銀行業務には融資のほかにどのような内容がある?銀行業務を徹底解説

銀行の業務は融資と預金だけであると思っている人がほとんどではないでしょうか?

「銀行は15時に営業が終了するから早く帰ることができる」と考えている人も少なくないようです。

実際に筆者も学生時代はそう思っており、銀行へ入行してから、銀行業務は窓口が閉まったあとも忙しく、むしろ窓口が閉まった15時以降の方が忙しいことに驚かされたという経験があります。

銀行業務は多岐にわたり、融資や預金だけではありません。

むしろ、銀行の経営が厳しい昨今は預金や融資以外の業務の方が忙しいことも少なくありません。

この記事では銀行業務の内容について徹底解説を行っていきます。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(仮名)
年齢:33歳
性別:男性
職歴:2007年~2014年地方銀行の貸付業務に従事

法人営業

法人営業とは、その名の通り法人へ訪問し営業活動を行います。

具体的に法人営業は既存先への営業と新規先への営業に分かれます。

既存先とは、すでに融資取引がある企業や個人事業主を訪問することで、業況や企業の変化の把握、経営者との情報交換などを行い、融資先が順調かどうかを管理しています。

さらに、既存先から設備投資や運転資金などの資金ニーズがあった場合には融資によって対応します。

新規先とは、融資取引がない企業や個人事業主を訪問し、話をして、お金を借りてもらうことです。

基本的には飛び込みで営業を行うため、この活動が最も難しい活動です。

銀行員の間では、新規先から決算書や確定申告書をもらってくることができる銀行員は仕事ができる銀行員であるというお墨付きをもらえるほど、法人の新規先営業は、最も難しく最も花形の業務です。

個人営業

大口預金先などを定期的にまわり、預金先に新たな預金の入金がないか、資産運用のニーズがないかなどを行います。

また、定期的に訪問しないと預金が流出してしまうリスクがあるため、預金先の管理業務ということもできます。

この業務はそれほど知識は必要ないため、比較的若い行員が行います。

関連記事をチェック!

銀行の花形、融資営業マンの成績はどのように評価されているの?

銀行員という存在へのイメージは人それぞれ。 近年は半沢直樹などの銀行を舞台としたドラマにより、銀行員の仕事がどのようなものなのかをはじめて詳しく知ったという方も少なくないでしょう。 そして...

関連記事をチェック!

銀行三大業務の1つである融資業務とは

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 融資業務は銀行の三大業務の1つ 銀行が行う主な業務には「預...

審査業務

審査の業務は個人ローンの審査と事業資金融資の審査に別れており、事業資金の審査の方が難しいと言われています。

個人ローンの審査

銀行は個人へのローンは住宅ローンからカードローンまで全て保証会社がついています。

このため、個人ローンの審査業務は融資に必要な書類を保証会社に不備なく送り、チェックリストなどで融資の条件が具備されているかをチェックするだけですので、極端に言えば誰でもできる業務です。

