「借入金」の記事一覧(2 / 2ページ)

ワンイヤールールの借入金には社長借入金は入らない

会社が社長から借入した役員借入金は、ワンイヤールールによって固定負債となる可能性があります。 しかし、多額の役員借入金をいつまでも固定負債に残しておくことは、社長になにかあったときには相続税がかかりますので好ましくありま・・・

法人成りで借入金を引き継ぐときの議事録の書き方は?

個人事業主として始めた事業を節税や事業拡大のために、法人の設立をすることがありますが、これを法人成りといいます。 そして、経営者は法人成りをするときに、「現状の借入金はどうするか」「議事録をどう書くの?」など疑問に思うこ・・・

法人を解散したときの借入金はどうなるの?

企業は後継者がいなかったり、経営悪化で今後の見通しが立たなかったりする場合は、法人を解散させることも考えます。 法人解散時の清算方法を一歩間違えると経営者が借入金の一括返済を求められたり、多額の税金を払うことになったりし・・・

分社化するときに借入金をした方がいいの?

会社を分割して経営するのは、中小企業には関係ないと思っている経営者も多いようです。 しかし、事業が多少なりとも増えてくると、分社化するメリットも出てきます。 会社分割はうまくすることで節税や、社員の覇気につながり、経営再・・・

借入金なしの無借金経営は良いことなのか?ベンチャーが融資を受けるには

経営者の中には、「無借金経営こそ重要だ!」と考えている人がいるのではないでしょうか。 借入金と聞くとマイナスのイメージが強いですが、企業にとって無借金経営は本当に良いことなのでしょうか。 そこで、無借金経営をすることにつ・・・

返済能力で借入金が決まる!金額の目安の決め方

銀行の企業への融資審査では、3期分の決算書が重点的に確認されています。決算書は下記の3つによって構成され、企業が決めた決算日までの1年間の売上や利益を確認することができます。 損益計算書 貸借対照表 キャッシュフロー計算・・・

借入金における貸借対照表の読み方

企業の資産と負債の状況をすべて記した貸借対照表ですが、借入金とは何を示すのかご存じない人も少なくありません。 借入金とは負債です。 また、よくある勘違いが、借入金の返済は費用だと思っている人が多くいます。 貸借対照表に計・・・

プロパー融資の金利相場は?

銀行融資を受ける場合、一番重要となってくるのが貸出金利です。 事業資金ともなれば高額借り入れとなるケースも多々あるため、できるだけ低金利で融資を受けたいと考えるのは当然のことでしょう。 現在、中小企業が銀行融資を受ける場・・・

役員退職金を借入金で支払うことは可能?

会社経営者や役員が退職する際に、高額な退職金が支払われることがあります。 大手企業であるほど、その金額は一般人には到底縁のない金額かもしれません。 一方で、中小企業において役員退職金を出そうとしても、お金がなくて払えない・・・

会社から役員がお金を借りるメリット・デメリット

役員個人が会社からお金を借りることは、中小企業の中では少なくありません。 会社から役員個人への貸付金を「役員貸付金」と言います。 役員貸付金はうまく活用すれば、役員報酬で会社経営が圧迫されることを排除できたり、役員の所得・・・

銀行融資の面接で気をつけることは?面談時の服装にも注意

経営者が銀行で事業融資を受けるときは、必ず担当者との面談があります。 カードローンの申込がインターネットでできる時代に、なぜ面談が必要なのでしょうか。 事業融資は個人ローンとは違う側面をもっており、銀行でも様々な観点から・・・

法人が利用できる金貸し

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 金貸しとは 金貸しとは、個人や法人などにお金を貸し付けて貸したお金の元金と共に利息を返済してもらうことを事業としている人または業者のことをいい・・・

銀行融資の元金据置とは?返済をしないで損をする?

銀行融資を返済するときに、据置(すえおき)期間といって、元金の返済を一定期間止めておくことができます。 この据置には条件があり、もともと据置期間がある商品や、銀行との交渉で元金の返済を待ってもらうなど様々です。 この「据・・・

増資のメリット・デメリット~借入金振替についても解説~

「増資」と「借入」どちらもお金を調達することに変わりはありませんが、根本的な意味が異なります。なお、「増資」と「借入」はそれぞれにメリットと、デメリットがあります。 今回は、「増資」と「借入」の違いや、メリットとデメリッ・・・

会社設立時や設立1年目に銀行融資は利用できる?

