借入における必要年収の基準

消費者金融や銀行から借入するにはある程度の年収がなければできないのでしょうか。

もしそうならどれだけの年収があれば希望額を借りられるのでしょう。

今回は借り入れのための必要年収について説明します。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(仮名)
年齢:33歳
性別:男性
職歴:2007年~2014年地方銀行の貸付業務に従事

借入に必要な年収はどのくらい?

銀行カードローン

銀行のカードローンで借入は年収の1/2までとされていますが、これは総量規制が導入される前から、危険水域とされていた金額です。

年収の半分を借入してしまうとかなり日常生活を圧迫するようになってきます。

正直年収の半分の時点でかなり危険水域です。これは皆さん考える事が異なってくると思いますが、金貸しからしたら、どんなにフラフラでグロッキー状態の人でもしっかり返済してくれればいいのです。

金貸しは鬼と言われます。貸した時は神様。債権回収に行くと一転して鬼になってしまいます。これが金貸しの日常です。

勿論、全員の方がそうではありません。年収の1/2を超えての借入は非常に危険度が高いと考えます。総量規制の1/3でも危険と感じる位ですから・・・。

ただ、銀行も商売ですから審査に通ってしまえば若干の不安を感じても利息収入が欲しいですから貸してしまうのです。

貸す貸さないを決めるのは決裁者です。

関連記事をチェック!

銀行カードローンのメリット・デメリット

急な出費が出てしまって、次の給料日まで待てないこともあります。そんなときに便利なのが、手軽にお金を借りることができるカードローンです。 カードローンは口座を作成するときの審査に通過すると、その後...

銀行カードローンのメリット・デメリット

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査基準、審査に通らない人必見!

銀行系カードローン審査は消費者金融に比べ、審査で見るところが違っています。それを知らないと審査には通りません。 せっかく銀行系カードローンに申し込むのですから一発で審査に受かりたいですよね。でも...

coins-1726618_640

消費者金融カードローン

消費者金融は2010年6月の貸金業法改正により総量規制が導入されました。

総量規制は問答無用で年収の1/3以上は融資しないと言う制度です。

今までたくさんの方がお金を借りすぎて、返さなくなりパンクする事が余りにも多い為。総量規制が導入されました。

私的見解ですが、総量規制を導入した事は一定の評価は出来ます。

ただ、あともう少し踏み込んで欲しかったですね。年収の1/4で丁度良い気がします。

結局、消費者金融では1/3しか借りる事が出来なくても、総量規制対象外の銀行系カードローンで総量規制以上、審査が通れば借りる事が出来ます。

ここはこの法律の盲点です。こういった盲点を作らない事が法律作りには重要だと思います。

お金を借りる魔力に取りつかれた人はあっという間に総量規制の年収の1/3は借りてしまいます。

お金を借りるとその時は気分が高揚し、スーパーマンになってしまった様な気分になるようです。これが1番危険な状態ですね。

関連記事をチェック!

年収3分の1とは?総量規制の計算方法

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に必ず聞くのが、総量規制という言葉。 2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された法律です。借入者の自殺者増加を防ぐため...

%e6%ba%90%e6%b3%89%e5%be%b4%e5%8f%8e%e7%a5%a8

関連記事をチェック!

消費者金融会社一覧

日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。 これから審査を受ける人...

消費者金融会社一覧

住宅ローン

住宅ローンにも様々なものがあり有名な所で書くとフラット35ではないでしょうか?

結構ご利用される方が多いようです。テレビコマーシャルも流していますから、皆さん馴染みが深いでしょうね。

ここで年収500万円の方が元利均等・35年払い・当初金利3%で返済負担率を30%で計算した場合借入出来る金額は2650万円となります。

あくまでも仮定の数字で計算したものですから金利や、返済負担率が変わってくれば、借入可能金額は変わってきますし。

年収も変えれば違った金額になります。あくまで参考までにして頂ければ幸いです。

関連記事をチェック!

住宅ローンは年収の何割まで?借入可能額

年収はどのローンの審査においても重要な審査項目です。年収はカードローンにおいてもカーローンにおいても需要ですが、個人向けローンの最難関と呼ばれる住宅ローン審査において年収はどのように影響してくるのでし...

