横浜ではどんな手段でお金を借りることができる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

横浜は東京に次ぐ関東の中心部であり、非常に多くの人が働き生活している都市です。

それだけ巨大な都市なので、お金を調達しなければならなくなった場合に調達方法に困るようなことはほとんどなく、むしろ数多くある選択肢の中からどれを選べばいいか迷ってしまうほどです。

そこで今回は、横浜でお金を借りる場合の選択肢について、説明を行っていきたいと思います。

横浜でお金を借りられるのはどこ?

横浜でお金を借りようと思った場合の主な選択肢としては、以下のようなものが考えられます。

銀行カードローン

まずは、銀行で取り扱われている銀行カードローンが挙げられます。

横浜には、三井住友銀行や三菱UFJ銀行といったメガバンクはもちろん、神奈川県に本店を構える地方銀行などさまざまな銀行が店舗を構えていますので、利用できる銀行カードローンの種類も非常に多種多様なものとなっています。

それゆえに、自分が思い描いている条件に合致するないしは非常に近い条件を持つカードローンを見つけられる可能性は高いと思いますので、横浜でお金を借りたいときにはまずは銀行カードローンから目を通してみるといいでしょう。

横浜に本店を置く地方銀行としては横浜銀行・神奈川銀行が挙げられますが、もちろんこれらの銀行でもカードローンが取り扱われています。

消費者金融

続いては、消費者金融が挙げられます。

人口の多い都市では消費者金融業が必然的に発展しやすいと言えますが、関東では東京に次ぐ規模を誇る横浜ももちろんその例に漏れません。

地方都市を営業基盤としている消費者金融は総じて中小の消費者金融であるケースが多いのですが、横浜のように巨大な都市を営業基盤としている消費者金融の中には、中小でありながらも全国的にサービスを展開しているところが多々あります。

そのような消費者金融では、サービスの内容も大手に負けず劣らずとなっていることが多いため、利便性を重視したい場合でも優先的に検討できるようなところが多いのがメリットと言えます。

その他の金融機関のカードローン

最後は、信用金庫や信用組合といった銀行以外の金融機関で取り扱われているカードローンです。

CMなどの印象が強いため、カードローンと聞くとどうしても銀行や消費者金融が取り扱っているものが頭に浮かんでしまいがちですが、他の金融機関でも銀行や消費者金融と同じようなカードローンを取り扱っています。

ただし先ほど少し触れたように、横浜にはメガバンクや地方銀行などたくさんの銀行が店舗を構えていますし、消費者金融業を営んでいる業者も大手から中小まで数多くあります。

信用金庫や信用組合のカードローンは、商品特性という点では銀行や消費者金融と同等ではあるものの、申し込み・借り入れ・返済の利便性という点ではどうしても後れを取ってしまいがちです。

信用金庫や信用組合をメインの金融機関として利用しているというのでなければ、銀行カードローンや消費者金融を優先的に検討するのが賢明でしょう。

横浜の各銀行カードローンの特徴

ではここからは、金融機関ごとのカードローンの特徴やメリット・デメリットなどについて、説明していきましょう。

まずは、横浜銀行で取り扱われているカードローンです。

横浜銀行

横浜銀行では「横浜銀行カードローン」と「バンクカードローン」の2種類のカードローンを取り扱っていますが、多くの人が利用を検討するのは「横浜銀行カードローン」のほうでしょう。

サッカー日本代表の長友選手が出演するCMでもおなじみで、地方銀行が取り扱うカードローンでありながら全国的な知名度を有しています。

最大で1,000万円の借り入れが可能で、その場合の金利は1.9%とかなり低くなっており、まとまったお金を調達したい人にとっては非常にありがたいカードローンと言えるのではないでしょうか。

保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社となっているので、過去にプロミスで返済を遅延したことがあるような場合には、利用できない可能性が高いことは注意しておきましょう。

神奈川銀行

続いては神奈川銀行ですが、神奈川銀行では「住宅サポートカードローン」「マイサポート」「かなぎんマイポケット」という3つのカードローンを取り扱っています。

このうち住宅サポートカードローンは、神奈川銀行で住宅ローンを利用している人専用のカードローンですが、その他の2つに関しては神奈川銀行の営業区域内で生活していれば幅広い人が利用できるカードローンとなっています。

ただしマイサポートの最大利用限度額は100万円、かなぎんマイポケットの最大利用限度額は50万円と、まとまった金額の借り入れにはあまり適していません(住宅サポートカードローンの最大利用限度額は200万円)。

神奈川銀行でまとまった金額を借り入れたい場合には、「かなぎんプレミアムローン」や「かなぎんフリーローン」といったフリーローンの利用を検討してみてもいいでしょう(それぞれの最大利用限度額は1,000万円と500万円)。

関連記事をチェック!

