「事業性融資」の記事一覧(2 / 3Page)

バーチャルオフィスだと銀行からの融資は不利になる?

ベンチャー企業やフリーランスなど、「起業をしたものの事務所を借りるのは、コスパが悪すぎる」といった場合に、便利なのがバーチャルオフィスです。 しかし実際に事務所を構えている訳ではありませんので、銀行で融資の申込みをした場・・・

「社債」「融資」「増資」の違いって何?それぞれのメリットを徹底解説!

「社債」「融資」「増資」は良く聞く言葉ですが、いずれも企業の資金調達方法です。 また、それらの違いを良く分からず、銀行融資だけを利用している経営者も多いようです。 ただし、最適な資金調達方法は、会社の内容によって異なりま・・・

ファクタリングをするには免許が必要?貸金業者に該当する?

ファクタリング業を行いたい人が考えることは、ファクタリングが貸金業になるかどうかでしょう。 また、ファクタリングは融資ではないことを知っている人は、貸金業などの登録は必要ないと考えているのではないでしょうか。 そこで今回・・・

会社が倒産した場合には借入金はどうなる?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 法律上は会社と個人は別もの 借入と会社の倒産について調べていると、倒産した際に残っている借入金は会社の代表者や役員はそれを弁済しなければならな・・・

銀行融資に見せ金は有効?自己資金はいくら必要?

自己資本金は会社にとって返す必要のないお金のことで、多いほど借入の審査が有利になります。 なお借入を有利にするためにお金をかき集めて、いわゆる「見せ金」として資本金を多く見せようとする経営者もいるようです。 この「見せ金・・・

役員借入金を資本金に振り返るとはどういうこと?

中小企業の決算書の中には、役員借入金という負債があることは珍しくありません。 中小企業は、会社の経営が苦しいときには役員の個人資産を会社に貸し付けて、なんとか会社を回していくということもよくあります。 しかし、この借金を・・・

銀行から融資を追加で受けたいときはどうすればいいの?

銀行から融資を受けて新規事業を始めるとき、しっかりとした事業計画を立てたことでしょう。 しかし、計画した通りに事業がすすまないこともあります。 理由はどうであっても資金がなくなると、事業を続けることはできません。 まだ返・・・

小規模企業共済加入で中小企業基盤整備機構から借入

小規模企業共済とは、国の機関である中小機構が運営する小規模企業の経営者や役員や個人事業主のための積立による退職金制度です。 積立の掛け金は全額所得控除できるため所得が少なくなる分、利益が大きく出るので節税の方法を検討して・・・

借入金とリースの違い【固定資産の購入はどちらがお得?】

車やコピー機など会社運営のためには、様々な固定資産を保有する必要があります。 その際に悩むのが、「銀行から借入で購入するか」、「リースにするか」ということではないでしょうか? 何となくリースをすすめられて、リースを選択し・・・

一般社団法人は銀行からお金を借りること可能?

営利を目的としない一般社団法人でも設立の際には、事務所の費用や備品の費用などで様々な支出が必要になることがあります。 営利を目的とせず、会員の善意で成り立っている一般社団法人ですが、銀行から借入をすることはできないのでし・・・

中小企業の借入金利相場と金利を下げる方法

大企業と比べると中小企業は借入を受けにくく、高い金利で借りるしかないという現状があります。 中小企業が借入する際に適用されている金利の相場や、低金利で借りるための方法を紹介していきます。 執筆者の情報 名前:馬沢結愛(3・・・

資本金と借入金の違いを徹底解説

会社にお金が足りないときというのは、どのような会社でも1度はあるものです。 そのような時には、自分の個人資産や知人のお金で工面するということも少なくないのではないでしょうか? 経営者自身や第3者から会社が金銭的な支援を受・・・

銀行融資の返済が遅れたらどうなる?企業が資金繰りに困ったときのまとめ

お金を借りた場合は、当然ですが返済の義務があります。 しかし、資金繰りが大変でお金が手元になく、返済ができない場合はどうなってしまうのでしょうか。 会社はもちろんのこと、自分の家族や社員の今後がどうなってしまうのか不安に・・・

ファクタリング方式とは?利用方法や仕組みを徹底解説!

