アコムの審査は免許証だけで大丈夫

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンを申し込む時って、煩わしい書類の提出は避けたいものですよね?

できることなら、「運転免許証1枚で申し込めるカードローンがあるなら…」という思いは、皆さん共通の考えだと思います。

そこで今回は、アコムの場合を例に、運転免許証だけで審査通過は可能なのか?いくつかの条件を含め解説していきたいと思います。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • アコムの審査を免許証だけで受けたいと考えている人
  • アコムに申告している情報が変更になった場合の手続きが知りたい人

アコムは免許証だけで借りられる!

結論からお伝えしておくと、アコムに新規申し込みを行う場合は免許証の提出だけで簡単に審査が受けられる可能性があります。

融資をお急ぎの場合は非常にありがたいですが、注意しておかなければならないのは、申し込み者全員が免許証の提出だけでOKとなるわけではないということです。

免許証の提出だけで借りられる条件を、しっかり把握しておきましょう。

免許証だけで借りる条件

アコムでは運転免許証を本人確認書類として利用できますが、免許証だけで借りるには以下の条件を満たしている必要があります。

  • アコムの借り入れ限度額が50万円以下の場合
  • アコムの借り入れ限度額と、他社借り入れ額が100万円以下の場合

他社借り入れがない場合は、アコムの借り入れ限度額だけで判断できるので簡単ですが、他社借り入れがある場合はそちらも考慮しなければならないことには、注意しておきましょう。

借り入れ額によっては収入証明書も必要

次に以下の条件に当てはまる場合は、運転免許証等の本人確認書類意外に、収入証明書を用意する必要があります。

  • アコムの借り入れ限度額が50万円を超える場合
  • アコムの借り入れ限度額と、他社借り入れ額が100万円を超える場合
  • その他審査上でアコムが必要とみなした場合

なお、収入証明書として認められているのは、以下の書類です。

  • 源泉徴収票
    (本名や勤務先名、年収がきちんと記載されていること)
  • 直近2カ月の給与明細書
    (本名や勤務先名、2ヶ月分の月収がきちんと記載されている事こと)
  • 確定申告の写し、青色申告書、収支内訳書の写し
  • 納市民税、県民税額決定通知書
  • 所得証明書

なお、本人確認書類と収入証明書両方について言えることですが、常に「最新の書類を用意する」ということが重要になります。

たとえば源泉徴収票であれば、昨年度の書類が必要となります。

もし古い書類を提出したとしても、アコムから再提出を求められますので、覚えておくようにしましょう。

運転免許証の提出方法

運転免許証などの「本人確認書類」を提出する方法について、確認していきましょう。

ちなみに、収入証明書を提出する方法もこれと同じです。

WEBから提出する方法

一つ目は、アプリやパソコンから提出する方法です。

具体的には免許証などをスマホカメラで撮影し、写真データとしてアップロードする方法です。

ただ、ここで注意しないといけないのは「手振れ」と「光の写り込み」です。

細かい文字などが鮮明に写っていないと、再度提出をする必要が出てきますので、注意したいところです。

また、部屋の中で撮影した場合、蛍光灯が写り込んで顔が白く光る事があります。

アコムでWEBから申し込む場合などは、対面でのチェックが行われませんので、免許証やパスポートなどの鮮明な顔写真がとても重要になります。

とにかく写真だけは丁寧に撮影するようにしましょう。

自動契約機で提出する方法

二つ目は、自動契約機で契約した場合の方法です。

この場合、申し込み途中に画面の指示に従い、運転免許証などをスキャナのガラス上に置いて提出を行います。

※運転免許証は裏表スキャンします。

郵送やFAX、店頭での提出

最後は郵送やFAX、そしてアコムの店舗で提出する方法です。

この場合は、自分でコピーをとって提出をすることになるのですが、先ほどの写真での提出の際と同じく、鮮明に文字がわかるように提出することがポイントとなります。

運転免許証の住所に注意!?

