アコムの返済は一括払い?それとも分割払い?返済の仕組みをわかりやすく解説!

カードローンを利用する場合、限度額や金利など、ついつい借り入れの面の事ばかりを気にしてしまう方が殆どだと思います。

しかし、カードローンの利用で重要なのは「借り入れの条件」よりも、「返済の条件」だと思います。

なぜなら、返済の条件や仕組みをきちんと理解しておかないと、いつまで経っても完済が出来ない…という事になりかねないからです。

そこで今回はアコムの場合を例に、返済の仕組み、特にアコムでの分割返済の仕組みはどうなっているのか?という点について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

アコムの返済の方法は二つ

まず、アコムで返済をしていく上で選べる二つの返済方式について、簡単にお伝えしておきます。

一括返済

まず、一つ目は一括返済です。

数万円程度の借り入れなら、一度に返済するのもそれほど大変ではありませんし、利息もできるだけ少なくて済みますので、できれば一括返済で完済してしまったほうがメリットは大きいと言えます。

一括返済の方法ですが、アコムの場合は「インターネット返済」「ATMからの返済」「店舗での返済」「振込返済」などの方法から選ぶことが出来ます。

関連記事をチェック!

消費者金融アコムを一括返済する方法とメリット

大手消費者金融であるアコムでお金を借りていても、返済途中で臨時収入やボーナスで一括返済したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 一度リボ払いの契約をしてしまうと借金を完済するまでずっとリ...

分割返済

二つ目は分割での返済です。

アコムを利用している人の場合、この「分割返済」を利用される方が殆どだと思います。

アコムでもその他のカードローンでも、カードローンを契約した場合、毎月の「約定返済額」というものが取り決められます。

約定返済額とは少々難しく聞こえますが、簡単に言えば「毎月約束した最低の返済額」という事になります。

ちなみに、約定返済額の中には「元金」と「利息」の両方が計算されている事になります。

尚、約定返済額は設定されてはいるものの、「どうしても返済が出来ない」という場合は、利息分だけ返済しておけば、アコムの返済は延滞扱いにはならないようになっています。

関連記事をチェック!

約定返済とは

約定返済とは一体何なのかご存知でしょうか。カードローンなど金融機関からお金を借りる契約を結ぶ際に必ず書いてある用語です。 なんとなく借金を毎月返済している人も多いことでしょう。しかし返済の方法を...

アコムの分割返済の仕組みとは

では、ここからはアコムの分割返済の仕組みについて、もう少し詳しく見ていくようにしましょう。

アコムは定率リボルビング方式

アコムの分割返済は、「定率リボルビング方式」という方式で、毎月の返済額が決まります。

定率リボルビング方式と聞くと、これも難しい言葉のように聞こえますが、簡単に言うと「最終の借り入れ残高に応じ、一定の率をかけた金額を毎月返済してください」という意味のものになります。

ちなみに、以下が借入残高と定率の一覧表となりますので、参考になさってください。

限度額最少返済額の計算方法
契約極度額30万円以下の場合最後に借入れた金額×4.2%以上
契約極度額30万円以上の場合最後に借入れた金額×3.0%以上
契約極度額100万円超の場合※借り入れ限度額により、以下の通り変動する。
最後に借入れた金額の3.0%・2.5%・2.0%・1.5%以上

関連記事をチェック!

定額リボルビングと定率リボルビングの違い

リボ払いという言葉を聞いたことはあると思います。 しかし、詳しくい内容はよく分からないという人も多いでしょう。 そして、「便利だけど何だか怖いんでしょ」と、認識されている人も多いのではない...

50万円を借りた場合のシミュレーション

では、50万円を借りた場合で、ほぼ毎月の約定返済額のみの金額を返済していった場合、最終的にはどれくらいの期間返済する事になるのか?一例をあげてみたいと思います。

ちなみに、上記の表で計算すると、「最後に借り入れた金額が50万円だった場合」最少返済は50万円×3.0%以上という事になっていますから、毎月15,000円以上を返済する事になっています。