ファクタリングは、売掛債権を現金化することで、会社の資金ショートを防ぐことができます。 そのため、今や銀行融資と併せて経営者が知っておきたい資金調達方法といえるでしょう。 しかし、その詳しい仕組みを知らない人も多いようで・・・

銀行融資は相見積もりを取るべきか?融資を受ける前にしっかり調査

企業の資金調達源のほとんどが銀行からの融資です。 しかし銀行融資には金利が設定されており、ただ融資を受けるだけでは損をすることになります。 そこで相対見積もりを取ることが重要となりますが、相見積もりを取ることが経営にどの・・・

銀行で融資?預貯金がないときに資金調達をする方法

銀行から融資を受けることは、便宜上を考えると必要なこともあります。 事業性では開業の準備や、マイホーム、マイカーを買うために融資を受けることがあります。 将来的に融資を受けるとすると、預貯金があると何かと融通が利ききます・・・

借金があっても銀行から融資を引き出す為の3つの秘策とは?

起業するときにはまとまった資金が必要になります。 また、事業拡大のためには、設備資金も重要な要素です。 自己資金では足りない場合に、銀行から融資を受ける企業も多いです。 しかし、もともと借金がある企業は、融資を受けられる・・・

創業時に銀行から1000万,2000万円の融資を受けることは可能?

新たに事業を始める際には何かとお金が必要になるものです。 例えば飲食店を創業するのであれば設備投資や店舗の保証料などで500万円〜1000万円程度のお金が最低でも必要になります。 また、開業から半年〜1年間の運転資金を手・・・

グループ内での借入にも金利設定は必要なのか

グループ経営を行っていくと、どうしても資金的に余裕のある会社とそうでない会社が出てきます。 外部から借入を行うこともありますが、金銭に余裕のある場合は、ほとんどがグループ内の資金で補うことでしょう。 その場合は金利設定を・・・

建設業の融資審査はここが見られる!ポイントを徹底解説

建設業は他業種に比べてより多くの運転資金が必要といわれています。それは、多額の外注費や材料仕入れが必要であり、売上げも掛け売りが多いからです。 しかしながら、建設業に対する融資の審査は厳しく見られるのが現状です。今回は建・・・

民商の融資とはどんな融資?

民商とは民主商工会の略で、中小企業は個人事業主が全国役20万人が加入する中小規模の商工業事業所の集まりで、全国の自治体に設置されています。 日本全国の民商が集まって全国商工団体連合会(全商連)が組織されています。 「ご融・・・

信用金庫が行う法人融資の審査基準は数字より内面

融資審査を行なう際、決算内容は融資可否の大きな判断材料となります。 しかし、信用金庫は数字以上に顧客の内面に目を向けて審査を行ないます。様々な審査項目の中で、信用金庫は何を重視して審査するのでしょうか。 執筆者の情報 名・・・

二重融資とはなに?銀行にバレたらどうなるの?

二重融資という言葉をご存知でしょうか? 二重融資とは同じ資金使途で複数の金融機関からお金を借りることです。 二重融資が銀行にばれてしまったら貸しているお金を返してくれという話になることもあります。 二重融資は何が問題なの・・・

信用保証協会の審査期間はどのくらい

法人や個人事業主が商売のためのお金を銀行から借りる際には、信用保証協会の保証を付けるのが一般的です。 信用保証協会も保証をしてもよい企業かどうかの審査を行うため、銀行の審査とは別に保証協会の審査もあります。 「急いでお金・・・

法人融資やビジネスローンで審査が甘いのは?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 ビジネスローンは通りやすい 法人の経営者や個人事業主の多くが悩みを抱えているのが資金調達です。 この資金調達がきちんとできなければ事業をうまく・・・

借入金の返済の仕訳。なぜ損益計算書に計上されないのか?

