利用することにしました。 そこで、特徴的なテレビCMでおなじみの消費者金融プロミスに私と馬太郎が申し込んでみまし...

【馬三郎と馬太郎が】プロミスにWEB申し込みしてみた

審査で在籍確認は欠かせない

なおアプリローンはWEB完結とは言っても在籍確認は行われます。

会社都合で在籍確認が困難な場合はアプリローンで申込んだ後にプロミスコールへ電話しオペレーターとの相談によって電話以外での在籍確認の提案をしてもらうことも可能です。

ただし基本的には電話による在籍確認は欠かせませんので、オペレーターと相談したとしても却下される可能性もあります。

在籍確認ができなければ審査は終わりません。電話による在籍確認がどうしても必要となった場合は、アプリローンで申込みする前に事前に会社へ電話しておきましょう。

在籍確認は個人名でプロミスの担当者が電話しますので、友人から電話が来るかもしれないと、外部の電話を受け取る部署の同僚に伝えておきましょう。

審査に必要な書類

プロミスの審査に必要な書類も同じです。本人確認書類と審査の内容によって収入証明書類が必要です。

本人確認書類

プロミスで本人確認書類として使えるのは次の書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票
  • 顔写真付きマイナンバーカード(マイナンバーは見えないように加工して提出)

以上の書類が本人確認書類として有効です。なお外国籍の人は在留カード、または特別永住者証明書を合わせて提出する必要があります。

なお健康保険証で申込みができるのは、プロミス有人店舗窓口で申込んだ場合です。

収入証明書類

プロミスの借入希望金額が50万円を超える場合や、他社借入がある状態でプロミスに申込む場合に借入合計額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

いずれも最新のものを用意してください。なお給与証明書は直近2カ月分とボーナスがある場合はボーナス時の明細も必要です。

なお、プロミスのアプリローンでの借入が50万円以下などの収入証明書の提出が必要ない場合でも後から収入証明書の提出を求められる場合がありますし、そもそも収入は申込項目の中で間違えやすい項目です。

このため、申込金額に関わらず収入証明書はあらかじめ手元に用意して、間違いのないように申込をしたほうがよいでしょう。

関連記事をチェック!

1609view

収入証明書はどこで手に入る?新卒や個人事業主は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

アプリローンの借入方法

アプリローンのアプリの使い方は超カンタンです。アプリにログインした後、「振込キャッシング」か「スマホATM取引」のどちらかを選ぶだけです。

振込キャッシングは自分の口座に振り込ませるだけですので、今回はセブン銀行ATMでの借入方法についてご説明します。

セブン銀行のATMの利用が可能

セブン銀行ATMでプロミスのアプリローンを利用する流れを確認しておきましょう。

セブン銀行ATMで借入するには、セブン銀行ATMの前でスマホアプリの緑色で表示されている「スマホATM取引」をタッチします。

するとスマホの画面上に手順が表示されていますので、画面表示に従ってATMのメニューをタッチしていくだけです。

スマホアプリで「出金」タッチしたら、セブン銀行ATMの画面に表示されている、「スマートフォン出金・入金」をタッチします。

今度はスマホに「カメラへのアクセス許可」が表示されますので、「OK」をタッチしてください。スマホカメラによってATMに表示されているQRコードを読み取らせるために必要な操作です。

ATMにQRコードが表示されたらスマホのカメラでQRコードを映るようにします。

スマホがQRコードを読み取ると「企業番号」がスマホに4桁表示されますので、その番号をATMに入力します。これでようやくプロミスのメニューに切り替わります。

この時点でスマホは必要ありません。

「プロミスからのお知らせ」というメニューが表示されたら「確認」をタッチします。今度は暗証番号をATMが尋ねてきますので、契約時に決めた4桁の暗証番号をATMに入力します。

ATMの画面には借入金額を入力し「確認」をタッチすれば、紙幣受取口が開きお金を取り出して終了です。

手続きがすべて終了するとすぐにプロミスからメールが届きますので、取引手続きが完了したことがわかります。

このようにアプリローンを契約すると、ローンカードなしでセブン銀行ATMから現金を引き出すことができるのが大きなメリットです。

振込キャッシングも可能

アプリローンというネーミングですが、アプリとセブン銀行からの借入以外にも、従来通りに振込キャッシングをすることも可能です。

通常の銀行であれば銀行の営業時間である平日の9時〜15時までしか振込を受けることができませんが、プロミスには瞬フリというサービスがあります。

瞬フリとは、振込先銀行が三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合には365日24時間振込キャッシングを受けることができるというサービスです。

