「創業資金」の記事一覧

元銀行員が教える!銀行融資に失敗しない経歴書の記入方法

銀行から初めてお金を借りようとする場合、銀行は自社や自分のことを何も知らない状態ですので、まずは当方のことを知ってもらう必要があります。 事業実績が何もない状態で自社や自分のことを知ってもらうためには、まず経歴書という書・・・

信用保証協会による創業融資に申込みをするときのポイントとは?

企業や事業を立ち上げる計画をしている若しくは、立ち上げて間もない場合には、まだ信用能力を築けていないため、融資を受けることが難しいです。 しかし、信用保証協会の創業融資であれば、新規事業を創業したてでも審査に通る可能性が・・・

開業資金の借り入れなら日本政策金融公庫?融資を受けられる限度額は?

銀行の融資審査は、開業したて、もしくは開業まじかの会社に厳しいのが実情です。 ただし日本政策金融公庫の開業資金融資であれば、敷居は高くありません。 会社に実績がなくても審査をしてくれますし、実際に開業前、開業後の個人事業・・・

銀行融資と定款の関係性

銀行から融資を受けることができるかどうかに定款の内容が影響する場合があるということをご存知でしょうか? 定款とは会社の基本的なルールを定めたものですが、あまりにも正直に書きすぎると融資を受けることができなくなることもあり・・・

ボランティアするために資金調達する7つの方法

任意のボランティア団体や有志でNPO法人を立ち上げるために資金調達したい。 もしくは海外でボランティア活動するために資金調達したい。 そんな方たちのための記事になります。 始めに任意のボランティア団体やNPO法人のための・・・

銀行融資に見せ金は有効?自己資金はいくら必要?

自己資本金は会社にとって返す必要のないお金のことで、多いほど借入の審査が有利になります。 なお借入を有利にするためにお金をかき集めて、いわゆる「見せ金」として資本金を多く見せようとする経営者もいるようです。 この「見せ金・・・

銀行で融資?預貯金がないときに資金調達をする方法

銀行から融資を受けることは、便宜上を考えると必要なこともあります。 事業性では開業の準備や、マイホーム、マイカーを買うために融資を受けることがあります。 将来的に融資を受けるとすると、預貯金があると何かと融通が利ききます・・・

借金があっても銀行から融資を引き出す為の3つの秘策とは?

起業するときにはまとまった資金が必要になります。 また、事業拡大のためには、設備資金も重要な要素です。 自己資金では足りない場合に、銀行から融資を受ける企業も多いです。 しかし、もともと借金がある企業は、融資を受けられる・・・

創業時に銀行から1000万,2000万円の融資を受けることは可能?

新たに事業を始める際には何かとお金が必要になるものです。 例えば飲食店を創業するのであれば設備投資や店舗の保証料などで500万円〜1000万円程度のお金が最低でも必要になります。 また、開業から半年〜1年間の運転資金を手・・・

銀行の開業融資は審査が厳しい!じゃあどうすればいいの?

開業するのに資金が必要です。 それでは開業のための資金はどこで借りればいいの?やっぱり銀行? そう思われる方は少なくないです。 確かに資金融資となれば真っ先に思い浮かぶのが銀行でしょうが、こと開業資金に限定すれば銀行は狭・・・

起業時に資金0円!自己資金なしでも創業資金融資は借入可能!

「自己資金がないと融資が受けられない」と耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?確かに自己資金があったほうが融資審査は有利になりますが、必ずしも自己資金がないと融資を受けることができないわけではありません。 自己・・・

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談