アコムで源泉徴収票が必要になるケースと、提出しない時のリスク

カードローンを利用する場合、様々な必要書類があると思いますが、その中でも「収入証明書」については、取り寄せるのに手間がかかる為「できれば提出を避けたい…」という方がほとんどだと思います。

しかし、実際には源泉徴収票をはじめとする収入証明書が必要になるケースがあり、またその提出内容についてもしっかり理解しておかないと、カードローンの審査が保留されるケースも出てきます。

そこで今回はアコムの場合を例に、源泉徴収票などの収入証明書提出の注意点などについて、いくつかの情報をお伝えしていきたいと思います。

アコムで源泉徴収票が必要になる時

まず、アコムの場合、どんな時に源泉徴収票の提出が求められるのか?いくつかのケースをご紹介します。

審査申し込み時に必要になるケース

一つ目は、アコムのカードローンを申し込んだ時に求められるケースです。

ただ、すべての場合に収入証明書が求められる訳ではなく、主に以下に該当する場合に限り、収入証明書の提出が必要となります。

  • アコムの借り入れ限度額が50万円を超える場合
  • 総量規制の対象となる他社借り入れ金額と、アコムの借り入れ金額が100万円を超える場合
  • その他アコムの審査で収入証明書の提出が必要となった場合

関連記事をチェック!

アコムで必要な収入証明書とは

アコムで借入する際に収入証明書が必要になる場合があります。 収入証明書はアコムの会員であれば誰でも提出しなければならない書類ではありませんが、条件が揃うと必ず提出を求められます。 収入証明書とは...

アコム利用中に提出を求められるケース

二つ目のケースが、アコムから借り入れをしている最中に提出を求められる場合です。

まず、利用中に提出を求められるケースとしては、アコムの限度額増額に伴い、限度額が50万円を超える場合や、他社借り入れ額と合算して100万円を超える場合です。

このあたりは、先ほどの申し込み審査の場合と同じです。

また、利用中に収入証明書を提出してから3年が経過している場合は、再度の提出が必要となります。

ちなみに、これらの収入証明書については、WEBから写真をアップロードする方法や、自動契約機から提出する方法、さらには店舗や郵送・FAXで送る方法もあります。

最も手軽な方法は、スマホカメラで撮影してアプリ上でアップロードする方法ですが、撮影の仕方が悪いと処理をしてもらえない事もありますので、文字や数字は鮮明に写るように撮影する事が大切です。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入れることができるか

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

源泉徴収票でチェックされる事とは

尚、収入証明書には源泉徴収票の他にも、確定申告書の写しや給与明細など、いくつかの種類がありますが、最も正確で信用度が高いのは、今のところ源泉徴収票という事になります。

そこで、ここからは源泉徴収票を用意する方法や、アコムにてチェックされるポイントなどをお伝えしていきます。

源泉徴収票を用意する方法

まず源泉徴収票を取り寄せる方法ですが、基本的には勤務先の総務部などに申し出る事で発行してもらう事が出来ます。

またほとんどの会社は年末年始になると源泉徴収票が配布されるか、または社内のイントラネットなどでダウンロードできるようになっている為、配布が漏れるという事はありません。

しかし、中には源泉徴収票を依頼しても会社側が応じてくれない場合もあるかもしれません。

そのような場合には、最寄の税務署に相談し、「源泉徴収票不交付の届出書」という書類を書いて提出してみて下さい。

そうする事で、税務署から会社側に指導が行くはずですので、後日発行をしてもらう事も可能です。

源泉徴収票でチェックされる事とは

では、そんな源泉徴収票を提出した場合、アコム側ではどんな点を主にチェックするのでしょうか?

詳しい審査基準は公開されていませんが、考えられるチェック項目をご紹介します。

  • 年収…記載されている収入で返済に問題はないか
  • 勤務先…申込書で申告された勤務先名と相違はないか
  • 本名…本人申告の名前と相違はないか

尚、会社によっては勤務先として申告した会社名が「出向先」、そして源泉徴収票に記載されている会社名は「出向元」というようなケースがあります。

このようなケースはよくある話ですが、予めアコムへ伝えておかないと、審査に時間がかかってしまう事もあり得ますので、事前にコールセンターへ電話をして伝えておかれる事をおすすめします。

関連記事をチェック!

お金を借りるときには源泉徴収票は必ず必要?

お金を借りるときには様々な書類が必要になります。 本人確認書類の次に必要になることが多い書類として源泉徴収票が挙げられます。 源泉徴収票は必ず必要なものなのでしょうか?また手元に書類がない場合...