この返済金額をアコムの返済シミュレーションにあてはめると、完済までの分割回数は全部で47回、そして負担する利息は「198,327円」という事になります。

50万円を借りた場合、4年以上の返済期間が必要で、且つ約20万円の利息負担が発生する事を考えると、早期での繰り上げ返済が如何に重要か、おわかり頂けると思います。

「最後に借り入れた金額」という点に注意

アコムの分割返済の仕組みは以上の通りなのですが、ここで一つだけ注意しておきたい点があります。

それは、アコムの定率リボルビング方式で計算される定率は「直近の借り入れ残高」ではなく、「最後に借り入れた金額で計算される」という点です。

少しわかりにくいので、例で説明します。

例えば、4/1に50万円を借り入れたとすると、毎月の返済金額を決める定率は3.0%となります。

しかし、その後繰り上げ返済などを行い、6/1に残高が20万円となったとしても、定率は3.0%のままという事になります。

上記の表で行くと、契約極度額30万円以下の場合は4.2%以上となっていますので、おかしいな?と思われた方も多いと思います。

つまり、アコムの場合は最後にキャッシングした時の残高が基準になるので、それ以降極度額の減枠をしない限り、ずっとその時の定率で返済額が決まるという事になります。

その為、残高が減ったからといって繰り上げ返済をしないと、計算される定率はずっと低いままなので、完済までにとても長い時間がかかる…という可能性が出てきます。

この点を考えても、アコムの繰り上げ返済はとても重要と言えます。

アコム分割返済のメリットデメリット

ここまでで、アコムの返済の仕組みはおおよそご理解いただけたかと思いますので、簡単に分割返済のメリットとデメリットをまとめておきたいと思います。

分割返済のメリット

まずメリットですが、分割返済のメリットは、毎月の支払額を一定以下に抑える事が出来るという点につきると思います。

つまり、返済が進むほど毎月の最少返済額はどんどん少なくなっていきますので、生活再建などがやりやすいという点が大きなメリットです。

分割返済のデメリット

一方のデメリットは、その少ない返済金額に甘えていると、完済までの期間がとても長くなる…という点です。

ちなみに、この「返済期間の長さ」は、利息の負担以外にも様々なデメリットがあります。

例えば、住宅ローンやその他のローンへの影響です。

例えば、アコムの残債が残った状態で住宅ローンを申し込んだとしても、まず審査に通る事は出来ません。

消費者金融を利用しているという事自体が信用度ダウンにつながってしまうからです。

また、アコムとは別のカードローンに借り換えたいと思ったとしても、一部のおまとめローン以外は審査に通らない可能性も出てきます。

新たなローンを組む場合、自分がそのローンで借りたお金でアコムの残債を返済しようとしても、あくまで「現時点でのアコムの残債+新規ローンの限度額」というかたちで審査が行われます。

したがって、この場合でもアコムを早期に返済するのは、とても重要と言えます。

関連記事をチェック!

消費者金融の借入は住宅ローンの審査に影響する?

消費者金融からの借り入れがあると住宅ローンの審査に影響すると言われています。影響とはもちろん審査に通らないという意味ですね。 しかし消費者金融から借入があっても、借入があるというだけで審査に不利...

アコムを早期完済する為の秘訣

ここまで、何度も「アコムの任意返済の重要性」について触れてきましたが、ここからはアコムでの任意返済のやり方や、アコムならではの「おまとめローン」についてもご紹介しておこうと思います。

アコムの任意返済の方法

アコムの任意返済はとても簡単です。

返済の方法は、店頭・ATM・振込返済・インターネット返済のどれでも行う事が出来ます。

また、毎月の約定返済額以上の返済といっても、特にアコムには事前の連絡などは必要ありません。

ただ、任意返済が出来るのは利息の発生額以上という事になっていますので、それ以上の金額を返済する事になります。

他社借り入れがあるなら、アコムでまとめる事も出来る

ただ、アコム以外にも消費者金融などで借り入れがある場合は、アコムのおまとめローンでまとめてもらう事も出来ます。

アコムのおまとめローンは、最大300万円までの融資が可能で、利息も審査次第で下げてもらう事が出来ます。

筆者も、以前に「シンキ」と「アコム」に各々借り入れがありましたが、アコムのおまとめローンでまとめてもらい、金利も18%→12%に下げてもらう事が出来ました。

関連記事をチェック!

おまとめローンとは

おまとめローンとはローンの仕組みを理解することが重要です。今回ご説明するのは複数借金を抱えている人に有効な方法、おまとめローンの概要です。 誤った選択をしてしまうと逆効果となってしまいます。使い...

便利な返済方法があるカードローン

最後に、任意返済などが簡単な他社カードローンについても、いくつかの特徴をお伝えしておきます。

プロミスはインターネット返済で24時間返済OK

一つ目はプロミスです。

プロミスの特徴は、アコムと同様インターネット返済が利用できるという点にあります。

インターネット返済の場合、仕組み自体は振込返済と変わらないのですが、提携銀行のシステムを利用する事で、手数料も無料で返済する事が出来ます。

関連記事をチェック!

プロミスでお金を借りる方法

プロミスは会員サービスを受けることでポイントが付与されるため人気が高いカードローンです。しかし実際借入しようと申し込んでみると分からないことだらけ。 カードローン初心者にとってどうすればプロミス...

レイクはコンビニ返済でも手数料無料

二つ目はレイクです。

レイクの特徴は、なんといってもATM手数料が無料という点です。

コンビニATMから任意返済する場合、アコムなどは手数料がかかってしまいますので、躊躇してしまいますが、レイクの場合は手数料がかかりませんので、手元に余った資金をコツコツと返済に回すことも可能です。

関連記事をチェック!

レイクALSAでのお金の借り方

お金を借りたいと思ったときに、比較的手軽に一歩踏み出せるのが、カードローンではないでしょうか。 はじめてのお借り入れの方には、無利息ローンも用意されていますのでお見逃しなく! さて、お金を...

まとめ

今回はアコムの分割返済の仕組みについての情報をお届けしましたが、参考になったでしょうか?

カードローンでも住宅ローンでも、やはり重くのしかかってくるのが、その「金利負担」です。

特に分割返済については、毎月の返済額は少なくて済みますが、それだけ返済期間も長くかかります。

この記事でご紹介したような内容を参考に、ぜひ積極的に任意返済をして、早期に完済される事をおすすめします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談