27view

非公開: 神奈川銀行カードローン・マイサポートは低金利!神奈川県民は要注目

皆さんこんにちは、馬三郎です。 神奈川銀行ではさまざまな個人向けローンを提供していますが、その中でも低金利が特徴のカードローン「マイサポート」について説明したいと思います。 この記事はこんな人...

関連記事をチェック!

28view

神奈川銀行のキャッシング~お金が必要なときに読む解説書

「どうしてもお金が必要!」このような時に利用を考えるのが、クレジットカードのキャッシングですよね。 クレカのキャッシングなら、ATM等ですぐに借入ができるため、お金のピンチを迅速に乗り切ることが...

その他の銀行を利用するのもあり

横浜に本店を構える銀行は横浜銀行と神奈川銀行の2行ですが、横浜でお金を借りるからといって、横浜に本店を構える銀行のローン商品を利用しなければならないというわけではありません。

先ほど少し触れましたが、横浜は政令指定都市でもある巨大な都市なので、さまざまな金融機関が支店を構えています。

それらの中には全国展開しているメガバンクや、関東の他の県に本店を構える銀行の支店もあるでしょう。

そういったところでももちろんカードローンを取り扱っていますので、横浜銀行・神奈川銀行のカードローンが利用できない場合や、それらのカードローンがどうも自分の利用したいタイプとは異なるといった場合には、他の銀行のカードローンも検討してみるといいでしょう。

選択肢がたくさんあるのも、巨大な都市ならではのメリットの1つですからね。

横浜を拠点とする中小消費者金融の特徴

続いては消費者金融に関する説明を行っていきますが、横浜にはエイワとエースという横浜を主な営業基盤としながらも、全国的な知名度を有している中小の消費者金融があります。

今回は、特にこれら2つの業者を取り上げて説明していきたいと思います。

エイワ

まずエイワですが、エイワは横浜に本店を置いてはいるものの、東北・関東・近畿・中国・中部・九州の各地方にも支店を展開しており、日本全国で幅広く事業を行っています。

その最大の特徴は、対面与信を重視しているということです。

最近の消費者金融業界では、無人契約機の利用やWeb完結契約などで、実際に業者の人と顔を合わさずとも融資を受けることが可能になってきています。

しかしエイワでは、申し込み者一人一人と対面で向き合うことによってそれぞれの人の抱える事情や人となりなどに触れたうえで、融資を行うかどうかを決定しています。

融資のプロセスが画一化・機械化されている消費者金融の流れにはある意味逆行しているような形にはなりますが、これがエイワらしさと言えるでしょう。

最大利用限度額は50万円で、適用金利は10万円未満の場合は19.9436%、10万円以上の場合は17.9507%となっています。

金利が低いとは決して言えませんが、エイワだからこそ融資を受けられたという人もいるであろうことを考えると、融資の検討先として外せない1社と言えるでしょう。

関連記事をチェック!

1842view

株式会社エイワのキャッシングローン

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は株式会社エイワの、キャッシングローンについて説明したいと思います。 この記事はこんな方におすすめです 今回ご紹介するのは、次のような人におすすめのものとなっ...

エース

続いてエースですが、エースではフリーローンとスイッチローンという2種類のローンを取り扱っています。

スイッチローンとはいわゆる「おまとめローン」のことで、融資を受けたい理由によってフリーローンとスイッチローンの使い分けができるようになっています。

電話と郵送で契約手続きを完了させることが可能なので、契約に際して来店の必要がないのはメリットの1つだと言えるでしょう。

安定した収入さえあれば、パート・アルバイト・学生・主婦の人でも利用可能なので、幅広い層が利用を検討できるのもありがたいポイントですね。

フリーローン・スイッチローン共に100万円までの融資が可能なので、借り入れを希望している事情に応じてより適しているローンを選んで利用するといいでしょう。

信用金庫等のメリットは少ない

ここまでは主に銀行カードローンと消費者金融について説明を行ってきましたが、先ほど少し触れたとおり横浜ではこれら以外にも、信用金庫や信用組合が取り扱っているカードローンなどを利用してお金を借りることもできます。