源泉徴収票が用意できない時は?

では、何らかの事情で源泉徴収票が用意できない場合は、どうすればいいのでしょうか?

いくつかの対処方法をご紹介します。

有効となるその他の収入証明書を用意する

どうしても源泉徴収票が用意できない場合は、別の収入証明書を用意するしか方法はありません。

例えば、直近2カ月分の給与明細書、さらには「市民税・県民税額決定通知書」、そして「所得証明書」といった類の書類です。

尚、いずれの場合も、最新の書類を用意する事が重要ですので、間違っても1年前の書類などは提出しないようにしましょう。

書類の偽造はバレる?

ただ、源泉徴収票については一見するとコピー用紙に印刷されただけ…という感じで会社から提供される場合があります。

そんな時には、ついつい「ちょっとくらいなら収入を多く書いて、偽造出来るのでは?」と思ってしまいます。

しかし、アコムの審査担当者は審査の「プロ」です。

そのような安易な考えはすぐに見破られてしまいます。

例えば、勤務先名を偽って申告した場合など、一度疑われ始めると「勤務先の住所」や「最寄りの駅」、「自宅からどれくらい通勤時間が必要なのか…?」などという感じで補足の質問をされるケースがあります。

そんな時、嘘をついていると大抵しどろもどろな回答になるケースが多い為、すぐに虚偽の申告がバレ、審査も保留されてしまいます。

関連記事をチェック!

給与明細偽造ばれるとどうなる?

銀行カードローンや消費者金融でお金を借りる場合、原則として50万円を超える借入は所得証明書類の提出を求められます。 所得証明書類で最も手軽なのが給与明細ですが、少しでも年収を水増しして多く借りよ...

収入証明書不要のカードローンに注意

アコムに源泉徴収票を提出する場合の方法や注意点は以上の通りなのですが、中にはこのような収入証明書の提出を一切求めてこない貸金業者も居ます。

尚、収入証明書で利用者の返済能力を確認する事については、貸金業法という法律で定められている事ですので、正規のローン会社などは必ず収入証明書の提出を求めてきます。

という事は、50万円以上の借り入れがあっても収入証明書の提出を求めてこない業者等は、無登録の闇金業者と思ってもほぼ間違いと言えます。

そのような業者は、最初は優しくお金を貸してくれますが、そもそもが法律などを無視した会社ですので、10日で1割などの法外な利息をむさぼり、利用者を地獄まで追い込んでいきますので、少額でも絶対に利用しない事が大切です。

関連記事をチェック!

トイチ(十一)の金貸しって危ないの?

マンガとかでトイチでお金を貸す、みたいな話が出たり、何かの折にトイチという言葉を耳にしたりということはあるかと思います。 なんとなくヤバイらしいと思っている人が多いと思いますが、今回はもしトイチ...

自分の返済能力を把握する事も大切!

尚、アコムを利用するうえで最後にお伝えしておきたい事があります。

それは、収入証明書を自分でも改めて確認し、自分の返済能力を見極める…という点です。

一般的に、月々の収入に対し余裕のある返済を行っていくには、借金の返済額を毎月の給料の35%程度までにおさえるのがベスト、と言われています。

ただ、この借金には住宅ローンやマイカーローンも含まれます。

住宅ローンがない場合は、家賃相当額を当てはめてもいいでしょう。

例えば、毎月の手取り収入が30万円の場合は、その35%となると、理想の借金返済額は毎月10万5千円までという事になります。

こうなると毎月の家賃や住宅ローンが8万円程度かかると仮定すると、カードローンの返済に充てられるのは「2万5千円」という事になります。

このように、毎月の給料から返済可能金額を算出してから、「いくら借りれるか?」という事を考えるのがポイントです。

くれぐれも、「返済能力を考えずに、限界までいくら借りれるか?」と考えるのは危険ですので、注意するようにしてください。

まとめ

今回は、アコムを利用するにあたって必要となる収入証明書、特にその中でも一般的な「源泉徴収票」、に関する情報をお届けしました。

このような収入証明書については審査時に提出できないと審査が通らない事になりますし、アコムを利用中も定期的に提出しないと、新規の借り入れが出来なくなったり、限度額が減らされる可能性も出てきます。

源泉徴収票は基本的に毎年会社から発行されるはずですので、発行されたらきちんと保管し、いざという時に使えるようにしておく事がポイントと言えます。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談