住宅ローンは年収の何割まで?借入可能額

関連記事をチェック!

住宅ローンをどうしても借りたい!そんなときにはどうするの?

夢のマイホームをかなえるために、住宅ローンを借りる人が大半でしょう。アパートの家賃を支払うのであれば、ローンの支払いに回した方が得だと考える人もいるようです。 「頭金はない」「借りられるか分から...

住宅ローンをどうしても借りたい!そんなときにはどうするの?

負債がある場合は?総量規制と年収の関係!

既に借入がある時は総量規制の金額とは引き算になってきます。

年収600万円の方で100万円の借入がある場合。600万円の総量規制は、200万円ですから、あと100万円まで消費者金融では借りる事が机上の計算では出来ます。

ギリギリ200万円まで貸すか?180万円程度にしておくかは、審査担当者の判断一つです。

私ならギリギリまでは貸しません。160万円位でやめます。審査担当者はこの様に色々な考え方を持つ人間がいると言う事を忘れてはいけません。

総量規制は200万円まで借りる事が出来るから、あと100万円借りる事が出来る。こう考えるのは非常に危険と言ってもいいのではないでしょうか?

あくまでも相対的にみて、お金は貸します。その為総量規制の範囲内と言っても、色々なケースがあります。

これはお客さんの都合次第です。皆さん、色々な都合がありますから、ケースバイケースです。

ただ、今は消費者金融も慎重になっています。

申し込みの多くはネットからです。ネットからですと、なかなか、申し込みをしてきた人の真意を掴み切る事が出来ません。

対面与信が出来れば1番良いのですが・・・。それを考えると無人契約機は一定の効果を上げています。

後は、消費者金融50万円。銀行系カードローンで100万円。

この状態で消費者金融にお金を借りに来た場合はパターンが逆になりますから、既に150万円借りた状況になります。その為、貸せる金額は50万円です。

ここでお金を貸す事は出来ますが、銀行系カードローンで更にお金を借りるかもしれないと言う警戒感は持ってしまいます。机上の計算で電卓を弾けば答えが出る程、簡単な世界ではありません。

関連記事をチェック!

総量規制対象外とは年収の3分の1超の借入可能

カードローンには総量規制対象のものと総量規制対象外のカードローンが存在します。一般的な解釈では総量規制の対象は消費者金融、総量規制対象外は銀行系カードローンなどとしている人が多いようです。 具体...

総量規制対象外とは年収の3分の1超の借入可能

関連記事をチェック!

年収と借金限度額、借入上限は

借入できる上限に限度額がなければ、いくらでも借りてしまうことができますね。 借金の上限は年収と密接な関係があります。 借金には限度額がある カードローンは申し込んだ誰もが契約に至って...

年収と借金限度額、借入上限は

銀行カードローンがある場合

年収450万円・銀行系カードローンから100万円の借入がある場合は、先ず、銀行系カードローンですから総量規制外。

総量規制にあてはめると150万円まで。ここで消費者金融にお金を借りに行くと最高でも50万円しか貸してくれません。

50万円借りる事が出来たらラッキーです。銀行系カードローンでその後借りる事が出来てしまえば、消費者金融としては、なす術がありません。毎月キチンと返済してくれるのを祈るのみです。

消費者金融カードローンがある場合

年収450万円で消費者金融から100万円の借金があった場合。

総量規制対象ですから、450万円の1/3は150万円です。既に100万円借りています。

単純な引き算で150-100=50。50万円しか消費者金融では借りる事は出来ません50万円はかなりの大金です。

ここで50万円借りたら総量規制に到達し、消費者金融から借りたお金をしばらくは返済1本にしないと消費者金融からお金を借りる事はできませんが、銀行系カードローンからはお金を借りる事が出来てしまいます。

ここが総量規制の最大の盲点です。ここは借りすぎないように自分でコントロールできないと危ないですね。

銀行と消費者金融のカードローンがある場合

年収450万円で銀行系カードローンから80万円。消費者金融から50万円借りている場合。

銀行系カードローンであればあと70万円位は貸してくれる可能性があります。消費者金融は既に130万円借りていますから、総量規制まで20万円。

もうアップアップの状態の人もいます。このラインだったら、お金を借りるのは我慢した方がベストではないかと思います。

住宅ローンがある場合

年収450万円・住宅ローン2000万円のケース。
住宅ローンを組んでいるかどうかは、消費者金融などには先ずわかりませんから消費者金融なら総量規制の150万円まで。