個人ローンの審査は簡単ですので、若手の行員や、パート職員などが担っていることも少なくありません。

法人融資の審査

事業資金融資の審査は個人ローンと異なり、ただスコアリングによって点数化したり、チェックリストありきで審査ができるわけではありません。

企業の決算書に粉飾がないかどうかチェックしなければなりませんし、資金繰りや企業の将来像なども分析しなければなりませんし、経営者の資質を判断することも重要です。

いわゆる目利き力というものが重要になります。

さらに、融資金額が多い場合には、頭取や役員の決済を得る必要があるため、稟議書を作ることも簡単ではありません。

場合によっては信用保証協会や自治体や商工会議所と折衝も必要になるため、この業務は若手の職員ではなく、審査課長などのある程度のベテラン職員が担うことになります。

銀行業務は15時以降は主にこの作業に時間を費やすことが少なくありません。

膨大な稟議書の作成のために、深夜まで業務が及ぶことや休日出勤も珍しくありません。

預金業務

預金業務とは、いわゆる預金窓口の業務です。

預金の受け入れ、口座の開設などを行います。

帳簿上の数字と実際の現金が合うかどうかのチェックは毎日15時以降の営業時間終了後の行い、ここで現金が合わない場合には、いつまでたっても帰ることはできません。

筆者がいた支店でも500円だけ合わずに24時くらいまで仕事をしていたということがありました。

逆にすぐに現金が合う場合には、17時くらいには退社することができます。

為替業務

為替とは送金を行う業務で、為替の手数料は銀行の重要な収益源です。

この業務は預金窓口で行い、実際の送金は本部で行っています。

最近はATMやインターネットバンキングでの送金が多くなっているため、為替業務はそれほど難しい業務ではありません。

また、外国送金は基本的に窓口で行っています。

今後、リップルのような国際送金の仕組みが本格的に確率されれば銀行から為替業務はなくなっていくことが予想されています。

これらの預金や為替業務がいわゆる銀行窓口の女性職員が行っていることがほとんどです。

与信先の管理業務

与信先とは、融資取引先です。

順調に返済されている場合には特に特別な管理は必要ないのですが、経営状態に問題がある融資先は、経営支援を行う必要があります。

銀行は企業の経営をコンサルティングする役割が求められていますので、単純にお金を返せというだけでなく、経営の中でどこに問題があるのか、改善できる部分はどこかなどを話し合い、必要であれば融資や借り換えによって返済額の軽減を図るなどの措置を行います。

この業務は基本的にベテランの職員が行います。

預かり資産の業務

今や銀行の大きな収益源の1つとなっているのが預かり資産の業務です。

預かり資産とは、投資信託、国債、保険商品などを販売することです。

これらは銀行が運用するわけではなく、証券会社や保険会社の代理店として販売を行うだけです。

そもそも大きな預金を抱え、多くの顧客が存在する銀行は預かり資産のニーズも把握しやすいため、手数料収入を目的として多くの預かり資産を販売しています。

貸付による利息収入が低迷している現在において、預かり資産の販売による手数料収入は銀行の大きな収益源の1つとなっています。

投資信託の販売

投資信託を販売するのは今や銀行の大きな収益源です。

現在、投資信託の販売額全体の半分以上を銀行の窓販が占めるほど、銀行は多くの投資信託を販売しています。

投資信託を販売すると、銀行には販売額の2〜4%程度の手数料収入が入ってきます。

これは貸付による利息収入よりも大きな収益源であるため、銀行は投資信託販売に力を入れています。

ただし、投資信託はリスク商品ですので、投資信託を販売する際には、顧客がリスクをしっかりと理解しているかどうかの根拠についてかなり長い文章と多くの資料をつける必要があります。

この手間に非常に多くの時間がかかります。

筆者の銀行員時代にもこの資料作成のために深夜まで業務を行っていたことが何度もありました。

国債の販売

国債も銀行は販売しています。

国債も国の財政状況によってはリスクがあるため、投資信託と同様の大変な事務手続きが必要になります。

保険の販売

銀行は一括払いの年金保険や生命保険だけではなく、今や、掛け捨ての医療保険や傷害保険なども取り扱っています。

こちらの商品も元本欠損の可能性があるリスク商品ですので、投資信託同様の事務手続きがあり、書類の作成には非常に時間がかかります。

これらの預かり資産の銀行による販売が許可された当初は取り扱いに規制はほとんどありませんでしたが、銀行員の中には高金利の預金のようなものという元本欠損のリスクを顧客に説明せずに販売していたという事例が少なくありませんでした。

そのため、リスクを認識したということを証明するために膨大な資料を作成することがいまは義務付けられています。

また、融資先のような銀行にとって優越的な地位を占める顧客に対して、無理やりリスク商品を販売しているという事例もあったため、現在は原則的に融資先に対して預かり資産を販売することはできません。

さらに融資担当者は預かり資産の販売ができないため、多くの銀行はマネーアドバイザーなどの専門職を設けて、預かり資産の販売だけを行う部署が存在します。

その他の業務

その他の銀行業務としては、貸金庫の販売、外貨預金などがあります。

また、2018年になって、銀行による人材紹介業が解禁されたため今後は人材紹介の業務も銀行業務の内容に加わるかもしれません。

まとめ

銀行の業務は預金や融資業務だけではありません。

審査業務などは我々が普段外から見る銀行の業務よりも内容が濃く忙しいものです。

そもそも、銀行業務の本来の役割は預金、融資、為替の3つと言われています。

しかし、最近では地方銀行の約半分が赤字となっている厳しい経営状態ですので、預かり資産業務などの本来の銀行業務以外の業務を行っていかなければ銀行の経営は成り立ちません。

銀行員は業務量が多くて大変ですが、利用者にとっては利便性の向上と、多様な選択肢が広がることになります。

銀行の業務は今後も多岐にわたることが予想されますので、利用者とすれば銀行に相談すれば、お金にことは大抵用が足りるような時代が来るのではないでしょうか?

どのようなことでも気軽に銀行を利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

銀行の儲けは融資だけではない!銀行の儲けの仕組みを徹底解説

銀行はどうやって儲けているのかご存知でしょうか? 「口座を作ってくれ」と銀行は言いますが、口座を作っても我々な何もお金を取られません。 では、なぜ銀行は口座を作ってくれというのか、それは銀...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・