目標は100万円!?投資資金を確実に貯める方法

日本は投資に消極的…と言われていますが、最近ではNISAやidecoなど、個人で投資をして将来に備える方も増えてきました。

そこで、今回は一般的な投資に必要な資金はどれくらいなのか?また、その資金を貯めるテクニック等について、いくつかご紹介したいと思います。

株やFX…いくらから投資できる?

まず、一般的な「投資」と言われるものには、どれくらいの資金が必要なのか?いくつかの投資パターンに分けてご紹介したいと思います。

株の投資…と一言で言っても、いくつかの投資方法がありますので、それにより必要な資金も変わってきます。

例えば、投資信託等の場合なら、毎月3,000円程度から投資する事も可能ですし、銘柄を指定した場合には、その時の株価や最低取引株の単位により、必要な資金は変わります。

例えば、1株1万円の投資でも、最低取引単位が100株~となっている場合は、100万円の資金が必要という事になります。

関連記事をチェック!

お金がない人の投資は株より投資信託がオススメ!

金融資産をすべて銀行に預けていても、お金は増えません。 普通預金よりも金利が高い定期預金でも、メガバンクは軒並み年利0.01%(税引き前、普通預金は0.001%)、一般的に金利が高いとされている...

関連記事をチェック!

初心者もできる株式投資でのお金の増やし方

初心者でも、株式投資でお金を増やすことはできるのでしょうか? なんだか難しそうだし、リスクも高そうだし、多くの資金が要りそうだし・・・ということで、初心者はなかなか一歩踏み出すことができないもの...

初心者もできる株式投資でのお金の増やし方

FX

FXの場合も、取引の仕方によって、必要資金は異なってきます。

FXの場合は、レバレッジといって、証拠金を預けておけば、最高で証拠金の25倍までの取引を行う事が出来ます。

しかし、実際にはレバレッジを効かせれば効かせるほど、リスクも大きくなりますので、あまり少ない資金で最高のレバレッジを設定して取引するのはおすすめできません。

また、FXを取り扱う金融機関によっては、最少預け入れ金額が異なりますので、それによっても最低必要な投資金額は変わってきます。

関連記事をチェック!

株やFXの投資資金を融資でまかなう時の注意点

株やFXなどの投資をする際、投資の絶好のチャンスに「資金がなかった…」という残念な経験は、誰にでもあるものです。 目の前にIPO株に投資するチャンスがあったり、絶好のFXの投資タイミングに“お金...

株やFXの投資資金を融資でまかなう時の注意点

お金がないけどFXを始める方法

不動産

土地やマンションなどで投資を行う方法もあります。

さすがに、この場合は少なくとも1,000万円~1億程度の資金が必要になってきます。

しかし、最近では不動産担保ローンをうまく活用し、初期投資はできるだけ抑えて、毎月のローンで投資をする方も増えています。

ただ、ローンで不動産投資をする場合、自己資金ではなく借金で投資をする訳ですから、それなりのリスクも発生します。

参考までに頭金ゼロで不動産投資をした場合のリスクに関する記事を掲載しておきますので、参考になさって下さい。

◆東洋経済オンライン公式サイト:「頭金ゼロで不動産投資を始めた人が見る地獄」

少額貯金からの投資は成功するか?

では、できるだけ投資金額を抑え、一方で最大の利益を得るためには、どんな方法があるのか?いくつかみていきたいと思います。

ローリスクローリターン

結論から申し上げますが、短期間且つ少額投資で大きな利益を得る…という事は、ギャンブル以外で現実的ではありません。

したがって、投資金額が少ない場合には、10年…20年と長期で投資をする方法が最適と言えます。

そういう意味では、毎月1万円程度ではじめることが出来る投資信託や、外貨建ての保険商品、さらには個人年金などの商品が最適と言えます。

それらの金融商品は、特に投資の知識がなくても、お金のプロに運用を任せることができ、中には低金利ながらも元本保証の商品もありますので、是非こまめにチェックしてみてください。

お金がない!簡単にお金を増やす26の方法

ハイリスクな投資

一方で、先ほどご紹介したようなFX取引など、少額の投資で大きな利益を生むことは可能か?と聞かれれば、可能です。

しかし、そこには大きなリスクが発生する事も忘れてはいけません。

FX取引については、証拠金を入れてレバレッジを効かせて取引する場合と、取引に必要な資金を全て現金で用意する場合の2パターンがありますが、最大25倍のレバレッジを効かせて取引した場合、損が出た場合は一瞬にして証拠金が相殺されてしまうくらいのリスクがあります。

例えば10万円の証拠金で25倍のレバレッジを設定し、1ドルを100円で購入した場合、250万円分の取引をする事が出来ますが、ドルが4円上下しただけで、10万円分利益が出る事もあれば、損をする場合もあります。

1日で4円乱高下する事はないかもしれませんが、最悪の場合は10万円の証拠金は一夜にしてなくなる事もあります。

お金がないサラリーマンが金をためるコツ

投資資金100万円を貯める為の近道

ここまでで、投資に必要な最低金額やそのリスクなどをお伝えしました。

たしかに毎月1万円程度から投資は可能ですが、やはり余裕をもった投資を行う為には、最低でも100万円程度は欲しいところです。

そこで、確実に100万円を貯金する方法についても、いくつかご紹介したいと思います。

最も確実なのは財形貯蓄

サラリーマンなどが最も確実に100万円を貯めるなら、財形貯蓄が最も堅実で早い方法です。

以前は、企業により一般の金融機関よりも高い金利で運用してくれる財形貯蓄もありましたが、最近の低金利施策で、そのような商品はなくなってきました。

それでも、財形貯蓄の場合は給与からの天引きで自動的に貯蓄できますし、一定期間解約が出来ないものもありますので、知らず知らずのうちに貯金をする事が可能です。

関連記事をチェック!