ここまでがアコムで必要となる書類と、その提出の流れです。

しかし、簡単そうに見えるこの提出の際にも、注意していただきたい点が一つだけあります。

それは、免許証に記載されている住所です。

たとえば、引っ越しなどをした直後で、申し込み申請内容には現在の住所を入力しているが、運転免許証には旧住所が記載されている…といった場合は注意が必要です。

この場合、現在の住所が正しいということを証明するために、住民票や公共料金の領収書などの現住所が記載された書類を提出しなければなりません。

また、結婚などで姓が変わっている場合も、面倒なことになりかねませんので、できれば免許証の変更手続きをしてから申し込まれることをおすすめします。

免許証以外で借りるには

アコムのカードローンを申し込む際に全員必要となるのが、本人確認書類です。

主な本人確認書類としては、先ほどからお伝えしているように、運転免許証やパスポートなどの「顔写真付きの書類」が挙げられます。

なぜ顔写真付きの書類が求められるかというと、最近はWEBでの申し込み手続きがメインとなり、対面で顔を確認しながらの手続きができないためです。

また、これらの書類が用意できない場合は、住民票・公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)(※携帯電話の領収書は不可)や、納税証明書を用意する必要があります。

関連記事をチェック!

498view

アコムの必要書類を徹底解説!身分証明書は住民票,パスポートで契約できる?

アコムなどの消費者金融や銀行のカードローンに申し込むときは、かならず本人確認書類を提出しなくてはなりません。 一般的に本人確認書類と言えば“運転免許証”や“パスポート”ですが、誰しもが持っているわけ...

免許証がある人は免許証の提出が必須

アコムのホームページには、本人確認書類について「運転免許証(交付を受けていないお客さまは、顔写真のついた個人番号カードやパスポート等)をご用意ください」と記載されています。

これを見ると、運転免許証の交付を受けている人は必ず運転免許証を提出しなければならない、というような印象を受けますね。

実際のところ、運転免許証を持っているのに別の書類を本人確認書類として提出するとどうなるかは分かりません。

ただ、安全のために運転免許証を持っているのであれば、素直に運転免許証を提出しておくのがよさそうです。

名前や住所が変更になったら?

以上はアコムの申し込みの際の諸注意なのですが、アコムのカードローンを契約した後でも、住所や名前が変わることもあると思います。

では、そんな時にはどのようにすればいいのか、大事なポイントをいくつかお伝えします。

名前や住所が変わったら速やかに報告が必要

アコムのカードローンを申し込む際には、名前・住所・電話番号・勤務先など、いくつかの情報を届け出ることになりますが、それらの情報のどれが変わったとしても迅速にアコムに申し出ることが大切です。

アコムとしては、万一の時に本人に連絡がつかなくなることを最も嫌いますので、特に電話番号や勤務先が変わった時にはすぐにアコムへ連絡するようにしましょう。

なお、これらの変更手続きに関しては、すべてアコムの会員ページから行うことが可能です。(参考:アコムの会員ページ 登録情報の変更の画面)

変更を連絡しなかった場合のリスク

では、本人情報などに変更があったにもかかわらず、速やかに変更を届けなかった場合は、どんなことになるのでしょうか?

最も避けないといけないのは、住所や電話番号が変わった場合です。

ちなみにアコムの会員規約には次のような記載があります。

アコム会員規約 抜粋

第13条(期限の利益の喪失)

会員が次のいずれかに該当する場合には、当社からの通知、催告がなくても当然に当社に対する債務について期限の利益を失い、残債務全額をただちに支払うものとします。

「住所、勤務先変更の届出を怠るなど、会員の責めに帰すべき事由によって当社に会員の所在が不明となったとき。」

以上のことから、最悪のケースとしては、登録情報の届け出を怠っただけで、カードが強制解約になる可能性もあるということになります。

関連記事をチェック!

722view

住所変更は消費者金融に届け出る必要がある?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 消費者金融各社の住所変更手続きは簡単 現在、消費者金融に借入れがある状態で、引っ越しはしたもの...

アコムへの申請書類を偽造したら?


最後に、これら証明書類の「偽造」についても少し触れておきたいと思います。

アコムへ必要書類を提出する際、運転免許証やパスポート、そして収入証明書などはすべて原紙ではなくコピーや写真の画像を送ることになります。

したがって、ついつい「偽造してもバレないのでは?」という邪念を抱く人も居るかもしれません。

しかし、アコムの審査担当者は審査のプロですから、そのような偽造はすぐに見破ってしまいます。

それを証拠に、過去にもこれらの証明書を偽造して融資を受けようとした人は、たくさん逮捕されています。

また、自動契約機で偽造書類などを提出するような人は、あきらかに言動が挙動不審になり、見る人が見ればすぐにわかってしまう…という情報もあります。

万一偽造した書類で融資を引き出せたとしても、自動契約機での画像・WEB申し込みのPCログ、そして本人確認の際の携帯電話の番号などのデータから、必ず検挙されてしまうでしょう。

くれぐれも、安易な考えで偽造などはしないようにしましょう。

なお、これはアコムだけに限らずすべてのカードローン審査に当てはまることですので、他のところに申し込む場合も同様ですよ。

関連記事をチェック!