借入金を返済すると、当たり前ですがその分現金が会社から流出していきます。 「毎月、借金の返済が大変」と資金繰りに苦労している経営者も多いのではないでしょうか? そのような人が素朴に疑問に思うことは「借入金の返済は費用では・・・

有利子負債は善か悪か

有利子負債とは、簡単に言えば借金です。 会社経営に当たって、借金は少ないに越したことはありません。 すべて自己資金で賄うのが最も健全ですが、それでは会社は成長できません。 設備投資等により業務拡大を行うため、借入によって・・・

借入金の契約、コミットメントラインとは?

コミットメントラインという言葉をご存知でしょうか? 銀行から資金調達を検討する際には「お金を借りることができるのかな?」とか、「いくらくらいまで融資を受けることができるの?」と心配に思う人も少なくありません。 銀行とコミ・・・

借入金の時価を算定する割引率とは?

借入金の時価という概念をご存知でしょうか? 今借りているお金には将来支払う利息が発生するため、今の借入金の時価は、現在の簿価(借入金残高)とは異なるという考え方です。 この際に、所定の割引率で、現在の価値に引き直した借入・・・

借入金の返済原資とは

借入金を返済していくためのお金があるかどうかを知るための重要な指標として、返済原資という考えがあります。 「自分の会社はいくらまで借りることができるのだろう?」と疑問に思う経営者の方も多いのではないでしょうか? それは返・・・

財務キャッシュフローとは?

企業の現金の流れがプラスなのかマイナスなのかを示すのがキャッシュフロー計算書です。 会社の決算が赤字となっても、現金が足りずに倒産となってしまう黒字倒産がバブル崩壊時に相次ぎました。 また、現在も倒産件数のうち約半分が黒・・・

内部留保から経営者が借入金を行うことは着服か?

会社の利益の分の貯蓄である内部留保が昨今なにかと話題です。 「企業が内部留保をため込んでおり、設備投資に回らないから日本が不景気だ」などとよく耳にする事例です。 これだけ企業にお金があるのですから、内部留保を個人の目的に・・・

商工ローンとは事業向けの貸金業者

商工ローンとは、銀行や信用金庫、日本政策金融公庫などの金融機関以外の消費者金融が事業者向けに行う融資の総称です。 商工ローンには、 銀行からお金を借りることができない事業者でも融資を受けることができる 融資までのスピード・・・

マル経融資条件と審査落ちしない方法を徹底解説

事業資金を借りたいと考えている社長さんは、マル経融資をご存知でしょうか? 事業資金は何も銀行からしか借りることができないわけではありません。 国の融資機関である日本政策金融公庫でも事業資金の融資を受けることができます。 ・・・

銀行がお金を貸してくれない本当の理由

「晴れた日に傘を売りつけ、雨が降るとその傘を取り上げる」。 これは銀行の融資姿勢を例えた表現で、一度は聞いたことあるかもしれません。 しかし銀行も株式会社であり、利益を上げるためにはしっかり返済してもらわねばなりませんか・・・

約束手形の現金化!割引手形とは【不渡りのリスクをわかりやすく解説】

割引手形とは、受取手形を期日前に銀行で現金化することで、資金繰りを安定させるために用いる「借入」です。 昔からある借入方法であり、早期に資金化できるというメリットがある一方、デメリットも幾つかあります。 そこで、手形割引・・・

独立行政法人も民間から借入している?

独立行政法人というのは、公共性の高い事業を行う、法律に基づいて設立された法人です。 独立行政法人も、一般の企業と同様に、実は民間から資金を借入して事業を行っています。 独立行政法人が行う借入についてご紹介いたします。 執・・・

最近テレビで聞くことのあるCPってどんな借入?