アプリローンはセブン銀行ATMから24時間現金をキャッシングできるサービスですが、現金ではなく口座にお金が必要という場合には振込キャッシングを受けるようにしましょう。

アプリローンの返済方法

アプリローンの返済方法は口座引落しがデフォルトで設定されています。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行からの口座引落しなら、5日、15日、25日、末日から都合に合わせて選ぶことが可能です。

それ以外の銀行から口座引落しする場合は毎月5日になっています。

しかしアプリによってセブン銀行ATMから返済もできるため、積極的にATMからの随時返済を利用することで、返済回数を減らすこともできますね。

カードがなくてもアプリで借入できたように、次の手順で返済を行うことが可能です。

①セブン銀行ATMの前でアプリを立ち上げます。そうするとATM画面には「スマートフォン出金・入金」のメニューが表示されますので、それをタッチします。

②ATM画面にQRコードが表示されたら、アプリの「スマホATM取引」をタッチした後「入金」をタッチします。

③スマホのカメラを起動させ、ATM画面のQRコードを読み取らせると、スマホには企業番号が表示されますので、その番号をATMに入力します。

④ATM画面が「プロミスからのお知らせ」メニューに切り替わったら「確認」をタッチします。

この段階でスマホはATMから離しても構いません。

⑤紙幣投入口に返済金額を入れ、ATMに返済金額が画面に表示されたら確認して「次へ」をタッチします。

⑥ATMには利息、元金、ATM手数料が表示されますので、「確認」をタッチして終了です。

プロミスの返済方法「残高スライド元利定額返済方式」とは?

残高スライドリボルビング方式とは借入残高に合わせて毎月の約定返済額が変動するという方式で、借入残高が大きくなれば返済額も大きくなり、借入残高が少なくなれば返済額も少なくなります。

プロミスの場合には以下のように決まっています。

借入後残高返済金額返済回数
30万円以下お借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ)~36回
30万円超過
~100万円以下
お借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ)~60回
100万円超過お借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ)~80回

例えば借入残高が30万円であれば30万円×3.61%=10,830円で1,000円未満は切り上げですので、毎月返済額は11,000円となります。

◆プロミス「アプリローン」に関する6つのお役立ち情報◆

プロミスのアプリローンに関するお得な豆知識をご紹介したいと思います。

①以前のプロミスのアプリは申込に便利なアプリというだけだった

前述したように以前からプロミスにはアプリがありました。

しかし、そのアプリはネットから申込ができるものをスマホアプリにしただけで、できることは申込と書類の提出だけで、現在のアプリローンのように、アプリとセブン銀行ATMを利用して借入と返済がATMでカードレスで可能になるというものではありませんでした。

②プロミスのアプリというのが分かりにくいアイコンなので万が一スマホを見られても安心

プロミスのアプリのアイコンは以下のようなアイコンです。

プロミスの表記は全くありませんので、スマホの画面上を誰かに見られてしまっても、「プロミスのアプリが入っている」とはほとんどの人が思いません。

アプリのアイコンのデザインまで家族や周りの人のバレないようにできているのがプロミスの特徴です。

③三井住友VISAプリペイドのチャージがアプリでできる

プロミスの特殊な借入方法として、三井住友VISAプリペイドへのチャージがプロミスの借入金からできるという点です。

普段は現金ではなくプリカで行なっているという人はわざわざ手数料を払って現金を借りる必要なくプリカへチャージをすることができるので便利な借入方法ということができます。

プロミスのアプリローンは、このチャージの手続きもアプリから行うことができるというメリットがあります。

④「アプリdeクーポン!」でお得な優待サービスが受けられる

プロミスのアプリをスマホに入れている会員は、プロミスアプリに表示される様々なクーポンを該当する店舗で見せるだけで様々な優待を受けることができます。

なお、クーポン画面には「プロミス」という記載はありませんので、クーポンを見せたお店の人などには「プロミスからお金を借りる」ということを秘密にしたままクーポンによる優待を受けることができます。

プロミスはここまで徹底しています。

⑤アプリにログインできないときの対処法

アプリにログインするにはカード番号かWEB-IDを入力した後、パスワードを入力します。アプリにログインできない場合はカード番号に間違いがないかどうか確認しましょう。

何度も操作してしまうとロックされてしまいますので、なぜログインできないんだと思ったらアプリではなくプロミスの公式サイトにアクセスし、会員サイトから次のことを再確認してみてください。

たとえWEB-IDを忘れてしまったとしてもカード番号でもログインできますので、落ち着いてゆっくり入力しましょう。

カード番号とパスワードで会員サイトにログインできますよ。

ログインできたら必ずWEB-IDを確認しておいてください。アプリにWEB-IDを覚えさせればあとはパスワードだけでログインできるようになります。

もしパスワードを忘れてしまったのであれば、本人確認できる運転免許証やパスポート、顔写真付きのマイナンバーカードのどれかを持って自動契約機に行けば暗証番号の再設定が可能です。