しかし現実問題として、信用金庫や信用組合が取り扱っているローン商品が銀行カードローンや消費者金融と同等ないしはそれ以上の魅力を兼ね備えているかというと、正直疑問ではないでしょうか。

確かに信用金庫や信用組合のカードローンの金利は低めに設定されていることが多いですが、大手銀行のカードローンはもちろん地方銀行のカードローンでも、それらと同水準の金利設定になっているものは多々あります。

また、申し込み・借り入れ・返済の利便性や融資スピードなどを考慮に入れた場合、消費者金融と肩を並べられるような要素はほとんどありません。

信用金庫や信用組合の会員でなければならなかったり、当該金庫や組合の営業地域内に居住している必要があったりといったさまざまなハードルを乗り越えてまで利用したいほどのメリットが感じられない以上、わざわざ信用金庫や信用組合のローンを利用する必要はないかもしれません。

その金融機関をメインで利用しているなら

ただし、信用金庫や信用組合をメインの金融機関として利用している場合には少し話が変わってきます。

というのも、信用金庫や信用組合が取り扱っているカードローンでは、自金庫・自組合で何かしらの取引を行っている人に対しては金利優遇措置を設けているものが多いからです。

もともと低めに設定されている金利が条件を満たすことでさらに低くなるのであれば、多少の不便さには目をつぶってでも、信用金庫・信用組合のカードローンを検討する意味も出てきますよね。

メインの金融機関が信用金庫や信用組合であるという人は、その金庫・組合で取り扱っているカードローンに会員を優遇するような条件が設けられていないかどうかを、確認してみるといいでしょう。

結局どこで借りればいい?

では結局のところ、横浜でお金を借りたい場合にはどのような金融機関を利用すべきなのでしょうか。

この疑問に対して、画一的に「○○で借りるべき!」といった答えを出すことは難しく、融資に際してどのようなことを重視するかによって利用すべきところは変わるでしょう。

安心なのは銀行カードローン

利用限度額や適用金利・利用できるATMの種類の多さなど、融資を受けるときに多くの人がチェックする要素をいずれも高い水準で兼ね備えているのは、銀行カードローンです。

今回は横浜に本店を置く銀行を中心に説明していますが、全国展開する銀行の名古屋支店やオンライン専業の銀行などで、それぞれのカードローンを利用することが可能です。

特に総じて低めに設定されている適用金利に関しては、返済負担を抑えたい場合には外せないポイントと言えるので、多くの人にとって銀行カードローンは最優先で検討すべき対象だと言えるでしょう。

ただし規制強化の都合で、2018年に入ってから銀行カードローンでは即日融資を行えなくなってしまっているので、すぐに借り入れを行いたいという場合には銀行カードローン以外を選ぶ必要があります。

人によっては中小の消費者金融もあり

とにかく「きちんと審査に通過できること」を重視する場合は、中小の消費者金融を利用するのがいいでしょう。

今回説明したエイワやエースのような中小の消費者金融では、審査基準が緩めになっていることが多いため、属性や信用情報といった観点で審査に通過できるかどうか不安だというかたは、優先的に検討すべきです。

エイワやエース以外にも、横浜を拠点としている消費者金融や横浜で利用可能な消費者金融は、街金やサラ金と呼ばれるような小規模の業者を中心に多数事業を行っています。

全国展開している大手のような画一された利用条件ではなく、それぞれの申し込み者が抱えている事情や置かれている状況などを詳しく把握したうえで融資を行うかどうかを判断してくれるので、諦めずに申し込んでみるといいでしょう。

利便性重視なら大手消費者金融

同じ消費者金融でも、プロミス・アコム・アイフルといった大手を利用できるような属性・信用情報の状態なのであれば、中小の消費者金融よりもそちらを利用したほうが利便性などの点で優れているということは言うまでもありません。

特に上述した大手3社の場合は、初回利用者限定ではあるものの無利息期間サービスを利用できるようになっているので、消費者金融の利用が初めてだという人にとっては積極的に利用を検討したい対象となっています。

無利息期間として設定されている30日間で完済することができれば、返済するのは借りた金額そのままでOKですし、完済は無理だという場合でもできるだけ多くの金額を返済しておくことで、その後の実質的な適用金利をかなり低くしてしまうことができます。