会社を経営していく上できっても切れない存在が金融機関。 一部上場の大企業と呼ばれる会社をはじめとして、日本企業全体の90%を占める中小零細企業もどこかしらの金融機関から事業資金融資を受けているのが実情です。 そして、その・・・

なんで黒字なのに銀行融資に通らないの?

世間一般では黒字と聞けば儲かっていると思うのが普通です。 しかし、企業の財務状態を判断する金融の専門家にかかれば、必ずしも「黒字 = 儲かっている」という図式にはならないようです。 「なんで?」そう思われる方は多いことで・・・

銀行借入の実績とは?実績作りのメリットとポイント

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 銀行から借入する為の実績作りとは 銀行から借入するときに重要となるのが、借入したい銀行と取引をしているのかということですが、なぜその銀行と取引・・・

銀行借入で求められる債務保証とは

事業主の方にとって銀行からの借入はとても重要です。まだ、借入していなくても、事業の成長などに合せて、必要となることもあります。 その時に求められる債務保証は、知らないととても危険なのです。しっかりと理解しましょう。 執筆・・・

企業にとってバランスの良い借入~安全性を重視~

事業を行っている方にとって借入は非常に重要です。 たくさん借りられれば良いということではなく、それぞれの企業の状況に応じて「バランスの良い」借入を利用することが大切です。このバランスについてご説明いたしましょう。 執筆者・・・

運転資金を銀行融資で調達するには 運転資本(WC)、設備資金との違い

会社を経営していく上で必ず必要となってくるのが事業資金。 日本の企業数の約90%を占めると言われている中小企業に限って言えば、金融機関からの事業資金融資を受けずに経営を継続しているところはごく一部に限られていきます。 そ・・・

銀行融資を受けるための事業計画書!!

事業主の皆さん、事業計画書を作成されていますか。そんなの手間がかかって面倒臭い、どうせ作っても役に立たないとか、どう作って良いのか解らないなんて思っていませんか。 事業計画書は銀行から融資を受けるにはとても重要ですし、企・・・

銀行融資の実現にはプレゼンが大きくモノを言う

「銀行は中小企業や零細企業に冷たい・・・」 そう感じている経営者は少なくないでしょう。 「融資が通れば必ず収益は回復して、事業を立て直す自信はあるのに・・・」、「業績は順調で追加融資が通ればさらなる事業拡大ができるのに・・・・

銀行融資枠はどうやって決定する?事業資金と個人ローンの金額決定方法

法人や個人事業主が銀行から借入可能な金額というのは、実はあらかじめ個別に決められています。 事業者の決算状況などから判断して、この会社はいくらまで総額で融資に対応すると決められており、銀行もその空き枠に基づいて営業を行っ・・・

銀行融資で営業利益が重要視される理由

銀行が企業融資を検討する際、重要視するのが利益。 企業経営によって生み出されるこの利益が、融資した資金の返済原資となるわけですから、利益の上がっていない企業になど融資することはできません。 よって、銀行はどのくらいの利益・・・

銀行の借入金の返済期間は長いほうがよい?短いほうがよい?

銀行からお金を借りる際には、返済期間については任意で自分が好きな期間を設定することができます。 また、自社が借りる商品によっても返済期間は決められています。 借入金の返済期間はどのような基準で設定すべきでしょうか? 執筆・・・

銀行借入に減価償却は影響するの?

銀行融資を申込む際に気になってくるのが決算内容。 できるならば審査印象が良い黒字決算で審査に申し込みたいものです。 大幅な黒字ならば何も問題はありませんが、「あとチョッとで黒字なのに」というギリギリの決算になることは少な・・・

失敗しない銀行融資のタイミング

銀行からお金を借りようと思ったときに誰しも必ずお金を借りることができるわけではありません。 銀行から融資を受けられるかどうかは申込を行うタイミングも非常に重要です。 銀行から融資を受けやすいタイミング、受けにくいタイミン・・・

借入金で税金の節約ができる?借入金の有効活用方法を解説

「税金対策のために借金をする」というようなことを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? いったいなぜ借金が税金対策のなるのでしょう? 今回は税金と借金の関係についてご説明します。 執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(・・・

決算書の資産項目に貸付金!?これって問題ある?