やり方がわからない場合は自動契約機に備え付けてあるインターホンで、オペレーターと会話しながら操作するようにしてください。

自動契約機まで行っている時間がない、今すぐお金を引き出さなければならないという場合はプロミスコールへ電話してオペレーターに相談しましょう。

本人確認ができれば暗証番号を再発行する方法を教えてくれることでしょう。

パスワードも間違っていないのにログインできないという場合は、IDやパスワードが半角数字で入力されているかどうか確認してください。

全角で入力してしまうとログインはできません。

なお当然ながらプロミスの支払いを延滞している場合は利用を停止されている可能性もありますので、返済期日に遅れていないかどうかも思い出してみてください。

⑥メンテナンス中はアプリにログインできない

ログインできない理由がわからないという場合に結構多いのが、会員サイトがメンテナンス中だったと言う話です。

毎週月曜の0時から7時までは会員サイトにログインできません。また元日もログインできませんので、メンテナンス中でないかどうかも確認が必要ですね。

アプリローンの口コミや評判

ヤフー知恵袋からプロミスのアプリローンの口コミや評判はどうなっているのか調べてみました。

総合的に判断するとアプリの使い方は借入しやすく、振込キャッシングとセブン銀行ATMのどちらでも利用できるため便利だ、と評価が高いです。

新規申込みする場合でも、最短1時間での借入を実現するには午前中に申込むことがポイントとなりそうです。

申込み混雑時は申込みから借入まで2時間くらいかかった、という口コミもありますね。

やはり評価が高かったのはWEB完結での申込みは、誰にもバレずに借りることができたという口コミです。

友達に迷惑をかけることなくお金を借りれた、給料が入ってすぐに返済したので利息が安かったと、アプリローンの評判は良好です。

それにスマホを持っていればいつでもキャッシングできる魅力はアプリローンの最大のメリットと感じる人も多いですね。

ただし借入はあくまでも計画的に、そして必要な金額だけを短期間借りることが最も重要であることは言うまでもありません。

さらによく出てきた口コミとすれば、プロミスの利用者にプロミスから電話があり「無利息期間をプレゼントするのでアプリローンを利用してみませんか?というセールスが来たという内容です。

こちらの特典は今は行なっていないようですが、アプリローンが登場した当社はプロミスは顧客獲得のために相当力を入れていたことが分かります。

プロミスがかなり押している商品ですし、今はアイフルなども同様にアプリから借入と返済ができるようになっています。

今後をアプリを使用してATMから借入と返済ができるという方法が主流になっていくかもしれませんね。

関連記事をチェック!

24view

プロミスの評判から見えてくる事。カードローン借り入れならどこがいい?

カードローンを初めて利用するときって、皆さんならどんな点を気にされるでしょうか? 金利、限度額、審査スピードなどのスペック面を気にする人も多いと思いますが、ローン会社の評判や口コミなども、ネット...

まとめ

プロミスのアプリローンはアプリから申込から契約まで完結させることができ、ローンカードを使用せず、セブン銀行ATMから借入と返済ができる新しい借入方法です。

カードの発行がなく郵送物は何もないので家族や周りの人のバレる心配は全くありません。

また、財布の中を家族などに見られてしまってもカードはないのでプロミスからお金を借りているということがバレる心配もありません。

さらにアプリのアイコンはプロミスということがわからないようなデザインになっているのでスマホの画面を誰かに見られたとしてもプロミスからお金を借りているということも分かりません。

まさに、周りの人への秘匿性を追求したローンということができますし、さらに振込融資だけでなくセブン銀行であればATMから借入と返済ができるという点が魅力です。

ただし、セブン銀行ATMから借入と返済する場合にはATM利用手数料がかかってしまうので、この点だけは注意が必要です。

プロミスをすでに利用している人も、これから利用を検討しようとしている人もプロミスアプリをスマホに入れておけば損はないでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2019-05-20 08:24:46

    こんにちは。
    借入のすべての小林です。

    自己破産をしてなおかつお金が足りないんですね。自己破産したばかりで貸してくれる所はありませんよ。

    何の目的にお金が必要なのか分かりませんが、お金の支払いを待ってくれるところはお願いして待ってもらうようにしましょう。

    そして生活費をもう一度見直してみましょう。

  2. 門脇京子さん|2019-05-19 07:40:18

    破産おしてますのですが融資わ無理でしょうか⁉️今どおしても五万円がひつようですどうか融資おお願い致します

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談