自社ATMを十分な数保有していることはもちろんですが、提携しているATMの数や借り入れ・返済の手段の多様さも中小の消費者金融には真似できないポイントです。

審査通過に十分なレベルの属性と信用情報を有しているのであれば、大手を利用しないメリットはほぼないので、素直に大手を中心に検討していくことをオススメします。

ただし無利息期間がスタートするタイミングが、プロミスが「初回利用日の翌日から」なのに対して、アコムとアイフルは「初回契約日の翌日から」となっていることには注意が必要です。

契約してすぐ借り入れを行うなのであればどこを利用しても大きな違いはありませんが、契約日と実際の借り入れを行う日が異なるのであれば、プロミスを利用しておくと無利息期間をムダにせずに済みますよ。

中小消費者金融【9社】

中小消費者金融は、大手消費者金融よりもブラックの方に優しく、審査が通りやすいです。

一つずつ見ていきましょう。

フクホー

フクホー
対象者満20~66歳の安定した収入のある方
実質年率 7.3%~20.0%
融資時間最短当日
審査時間最短最短当日
在籍確認の方法勤務先への電話
貸金業者登録番号大阪知事(4)第12736号

まず始めに紹介する会社はフクホーです。

フクホーは中小消費者金融という位置づけですが、歴史は長く創業51周年の老舗会社で、大阪に1店舗しかありません。

しかしセブンイレブンと提携しており全国で借りることができます。

また、注意してほしいのが即日借りるためには条件があるということです。

提出書類をFAX か郵便かを選んで送るのですが、郵便で送ってしまうと、時間がかかり即日融資できなくなってしまいます。

即実融資を受けたいならFAXで書類を送るようにしましょう。

即日融資可能な方法申込期限
コンビニ申込み平日14:00まで

セントラル

セントラル
対象者満20歳以上70歳未満の安定した収入のある方
実質年率4.8%~18.0%
融資時間最短当日
審査時間最短最短30分
在籍確認の方法勤務先への電話
貸金業者登録番号四国財務局長(7)第00083号

次に紹介するのはセントラルという中小消費者金融です。

セントラルはフクホーに続き創業45年の大きい老舗会社です。

セントラルは本店が愛媛にありますが、自動契約機と ATM コーナーが横浜にあるので、そこで契約することができます。また Web申し込みはコンビニ申し込みもすることができます。

さらに中小消費者金融では珍しく、初めての方は30日間金利が無料というサービスも行っております。

即日融資可能な方法申込期限
WEB申込み平日14:00まで
自動契約機平日20:00まで
電 話平日20:00まで

アロー

アロー
対象者満20歳以上満66歳未満の安定した収入のある方
実質年率15.00%~19.94%
融資時間最短当日
審査時間最短最短45分
在籍確認の方法勤務先への電話
貸金業者登録番号愛知県知事(3)第04195号

次に紹介するのは名古屋に本店を構える、創業8年のアローという中小消費者金融です。

アローはホームページで「過去に自己破産債務整理した方でも連絡してください」と謳っているほど、ブラックの方にも柔和な対応をしてくれる消費者金融です。

また融資のスピードは最短で45分とありとてもスピーディーです。

消費者目線の会社であることがわかります。

即日融資可能な方法申込期限
WEB申込み平日14:00まで

いつも

いつも
対象者満20歳以上満65歳未満の安定した収入のある方
実質年率7.00%~18.00%
融資時間最短当日
審査時間最短最短当日
在籍確認の方法勤務先への電話
貸金業者登録番号高知県知事(2) 第01519号

次に紹介するのは、高知県に本店がある「いつも」という消費者金融です。

設立が1993年で、それまでは地域密着型の消費者金融でしたが、2015年の秋にネット展開を始めました。

それ以降から、全国で借りることができるようになりました。

全国展開して間もないので、利用者数を増やすため審査は優しい傾向にあります。

即日融資可能な方法申込期限
WEB申込み平日14:00まで
電 話平日14:00まで

キャレント

キャレント
対象者満20歳以上の安定した収入のある方
実質年率7.80%~18.00%
融資時間最短当日
審査時間最短最短当日
在籍確認の方法勤務先への電話
貸金業者登録番号東京都知事(3)第31399号