銀行系カードローンは200万円位まで借りる事が出来ます。

しかし、2000万円の住宅ローンを実際は組んでいる事をよく考えて下さい。

50万円位が上限にした方がいいと思います。住宅ローンだけは滞納する事は出来ないですからね。ここだけはきっちりしておきたいです。

年収だけでない!借入するための条件

基本的にお金を借りるのは年収が重要になってきますが、それ以外にも重要な要素はあります。

現在は携帯電話社会ですが、自宅に固定電話がある人は審査のうえで有利になります。1人暮らしの方の殆どは、固定電話を持っていません。

今は携帯の電波が非常に入りやすくなっていますからね。固定電話を持たない人が多いです。

固定電話がなくても、審査にはそれほどマイナスにはなりませんが、固定電話があるとプラス材料になります。

案外家族と同居されている人は固定電話がありますから有利に働く事が多いです。

実家暮らしは家賃もかからず、余分な費用はあまりかからないので、アドバンテージになります。

後は、仕事を転々としない事です。

仕事を転々とする人は自由人とも言えますが辛抱が足りないと多くの人はその様に感じます。

例えば会社に面接に行った時に1年間で会社が3つも変わっていれば、面接をした会社の人事担当者は、必ず、どうして職を短いスパンで変えるのかを鋭く質問してきます。

大体この質問でしどろもどろになってしまいます。この様な人にお金を貸す会社は先ずありません。リスクだけを背負っている状況です。こんな人に貸す会社はありません。

他からの借入額・月々の返済額

お金を借りるのは1社にしておいた方が良いですが、皆さんそれぞれ事情があるので複数の消費者金融や銀行系カードローンからお金を借りているのが実情です。

これだけなら、十分安定継続収入があればそれほど問題はないと思います。

そこに奨学金の返済などが加わってくるとあっちに返して、こっちに返して、また借りての悪循環に陥る事があります。

その為、借入先は1社の方が望ましいと先に書いたのです。奨学金を返すのは結構苦戦している人もいます。奨学金を返す為にはしっかり働き無駄な出費は控えなければいけません。

とにかく奨学金は返さなければいけません。奨学金が返せずに自己破産するのは、非常に人生において失敗も失敗。大失敗です。

社会人になって直ぐにこの様なジャッジをしなければいけないのは非常に辛いものがあります。

そうならない為に、借入はバランスよく余裕を持って借りるようにしましょう。

自動車ローンも大体ローンを組みますよね。これらのローンは滞納しては絶対にダメなものです。情報を共有していますからね。

返済を遅れていい、ローンなどありません。しっかり噛み合うようにしましょう。

勤務形態・勤続年数

勤務形態・勤続年数はお金を借りる上で非常に重要になってきます。

特に勤務形態は、正社員なのか?派遣社員なのか?アルバイトか?パートか?これで属性が決まってきます。

属性は非常に金貸しの間では重要視される部分です。勤続年数はどんなに小さな会社でも勤続年数が長いと、俗税は上がります。

金貸しが求める絶対的条件は安定継続収入で1つの仕事にしっかりと打ち込める人です。

◆その他
お金を借りやすい人の特徴ですが、性格が几帳面な人が多いですね。几帳面な人は自ら墓穴を掘りません。

また無駄なお金を借りる事がない為、幾ら、ネット申し込みが主流の現在でも、金貸しには伝わる部分はあるのです。

株などの投資をしない人がいい例ですね。非常に安全策を歩んでいますから、無駄な出費がありませんから、いざお金を借りようとなった時に大きなアドバンテージなります。

他社借入がない人の方が断然借りやすいです。

関連記事をチェック!

お金を借りるには勤続年数は長い方が有利なの?

カードローンなどでお金を借りるときに気になるのが、勤続年数は長い方が有利なのかということですね。 勤続年数が長いと審査に通りやすい、転職を繰り返していると審査に落ちやすいという話は本当なのでしょ...

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_t

審査に通る!みんなに人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
新生銀行カードローン レイク
4.0%~18.0%
申込完了画面に表示
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,専業主婦もOK
>>公式サイトを見る<<

借入可能額より返済可能額を重視しよう!