テレビでどこかの企業がCPを発行して、借入するという話題を聞かれたことはありませんか。 中小企業や、個人事業主の方の借入には、CPなんて関係ないと思っているかも知れませんが、実は、CPというのは遠いようで、意外と身近なも・・・

借入金の基本?長期・短期プライムレートを覚えて変動金利の仕組みを知ろう

企業は経営をするために、事業を円滑のための資金を確保する必要があります。 そこで、金融機関から借り入れをすることもあります。 そして、返済のときに重要なのが金利です。 金利が変わってしまうと、返済額にも影響があるため注意・・・

借入金は返済期間で変わる?固定負債と流動負債でわかる経営状況

決算が近づくにつれて、貸借対照表の作成を考えると気が重くなってしまいま。 しかし、貸借対照表は経営状況を把握する上でもとても重要で、金融機関からお金を借りるためには、しっかりと経営状態を把握しておく必要があります。 借入・・・

役員借入金を付け替えして様々な問題に準備をしておこう!役員貸付金との違い

会社にとって、役員借入金は返済する必要がありません。 ただし、多額の役員役員借入金を残しておくことと経営上は好ましくありません。 それは、役員借入金が増えることで銀行融資や税金面に影響するからです。 そこで、その理由と対・・・

売上と借入比率から適正な融資額を計算する方法

銀行融資は会社の資金繰りを、安定させる便利なものです。 したがって、経営者は自分の会社がいくらまで借入できるか、知っておかなければいけないでしょう。 ただし銀行は、会社の売上げや借入規模といった様々な指標によって、融資額・・・

少人数私募債で資金調達!借入金と社債の違いを覚えよう!

会社は社債を発行することで、資金調達することができます。 ただし、社債を引き受けてもらうには大企業並みの信用が必要だと考えられます。 そこで検討したいのが、中小企業でも利用しやすい少人数私募債です。 経営者は、これから話・・・

CMSの考えを利用して借入金の圧縮をしよう

キャッシュマネジメントシステム(CMS)は、関連会社の資金管理をまとめるシステムです。 これにより、会社はコスト削減や借入金の圧縮をすることができます。 このCMSを導入することで、大企業グループだけでなく、関連会社を持・・・

借入金の税務調査ポイントは?赤字でも税務署に疑われる?

税務調査はもうかっている黒字の大企業だけでなく、赤字の中小企業にも入る可能性があります。 それは、ほとんどの中小企業の問題として、経理がどんぶり勘定となっている可能性があるからです。 そこで、中小企業が税務調査で指摘を受・・・

借入金と法人税の関係は?返済をしても税金は減らない?

借入金の返済は経費になりませんが、会社のお金が減るため経費になると勘違いする経営者もいます。 しかし経営者がこのような勘違いをすると、正確な黒字や法人税を把握できなくなりますので注意をしましょう。 そこで借入の返済が経費・・・

低金利で事業資金借入!信金、銀行、公庫の違い【個人事業主の融資制度】

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 信用金庫、銀行、公庫は金融商品を取り扱う金融機関という点では共通していますが、組織形態という点では大きく異なります。 信用金庫は地域に密着した・・・

累積赤字と社長借入金|銀行融資との関係は?相続税対策は?

中小企業で赤字が続いている会社は、社長借入金が多額になっている傾向があります。 ただし、この状態は銀行融資が不利になったり、また社長に相続税が発生したりする可能性があり好ましくありません。 節税目的で安易に赤字経営をする・・・

短期借入金と1年以内返済長期借入金の違いとは

会社の長期借入金は、原則として固定負債となります。 ただし、ワインイヤールールにより1年以内に返済する長期借入金は、短期借入金と同じ流動負債にしなければなりません。 この仕組みをあやふやにしておくと会社の財務状況を把握で・・・

ワンイヤールールの借入金には社長借入金は入らない

会社が社長から借入した役員借入金は、ワンイヤールールによって固定負債となる可能性があります。 しかし、多額の役員借入金をいつまでも固定負債に残しておくことは、社長になにかあったときには相続税がかかりますので好ましくありま・・・

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事