法人の銀行融資

銀行は預金者から集めたお金を利用して、資金が必要な人たちへ融資をしています。このような形で社会にお金を流通させることで、経済の発展に寄与する役目を担っているのです。

また、銀行は貸したお金は回収されなければ、集めた預金を預金者に返すことができなくなります。簡単にいうと、銀行は借金をしてお金を集め、お金を貸していることになります。したがって、銀行は預金者の保護を、第一に考えなければいけません。

そして、その上で利益を上げてていくことを考えます。そのため、銀行融資は5原則にのっとって、取扱いをしています。その5つとは、安全性・収益性・公共性・成長性・流動性です。このことをしっかりと覚えておくと、審査に通過しやすくなるでしょう。

安全性はお金を貸してもしっかりと返済されるかで、収益性とはしっかりと利益の上がる利率でお金を貸すことができるかになります。

さらに、公共性は社会的に望ましいお金を使われ方がされているかになり、成長性はお金を貸した先がしっかりと成長できるかということになります。最後の流動性は銀行全体として預金と見合った融資期間となっているかのバランスを指します。

最低でもここまでのことを考えて、銀行では融資の審査をしていますので、融資を申し込みするときの駆け引きをするときにこの5原則を覚えておくといいでしょう。

借入金って何?

「借入金=借金」になります。個人でいえばカードローンや、住宅ローンが代表的なものです。個人事業者や企業でいえば「運転資金」や「設備資金」で、資金調達をするひとつの手段になります。

企業の借入金は「短期借入金」「長期借入金」と分類されて、ワンイヤールールや営業循環基準などにより分類されています。さらに、「役員借入金」という資本金同様に、見ることができる借入金もあります。

はじめにも話したとおり、「借入金=借金」になりますので、このことを簡単にいうと返済をしなければいけない財産と考えるといいでしょう。

借入金の基礎知識

借入金の分類は、お金の使用目的によって分けることができます。個人や個人事業者企業でも「運転資金」と、「設備資金」に区分けすることができます。個人でいうカードローンは、企業の運転資金になります。

また、個人でいう住宅ローンやマイカーローンは、設備資金となります。そのため、健全な借入金は、運転資金は短期借入金になり、設備資金は長期借入金となるでしょう。

個人でいうカードローンは生活費の一時的な補塡に利用するため、企業でいう運転資金に該当されます。そのため、短期でお金を借りることが望ましいのです。

この分類については、しっかりと押さえておくと、銀行に融資の相談をするときにスムーズな交渉ができるようになります。

銀行融資の基本

借入金について、ポイントを押さえたところで、銀行はどのようなポイントを重要視しているのか把握しているといいでしょう。ここまで話してきたことを、まとめて一言でいうと、お金を貸して返済が可能であるかが最も重要になります。

そして、お金を貸したことにより、相手がしっかりと次のステップに行くことができるかということです。この2点を踏まえて、融資の申し込みに望むと無理な借入金もなくなることでしょう。

銀行融資の審査

銀行の審査では、貸したお金がしっかりと返済がされるか、ということをひとつのポイントとして確認します。これは、収入の状況と支出の状況を見て判断をします。いくら、収入が多くても、支出も多ければ融資の審査には通過しません。

また、一時的に収入が多くても、審査には通過しないでしょう。収入については、このようにバランスを重視して申込人の確認を行います。

また、年齢や勤続年数、後継者がいるかどうかなど、長期的に見て問題がないかどうかも確認されますが、この確認は長短期の判断のときに重要視されます。

個人事業主

個人事業主は審査に通過するのが難しいといわれています。しかし、堅実な経営を行っていれば、そのようなことはないことをしっかりと覚えておきましょう。特に、中小企業を相手にしてる、信用金庫や信用組合などはしっかりとサポートをしてくれます。

しかし、なぜ個人事業主が審査に通過するのが、難しいといわれているのか少しだけ触れておきます。それは、事業のお金と個人の生活費をしっかりと分別していないことが多く、税金を減らすために決算書などがきちんと整理されていないことが多いからです。

このように、銀行でお金を貸すための判断基準を、税金対策のために明確にしていない個人事業主が多いため、審査に通過しないことがあるため、世間的に個人事業主は審査に通過するのが難しいといわれています。

しっかりと、書類を整備していて、利益を上げている事業主は問題なく融資を受けられる可能性は高いといいるでしょう。

事業資金

個人事業主や中小企業が事業資金として、資金調達をするには銀行系の融資が中心になるでしょう。銀行系には銀行、信用金庫、信用組合などがあります。銀行系であれば、地元に密着している地方銀行が取引をするには適してのではないでしょうか。

また、零細企業などは信用金庫や信用組合が適しているといえます。信用金庫や信用組合は、地元の零細企業を育てるための金融機関ですので、銀行と取引をするよりも融通が利くことがあります。

ただし、融資する金融機関の母体も小さいため、銀行と比べて体力がなく、金利競争をした場合は高くなることもありますので注意をしてください。なお、事業資金によく利用されるものとして、保証協会融資とプロパー融資があります。

ビジネスローン

銀行から事業資金を借りるとなると、手続きが意外と面倒になります。審査にも時間がかかるため、急ぎで資金調達をしたいときには、やきもきしてしまうこともあるでしょう。そこで、おすすめなのがビジネスローンになります。

ビジネスローンは金利が高いというメリットはあるものの、すぐに返済をする予定の運転資金には使い勝手がいい商品です。また、このビジネスローンは銀行だけでなく、信販会社や消費者金融も販売していますので、商品の選択の幅がぐっと広くなるのもメリットです。

すぐに返済が見込める資金などは、ビジネスローンなどで資金調達するのもいいのではないでしょうか。

まとめ:銀行融資のポイント

銀行の融資のポイントは、お金を返せることをしっかりとアピールすることが大事になります。そのためには、収入に見合った融資、自分の立場にあった融資期間などで申込みをすることがとても重要になります。

また、お金を借りることによって、自分にとってどれだけ有益になるのかということを、銀行に訴えることの重要になります。お金がなければうまく行くはずの話が、反対に自分を窮地に追い込むというとなれば融資の判断基準として重要なポイントになります。

いかに、お金があれば未来の自分の立場が向上しているのかということ、お金を借りることが無駄ではないことをしっかりと説明できるようにすることはとても大事なことです。

そのためには、しっかりと無理のない返済計画を立てておくことは重要になりますので、未来の出費なども考慮しながら融資の申込みをするといいでしょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・