日本の借金の原因|知ってはいけない新事実

日本の借金は膨れ上がっていると聞きます。

財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が9月末時点で1080兆4405億円になったと発表した。主に長期国債の残高が増えたことから6月末と比べ1兆4741億円増加し、過去最高となった。今年10月1日時点の総務省の人口推計(1億2672万人、概算値)で単純計算すると、国民1人当たり約852万円の借金を抱えていることになる。

※参照 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HRI_10112017000000/

今日はなぜ日本の借金が膨れ上がってしまったのか?なぜ日本の政府は動こうとしないのか?

そういうところを見ていきます。

麻生太郎の真っ赤なウソ

まず最初に抑えて欲しいのは、国の収入と支出の関係です。

国の収入は税金で毎年50兆円となっており、国家予算という国の支出は90兆円です。

つまり毎年日本は40兆円ずつ借金を背負っているのです。

ではその40兆円の借金はどこから捻出しているのでしょうか?

それは40兆円の国債(国庫債券)を発行し、銀行などの金融機関に買い取ってもらうことで捻出しているのです。

簡単に言うと、日本は金融機関に借金をしており、国債は借金で言うところの借用書ということになります。

ここで麻生太郎は国民を安心させるためにこんな事を言っています。

帳簿っていうのを見れば、まず借り方と貸し方と、二つがあるでしょ、簡単なこと言えば。今お金を借りているのは、みなさんじゃありませんからね。お金を借りているのは、政府です。お金を100借りていれば、必ず、100貸している人がいないとおかしい。帳簿って言うのは左と右が必ず揃うことになってますから。100借りてる政府がいれば、100貸している誰かがいる。誰が貸しているんです? そうです、国民が貸しているんだね。ところが新聞を見てごらん、「子どもや孫に至るまで一人700万円の借金」……違うでしょう。700万円の貸付金が起きているんですよ、あれは。貸しているのはみなさん。「いや俺、国債なんか買ってないよ」と言われるかもしれませんが、みなさんはお金を銀行に預けておられる。―麻生太郎

簡単に言うと、国の収入は税金で、国民から徴収しているもので、国が借金をしているということは国民から借金をしているということです。

つまり日本国民は毎年852万円ものお金を国に貸しており、国債は国民の資産であるという理論です。

しかし、実際は国が借金をしているのは銀行やゆうちょなどの金融機関です。そして国民は毎年852万円を上記の機関に貸しているのでしょうか?

していませんよね。

なのでいつか国民に毎年852万円分の貸付したお金が戻ってくるなんて事はありません。国にお金を貸した金融機関に戻ってくるだけなのです。

騙されてはいけません。

関連記事をチェック!

国債と借入金との違いは?国の財政活動を覚えて税金の仕組みを理解しよう

国債とは政府にとって、一般企業の銀行借入と同じ資金調達の手段です。 ただし国債は銀行借入と仕組みが異なり、政府が一般個人からも借りるようになっています。 したがって、国債の買手にとっては資...

なぜ借金が増え続けているのか?

次になぜ借金が増え続けているのかをみていきましょう。

原因は大きく分けて2つ考えられます。

  • 少ない税収
  • 少子高齢化に伴う社会保障費の増加

それでは1つずつ見ていきましょう。

少ない税収

日本の消費税は現在8%です。

しかし目をヨーロッパ諸国に向けてみると、消費税は20%以上の国が多いです。

人口の減少による消費の増減で税収は変わりますが、消費税が1%上がると税収は2兆増えると言われています。

つまり日本の消費税を20%にすれば24兆円も税収が増えるということになります。

ということは毎年の借金は40兆から16兆に減らせることが出来ます。

なぜ日本は税金を上げないのか

ではなぜ日本は消費税を上げないのかという疑問が湧いてきます。

それは政府が国民の顔色を伺いすぎていることに原因があります。

どういうことかと言うと、政府が成り立つのは国民があるからです。

それで国民に支持さ続けなければいけないとなると、増税すると国民に支持されないとわかっているから、増税に踏み切らない。

日本国民の顔色を伺い続けた結果、増税に踏み切ることをせずどんどん借金が増え続けてしまったということです。

少子高齢化に伴う社会保障費の増加

次に借金が増え続けている原因の2つ目を見ていきます。

それは社会保障費の増加です。

社会保障費とは医療費や年金などの費用です。ではなぜ社会保障費が上がってきているのでしょうか?

日本は高齢化で高齢者が増え保険料、年金を支給する割合が増えるのに、それのお金を賄う若者が少子化によって少なくなっているからです。

その問題から目をそむけず政府は改革をしていく必要があるでしょう。

次に、日本には融資資産が500兆円あるから実際の借金は少ないというトンデモ意見を見てきましょう。

融資資産が500兆円だから大丈夫?

日本には融資資産が500兆円あると言われています。

その内訳は、全国の国道や自衛隊の戦車、国会議事堂などの建造物や年金積立金です。

日本が借金を返せなくなって破産したら、そういった国有財産や年金積立金を売ればいいという理論を振りかざしているのです。

しかし考えてみて下さい、国道や建造物を売るといってもはたして買い手はあるのでしょうか?すぐに現金化なんてもってのほかです。

また国民がせっかく貯めた年金積立金を借金返済に費やすのでしょうか?

そんな事をしたら、高齢化真っ只中の日本の高齢者はどうなるのでしょうか?さらにこれから高齢者になる人たちはどうなるのでしょうか?

こう考えてみると全く現実的でないことが分かりますね。

なので融資資産が500兆円あるから大丈夫という意見を鵜呑みにするのは非常に危険です。

国債の100%が円だから安心?

また日本は国債が100%だから安心だという意見もあります。

どういうことでしょうか?

現在の日本の国債状況は96%は日本人が日本円で買っており、残りの4%もまた海外の投資家が日本円で買っています。

なのでいざとなったら日本政府が借金分円を印刷して返すことが出来るよということです。

つまり、借金はしているけど、お金を新しく作れるからから大丈夫という理論です。

しかし、そんなことをしてしまうと、円の価値が下がり、ハイパーインフレになってしまいます。ハイパーインフレになってしまうと、円の価値が1/10の価値しかもたなくなります。

例えば、年金を毎月20万貰っていた高齢者は実質2万しか支給されなくなり、1ヶ月を2万で生活しろということになってしまいます。

なぜ金融機関は国債を購入するのか?

なぜ金融機関は国債を購入するのか?

理由の1つ目は貸したお金が返ってくる可能性が一番高いのが国債だからです。

国と個人や企業で破産の可能性を考えてみると、圧倒的に破産する可能性が低いのが国です

つまりリスクが少ないから国債を購入しているのです。

理由の2つ目は国債を購入しなければ、日本は破錠してしまうからです。

日本が破綻しないために金融機関が出来ることは国債を買うことのみなのです。

関連記事をチェック!

政府が言う国の借入金とは

ニュースなどでよく聞く「国の借金」という言葉。自分が借金したわけではないのに「国民1人あたりの借入金は○○万円」などという言葉も耳にします。 一体、国の借入金とはどのようなものなのでしょうか?国...

まとめ

これまで日本の借金が膨れ上がっている理由となぜ政府はそれをあぐらをかいて見ているのか?を見てきました。

日本が破産する日が近いのかもしれませんと散々脅して来ましたが、日本から逃げて海外に行くのも、日本を変えるために政治家になるのも、デモも起こすもの自由です。

1度しかない自分の人生を精一杯生きましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・