2051view

偽造免許証でキャッシングはできる?

何度消費者金融に申し込んでも審査に落ちてしまうと、偽造免許証で別人になりすますことはできないか、といけない発想が浮かんできてしまいます。 本人確認の運転免許証は画像をアップロードすればいいとか、無人...

アコムへの提出書類に関するQ&A

では最後に、アコムへの提出書類についてよくある質問に、Q&A形式でまとめてお答えしていきましょう。

①アコムは学生証や保険証で借りれる?

A.学生証では借りられませんし保険証でも単独では無理です

アコムでは学生証は本人確認書類として認められませんし、保険証も顔写真がない本人確認書類なので、単体では利用できません。

保険証を利用する場合は、住民票や公共料金の領収書納税証明書などを、一緒に提出する必要があります。

複数の書類を提出しなければならないとなると、その分だけ手間が増すので、原則として顔写真付きの本人確認書類を利用するようにしたいですね。

②免許証をなくした!他人がなりすましてアコムで借り入れするのは可能?

A.理論上可能かもしれませんが、実際はほぼ不可能です

アコムでは、本人確認書類の提出や在籍確認などで、しっかりと本人確認を行います。

それらをすべてうまくごまかし切れるのであれば、紛失した免許証を利用して他人がなりすましでお金を借りられる可能性はありますが、実際のところは無理でしょう。

そもそも免許証をなくしたことを、被害届として警察に届け出ておけば、その運転免許証を用いて借り入れを行おうとしている人は、捕まってしまうことになります。

自分の身を守るためにも、免許証をなくした場合は速やかに届け出るようにしましょう。

③在籍確認を回避したい!どんな書類を提出すればOK?

A.給与明細書や社員証などの在籍が確認できる書類を提出しましょう

電話での在籍確認を書類提出で代替するためには、「申告した通りの会社に在籍していることの証明となる書類」を提出する必要があります。

給与明細書や社員証の提出を求められることが多いですが、具体的な書類に関してはアコムから指示がありますので、それに従えばOKでしょう。

なお、電話での在籍確認を書類提出に代えられるかどうかは、アコムの判断次第です。

属性等があまり良くない場合は、電話での在籍確認をクリアすることが審査通過の必須条件となる可能性もあるので、そのときは諦めるしかありません。

④アコムの増額審査に必要な書類は?

A.基本的には初回申し込み時と変わりません

増額審査で必要な書類も、基本的には初回申し込み時と同じで「本人確認書類」と「収入証明書類」です(増額を希望する金額が50万円以下の場合は収入証明書類は必要ありません)。

特に、利用者の勤務先が初回申し込み時と変わっている場合は、在籍確認も行われることになります。

増額審査とは言え、初回申し込み時の審査と同じようなものだと思っておくといいでしょう。

⑤無人契約機でも免許証だけで即日融資可能?

A.可能です

無人契約機には書類をスキャンできる機械がありますので、免許証さえあればその場で申し込み~契約までの手続きを完了させて、即日融資を受けられるようになっています。

ローンカードや契約書もその場で受け取れるようになっているので、非常に便利ですね。

収入証明書類の提出が必要なかたは、免許証と一緒に収入証明書類を持っていくことを、忘れないようにしましょう。

まとめ

今回は、アコムのカードローンを申し込む際に必要な書類について…、特に運転免許証などを提出する際の諸注意についての記事でしたが、参考になりましたでしょうか?

アコムを含めカードローンを申し込む際には、審査は通るのか…?家族にバレないのか…?などなど、不安な点がいくつもあると思います。

したがって、せめてこのような必要書類については、事前の情報や注意点を整理しておき少しでも不安要素を減らした状態で、申し込み当日は不備なく慌てずに提出ができるよう心掛けたいものですね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談