次に紹介するのは、キャレントと言う創業15年の新しい中小消費者金融です。

キャレントは消費者金融の中では珍しく、店舗を持たないインターネット専用の消費者金融です。

店舗を持たない消費者金融のため、闇金と疑われ疑われがちです。

しかし東京都の方で貸金業者登録番号の登録がしてあるので、安心して下さい。

また、申込みから融資まで全てネットで完了するというのが、タレントの魅力となっています。

現在、知名度を上げるために審査が甘くなっています。

即日融資可能な方法申込期限
WEB申込み平日14:00まで

エニー

エニー
対象者満20歳以上の安定した収入のある方
実質年率5.0%~20.0%
融資時間最短当日
審査時間最短最短当日
在籍確認の方法勤務先への電話
貸金業者登録番号東京都知事(3)第31250号

株式会社エニーは創業9年の新しい中小消費者金融です。初めは東京だけで貸し出しをしていましたが、 貸出をネット中心に移行し、全国展開中です。

ブラックの人でも広く受け入れていることが、急速に全国に広まりつつある理由として挙げられます。

全国に広まりつつあるといっても、まだ規模は小さいです。しかし逆にいうと規模が小さいからこそ、お客さん一人ひとりに向き合って、その人にあったプランを提案してくれます。

即日融資可能な方法申込期限
店 頭平日14:00まで
電 話平日14:00まで

トライフィナンシャルサービス

トライフィナンシャルサービス
対象者満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
実質年率6.80%~18.0%
融資時間最短当日
審査時間最短最短当日
在籍確認の方法勤務先への電話
貸金業者登録番号東京都知事(2)第31474号

トライフィナンシャルサービスは2013年創業の新しい中小消費者金融です。

来店不要で全国振り込み対応しているので、横浜に住んでる人でも申し込むことができます。

また、ホームページで債務整理経験者もお申し込み下さいと書いてあり、比較的 お金がない人に優しい対応取ってくれと予想できます。

他社で審査が通らなくても、トライフィナンシャルサービスでは通るということが、 ありますので一回申し込んではいかがでしょうか。

即日融資可能な方法申込期限
WEB申込み平日14:00まで

ライフティ

ライフティ
対象者満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
実質年率8.0%~20.0%
融資時間最短当日
審査時間最短最短当日
在籍確認の方法勤務先への電話
貸金業者登録番号東京都知事(5)第28992号

ライフティは2014年から、融資を行うようになった新しい中小消費者金融です。

元々は信販系の事業展開していましたが、そのノウハウを活かしてキャッシングの事業を展開しています。

信販系のノウハウを生かし、延滞中や債務整理中などのブラックの人にも門前払いすせずに、審査を行ってくれます。

またライフティの魅力は1000円からお金の貸し出しをしていることです。

即日融資可能な方法申込期限
WEB申込み平日14:00まで
店 頭平日14:00まで
電 話平日14:00まで

ご融資どっとこむ

ご融資どっとこむ
対象者満20歳以上70歳以下の安定した収入のある方
実質年率18.0%~20.0%
融資時間最短当日
審査時間最短最短当日
在籍確認の方法勤務先への電話
貸金業者登録番号東京都知事(4)第30570号

ご融資どっとこむは中小消費者金融にしては、珍しく様々なローンが用意されています。

自分の状況に合ったローンを選ぶことができるのが、魅力の一つとなっています。

また大手消費者金融と同様にホームページでは簡易診断をやっており、そこで事前の審査をすることができます。

また即日融資ではインターネット電話来店の三つから選ぶことができ、これも中小消費者金融にしては珍しく、自分の状況に合った借入の方法を選ぶ事が出来ます。

即日融資可能な方法申込期限
WEB申込み平日14:00まで
店 頭平日14:00まで
電 話平日14:00まで

関連記事をチェック!

13view

非公開: 「ご融資どっとこむ」は総量規制の対象外?

数ある消費者金融の中でもフリーローンから借り換えローン、住宅ローンまで幅広く展開し、ビジネスローンの貸付け上限金額を1億円と非常に高額な商品を取り扱っているのが「ご融資どっとこむ」です。 そこで気に...

まとめ

以上、横浜でお金を借りる場合の選択肢についての説明を行ってきました。

さまざまな金融機関が営業していたり、融資サービスの対象地域に含まれていたりするため、融資を受ける手段を探すのに苦労することはほぼないはずです。

あとはそれらの多数の選択肢の中から、金利・利用限度額・金利優遇条件などを比較検討して、自分にとって最適だと思われる手段を選べるようにしてくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談