賢いお金の増やし方はすぐ足元にある

50万円元手があるので賢いお金の増やし方を探したいという人は、実行に移す前にいくつか考えておかなければいけないことがあります。 賢い方法のはずがとんでもないバカなやり方だったと後悔しないための心...

余裕資金はとにかく貯金

また、ボーナスや臨時収入分をとにかく貯蓄にまわす、という強い意思も重要です。

できるだけ早く100万円を貯蓄する為には、「ボーナスはあてにせず、全額貯蓄する」という事を決めたり、副業などをしてその収入分は全て貯蓄にまわす…という事を確実に実行する事が重要です。

特に副業については、会社で禁止しているところもありますが、毎月2万円~3万円程度なら日払いバイトなどで稼ぐ事も可能ですし、それを1年間続けてボーナスなどの貯蓄額を合算すれば、1年程度で100万円程度は貯蓄できます。

関連記事をチェック!

ばれない副業はこうして選ぶ【バレにくいオススメお仕事】

正社員の副業を禁止する職場は多いのですが、家計の足しにと副業を考える人も少なくありません。 でも、バレて本業の職を失ってしまったら、本末転倒ですよね。 まずどんな仕事を選ぶかが肝心です。次...

100万円を200万円にするには?

次に、そうやって貯めた自己資金の100万円を確実に倍にする方法についても、いくつかご紹介します。

特に、先ほど簡単にご紹介した外貨建て金融商品などについても、詳しくメリットやデメリットをご紹介したいと思います。

20年で運用するなら3.6%程度の利回りが必要

まず、100万円を金融商品に投資する場合、10年で倍にする為には「金利7.2%」、20年で倍にする為には「金利3.6%」、30年で倍にする為には「金利2.4%」で運用する事が必要になってきます。

しかし、最近の普通預金や円定期預金では、金利0.1%以下のところがほとんどですので、普通の預金をしていては、100万円を倍にする事は出来ません。

しかし、金利7%以上は別として、3%台の金融商品ならいくらでもあります。

代表的なのは、外貨建てMMFなどの金融商品です。

これらの外貨建ての商品では、例えば豪ドルで年利2.883%・南アフリカランドで年利4.244%などの金利が設定されている場合もあります。

それらの商品をうまく活用すれば、20年で100万円を倍にする事も夢ではありません。

しかし、このような外貨建ての商品は元本保証になっていないケースが殆どですし、為替リスクや手数料なども必要になってきます。

そういう意味では、利率が低かったとしても、できるだけ元本が保証されている商品を選ぶ事をおすすめします。

株投資で倍にするには?

100万円を倍にするのに、20年も待てないと言う場合には、株の投資がおすすめです。

しかし、先ほどの外貨建て商品と同じく、当然の事ながら株も元本保証ではありません。

したがって、もし株で短期間で利益を得たい…と言う場合は、新規上場を予定しているIPO株を狙うことをおすすめします。

参考までに、直近では“家計簿アプリ”で有名なマネーフォアードが上場し、初値を付けて売却した場合の利益は、投資額の1.9倍となっています。

ただしIPO株の場合は、幹事証券会社での抽選となっている為、誰もが購入できる訳でもありませんし、購入できる株単位も決まっていますので、1社単位ではそれほどの利益が出ない事もあります。

投資で使える最適なローンとは?

投資を続けていると、資金がない時に限って、急に確実に儲けることができるチャンスが到来したりする事もあります。

そこで、投資でも利用できるいくつかのローンについても、その内容や注意点をお伝えしておきたいと思います。

消費者金融カードローン

アコムやプロミス、モビットなどに代表される消費者金融カードローンは、基本的に事業資金以外は使途自由となっていますので、株やFXの投資に利用しても、何ら問題はありません。

これらのカードローンは、最短で即日融資が可能だったり、依頼日当日に振込みキャッシングが利用できるというメリットがありますので、急に銀行口座に決済資金を用意したりする場合には、とても頼りになるカードローンと言えます。

一方で、これらのローンは「上限金利が18%」と高い為、できるだけ短期間で返済する事が重要なポイントです。

即日借りられるカードローンは消費者金融

銀行カードローン

銀行のカードローンも使途は自由ですから、投資に利用しても問題はありません。

尚、銀行カードローンは金利が低いなどのメリットがある一方で、即日融資が出来なかったり、借り入れや返済の利便性という意味では、消費者金融よりも劣るなどのデメリットもあります。

安心して銀行カードローンを利用できるのはどこ?

証券担保ローン

既に株の投資をしていて、証券をある程度保有している場合は、それらを担保にローンを組むことも可能です。

ただし、あくまで証券を担保にしたローンですので、保有している株の「種類」「数」などによって、融資金額が決まってきます。

さらに証券会社が設定した借り入れ金額を越えた時点で、自動的に株が売られる仕組みになっていますので、借りすぎには注意したいところです。

まとめ

今回は、投資に必要な資金や、その資金を用意する方法などについて、ご紹介しましたが、参考になったでしょうか?

最近は、投資に関するニュースをネット記事でも見かける事が多くなってきました。

しかし、投資にはやはりある程度の知識が必要ですし、リスクも理解したうえで取り組むことが重要です。

この記事でお伝えした内容に加え、ネット上の知識や金融雑誌なども参考に、是非堅実に且つ積極的に投資をされる事をおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

関連する記事

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1pro-1 pro-1

銀行以上の低金利!

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能