借入申込を行う際には、銀行から決算書の提出を求められます。そのため、銀行員にネガティブな印象をもたれない決算書であることが望まれます。資産項目に「貸付金」が計上されている企業の方、要注意です。 執筆者の情報 名前: 芦田・・・

起業時に資金0円!自己資金なしでも創業資金融資は借入可能!

「自己資金がないと融資が受けられない」と耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?確かに自己資金があったほうが融資審査は有利になりますが、必ずしも自己資金がないと融資を受けることができないわけではありません。 自己・・・

法人の借入金限度額はいくらが目安なの?

企業経営者、経理財務のご担当者など、自社が借入できる限度額が、いくらなのかということを把握したいと思われている方は多いのではないでしょうか。 新たな事業を始めるにも、そして、今後の資金繰り計画を立てるにも、追加借入で調達・・・

赤字決算・債務超過でも銀行から融資を受ける方法

言うまでもなく、企業にとって銀行からの借り入れが出来るということはとても大切です。 どうしても取引先への交渉力が弱くなってしまう中小企業など、取引先からの回収サイトが長かったり、設備投資が必要になったりと、借入を安定的に・・・

個人ローンとは

金融機関から会社や団体などが、営業資金や運営資金として融資を受ける法人ローンの他に、個人が生活費や物品購入として融資を受ける個人ローンの2種類に大きく分けることができます。 今回は個人ローンとは何なのか、どういった種類が・・・

個人が銀行融資を受ける際の審査基準【元銀行員が語る】

銀行の融資を受けるためには、「厳しい」審査に通過しなければいけません。 銀行の審査と言えば「厳しい」ものと思っている人が多いでしょうが、実はポイントさえ押さえて生活を心掛けていれば、意外にすんなりとお金を借りられるでしょ・・・

法人借入・法人融資の基礎知識

法人を立ち上げたときには、まずお金を借りるための融資を受けなければ、すぐに資金が底をついてしまいます。 しかし、融資や借入は個人で受けたことがあったとしても、法人で行うのは初めてと言う人がほとんどでしょう。 そこで、法人・・・

適切な借入金は業界によって違う

執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(36歳) 職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当 自己資本比率と優良企業 会社はお金を借りるとき、銀行へ3期分の決算書を提出します。 その決算書から見ることができる自己資本比率は、銀行にとって・・・

借入金と貸付金の違いとは

会社の経営の中で、他社や個人へのお金の貸し借りが起こることがあります。 この際に、貸借対照表時に「貸付金」とか「借入金」などと表示されることがあります。 この貸付金と借入金の違いを簡単に解説します。 貸付金とは 貸付金と・・・

短期借入金と長期借入金の違いとは

金融機関からの借入は、大きく分けると下記の2つに分類できます。 短期借入金 長期借入金 会社経営に携わる人ならば、十分に理解していることでしょうが、個人の場合にはあまり意識することもなく、両者の違いすら理解していない人が・・・

借入金を削減したい

金融機関から借入しなくても事業展開していくことができる会社、またカードローンに頼ることなく十分生活していくことができる個人。これはひとつの理想形ですね。 毎月の返済日や資金を用意することなく収支-支出=預金という計算式が・・・

銀行取引約定書とは融資希望者と銀行間の約束

最近ではカードローンを事業資金として利用できる商品も出てきていますね。 無担保・無保証で融資取引ができるのは、大変便利なことです。しかし、どの銀行でも通用するわけではありません。 事業資金は銀行窓口に行って、担当者と相談・・・

借入依存度とは総資産の中で借入金の割合を示す指標

会社の財務状態や健全性を示す指標はたくさんありますが、銀行融資の審査の際によく使われる指標として「借入金依存度」という指標があります。 借入金依存度とはどのような指標なのでしょうか?また、自社が銀行で融資を受けやすくする・・・

貸し入れ金とは

友人や家族とお金の貸し借りをしたときでもほとんどの人は忘れないように、メモや記録を付けていると思います。 個人的な貸し借りですらそうなのですから、もし会社の資金を貸し入れした場合は、当然しっかり貸し入れ金について理解して・・・

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談