返済可能額とは

借入可能額は30%から35%までが良いとされていますが、返済可能額を考えた場合、もう少し低く考えた方がいいでしょう。

500万円の年収の人なら166万が30%に当たります。総量規制の金額と一致しますね。一応安全圏ではありますが、もう少し返済を楽にするには借入可能額を下げる必要があります。

ここが意外に難しい部分で、皆さん考え方が違います。40%でも大丈夫と言う人もいれば20%でも不安に感じると言う人もいます。

これは価値観の問題と危機意識の問題です。完全に安全圏でお金は借りたいものです。借入額を年収の20%まで落とし込むとかなり楽になってきます。

ここまで下げれば問題は余程の事がない限りないでしょう。500万円の年収の方なら100万円までにしておけば安全圏です。

後は、仕事をしっかりと続ける事が出来るか?これが大きなポイントです。

借金で心が病んでしまうと、仕事に行く気力がなくなってしまいます。これは非常に恐ろしい現象です。

借金は債務整理でもしない限りしっかり働いて自分の力でお金を稼ぎその中からお金を返す訳です。ここをしっかりと忘れなければ気力は失わないはずです。

返済する金額をコントロールするのはお金を借りた貴方自身です。

ここでしっかり借入可能額を30%から35%ではなく20%に落とし込むと返済にも無理はありませんし、お金をまだこんなに返さなければいけないのか・・・と思う事もありません。余裕を持った借入をしましょう。

負担のない返済期間

お金を借りたら当たり前の事ですが返済をしなければいけません。お金を多く借りれば、返済金額も大きくなってきます。

返済計画を立てないと上手く返済が出来なくなってしまいます。いきなり、返済が止まる事は考えられないので、その点は問題がないと思います。

仕事をしていれば、必ず給料が入ってきます。その中から返済をするので、しっかりと逆算してから、お金を借りるようにしましょう。

逆算しないで、お金を借りるととんでもない事になってしまいます。安易な気持ちでお金を借りてはいけません。かなり問題が出てきます。

何事も冷静に対応すれば、間違う事はありませんが、焦って行動するとミスを連発してしまいます。ここが大きなポイントです。

どうして焦ってしまうのか?それは思った以上に返済が苦しいからです。分かりやすく書くと、お金を借りすぎてしまっていると言う事です。

あと少し、もう少しが借金の場合は1番怖いです。余り借金を甘くみていると痛烈なしっぺ返しを食らう事になります。

まとめ

意外と皆さん、お金を借りる時、総量規制ギリギリまで借りる方が多いです。

総量規制ギリギリ一杯借りるのは正直オススメ出来ません。そこに銀行系カードローンにも手を出したら、普通に返済していたのでは完済は不可能といっていいでしょう。

お金は毎月歩合制度のある人以外は決まった金額しか入ってきません。いきなり収入が増える事はなかなかありません。そういった環境で働いているのは分かっているのですから、お金を借りすぎない事です。

収入の30%から35%までがセーフティーラインとされていますが、実際は結構ギリギリのラインです。このラインで債務整理まで行く事は確率的には低いですが、絶対ではありません。20%台なら無理はなく安心してみていられます。

後は、皆さん意外に固定電話があると審査に有利に働く事を知らない人が多いですね。固定電話は意外に高ポイントです。

特に独身1人暮らしの人ならかなりプラス材料になります。固定電話があると自宅にも電話がかける事ができ、また104で電話番号の確認も出来るので有利なのです。NTTに申告していないと104でも教えてくれません。

関連記事をチェック!

カードローンの借入方法

初めてカードローンを使うときは、いったいどうすればよいのかわからないと思います。 そこで、カードローンでの借入方法を説明しましょう。 申込は無人契約機・ネット・電話 カードロ...

3 (1)
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  2. N112_sumahodeyorokobu_TP_V

    お金が必要なのに借りれないのはなぜ? じわじわ無登録業者が増えてきていると聞きます。無登録業者とは世間一般の言葉で言うと「ヤミ金」のことです。一時無登録業者の数は減ったものの、ここ数年再び息を吹き返していると言います。 ・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  6. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  7. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・